« 「わが家の歴史」 第3夜(最終夜) うまくいく人、うまくいかない人 | トップページ | 「めざせ!ロックギタリスト」 第3回 チューニング狂うワケが分かった! »

2010年4月12日 (月)

「鶴瓶の家族に乾杯」 福岡県大川町に、のだめあらわる

 「のだめカンタービレ」 でのだめをやっている上野樹里チャンが、のだめの故郷である福岡県大川市を訪ねると知って、それで見ようと思った、今回の 「家族に乾杯」。
 素ののだめって、あまり見たことなかったんで、どんなんだろう、と思って。

 聞けば、「のだめ」 のテレビシリーズ(最初のヤツですね)の最終回でここに来ただけで、あっという間に帰ってしまったため、もう一度来たいと思った、とか。
 来年の大河ドラマの主役、お江(ごう)をやる、なんて聞いてから、失礼ながらだいじょうぶかいな?と思っていたので、どれだけ彼女がしっかりとした気持ちの持ち主なのか、ということにも、ちょっと興味がありました。
 だって、なんとなく、彼女、雰囲気的にのだめそのもの、っていう感じなんですもん(笑)。

 それにしても話は 「のだめ」 ばっかりになりますが(笑)、今週末ですか?「のだめカンタービレ」 の映画最終章後編が公開されるのは。
 NHKも、「江」 のPRもあるのでしょうが、よくフジテレビ映画の宣伝協力をするものですよね(笑)。

 鶴瓶サンとの待ち合わせ場所だった船着き場で、海苔の養殖場から帰ってきたご夫婦を手伝うところから、今回の番組は始まるのですが、のっけから樹里チャン、のだめの雰囲気全開(笑)。
 いや、やっぱりこの人、まんま 「のだめ」 なんだなあ(笑)。
 ほっとくと、「ぎゃぽー!」 とか言いそう(笑)。
 なんかいつも口が開いてる感じ、というか(笑)。
 ほわ~~ん、ふにゃ~~ん、ひひ~~ん、という感じ(なんだソレ)。
 鶴瓶サンも、樹里チャンのしゃべりかたを聞いていると、意味もなく笑いがこみあげてくる様子でした。

 ただそんな樹里チャンのフニャフニャな様子を見ていて、来年の大河に、また一抹の不安が…(笑)。
 だいじょうぶ、ですよね…(笑)。

 けれども彼女、積極的にその海苔作りのご夫婦(またこのご夫婦が、いかにも九州男児とその女房、みたいな感じで、素敵でした)を手伝ったり、のほほんとした雰囲気ながら、やるときはやる!というところを見せてくれるのです。
 ちょっとびっくりしました。
 もっと消極的なのかと思ったんですけど。
 採ってきた海苔作りのごみ取り作業など、鶴瓶サンよりもやる気満々で、手を真っ赤にしながら 「かえって血行がよくなった」、なんて。
 女優根性、ありそうですよね。 来年の大河、期待しましょう。

 この、のだめのふるさと大川町なんですが、古賀サンという名前がとても多いらしく、大作曲家の古賀政男サンのふるさとでもあるそうです。
 番組で最初に会ったオバサンも、古賀サン。
 このオバサン、自宅に鶴瓶サンと樹里チャンを招いて、「クツゾコ」 という名のシタビラメをふるまったり、芸能人をふたりも家に入れるなんてとてもうらやましいんですが、なんとその後の取材で、「のど自慢」 の大川町大会で八代亜紀サンの歌を歌って合格したらしく、ちょうどそのときのゲストだった八代亜紀サンとも抱き合っていたことが判明(笑)。 なんかすごい経験の持ち主ですよね(笑)。 主人公たちが有名人と次々ニアミスしていたドラマ、「わが家の歴史」 も真っ青(笑)。

 樹里チャンはその後、いかにもアクが強そうな家具屋の社長(笑)とかに会うのですが、それにしても、「のだめ」 のふるさとだけあって、若いのにもかかわらず、年配の方までとてもすごい知名度でした。
 あのしゃべり方してれば誰だって気付くか(笑)。
 来年の大河が、のだめにとってさらなる大きな一歩になるんでしょうね。

|

« 「わが家の歴史」 第3夜(最終夜) うまくいく人、うまくいかない人 | トップページ | 「めざせ!ロックギタリスト」 第3回 チューニング狂うワケが分かった! »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48069083

この記事へのトラックバック一覧です: 「鶴瓶の家族に乾杯」 福岡県大川町に、のだめあらわる:

« 「わが家の歴史」 第3夜(最終夜) うまくいく人、うまくいかない人 | トップページ | 「めざせ!ロックギタリスト」 第3回 チューニング狂うワケが分かった! »