« 「ゲゲゲの女房」 第6週 人事を尽くして天命を待つ | トップページ | 「Mother」 第5回 母と娘の距離感 »

2010年5月 9日 (日)

「龍馬伝」 第19回 5月10日って、…明日?

 将軍家茂が孝明天皇にせっつかれて、攘夷決行の日を5月10日、と決めてから、登場人物たちが口々に、5月10日、5月10日、と言い出した、「龍馬伝」 第19回。

 ところが攘夷決行だ異人を皆殺しだ、といくら言われても、いったい何を具体的にやるのかが、頭の足りない以蔵(佐藤健クン)のように、私にもなかなかはっきりと見えてきませんでした(笑)。

 しかも、攘夷の旗頭をつとめているかに見えた土佐藩の重鎮、山内容堂(近藤正臣サン)が土佐に引っ込んでしまったため、土佐勤王党の内部も、指示待ち状態。
 刻一刻と、5月10日が近づいてくるわけですが、いっこうに出撃の命令は来ない。

 これは、不安ですよ、現場サイドとしては。

 今回のドラマの描写では、先に書いたように、攘夷と言ったって、具体的に何をやればいいか、というのが、まるで見えてこない。 幕府が藩を組織だてるわけでもないから、各藩の自由裁量、というところだし、もっと具体的には、日本にいる異人を皆殺しにするのか、外国の船を沈めようとするのか、それとも追い払うだけなのか、攘夷の程度というものが、よく分からない。
 結局のところ、将軍家の攘夷決行の約束からして、いわば完全な、公家に対するポーズなんですからね。 結果的にこの表向きの約束にしたがって動いたのは長州藩だけだったわけで、各藩とも将軍家の本来の意図に、付き合っていたというわけでしょう。

 その各藩ごとの全体的な動きを的確に把握することができず、藩へ上申書をオニのように送っても何の音沙汰もないのに、前日になってもじりじりと指示待ち状態でいること自体、ここでの武市(大森南朋サン)は、完全に後手に回っている、としか、言いようがないのです。

 いくらなんでも、長州藩のやることは、武市はつかんでいるのですから、攘夷決行の前日までには、長州藩と同じような戦闘態勢に入っていることが、少なくとも要求される局面なのではないでしょうか。 土佐藩に軍艦があったかどうかは、知りませんが。

 ところが武市は、上申書を容堂公に書く以外、何もしない。

 それは武市が、容堂公に対して、盲目的とも思える忠誠心を貫いていたため、現状が見えなかった、という 「アホな武市」 という解釈もできます。

 でも、武市がここまで、上申書以外に何もしなかった、というのは、実は容堂公と自分との考えの違いを、本当はじゅうぶん分かっていたから、と考えることはできないでしょうか。

 武市が攘夷決行の当日まで何もしなかった、というのは、そんな容堂公の本音を、忠実に守った結果だとも、思えてきます。
 つまり、武市の心情としては、ゆくあてもない船が、嵐の中で立ち往生している、という感じです。

 結局大殿様からのお達しは何もなく、がらんとした土佐藩邸にやってきた龍馬(福山雅治サン)に、武市はこう言います。

 「わしらは、何を間違うてしもうたがやろうか…5月10日は、攘夷実行の夢がかなう日じゃったきに…夢がつぶれる日になってしもうた…」

 そして、投獄されてしまった収二郎(宮迫博之サン)の助命嘆願のために、土佐に戻ろうとします。 容堂公の真意を何もかも武市にぶちまけ、それを必死になって、止める龍馬。 武市が土佐に戻れば、おそらく切腹クラスの仕置きが待っているだろうからです。

 「わしの言うことを信じてつかあさい武市さん!」

 「もうえい!」

 「土佐に戻ったらいかん! それだけは、それだけはやめてつかあさい武市さん!」

 「やめや!」

 龍馬を突き飛ばす武市。

 「やめてくれや龍馬! 攘夷の夢が、攘夷の夢が破れてしもうたがじゃぞ…そのわしに、大殿様まで信じるなゆうがは、…武市半平太ゆう男を…わしの人生すべてを否定することぜよ! 侍が…殿様を疑うたら…それはもう、侍じゃないがじゃぞ…」

 ここから武市は、急に、もの分かりがよくなるのです。 それまで幼なじみを否定し、龍馬の海軍に加わることも拒絶した武市が。
 それは、武市が、自分が感じていた容堂公の真意をすべて受け入れ、もう二度と龍馬とも会うことはないということを、確信した瞬間だったのだと思います。 ここからの武市の悟りきったような変わりぶりは、いわば龍馬に対する、遺言のようでした。 龍馬への、今生の別れをしているようにも、見えました。 龍馬もそれが分かっているからこそ、涙で顔をぐしゃぐしゃにせざるを得ない。 見ていてひたすら、ただ泣けました。

 「大丈夫じゃ。 収二郎を助けたら、わしはまた戻ってくる…まだ以蔵がおるきの…あいつには、まっこと嫌な思いばっかりさせてしもうた…わしは以蔵に謝らんといかん…おまんとはいろいろあったけんど、わしはおまんのことを嫌うたことはないぜよ…まっことじゃ!龍馬…幼なじみいうのは、やっぱり、ありがたいのう…また会おう、龍馬…今度はうまいもんでも食いながら、ゆっくり話をするがじゃ…ほんまに、異国の脅威から、日本が、独立を守れるやったら、…わしは、おまんの海軍に加わってもえい。 それまで達者での、龍馬…達者でのう…」

 「武市さぁん…! 武市さぁん…!」

 やりきれない表情のまま、その場に崩れ落ちる、龍馬。

 福山サンも、大森サンも、これ以上ない演技でした。 ホントに、近頃のNHKサンには、ぜいたくな気分にさせてもらってます。

 次回はまたさらに、土佐勤王党にとって、キツイ話が待っているようです。 このところ、弥太郎ストーリーがなくってちょっとさびしいですが、来週は出て来るのかな?

 それにしても、5月10日って、明日じゃないですか…? よく、その前日に放送日を、合わせたものです(笑)。

当ブログ 「龍馬伝」 に関する記事
♯01論点が、はっきりしちゅうhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/1-e718.html
♯02えらい天気雨じゃったのう(笑)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/2-a44b.html
♯03食われっぱなしぜよ、福山サンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/3-8e96.html
♯04佐那チャン、ツンデレ、してません?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/4-5776.html
♯05アイデンティティの崩壊http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/5-d115.html
♯06本分をわきまえる、ということhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/6-766e.html
♯07父のこころ、子のこころhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/7-e1b3.html
♯08汚さに磨きがかかる(なんだソレ?)弥太郎殿http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/8-8680.html
♯09思想か、命かhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/9-febd.html
♯10もっとなんとかできたはずhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/10-b847.html
♯11龍馬が担ぎ出される、その理由http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/11-ac67.html
♯12武市の心理、執拗にやってますねhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/12-2a95.html
♯13大友サン演出は、一味違うhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/13-e7ca.html
♯14進む龍馬の空洞化http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/14-ef4d.html
♯15龍馬の人物像が、ちっくと見えてきたhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/15-b072.html
♯16日本人じゃあぁーっ!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/16-5e1f.html
♯17試合という名のラブシーンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/17-6ae8.html
♯18武市の転落ぶり、凍りつきましたhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/18-77bb.html

|

« 「ゲゲゲの女房」 第6週 人事を尽くして天命を待つ | トップページ | 「Mother」 第5回 母と娘の距離感 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウさん、こんばんは。
攘夷決行の5月10日です。鳩山首相も、5月末に基地問題を決着したいと主張されています。(笑)

土佐の尊皇攘夷派の志士達は、哀れなところがありますね。彼らは、暴走はしたものの明治維新の大きなエンジンとなった長州藩の尊攘派のようにはなれませんでした。殿様の性格と、やはり土佐独特の上士下士の身分制度が起因して、土佐勤皇党は悲惨な結末を迎えることになります。

武市半平太は、生きていれば明治政府の参与クラスになったであろう惜しい人物です。容堂公も維新後、半平太を死なせたことを何度も悔いたそうです。ドラマと同じように史実でも、龍馬と半平太との明暗は鮮やかです。

武田海舟登場後、ホントに龍馬伝、面白くなってきました。史実の話ばかりしてスミマセンでした。

投稿: 弥太郎 | 2010年5月10日 (月) 19時27分

弥太郎様
コメント、ありがとうございます。

確か長州藩は、外国艦隊に完膚なきまでに負けたあと、大きく生まれ変わるんですよね。 長州藩の系図は、未だに日本の政界に、いろいろ名残を残しているような気がするのですが…。

それに比べて、土佐藩は、板垣退助とか後藤象二郎くらいなのかな? ほんとに、武市や龍馬が志半ばで倒れていなければ、と思うことしきりです。

武市にとって不運だったのは、土佐藩が関ヶ原時代から、徳川の恩義を忘れない、幕府寄りの藩だった、ということでしょうか。

けれども、数年前の大河 「功名が辻」 を見ていた私なんかからすると、山内一豊が関ヶ原の功績で、加賀から土佐に領地替えした、というのも、どことなく左遷っぽい匂いがしていたものなんですが。 あれはドラマだったからなのかなぁ? 山内一豊は、土佐に来た早々、地元の一領具足を弾圧してましたけど、山内にとっても土佐の地元民にとっても、あまり乗り気じゃない感じじゃなかったかと思うのです。

そんな歴史でもやはり、山内容堂は幕府寄りじゃなくちゃ、いけなかったんでしょうかね。

このドラマ、武市をスーパーマンとしてではなく、ひとりの弱い心をもった人物として解釈しているのが、個人的には感情移入できるところです。

投稿: リウ | 2010年5月10日 (月) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48317195

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」 第19回 5月10日って、…明日?:

« 「ゲゲゲの女房」 第6週 人事を尽くして天命を待つ | トップページ | 「Mother」 第5回 母と娘の距離感 »