« 「小島慶子 キラキラ」 小島アナ、今後のことは分からないそうです | トップページ | 「ゲゲゲの女房」 第5週 ほんとうのスタートは、ここから »

2010年4月30日 (金)

「チェイス~国税査察官~」 第3回 裏切りに揺れる心

 大雨の降る中、鈴子(水野絵梨奈チャン)をよけようとして事故を起こした、村雲修次(ARATAサン) の車。
 結局両者とも大したことはなかったのですが、ここで春馬草輔(江口洋介サン)と村雲が知り合うきっかけが作られ、村雲は廣川という偽名を使って草輔の仕事の内情を探りだすようになる。

 と同時に、鈴子は村雲の手を借りて、死んだ母親(木村多江サン)の保険金で海外の株取引?を始めるのです。
 ちょっと鈴子、はっきり言って人間の風上にもおけない仕様になってきてるんですけど(笑)。 親への反抗の範疇を超えてます。 鈴子のバカさ加減には、怒りを通り越して呆れ果てます。 更生希望!

 いずれにせよ、村雲と鈴子の出会い頭の事故は、草輔の仕事に対するモチベーションを根底から揺るがす端緒となっていくのです。

 今回草輔たちが追う案件は、現役大臣紺野の脱税容疑。

 それに絡んで、紺野の税務指南役を務めている、元査察OB井坂敏(石橋蓮司サン)との腹の探り合いは、見ごたえがありました。

 最初にそれとなく井坂を訪問した草輔は、「査察の人間は、口よりも目がよく動く」 といきなり先制パンチを井坂から食らわされ、部屋にかかっていた絵画の額縁が小さくなっていることを指摘し、「井坂サンが私を試されたんでしょう」 と返すのですが、井坂は 「紺野を調べても無駄だ」 とばかり、「裏山から3億円」 の新聞記事をバサッと置く。
 「みんなお見通しだ」 ということですよね。

 それにしても、井坂は査察時代、「査察の捜査に聖域はない」 が信条のよくできた男だったのですが、国税局を辞めてから、国会議員の脱税アドバイザーと、なり下がっているわけです。

 議員なんかの公僕の脱税って、一般人以上に、罪が重い気がします。

 自分たちは国民に対して税金をかける法律を作り、それを執行し、従わないものには延滞金だの罰則だのつけるくせに、税金をいただいてお給料にしている側が、脱税なんて。 極刑でもいいくらいだ(言いすぎました…笑)。

 その国会議員の脱税の指南役なんですから、井坂のやっていることは、昔と今では月とスッポン、天地ほどの差がある。
 で、普通の脱税より何倍何百倍もひどい、と思いながら見ていたせいか、井坂に査察の手が回った時に、井坂が草輔に打ち明けた 「転落の理由」 は、ちょっと私には、弱い気がしました。

 脱税の前に、受託収賄の容疑で、紺野が東京地検に逮捕されたことが、井坂の言うその理由。

 「お前ら、検察に抜かれたんだよ…この案件は、私が職務を、いや、命を懸けて追っていた案件だ…それを、お前らは結局逃した…それが答えだ…オレがこうなった答えだ…こんなもんだ…脱税するくらいがちょうど人間なんだよぉ…ハハハ」

 このシーンのあいだに、益岡徹サンが奥田瑛二サンに向かって、「査察は検察の下請けなんですか!」 と詰問していましたが、うーん、これくらいで昨日の友は今日の敵、みたいなことになっちゃうかなー。 なんか、納得しきれませんでした。 て言うか、よく分かんなかった(笑)。

 まあともかく、その井坂の姿を見た草輔は、自らの仕事に対する信念が揺らぎ始めるのですが、そこで、同じ遺族として、一緒に酒を酌み交わすほどの友人となっていた村雲(廣川)に、草輔は電話をするのです。

 「廣川サン、どう思う? 最近の世の中、なんか、おかしくないかな? どんどん悪いほうに行ってるって言うか、人の心みたいなものが、壊れていってる気がするんだ…オレのほうが間違ってんだろうか?」

 それに対する村雲の答えは、草輔のアイデンティティをぶち壊すほどの、恐ろしい答えでした。

 「間違ってないと思いますよ。 …この世界はもう、あなたの知ってる世界じゃないんだ。 『盗まれた街』 という話を知っていますか。 男がある時気付くと、妻が妻でなくなっている。 わが子がわが子でなくなっている。 外見も声も同じなのに、誰もがみな明らかに別人なんです」

 「それはあれだろ、宇宙人とかSFとかの」

 「ええ。 でもあなたに起こっていることと同じだと思いませんか。 あなたはマジメに働いてきた。 正義感を持って、社会のためにと自分を律して生きてきた。 しかしそれを認める人は社会からいなくなった。 世間は官を叩き、役人を諸悪の根源のようにののしる。 …春馬さん。 ぼくは人の悪意というものが、重力のようなものだと思っています。 報われなかった善意や正義感の裏側に、おんなじだけの悪意が根を張るんです」

 「…どういうことだ?」

 「春馬さん。 奥さんを亡くして、娘さんを見失って、本当はあなた、こんな世界滅びてしまえばいいと思っているのではありませんか? もう我慢するのはやめましょう。 あなたには、…この世界を憎む権利がある」

 友人だとばかり思っていた相手から、急にこんな言葉を言われたら、ちょっと普通じゃいられなくなりますよね。 村雲には、草輔を撹乱する目的もあるのでしょうが、もっとほかに、何か意図があるような気がします。 村雲の言った、「報われなかった善意や正義感」 って、一体何だったんでしょう。

 自分自身の仕事に対する疑問がわきあがっているときに、草輔は激励の言葉を期待していたと思うんですよ。 それが、完全に裏切られた形。
 草輔も、この会話のあと、しばらく呼吸困難状態になるのです。 「そんなことはない!」 みたいに反駁するからこそ、草輔のその信念が、ポキッと折れてしまうのが、怖い。
 いや、息をのみました。

 なんか、「ふぞろいの林檎たち」 を思わせる、不条理ドラマみたいになってきた。
 「ハゲタカ」「外事警察」 ほどではないですが、私が見ているなかでは、今クール(全6回ですけど、これくらいの長さのほうが、トラップ仕掛けたりするにはちょうどいいかも)でいちばん面白いドラマじゃないかなー。 でもこの不条理を楽しめないと、ちょっと現実離れしすぎているように思えるかもしれません。

 で、それから草輔は、たぶんそれまで軽蔑して会おうともしなかった元新聞記者の情報屋と接触し、妻を乗せて墜落した旅客機の所有者に、大金が渡っていたことを突き止める。
 そして村雲は、草輔の娘鈴子と、接触するのです。 それで冒頭に書いたようなことを鈴子に吹き込む。
 あーますます、ブラックな話になってきたー(笑)。 鈴子! オジサンは信じてるぞ!(笑)

当ブログ 「チェイス」 に関するほかの記事
第1回 江口サン、公僕の悲哀http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/1-a698.html
第2回 届かぬ父の思いhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/2-eecd.html
第4回 ふたつの復讐http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/4-3809.html
第5回 黒い薔薇、赤い薔薇http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/5-05dc.html
第6回(最終回)別の人生への希望http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/6-785a.html

|

« 「小島慶子 キラキラ」 小島アナ、今後のことは分からないそうです | トップページ | 「ゲゲゲの女房」 第5週 ほんとうのスタートは、ここから »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウさん、復帰ありがとうございます。
安心しましたが、年には勝てない。おんなじです。
6年前はパソコンの調子もいいせいか
文章もアップも軽やかでしたね。
このころのNHKおもしろかった。
ストーリー展開も意外の連続で。
SRATAの発掘もそうだけど
謎の女、歌織役「麻生久美子」を初めて見て
「キレ~なヒトやな~。」と。
今タックスヘイブンが騒がれていて
思い出してココにお邪魔しました。
まあ、年相応にガンバロウではアーリマセンカ!!!

投稿: ドラマ大すきおやじ50才 | 2016年5月10日 (火) 18時39分

ドラマ大すきおやじ50才 様
コメント下さり、ありがとうございます。

へへ、この頃は社会的地位もあったし(爆)やる気マンマンでしたから(笑)。

NHKの土曜ドラマが面白かったのは、なにしろ 「ハゲタカ」 の成功によるものが大きかったでしょうね。 その演出をしていた大友啓史サン、堀切園健太郎サンなんかの力がすごかった。 「外事警察」 はすごすぎて、まだ最終回まで記事が書けてない。 とんでもない感想文になりそうだから(笑)。

投稿: リウ | 2016年5月12日 (木) 07時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48226920

この記事へのトラックバック一覧です: 「チェイス~国税査察官~」 第3回 裏切りに揺れる心:

« 「小島慶子 キラキラ」 小島アナ、今後のことは分からないそうです | トップページ | 「ゲゲゲの女房」 第5週 ほんとうのスタートは、ここから »