« 「イッツ・オール・トゥー・マッチ」 は、ジョージの作った交響曲だ | トップページ | 古代史ドラマスペシャル 「大仏開眼」 やっと見ました »

2010年4月14日 (水)

「八日目の蝉」 第3回 がらんどうの悲しみ

 子供をさらって逃亡中の檀れいサンが新興宗教風の施設に入って、ずいぶん変な世界になってきたように感じた、「八日目の蝉」。
 ところが第3回目の今回は、その閉鎖された空間での出来事が、とてもリアリティを持って迫ってくるような感覚に、とらわれました。
 それは子供を夫に取られたままこの施設に逃げ込んだ坂井真紀サンのエピソードと、実は育児ノイローゼで自分の赤ん坊を殺してしまっていた、高畑淳子サンのエピソードが原因。
 そのふたつのエピソードが、この施設に逃げ込んできた17歳の妊婦、水沢奈子チャンの出産で、大きく事態ごと動いていくことになる。
 や、期待したような、いいドラマになってきました。

 舞台は、エンジェルの家に檀れいサンが入所してから3年がたち、さらってきた子供、薫チャンもそこですくすくと育った1992年のこと。

 坂井真紀サンと行商に出かけた檀れいサン、坂井サンから 「ちょっと行った先に亮太(坂井サンの子供)がいる。 ひと目だけでも会いたい」 と言われ、しぶしぶ了承。
 というのもこの坂井サン、子供を連れ出すために施設のお金に手をつけるという大胆なことをして見つかってしまった、という経緯があって、檀サンは高畑サンから坂井サンの監視役を頼まれていたのです。

 果たして坂井サンは亮太クンに会えたのですが、連れ出そうと伸ばした手が止まってしまう。
 「やっぱり連れ出すなんて大それたことはできなかった」、と戻ってきたところに、若いママハハが亮太クンを連れて 「パンを買いたい」 とやってくるんですよ。
 そのママハハ、いかにも優しそうなんですけど、やっぱり実際に自分の腹を痛めた子、という感覚じゃないのが、すごくよく分かるような優しさで。
 ここらへん、とてもよくできてたなあ。

 で、どんなパンがいいのか迷っているそのママハハを見かね、坂井サンはチョココロネをパッと差し出して、タダであげる、と亮太クンに無理やり渡すのです。
 ママハハと亮太クンが去ってしまってから、坂井サンは絞り出すように吐き捨てる。

 「なんやあの女…! 母親でもないのに、母親面しくさって…! 自分の子供の好きなもんも分からんで、…どないすんねん! 亮太の好きなのは、チョココロネや…! 亮太は、あたしの子ォや…! あたしは分かってる…あたしのおなかを痛めて産んだんや…! おなかを痛めてない、血ィもつながってないもんに、亮太のこと、分かってたまるかぁっ…! ホントの、ホントの母親は、あたしやのに…!」

 坂井サン、やっぱり、うまいです。 泣けました、このシーン。

 それにしてもこのセリフ、いちいち檀サンの胸にグサグサ突き刺さりまくっている構図が、すごい。
 坂井サンは檀サンに励まされ、檀サンの胸で泣くのですが、その檀サンこそ、自分の子をさらわれた板谷由夏サンを、坂井サンとおんなじ目に遭わせている、いわば張本人なんですからね。

 そしてその昔、育児ノイローゼで子供をマンションの窓から放り投げて殺した、という過去を持っていた、高畑淳子サン。
 施設に逃げ込んできた、おなかが大きくて今にも産まれそうな感じの水沢奈子チャンに向かって、「どうしてそんなに子供が産みたいの?」 と、あくまで仏頂面のまま(笑)問いかける。
 「どうしてって…かわいいから…」
 「まだ生まれてもないのにどうしてかわいいって分かるの?」
 「自分の子だったら、…かわいいに決まってる」
 その途端逆上する高畑サン(笑)。

 「決まってないのよそんなことはぁぁッ!」

 あー、びっくりした(笑)。 奈子チャンも、目がテン(笑)。

 この高畑サン、奈子チャンが子供を産んだその晩に、礼拝室のマリア様の前で、半狂乱になって泣き崩れる。

 今まさに生まれたばかりの赤子と、遠い昔に自ら殺してしまった赤子と、その両方に対する母性がごちゃまぜになって、自らの罪の大きさに、あらためて押しつぶされる、という心境だったと思います。 男の私ですら、あまりに重すぎるシーンでした。

 結局未成年の水沢奈子チャンをかくまったことで窮地に陥る、エンジェルの家。
 そこから抜け出した檀れいサンと薫チャンは、夜の遊園地へと向かう。
 はじめて外の世界を見た薫チャンは大はしゃぎなのですが、「夢の国みたい」 と話す薫チャンに、「夢の国なんて言わないで…ママは、薫と離れたくない…」 と、檀サンは薫チャンを抱きしめる。
 切ないですよね。 子供を堕ろして、子供が産めない体になった、がらんどうの自分を埋めようと、自分がおなかを痛めたわけではない子供に、救いを求めているのですから。

 それにしてもこのドラマ、今回出てきた薫チャンも亮太クンも、子役の演技が、なんかハチャメチャにいいんですけど(笑)。 赤ん坊もすごかったし、いやいや、すごい子役が、増えてきたもんです(笑)。

「八日目の蝉」 に関する当ブログほかの記事
第1回 来週も、…見よう、かなあ?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/1-254c.html
第2回 ヘンなとこ、きちゃったな~http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/2-4f12.html
第4回 穏やかな、凪のような回でしたhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/4-a45c.html
第5回 逃亡の果てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/5-267b.html
第6回(最終回)もう触れることのできぬ思いhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/6-cef7.html

|

« 「イッツ・オール・トゥー・マッチ」 は、ジョージの作った交響曲だ | トップページ | 古代史ドラマスペシャル 「大仏開眼」 やっと見ました »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48081417

この記事へのトラックバック一覧です: 「八日目の蝉」 第3回 がらんどうの悲しみ:

« 「イッツ・オール・トゥー・マッチ」 は、ジョージの作った交響曲だ | トップページ | 古代史ドラマスペシャル 「大仏開眼」 やっと見ました »