« 「今夜も生でさだまさし」 しょうゆーわけで千葉編 | トップページ | 「おくりびと」 親不孝してる身には、ちょっと堪えました »

2010年4月25日 (日)

「龍馬伝」第17回 試合という名のラブシーン

 冒頭、日本人が動かす黒船に乗って、完全に舞いあがり気味の福山龍馬。

 そこからジョン万次郎(トータス松本サン)との語らい、そして勝麟太郎(武田鉄矢サン)のお伴として海軍操練所の人集めに奔走するのですが、はしゃぎまくっている龍馬を見るのは、若者が自分の生きる目的に出会って有頂天になっていると考えれば、かわいいもんだと思えるのでしょうが、ちっくと騒ぎ過ぎと思ってしまう私は、つまらん大人なんでしょうかね。

 ところが今回の 「龍馬伝」、時間差攻撃で、かなりの見ごたえある作りに、結果的に、なっておりました。 その時間差攻撃シーンをラストに据えたことで、冒頭のはしゃぎまわりシーンの違和感が、最後まで見終わったあと、さほど意味のないものではないように、思えてくるのです。

 海軍操練所の人集めで、勝について土佐藩邸へ足を踏み入れた、龍馬。
 脱藩者であることから、ほかの藩邸のようにはいかず、少々緊張気味であります。
 そこに現れたのが、下士の龍馬では決して会うことすらままならない、山内容堂(近藤正臣サン)。 上川隆也サンの子孫ですよ…って違うって(笑…「功名が辻」 では上川サン、山内一豊でしたね…スイマセン、手の込んだギャグで)。

 勝は、この席で龍馬の素性を明らかにしないうえで、さりげなく、脱藩した龍馬の罪を許してもらおうと画策するのですが、「脱藩は藩に対する裏切りじゃ。 つまりは、わしに対する裏切りじゃきの」 と、龍馬をぎろりと睨みつけながら、勝の狙いを一蹴。
 会見後、容堂公の印象を勝から訊かれた龍馬は、「底しれん、恐ろしさを感じましたき…」 と、ちょっと放心状態。 はしゃぎっぱなしだった龍馬の態度は、この時点から、かなりトーンダウンするのです。
 「土佐を動かしているのは、まぎれもなくあの容堂公よ」 と、かなり確信して言い放つ、勝。
 ただ、その時点では、今回のサブタイトル、「怪物、容堂」 の、真の意味は見えてこない。

 ここらへん、去年の完全なるこけおどし(いや、看板に偽りありの)サブタイトルの連続だった 「天地人」 とは、雲泥の差だと感じます。

 物語は、人斬りが半ば公然化してきた岡田以蔵(佐藤健クン)の葛藤を、丁寧に追っていきます。 京の町でねんごろになった飲み屋の娘のもとで夜をすごしながら、自分が斬られる悪夢にさいなまれ、娘にすがりつく、以蔵。 なんかすごいリアリティでしたね。 人を殺すという高揚感と、罪悪感。 京のはんなりした言葉の娘に、そのはけ口と救いを求める、という構図。

 そしてその裏で、収二郎(宮迫博之サン)と酒とお茶を酌み交わす武市(大森南朋サン)。 以蔵が苦しんでいる裏で談笑しているのは、とても不遜なのですが、その武市も、実は奥サンの冨(奥貫薫サン)を一途に思っている、ほんとうは優しい人間であることを描写する。 そして冨への手紙に、お役が済んだらお前のもとへ戻る、という意味深なことを書いてよこすのです。 どうもこの書きっぷりを見ていると、武市自身も、こういう冷血漢でいることに、嫌気がさしているような感じも伝わってくる。 深いなあ。

 龍馬は勝と神戸へ旅立つ直前に、千葉道場へ別れのあいさつに赴く。
 重太郎(渡辺いっけいサン)からは、必死の遺留をされるのですが、定吉(里見浩太朗サン)は、「坂本には、坂本の道がある」 とそれをいさめる。
 佐那(貫地谷しほりチャン)も、すでにあきらめた様子。
 「父上のおっしゃる通りです。 坂本サンの選んだ道は、日本を守ることなのですから…」

 ここで龍馬から、意外な申し入れが。

 「最後に、お佐那様と、立ち会わせていただきとうございます」

 この最後の手合わせのシーン、予想外の、素晴らしいシーンでした。
 佐那の戦い方は、龍馬と初めて手合わせした時のように、高速回転でひたすら打ち続ける戦法なのですが、龍馬はそれに、まったく動じず、逆に佐那と同じように、高速回転で、一瞬佐那と組んだような形になり、そして押し返す。
 龍馬はその時、「ありがとうございます! お佐那様に教わった剣は、わしの宝ですき!」 と叫ぶのですが、その瞬間、佐那の竹刀が、龍馬の胴を打つ。 だが浅い。
 佐那は息を荒げながらも、「坂本サン…」 と感情があふれてくるのですが、またふたりは、激しく打ち合い始めるのです。
 この打ち合いが、見ようによっては、まるで会話をしているように、思えてくる。 剣を交えることで、お互いの気持ちが通じ合ってくる、勝負をする者同士にしか分からない感情が、激しく火花を散らしている感じに、見えてくるのです。 私には、龍馬と佐那のラブシーンのように、見えました。

 その様子をじっと見つめる定吉。 ふと両者の動きが止まり、相手の竹刀を回すようにして伸びた龍馬の竹刀が、佐那の面を捉える。 「それまで!」

 「本当に、強くなられましたね…」

 そしてふたりの、回想シーン。 いや、なんか、泣けました。

 龍馬が去ったあとの道場で、「私はもう、誰の嫁にもなりません。 これからも、剣一筋に生きてまいります。 心配しないで下さい、父上、兄上…。 私は幸せです…。 だって、坂本サンは、ここにいるのですから…」 と、龍馬の名札を見つめる、佐那。
 その後、自らの墓石の後ろに、坂本龍馬妻と書きいれたという、千葉佐那サンの思いは、ホントにこんなものだったんだろうな、というのがとても伝わりました。

 ところが、冒頭に書いたように、ここで山内容堂との接見シーンの続きが、控えておったのです。

 武市半平太のことを 「行き過ぎている」 と批判する容堂公。
 「下士は犬猫同然ながじゃ。 下士の分際で藩を動かそうなど、虫唾が走る! 口では、わしのためだと言いながら、武市はわしの支えじゃった吉田東洋を、闇討ちにしたがじゃ。 そんな輩を、許してもえいと思うか、おんし!」
 容堂公はその時、はっきり龍馬に向かって詰問している。
 つまり、龍馬を脱藩浪士と見抜いただけでなく、武市に近い攘夷派の人間であると見做しているのです。

 龍馬は、「武市は容堂公への忠義一筋の人間である」 と説明するのですが、容堂公は
「よう知っちゅうのう。 まるで、土佐者のようじゃ!」 と、つかみかからんばかりの勢い。
 その場は勝のとりなしで収まったのですが、その後、あれほどけなしていた武市を、上士に取り立てる命を下すのです、この容堂公。
 その真の目的は、やはり別のところにあるのでしょうが、そうとも知らない武市が、涙を流して喜んでいるさまは、非常に哀れでも、あるのです。

 ラストに来てこの、容堂公の怪物ぶりをガーンガーンと繰り出す見せかたには、正直シビレました。

 そして今週の、「弥太郎伝」。

 いきなり坂本家の朝餉にやってきて、龍馬との仲の良さぶりを急にアピールし出したと思ったら、「金貸して」(笑)。

 地震で倒壊した家屋の建て替え需要を見込んで材木を購入したはいいものの、地震で壊れた家の家計には、購買能力がなかったという、もっと経済学びんしゃい、みたいなヘマをやらかした末の話で(笑)。

 どこまでドジなんだぁぁ~っ!(笑)

当ブログ 「龍馬伝」 に関する記事
♯01論点が、はっきりしちゅうhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/1-e718.html
♯02えらい天気雨じゃったのう(笑)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/2-a44b.html
♯03食われっぱなしぜよ、福山サンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/3-8e96.html
♯04佐那チャン、ツンデレ、してません?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/4-5776.html
♯05アイデンティティの崩壊http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/5-d115.html
♯06本分をわきまえる、ということhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/6-766e.html
♯07父のこころ、子のこころhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/7-e1b3.html
♯08汚さに磨きがかかる(なんだソレ?)弥太郎殿http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/8-8680.html
♯09思想か、命かhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/9-febd.html
♯10もっとなんとかできたはずhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/10-b847.html
♯11龍馬が担ぎ出される、その理由http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/11-ac67.html
♯12武市の心理、執拗にやってますねhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/12-2a95.html
♯13大友サン演出は、一味違うhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/13-e7ca.html
♯14進む龍馬の空洞化http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/14-ef4d.html
♯15龍馬の人物像が、ちっくと見えてきたhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/15-b072.html
♯16日本人じゃあぁーっ!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/16-5e1f.html

|

« 「今夜も生でさだまさし」 しょうゆーわけで千葉編 | トップページ | 「おくりびと」 親不孝してる身には、ちょっと堪えました »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

今回も良かったですね。

龍馬、海舟、武市、以蔵そして容堂。みなキャラが立って、それぞれのドラマがあり、満足でした。特にジョン万次郎の笑顔が最高でした。

あのような時期に、グッドタイミングのように難破してアメリカ人に助けられ、アメリカで生活して、アメリカの文化を経験し、英語を話せるようになった日本人が出てくるというのが、歴史の妙ではないかと思います。

投稿: 弥太郎 | 2010年4月27日 (火) 20時56分

弥太郎様
コメント連投、ありがとうございます。

ほんとうに、ジョン万次郎みたいに、アメリカに拾われたとかいう日本人が、他にただのひとりもいなかったのかなと思うと、その確率は、まさに宝くじ以上ですよね(笑)。

しかも彼が、龍馬と同郷だとは。

このところの 「龍馬伝」 は、何となくテンションが上がり気味な感じがするのですが、来週からは、ついにお龍サン(真木よう子サン)が登場のようですね。 佐那役の貫地谷しほりチャンが、出番が少ない割にすごくよかったので、真木サンが 「佐那の思い」 を超えることができるのか、今から楽しみです。

投稿: リウ | 2010年4月27日 (火) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48180617

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」第17回 試合という名のラブシーン:

« 「今夜も生でさだまさし」 しょうゆーわけで千葉編 | トップページ | 「おくりびと」 親不孝してる身には、ちょっと堪えました »