« 「八日目の蝉」 第1回 来週も、…見よう、かなあ? | トップページ | 久々に、閑話休題 »

2010年4月 3日 (土)

「恋のから騒ぎ」 2010年度メンバー、前途多難だ…

 放送日が変更され、個人的には長年の土曜日のリズムが崩されてしまった感のある 「恋のから騒ぎ」。
 同じ曜日の午後11時から放送される 「A-Studio」、そんなに毎回は見ないのですが、そのアシスタントが激ノッポだった小泉深雪クンから比較的背の低いIMALUチャンに交代し、ヘンなところで親子のバトンタッチが見られる、という構造にはなったんですけど(笑)。

 そんななか、前期メンバーのMVPが、その第1回目のときだけしか目立つことのなかったハッハハーチャンになったことも併せて、テンション的にもちょっと低めの状態で今期第1回を見たのですが。

 そんな気持ちで見たのがいけなかったのか、どうにも先行きが不安になるような船出だった気がします。
 まあ、シロートサンが第1回目から面白い、ということのほうがおかしいのですが。
 ここ数年は、しょっぱなから面白くて、ずいぶんメンバーのやる気を感じていただけに余計、今期メンバーのローテンションぶりが気になる。

 そう、なんか、ヤケに新メンバーの皆さん、冷めてるんですよ。
 ゲストの高橋克典サンが登場しても、リアクションが薄くて。

 積極的に番組を盛り上げよう、という意思が、あまり感じられない。
 さんまサンの気力だけが、空回りしている印象でした。

 何度も書きますが、それが本来当たり前なんです。 第1回目ともなれば、なおさら緊張することでしょうし。

 ただ、出だしのさんまサンの登場から歓声をあげて盛り上げていた前期メンバーに比べると、今期メンバーはとても静かで、それだけで番組の中に入っていこう、という、見る側の気力がしぼんでしまう。
 そう考えた時、前期第1回目からおおーきな笑い声で番組を盛り上げたハッハハーチャンの存在が、結果的には前期のスタートダッシュに相当影響を与えていた、そんな気がしてくるのです。 ハッハハーチャンのMVPも、そんな意味ではむべなるかな、という感じに思えてくる(笑)。

 で、今期第1回目の説教部屋は、またそのテンションの低い象徴みたいだった 「恋愛経験ほぼゼロ」 の女の子。

 ハリセンボンの、結核にかかったコがいましたよね、名前なんて言うんだか。 その子をちょっと美人にしたような顔の女の子でした。 テンションが低いのが笑えるレベルにまで到達している、唯一の子だった気がします。

 ただその子も、今回しゃべった恋愛体験で話が出尽くしたらしくて(笑)、もう次回からは出ませんとか(笑)。

 まあ、この感じは久々に味わうんですけどね。
 「今回はつまらんなあ」 とか、「前途多難だ…」 とか。
 でもそれって逆に、「恋から」 の大きな吸引力でもある気はするんです。
 「前のメンバーのほうがよかった」「面白いメンバーだけでやってりゃいいのに」 という視聴者の思惑を、見事に無視しているわけですからね。 それで離れていく視聴者のことを、要するに考えていていない、っていうことでしょ? 視聴者を大きなふるいにかけて、コアな視聴者だけが残る。 その番組姿勢って、慣れ合いと真っ向から対立してるゆえに、コアなファンにとっては、新鮮さがいつまでも失われない、そんな気がするんです。
 まあどうでもいいと思って見ている人にとっては、どうでもいい話ですけどね。

 ただこの 「前途多難」 感、これがもとの放送時間だったら、まだまだ先があるさ…とも思えたんでしょうが、今回からの放送時間の変更で、これでコケたらこのまま打ち切りもあり得るかも…?なんて考えてしまうんですよ。

 なんとなく、私のようなコアなファンには、お尻が落ち着かない展開になっているのです。

|

« 「八日目の蝉」 第1回 来週も、…見よう、かなあ? | トップページ | 久々に、閑話休題 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

さて、放送時間が変わり、放送時間も少し短くなった事にようやく慣れてきた感のある、この時期にコメントさせて頂きますcoldsweats01
今期は、神崎(村娘)さんがトークをリードし、キツイ突っ込みを見せる野上(パチンコ)さん、メンバーのオモチャ化しつつある5番柳田、存在感たっぷりな最年長の河原(長老)さん、当意即妙な返しを見せる清水(男)さん、中列右端の松下(外科医の彼女)さん、前列の坊さん、村山(裏口)さんが今期の基本フォーメーションになった感があります。
今期は、どちらかと言えば、トークに重きを置いたメンバー選出が図られたようで、ここ数回の放送では、さんま師匠に立ち向かうような発言をするメンバーも現れる等、ある意味15期っぽいノリもある感じですが、私のサイトでも話題になりました(手前味噌です)が、番組(さんま師匠)が純粋に好きで出てくるメンバーより、番組ご卒業後の活動拡大を狙ってるのか、一種さめてる感じで番組に出ているメンバーが(今期に限らず)増えてしまった印象もある(その原因は、番組絶頂期と言うべき8~9期にあるのが皮肉です)ので、そこは少し軌道修正が必要な気がしています。

投稿: ぽん | 2010年6月28日 (月) 17時04分

ぽん様
コメント連投、ありがとうございます。

いやー、今期 「恋から」 に関するぽん様のご意見を読むことができて、実に納得しまくりであります。

実を言うと、今期に入ってから、私は番組を見ていて一度も爆笑しておりません。

ぽん様ご指摘のように、メンバーのトークが醒めているような気がするのです。 キツイ言いかたですが、「今期はダメだ」 と思い始めております。 自らをかなぐり捨てているメンバーがいない。 さんまサンもいつもなら、「こいつに振れば何とかしてくれるだろう」 みたいに考えているメンバーを、探しあぐねている、そんなもどかしさも感じます。

金曜ロードショーの関係か、野球中継もないのに放送時間がずれまくっているのも気に入りません。 私のお気に入り番組 「タモリ倶楽部」 とかぶるのが、許せんのです(笑)。

それはまあいいとして(笑)、もう3カ月なんですけどね。 私が 「このコについて書きたい!」 と思わせるようなメンバーがひとりもいない、というのは、正直さびしいです。

投稿: リウ | 2010年6月29日 (火) 06時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47980091

この記事へのトラックバック一覧です: 「恋のから騒ぎ」 2010年度メンバー、前途多難だ…:

« 「八日目の蝉」 第1回 来週も、…見よう、かなあ? | トップページ | 久々に、閑話休題 »