« 「新参者」 第1回 なんとなく、謎解きがすんなりしすぎてる感じ | トップページ | ポールの 「フレンズ・トゥ・ゴー」 に見える、ジョージ・ハリスン観 »

2010年4月19日 (月)

「めざせ!ロックギタリスト」 第4回 バレーってやっぱ、鬼門なのネ

 ドゥービー・ブラザーズの 「ロング・トレイン・ランニング」 のイントロを弾くために、まずはバレー(指1本で1弦から6弦まで全部押さえる、アレです)をますだクンにマスターさせるヨッちゃん。

 ますだクン、これがまた、見ていてもどかしくなるくらい、押さえらんなくて(笑)。
 ますだクンはアコギをやっていた時、ここでつまずいてやめてしまっただけあって、さすがに出来なさに磨きがかかってます(笑)。
 そう、いくらエレキギターがアコギより弦を押さえられやすいからと言って、全部の弦をバレーするとなると、それなりに力がいるのです。

 しかしますだクン、ここはどうしても、乗り越えなくてはなりません。
 ギター弾きに必要なのは、やはり弦を押さえるほうの腕の、筋力だからです。
 そしてもうひとつは、弦を押さえる指先の、皮を厚くする、という工程(笑)。
 これは、ただひたすら、毎日長時間、ギターを弾きづけるしかない。
 もし機会があれば、ギター弾きの人の指先を、触ってみてください。 みんな異様に、硬いです(笑)。
 私もしばらくギターを弾かないと、押さえる握力もなくなって、指先も柔らかくなってしまいますね。
 ギターをある程度弾けるようになりたければ、毎日長時間弾き続けるしかない。 それって、私が考える、基本中の基本です。

 番組ではその後、カッティング技術も教えていくことになるのですが、ますだクン、どおーもなんか、ちょっと、だいぶ、とても、ヘタクソで(笑)。 弦を押さえた指の力をちょっと抜く、という感覚が、分からないようなのですが、自分のフィーリングでやりゃあ簡単だと、思うんですけどね。

 それにしても、この講座開始の時、ヨッちゃんはますだクンにCharの 「SMOKY」 まで弾けるようにする、とか言ってましたけど、見ているととてもできそーな雰囲気じゃない、と言うか(笑)。

 結局 「ロング・トレイン・ランニング」 も、この列車ヤッタラ遅っせーなー(笑)、しかもボロボロだし(笑)、みたいな卒業試験の出来でした。 赤点ギリギリで合格!とかヨッちゃんは言ってましたけど、そうでもしなきゃ番組が進まないからであって(笑)。
 だけど考えてみれば、結局、上達しませんでした!で終わる趣味講座があっても、それはそれで、ウケるんですけどね~(笑)。 それって前代未聞ですけど(笑)。

 にもかかわらず来週は、キッスの 「デトロイト・ロック・シティ」 ですとぉぉ~っ?(笑) や、クライマックス直前のリード・ギターでしょ、たぶん。 アレならトロくて弾けそうです。

 だけど、予告でますだクン、「ギブアップ」 とか言ってましたけど、ホントに出来るんですかね?

当ブログ 「めざせ!ロックギタリスト」 に関するほかの記事
第1回http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/post-a305.html
第3回http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/3-78fd.html
第5回http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/5-1d98.html
第9回 Charサンからのメッセージhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/9-char-ab5f.html

|

« 「新参者」 第1回 なんとなく、謎解きがすんなりしすぎてる感じ | トップページ | ポールの 「フレンズ・トゥ・ゴー」 に見える、ジョージ・ハリスン観 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48132010

この記事へのトラックバック一覧です: 「めざせ!ロックギタリスト」 第4回 バレーってやっぱ、鬼門なのネ:

« 「新参者」 第1回 なんとなく、謎解きがすんなりしすぎてる感じ | トップページ | ポールの 「フレンズ・トゥ・ゴー」 に見える、ジョージ・ハリスン観 »