« 「Mother」 第1-2回 主人公が、暗いですね… | トップページ | 「ゲゲゲの女房」 第4週まで見て »

2010年4月24日 (土)

「チェイス~国税査察官~」 第2回 届かぬ父の思い

 おことわり 当記事中過激な表現がままありますが、半分軽口で書いております。 こういうおことわりをすること自体がすでに無粋ではありますが、まともに取ってしまう方がいらっしゃいますので、あえて前置きいたします。

 旅客機墜落事故で亡くなった雪恵(木村多江サン)の代わりに、仕事量も少なくして食事も作り、娘(水野絵梨奈チャン)とのふれあいを持とうと努力している、春馬草輔(江口洋介サン)。 それに対する娘の態度が、先週から引き続き、個人的にはムチャクチャムカつくわけであり(笑)。
 「責任感じてるなら、死ねば?」 なんて、それが親に向かって言う言葉かぁぁーっ!と私なら、星一徹状態でちゃぶ台ひっくり返して(ちゃぶ台はさすがに家にはありませんが…)娘だろうが女だろうがひっぱたきますけどね(笑)。 さもなきゃ誰も傷つけたくない場合は、暴れます(笑)。
 「死ねば?」 はないだろっ、「死ねば?」 は!
 言っていいことと悪いことが、さすがにあるんじゃないかって、思いますよ。
 だいたい、父親が何の仕事をしてるか分からないったって、家に帰ってきてだらしない格好を見せるでもなし、いつも家族と真摯に向き合ってたじゃないですか、草輔は。 しかも江口洋介ですよ(そういう問題じゃないか…)。

 どうもこの、春馬家の親子関係が気になり過ぎて、当の脱税関係の話が上の空になりそうなんですが、その脱税関係の話のほうでも、村雲(ARATAサン)の協力者になっている川島歌織(麻生久美子サン)に、ちょっとムカつき気味です私(笑)。

 つまり、川島圭介の遺産1億7千万(しかも税金なしで丸々もらえるとか、言ってませんでしたっけ?)を、「そんなはした金で何が買えるっていうの?」 みたいに言うし、人の不幸を目の当たりにしながら、「キンチョー感で吐きそうなほどコーフンしてるの」 とか言ってるし。 あーサイテーだぞ、この女!
 しかもですよ、檜山基一(斎藤工サン)の相続税逃れで、子供をタックスヘイブンの外国で産ませるために、檜山と結婚までしちゃうんですよ。 脱税のために、子供まで生むのか!
 この話を村雲から切り出された時、さすがに歌織はひるむのですが、「じゃあほかの人に頼もうっと」 と言う村雲の魂胆を、小賢くも見抜いた気になって、その裏をかこうとするのが、いかにも自意識過剰でムカムカする(笑)。 「Mother」 の児童虐待バカ男にしてもそうですが、見ていてムカツクヤツを書かせたら、ピカイチですね坂元サンは。

 「私のことよく知ってるのね…どんなふうに言えば私が引き受けるか…安く見られてるのか高く見られてるのか…ねえ、裏金が6000億あったら何ができるの?…見てみたい気がするの、その使い道…いいわよ、彼と結婚する…だけど…結婚してもあなたに会いに来るわ…あなたに抱かれに来るわ」

 たまらず歌織を押し倒す村雲。 けれども、その様子は、欲情に駆られているのではなく、歌織のその冷たさに怒りを押し殺している感じなのです。 ここらへん、(勘違いかもしれませんが)村雲のトラウマをうかがわせるような、奥の深いシーンでした。

 それにしても、国外にニセの貴金属を持ち出して、外国で本物と交換し、外貨を課税されずに輸入する、という村雲たちの手口と言ったら。 マネする人が出てきそうな感じがしました。
 このエピソードには、ガンダレ(石黒英雄サン)という中国人を介在させ、中国の最下層の子供たちの暮らしを絡ませたり、そのガンダレを平気で見捨てる村雲たちを描いたり、なかなか見ごたえがありました。 ガンダレは、まるで現代中国の成り上がりの象徴でもあったし、精神的な貧しさの象徴のようでもありました。

 そして芸能プロダクションの脱税調査からザイックのニセ貴金属の情報がつながり、雪恵の飛行機墜落事故の背後に隠れているものを嗅ぎつける、江口サン。
 ここらへんの話は、まさに息をもつかせぬ展開で、シビレまくります。

 ただその話の流れの中で、せっかく修復しかけた江口サンと娘の関係も、また元の木阿弥になってしまう。 イジワルな展開だ…。

 部屋をノックしても応答がない娘鈴子に向かって、扉越しに、お母さんを死なせた張本人を、お父さんは絶対に許さない!と、悲壮なまでの決意を語りかける江口サンでしたが。

 部屋には誰も居ず…。

 その頃村雲は、大雨の中衝突事故を起こしてしまう。 はねられたのは、鈴子? はねられたのか、それをよけようとして壁に車が激突したのかは分かりませんが、また衝撃的なラストでした。 あー面白すぎます。

 今回檜山のオヤジサン役で、中村嘉葎雄サンが、出てきましたね。
 個人的な話になってしまいますが、私がその昔テレビドラマをちゃんと見るようになってから、いちばん最初に 「この人の演技は上手いなあ」 と思ったのが、中村サンでした。 久々にお目にかかります。 今回顔見せ程度でしたが、今後に期待します。

当ブログ 「チェイス」 に関するほかの記事
第1回 江口サン、公僕の悲哀http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/1-a698.html
第3回 裏切りに揺れる心http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/3-77a7.html
第4回 ふたつの復讐http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/4-3809.html
第5回 黒い薔薇、赤い薔薇http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/5-05dc.html
第6回(最終回)別の人生への希望http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/6-785a.html

|

« 「Mother」 第1-2回 主人公が、暗いですね… | トップページ | 「ゲゲゲの女房」 第4週まで見て »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48163177

この記事へのトラックバック一覧です: 「チェイス~国税査察官~」 第2回 届かぬ父の思い:

» 土曜ドラマ「チェイス〜国税査察官」第2話★社会を動かすのは、裏金の力だ [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
「チェイス〜国税査察官」第2話 イミテーション・ゴールド 【 脱税に利用された遺族 】  村雲(ARATA)の勧めで、「租税回避商品」として檜山(斎藤工)が購入し「東アジア航空」にリースしていたジェット機が墜落し、「東アジア航空」による追悼・慰霊の会が開かれている。  この事故で、妻・雪恵(木村多江)を失った春馬(江口洋介)と娘の鈴子(水野絵梨奈)も参列。  鈴子が菊の花を落とすと、男がこれを拾う・・・村雲だ!!  墜落にあわてた檜山に「おめでとうございます。我々は節税に成功... [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 08時27分

« 「Mother」 第1-2回 主人公が、暗いですね… | トップページ | 「ゲゲゲの女房」 第4週まで見て »