« 「ゲゲゲの女房」 第5週 ほんとうのスタートは、ここから | トップページ | 「めざせ!ロックギタリスト」 第5回 メロメロになってきたますだクン »

2010年5月 2日 (日)

「龍馬伝」 第18回 武市の転落ぶり、凍りつきました

 神戸村の海軍操練所へやってきた龍馬(福山雅治サン)と長次郎(大泉洋サン)、いきなり人材探しに奔走しますが、まったく募集経験ゼロのふたりが、道行く人をつかまえて自衛隊…じゃなかった(笑)海軍に入りませんか?と無理に誘っても、首を縦に振る人なんかいないわけであり。 まだ自衛隊のほうが、何をやるところか分かるだけマシだというか(笑)。

 ほとんど偶然の産物みたいに出会った沢村惣之丞(要潤サン)を、メシで籠絡したはいいものの(笑)、攘夷派の土佐勤王党のやりかたがヌルイと言って抜け出したほどの先端過激派である惣之丞は、龍馬たちの話を聞いて逆上(笑)。 それでも、「黒船には黒船」「なんとしても、日本を守りたいと思っての話じゃ」 という龍馬たちの理屈に納得した様子です。

 ところが、当の海軍操練所、いざ龍馬がその陣容を覗いてみると、どうも 「異国と対等な軍事力を身につける」 という理屈が、「それで異国を滅ぼす」 という、攘夷派の理屈と同じになってしまっている。 惣之丞も、結局その考えで操練所に入っている。

 理想と現実の乖離を、この場面はよくあらわしていると思います。

 龍馬が思い描く攘夷とは、軍事力を身につけることでそれが侵略に対する抑止力になる、ということなのですが、それは異国をやっつける、という、当時の主流的な攘夷の考えと、目的は違うとは言うものの、結果的には、同じになってしまう。

 この実情を悟った福山龍馬の狼狽ぶりは、見ていて興味深かったです。 自分の理想に欣喜雀躍していた男が、思い描いていた方向とは、どんどんずれていってしまうのを、頭が混乱し、あわてながらも、どうすることもできない。
 長次郎と徳(酒井若菜チャン…前回予告でちらっと見たのは、彼女だったんですね…お龍サンが出てくるのかと、大カンチガイをしてしまいました…笑)がイチャイチャしているのを見て、「いかぁーんっ! いかんいかんいかぁーんっ!」 と、ピエール瀧サンの口癖が乗り移った龍馬(笑)、「おまんらのことが気になって、考えがまとまらんがぜよ!」 と、イライラもピークに達した模様(笑)。
 結局、龍馬は勝(武田鉄矢サン)に教えを乞い、自分の考えの混乱をどうにかしてもらおうと、京に向かうのですが、それが結果的に今回のドラマ構成の、ひとつの見事さにつながっています。

 そして今回のもうひとつの見どころは、怪物・山内容堂の手の内で翻弄される、武市(大森南朋サン)。 ちっくと話は前後しますが。
 藩邸に呼ばれ、もうこれ以上ない喜びを仲間たちの中心で爆発させる、武市。 どんなことになるのかも知らないで…。

 目通りの場で、いきなり 「その菓子は、大殿様からの褒美じゃ」 と御側衆から切り出され、恐縮至極の武市なのですが、その時点で既に、「おちょくっとんのか」(笑)という感じに見えるんですけど。 それはまあいいとしても、「菓子」 と 「下士」 を引っ掛けた嫌味のようにも見える(深読みしすぎですかね…笑)。

 ここで容堂公は、さんざん武市を嫌味ったらしくあしらったあと、土佐勤王党から、海軍操練所に、3人ほど人間を送れ、と命じる。
 攘夷派の先鋒である武市に向かって、幕府の組織に仲間を差し出せというのも露骨なパワハラですが、それ以上に、前回勝に頼まれて渋っていた龍馬の脱藩を、わざわざ武市のいるこの場で許すという話をするのも、容堂公のいやらしさが透けて見える。 この話の組み立てには、感心します。 福田サン、ますます脚本が冴えてきた感じがします。

 容堂公との目通りを終えた武市は、半分腰が抜けたような状態。 そりゃ、あれだけいたぶられれば無理からぬことなのですが、これで武市の次の標的は、決まったも同然。 以蔵(佐藤健クン)を呼び出し、狙うは勝麟太郎。

 ところがこの時点で、容堂公の武市骨抜き作戦は着々と進行中で、収二郎(宮迫博之サン)を抱き込み土佐勤王党を崩壊させようとしているのです。 恐るべし、容堂公。

 いっぽう勝の暗殺に出向いた以蔵は、そこで勝の教えを乞いに京まで来ていた龍馬と、ばったり出会う。
 勝も龍馬も、以蔵を見てとっさに、暗殺をしに来たのだと分かるところはさすがです。 そして以蔵に 「まだ武市に命じられて人斬りをやっちゅうがか!」 と責める龍馬に対して、勝先生は実に器が大きい。 自分を斬りに来た人間に、飲みに行こう、と誘うのです。
 ここで会う人ごとに地球儀を見せては日本の小ささを説こうとして失敗し続けてきた勝先生が(笑)、ようやく以蔵が驚くところを見て満足するくだり。 よっぽど自慢したかったんだろうなー(笑)。
 「やった! やった! 役に立った! 地球儀が!」
 …笑いました。

 そして、以蔵を交えた酒の席で、海軍操練所が結局従来通りの攘夷の場になってしまっていることの悩みを、龍馬は勝にぶつけるのですが、その時の勝の答えが、実にこれが、目からうろこが落ちるほどの、強い説得力を持っているのです。

 「じゃあほっとけ。 人はなあ、口で言ったって分かるもんじゃねえ。 『お前さんは間違えてる』 と言って素直に認めるのはここにいる以蔵くらいなもんだ、なあ以蔵、へへへへへ。 まあ、そのうち人は、肌で感じて、変わっていく。 まず、あの塾のいいところは、…そう…藩の壁がねえ。 次に、人の上下の隔てがねえ。 そして、黒船を動かすためには、どうしても西洋の学問を学ばなきゃなんねえ。 そのうち、やつら、必ず悟ってくれる。 『拙者は、何々藩の藩士でござる』…これじゃダメなんだよ。 オレたちは、日本人だ。 そう、必ず、悟ってくれる。 西洋の文明のすげえところが分かりゃあ、異国と戦をするなんざ愚かなことだってことが、すぐ分かる。 おめえ達若えもんはよ、そういうやらけーえ頭を持っている。 …だからおいらあ、おめえ達のこと、頼みにしてんだぜ」

 このセリフが、土佐勤王党から操練所に入ってきて、初め不審の目つきでいた望月らが、次第に成長していくところと、交互に流されるのです。 この見せかたは、よかったですー。

 そして納得したら、以蔵もそのままに、とっとと帰ってしまう龍馬。
 彼の行動力が、並大抵の素早さではなくなっていることが、ここに表れていた気がしました。 ボー然とする以蔵に、勝は 「なんでおめえ、ああいう奴(龍馬)と、付き合わねえんだ?」 と問いかける。 以蔵の目は、ぎらぎらとした暗殺者の醸し出す鋭さから、解放されつつある。 それが分かるんですよ。 佐藤健クン、エライ役者だなあ。

 そして容堂公との再びの目通りの席で、武市は決定的な言葉を投げつけられるのです。

 「黙れ、武市! わしはのう。 攘夷派の阿呆どもが、強欲な公家どもを担ぎ出し、将軍家を困らせるがを見ゆうがは、もう、…うんざりじゃき!」

 勤王党の屋敷に戻った武市は、隊士が誰もいないことに気付く。

 「誰かおらんか…?」

 しかし収二郎は三条実美のもと、望月らは海軍操練所で洗脳中(笑)、以蔵は勝の用心棒。

 「みんな、…どこじゃ?」

 よろよろと誰もいない屋敷内を歩く武市。 「これで武市のまわりから、人がいなくなったのう、…ハハハハハ!」 と嗤う、容堂公。

 「どういてじゃ…」

 ガクッとひざを落とす、武市。
 …すごかったです。 ただただ脱帽。

 今週は、弥太郎殿が出てきませんでしたので、「弥太郎伝」 はお休みですが、その分福山サンの 「イカンイカンイカーン」 と、武田サンの地球儀で、笑わせていただきました。

 第2部になって、やはり話が締まってまいりましたね。

当ブログ 「龍馬伝」 に関する記事
♯01論点が、はっきりしちゅうhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/1-e718.html
♯02えらい天気雨じゃったのう(笑)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/2-a44b.html
♯03食われっぱなしぜよ、福山サンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/3-8e96.html
♯04佐那チャン、ツンデレ、してません?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/4-5776.html
♯05アイデンティティの崩壊http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/5-d115.html
♯06本分をわきまえる、ということhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/6-766e.html
♯07父のこころ、子のこころhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/7-e1b3.html
♯08汚さに磨きがかかる(なんだソレ?)弥太郎殿http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/8-8680.html
♯09思想か、命かhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/9-febd.html
♯10もっとなんとかできたはずhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/10-b847.html
♯11龍馬が担ぎ出される、その理由http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/11-ac67.html
♯12武市の心理、執拗にやってますねhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/12-2a95.html
♯13大友サン演出は、一味違うhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/13-e7ca.html
♯14進む龍馬の空洞化http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/14-ef4d.html
♯15龍馬の人物像が、ちっくと見えてきたhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/15-b072.html
♯16日本人じゃあぁーっ!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/16-5e1f.html
♯17試合という名のラブシーンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/17-6ae8.html

|

« 「ゲゲゲの女房」 第5週 ほんとうのスタートは、ここから | トップページ | 「めざせ!ロックギタリスト」 第5回 メロメロになってきたますだクン »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

前回のタイトルが「怪物、容堂」でしたが、むしろ、今回の方が、容堂の恐ろしさがよく描かれていたような気がしました。
龍馬の行動の迅速さが増してきたり、勝さんの度量の深さ等々も・・。勝さんの「地球儀が高かったから」には(笑)
龍馬が以蔵の顔を覗き込む場面も良かったですね〜。


投稿: rabi | 2010年5月 2日 (日) 23時52分

rabi様
コメント、ありがとうございます。

龍馬も武市も、フニャフニャの骨抜きにされてましたよね(笑)。 なんでこんなに容堂公が史実よりも2倍くらい年を取っているのか、分かった気がします。 底知れない手練さが見えるんですよ。

あそこまで覗き込むか?ってくらい、以蔵の顔を覗き込んでましたよね(笑)。 きっと同じ土佐出身だと思うと、子供みたいにうれしくなっちゃうんでしょうね、龍馬も(笑)。

投稿: リウ | 2010年5月 3日 (月) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48245955

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」 第18回 武市の転落ぶり、凍りつきました:

« 「ゲゲゲの女房」 第5週 ほんとうのスタートは、ここから | トップページ | 「めざせ!ロックギタリスト」 第5回 メロメロになってきたますだクン »