« ポールの 「フレンズ・トゥ・ゴー」 に見える、ジョージ・ハリスン観 | トップページ | 「Mother」 第1-2回 主人公が、暗いですね… »

2010年4月21日 (水)

「八日目の蝉」 第4回 穏やかな、凪のような回でした

 坂井真紀サンのつてで、小豆島にやってきた、檀れいサンと薫チャン。
 親子そろってムチャクチャかわいいため、目立つこと目立つこと(笑)。
 色目を使うヤラシイオッサンが出てきましたが、その下品な態度はともかく(笑)、そのオッサンの気持ちは痛いほど理解できる(笑)。

 そして、男やもめの漁師役で出てきた岸谷五朗サンも、ムッツリしているけれども檀れいサンを気になって仕方がない様子。 檀サン宅の玄関先に、とれた魚を置いてなんとか気を引こうとする…ように、見えたんですけど(笑)、とにかく愛想がない(笑)。

 ただ、「掃き溜めにツル状態の檀れいサンを、ムッツリスケベの岸谷サンが狙っている」(笑)などという目でこの回のドラマを見ていると、ちょっと本質を見誤りやすい。

 腸閉塞になった薫チャンを本土の病院にまで自分の船で送り、そこで檀サンが保険証を出せずに実費で治療代を払っているのを見て、岸谷サンはこの親子がワケアリだということを察する。
 島に戻ってきたその翌日の晩、岸谷サンは檀サンに、自分の身の上話をするのですが。

 子供を亡くした痛手をリセットしようとして、女房はこの島を出ていった、と語る岸谷サンのセリフが、子供をさらって逃げている檀サンに、またまた突き刺さる。

 「子を亡くした夫婦いうもんは、…さびしいもんや。 一緒におっても、あいだを埋めるもんがない」

 子供をさらわれた側の、津田寛治サンと板谷由夏サン夫婦が、「あいだを埋めるもん」 がなく、どんなに乾ききった毎日を送っているか。 岸谷サンがぼそぼそ話すあいだ、檀れいサンはそのことを考えることができたんでしょうか。 それとも板谷サンにされた仕打ちが忘れられず、いい気味だと考えたのでしょうか。
 檀れいサンの表情を追っていくと、いい気味とは言わないまでも、出来るだけ長く薫と一緒にいたい、ただそれだけの気持ちしか持っていないように見える。 どうも、自分本位が、抜け切れていない気がする。
 結局岸谷サンに抱かれてしまう檀サンが、張り詰めていた気持ちが折れてしまった、みたいに打ち明けていましたが、うーん、島ではずいぶん癒されていたような気がするけどなあ、と感じてしまったのは、私だけでしょうか。

 今回の小豆島編は、島の豊かな自然や、坂井真紀サンの母親役の吉行和子サンの優しさがふんだんに盛り込まれていて、全体的にはとても穏やかな、過去3回の殺伐としたような雰囲気から解放されたような、凪いだ海のような回だった気がします。
 それだけに、エンジェルの家の時以上に、深いつながりでかたく結ばれていく、檀れいサンと薫チャンの姿が、とてもはかなくて悲しくて。
 そして抱かれてしまう檀サンが、なんとも自分本位に、見えてしまって。

 今回の物語冒頭で、その、エンジェルの家で薫と仲良しだったマロンチャン(高橋真唯チャン)が、20歳になった恵理菜(=薫)(北乃きいチャン)の前にあらわれます。 マロンチャンはエンジェルの家のことを調べている記者になっているらしい。 ふたりが語り合う喫茶店は、なんだか檀れいサンと京野ことみサンが第1回でしゃべっていたのと同じ喫茶店、だったような気がします。 違うかな?
 ふたりは廃墟になったエンジェルの家を再び訪れるのですが、それを見ても表情ひとつ動かさない、かつての薫チャン。
 彼女はとても巨大な喪失感の中で生きているみたいなのですが、それがセミの抜け殻に、象徴的に投影されている。
 私は、彼女の喪失感を埋めるのは、かつての自分の名前、「薫」 であるような気がしてなりません。 「薫」 として生きていた日々が、彼女がいちばん誰かに愛されていると実感していた時期だったと思うからです。

 あと2回のこのドラマ、来週から大きく話が動きそうで、とても怖い。
 なんか、見たくない感じ(笑)。
 それというのも、今回の話が、とても穏やかだったからこそです。 ぬるま湯からは、なかなか出たくなくなる。 そういう感じです(笑)。

「八日目の蝉」 に関する当ブログほかの記事
第1回 来週も、…見よう、かなあ?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/1-254c.html
第2回 ヘンなとこ、きちゃったな~http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/2-4f12.html
第3回 がらんどうの悲しみhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/3-da4d.html
第5回 逃亡の果てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/5-267b.html
第6回(最終回)もう触れることのできぬ思いhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/6-cef7.html

|

« ポールの 「フレンズ・トゥ・ゴー」 に見える、ジョージ・ハリスン観 | トップページ | 「Mother」 第1-2回 主人公が、暗いですね… »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48141131

この記事へのトラックバック一覧です: 「八日目の蝉」 第4回 穏やかな、凪のような回でした:

« ポールの 「フレンズ・トゥ・ゴー」 に見える、ジョージ・ハリスン観 | トップページ | 「Mother」 第1-2回 主人公が、暗いですね… »