« 「龍馬伝」 第11回 龍馬が担ぎ出される、その理由 | トップページ | 「火の魚」 ポップに甦った文芸作品 »

2010年3月16日 (火)

ラジオがパソコンで聞けるサービス 「radiko」

 ラジオがパソコンで聞けるというサービス(radiko)が、試験放送ながら始まったようです(3月15日より)。

 利用する場合はこちらから→http://radiko.jp/

 (HPより転載)「今回の試験配信は、独自コンテンツ、エリア制限なしという通常のインターネットラジオサービスとは異なり、在京民放ラジオ7局(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI、InterFM、TOKYO FM、J-WAVE)、在阪民放ラジオ6局(朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKA)の地上波ラジオ放送をCMも含め、そのまま同時に放送エリアに準じた地域に配信するサイマルサービスです。 配信エリアは在京7局が東京、神奈川、千葉、埼玉、在阪6局は大阪、京都、兵庫、奈良となっております。ネットワーク環境によってはエリア内でも聴取できない場合もありますのであらかじめご了承ください」

 ということで、地域的にも局的にも限定的なサービスらしいのですが、HPを読む限りでは、どうやら有料ではないみたい。 でもネットを使えば使うほど通信料金がかかる場合は、聞いた分だけお金がかかりそうですけどね。 私の場合は、いくらネットを使っても一律料金(確かそういう契約、したと思います)なので、たぶん無料感覚で使えるのでしょう。

 さっそく利用してみましたが、ラジオ人間の私にとってはこれ、結構ありがたいサービスですよ(「テレビ中毒者」 と自ら名乗っておりますが、せいぜい毎日1時間くらいしか見ません)。

 で、このラジコ。
 なにしろ、音声がきれい。 雑音、一切なし。
 しかも、AMステレオで聞けるし。
 私のラジオ、AMステレオ聞けないもんですから、これだけでも感激します。

 私の住んでいる地域は、これまで特に文化放送が、ほとんど聞こえませんでした。
 それが、このサービスのおかげで解消です。
 「吉田照美のソコトコ」 が聴ける。 「たまなび」 も聴ける。 「伊東四朗・吉田照美の親父熱愛(オヤジパッション)」 も聴ける。 うれしいです。

 ただ、実際の放送と照らし合わせながら聴いてみたら、このサービスのほうが10秒程度かな?遅れて流れてくるみたいです。 だから、時報が流れない(笑)。
 それから、1秒とか2秒、急に途切れたりする。
 ウィンドウズメディアプレイヤーで音楽を聴くと同様のことがあったりするので、それとおんなじ原理なのかなーと思ったりしますが。

 それから私の聞いているエリアが、「神奈川エリア」 になっている(笑)。 正確には、「KANAGAWA JAPAN」。
 確かに、私の住んでいる地域は東京でもいちばん下、多摩川が目の前の、どんづまりエリアなんですけど(笑)。 東京扱いされていないのが、ちょっとカチンとくる(笑)。 いや、別にどこでも、クリアに聞こえるから、構わんのですが。

 それと、NHKラジオは完全無視状態みたいですね。 AMもFMも。 まああまり聞かないから、いいです。 ラジオ日本がなくてラジオ日経が入っているって、よく分からんのですが(笑)。

 今、これを書きながらも、利用させてもらっています。
 いやー、いいサービスだなー。 これ、ずっと無料ですよね?

|

« 「龍馬伝」 第11回 龍馬が担ぎ出される、その理由 | トップページ | 「火の魚」 ポップに甦った文芸作品 »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47827638

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオがパソコンで聞けるサービス 「radiko」:

» radiko Wiki [あっ!と驚く業界ニュースー芸能・経済情報]
安住アナのラジオで来週の月曜日(3月15日)からインターネットでAM・FMの.... 安住アナのラジオで来週の月曜日(3月15日)からインターネットでAM・FMのラジオが聞けると、言っていました。どのように、ラジオを受信するのですか?(続きを読む) MBSラジオのイマドキッ2をインターネットラジオで聞くことはできるんでしょう.... MBSラジオのイマドキッ2をインターネットラジオで聞くことはできるんでしょうか!出来るのならやり方を教えてください宜しくお願いします。(続きを読む) ラジオのネット同... [続きを読む]

受信: 2010年3月16日 (火) 23時41分

« 「龍馬伝」 第11回 龍馬が担ぎ出される、その理由 | トップページ | 「火の魚」 ポップに甦った文芸作品 »