« 「龍馬伝」 第15回 龍馬の人物像が、ちっくと見えてきた | トップページ | 「鶴瓶の家族に乾杯」 福岡県大川町に、のだめあらわる »

2010年4月12日 (月)

「わが家の歴史」 第3夜(最終夜) うまくいく人、うまくいかない人

 八女家の人々を中心として、数多くの人々がゆき過ぎて行った、「わが家の歴史」 の最終夜。 合計で7時間以上はあるドラマでしたが、途中でダレることもなく、リアルタイムで一気に見ることができました。

 それは話がとても駆け足だったからこそ見ることができたわけで、これが重苦しいテーマのドラマであったなら(「不毛地帯」 みたいに)、とてもじゃないが一挙に追っていくことは無理だったと思います。 なにしろ第1夜の当ブログ記事にも書いたんですが、やたらとこのところテレビを見続ける根気がなくって(笑)。

 今回の話は、鬼塚(佐藤浩市サン)と、時次郎(西田敏行サン)の死、というものが、物語に大きな影を落としていく作りだった気がします。
 家族の金銭的支柱だった鬼塚と、精神的支柱だった時次郎。 このふたりの死によって、最終話は後半に向かって、どんどん爆笑シーンがなくなっていく。 3日間も見ているとさすがに感情移入してくるもので、不幸になっていく八女家、特に柴咲コウサンを見るのは、ちょっとつらいものがありました。

 ただ、だからこそ、毎回の冒頭に流れていた運動会が、この長編ドラマのラストの舞台になっていることが、大きな救いになったように思いました。
 みんなが頑張って、その日その日を生きている。
 そして子供のため、誰かのために、つらい仕事を頑張っている。
 そのことができない人も、もがきながら苦しんで毎日を生きている。
 ラストのナレーションでも述べられていましたが、ここに出てくる人たちはみんな私たちと同じ、普通の人々なのです。
 そんな人たちが大勢寄り集まって、生きつづけて、この日本という国を、構成している家族の一員なんだ、ということを、ちょっとばかりオオゲサですが(笑)考えたりしました。

 このドラマは、ジャンルとか好き嫌いとかを超越して、そんなほとんどの日本人に向けて発信されていた、ドラマだったのではないでしょうか。

 細かい印象的な話に移りますが、最終夜で前回前々回以上にクローズアップされていたのが、実在する有名人との絡みだった気がします。
 特に伊東四朗サン演じる、古川ロッパ。
 第2夜から、痩せたと観客に思わせないようにタオルを体に巻きつけていたとか、他のちょっとだけしか出ない有名人に比べると、ずいぶん内面にまで切り込んだ描写をしていました。 第3夜も場末のストリップ劇場で往年の意欲を取り戻した場面とか、三谷幸喜サンの、喜劇人ロッパに対するオマージュをも感じさせる、出演のさせ方でした。

 また、そのストリップ劇場に入り浸って舞台に出演までしていた、作家の永井荷風(石坂浩二サン)。
 踊り子たちに囲まれて羨ましい(笑)人だったんですが、そのさびしげな後ろ姿と、孤独死をしたというナレーション。 石坂サンの演技は、深い余韻を残しました。

 それから、榮倉奈々チャンがアシスタントとして勤めた先のマンガ家、手塚治虫(藤原竜也クン)。
 彼は実にエキセントリックな芝居をするんですけど、手塚センセイはこんなイケメンじゃないでしょう~(笑)。
 ただやはり、手塚センセイに関する描写は、やはり濃密。 三谷サンの趣味がそのまま反映されているような感じにも見えました。

 極めつけは、本妻の天海祐希サンが八女家を訪ねた時に、力道山(山口智充サン)、将棋の枡田幸三(内野聖陽サン)、遠藤周作(八嶋智人サン)、丸山(美輪)明宏(ウェンツ瑛士クン…彼のしゃべりかたはクリソツで、大笑いしました)、美空ひばり(相武紗季チャン…これはちょっと、ないでしょーという感じでした…笑)が入れ替わり立ち替わり登場したのには、ドッカンドッカン笑いました。
 ただやはり、大笑いしたのはこの時が最後だったかな。
 つるちゃん(大泉洋サン)が出てくると、大爆笑ばかりしていた気がするんですけどね(笑)。

 実在の有名人以外で印象的だったのは、柴咲コウサンのいちばん最初の恋人だった、大浦竜伍(玉山鉄二サン)。
 戦争に行ったまま戦死扱いにされ、シベリアの収容所で共産主義の洗脳をされ、戻ってきたら元恋人は資本家の2号さんで、社会主義活動をするも目標を見失い、西田敏行サンと高田純次サンのダメ事業につきあって失敗し、右翼のクーデターでいいように利用される。

 彼が柴咲サンに話した、「ぼくはこの世に生きた証を残したいんです」 という気持ちは、痛いほど自分には伝わりました。
 人生を生きる意味をなかなか見つけだすことができずにもがいている人の象徴、でしたよね。 自分もそんな、漂流感覚で生きているから、身につまされます。

 それにしても、洞爺丸沈没事故で行方不明になっていた、長澤まさみチャンの落ちぶれぶりは、ちょっとシャレになっていなかった気がします。 ストリッパーって…。 さすがに脱いでませんでしたけど。
 松本潤クンとの恋愛話は、もっとドラマチックに展開するのかと思いましたが、彼女、急にまたいなくなっちゃったり、ドラマラストで、食堂で働いているところを見ても、ちょっと腑に落ちない作りでした、ここだけは。
 でもなんだか、他人から見れば不本意なように見える生き方をする人って、いるんですよね。
 俯瞰的にこのドラマを見ると、そんな達観したものの見方も出来る気がするのです。

 このように、いちいち細部にわたって書き始めると、かなり果てしなくなってしまうんですが(笑)、それはそれとして、後半に向かってどんどん経済的窮地に陥っていく柴咲コウサンに対して、今まで散々世話になってきた八女家の兄弟たちが、運動会のパン食い競争だけで埋め合わせをしようとしているのは、ちょっと許せないよーな気もするんですけど(じょーだんです…笑)。

 いずれにしろ、家族は大人になってしまうと、確かにバラバラになってしまうものなのですが、たがいにやっぱり、離れていてもどこかで気を遣いながら生きているものですよね。
 八女家の人々はそれまで、鬼塚の庇護のもとで一致団結して生きてきた傾向の強い家族であったので、それが再び集合する、結婚式とか、運動会のようなイベントが、やはりとても見ていてうれしくなるものなのです。

 離れたりくっついたり、誰かが亡くなったり新しい命が誕生したり。
 うまくいくときもあれば、うまくいかないときもある。
 「禍福はあざなえる縄のごとし」 と言いますが、それが家族単位であると、また複雑な様相になる。
 ヒトの体内の細胞は、いつも生まれたり死んだりを繰り返している、と言いますが、やはり家族というものもそれと同じ気がします。
 「不毛地帯」 に引き続いて、フジテレビさんには、開局50周年でぜいたくなドラマを、またまた見させていただきました。
 出来ればこのドラマも、2クールくらいで見たかった気がします。 別にお金をかけなくたって、工夫すればじゅうぶん出来る気が、するんですよね。

当ブログ 「わが家の歴史」 のほかの記事
第1夜http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/1-91c6.html
第2夜http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/2-88d2.html

« 「龍馬伝」 第15回 龍馬の人物像が、ちっくと見えてきた | トップページ | 「鶴瓶の家族に乾杯」 福岡県大川町に、のだめあらわる »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» わが家の歴史 内野聖陽 試写会 [臨場 内野聖陽 松下由樹 渡辺大 伊藤裕子 益岡徹 高嶋政伸 最新情報]
風の日記: わが家の歴史 第3夜 「わが家の歴史 第二夜」からの続きです。昭和29年、八女義男(松本潤)は一之瀬ゆかり(長澤まさみ)と一緒に青函連絡船の洞爺丸に乗り込みました。嵐で遭難し、義男とつるちゃん(大泉洋)は助かりますが、生存者リストにゆかりと家族の名前はありません 。 ... 棋界の風雲児・升田幸三(内野聖陽)です。大造は鏡で自分の顔を見て、死期を悟ったのか、中州へ出かけました。政子が「あなたの街よ」と言うと、大造は「俺の街じゃない。彼らの街だ」と答えます。見舞いに来た実に、大造は「母さん... [続きを読む]

« 「龍馬伝」 第15回 龍馬の人物像が、ちっくと見えてきた | トップページ | 「鶴瓶の家族に乾杯」 福岡県大川町に、のだめあらわる »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ