« 「ゲゲゲの女房」 第8週 笑って生きよう、たとえ貧しくとも | トップページ | 「めざせ!ロックギタリスト」 第9回 Charサンからのメッセージ »

2010年5月23日 (日)

「龍馬伝」 第21回 こう生きていくしかない人…

 収二郎(宮迫博之サン)が切腹させられて、状況的に大殿(近藤正臣サン)からの沙汰を待つしかない、武市半平太(大森南朋サン)。 攘夷の火がすっかり消えてしまった世の中の動向に、完全に取り残された格好であり、ただ座して、自らが裁かれる日を待たねばならないその心情は、いかばかりのものであるか。
 今回の 「龍馬伝」 は、世の中の動きに柔軟に対応していく龍馬(福山雅治サン)や弥太郎(香川照之サン)の生き方と、ひとつの道に殉じる生き方しかできない武市との対比がくっきりと浮かび上がった回となりました。

 武市は、ある日ばったり、岩崎弥太郎に出会う。
 弥太郎は武市に向かって、「もっと好きに生きたらどうだ、正直に生きたらどうだ」、と提案するのですが、武市は 「殿様に忠義を尽くすのが、自分にとって正直な生き方なのだ」、と突っぱねる。
 その時の弥太郎は、喜勢(マイコサン)に提案された 「オマケ」 について試行錯誤を重ねた結果(ようわからん仏像とか…笑)、その 「オマケ」 とは、人に尽くす心だということが分かり、やっと初めて、材木を売ったばかり。 ふんぞり返って恩着せがましくするだけでは物は売れない、ということにようやく気付いたばかりなのです。
 いわば弥太郎は、人生の目的に向かって、自分の考えを柔軟に変質させようとしている。

 いっぽう武市のことが気がかりでならない龍馬は、勝麟太郎(武田鉄矢サン)に、土佐に戻る許可をくれるよう、懇願する。
 けれども勝の返事は、土佐藩の現状を的確に把握した、龍馬にとってぐうの音も出ない拒絶の言葉。

 「よう。 土佐にけえって、お前さんに何ができるね! ええ? 武市に、土佐から逃げ出せと言うのかい。 それとも 『私が悪うございました、攘夷などは間違った考えでございました』 と、容堂公に命乞いさせる気かい! いいか? 武市はな、もう覚悟してるよ。 友達って言うんだったら、あいつの生きざまを、遠くからしっかり見守ってやるしかねえ! いいか! 坂本龍馬は、オレが見込んだ男だぜ! 日本のため、日本の将来のため、大いに働いてもらうために、弟子にしたんだ! かわいい弟子を、ここで殺されてたまるか!」

 「先生…! 先生、先生…!」

 「分かってるよ。 分かってるよ、分かってるよ…!」

 ここでの武田サンの演技は、武田サン自身の龍馬への思い入れがあふれんばかりの演技だったためか、セリフ以上の凄みを感じました。 感動。 「かわいい弟子を、ここで殺されてたまるか!」…この先龍馬が暗殺されるような運命に巻き込まれていったら、武田サンの思い入れは決壊してしまうのではないだろうかと思えるほど。

 そして武市と妻冨(奥貫薫サン)との、最後の朝餉。

 武市は自らの意思に従って生きていく龍馬に思いを馳せながら、こういう生き方しかできない自分を、冨に吐露するのです。

 「わしやち、分かっちゅう。
 いつの間にやら、何もかにもが、変わってしもうた…。
 けんど…みんなには言えんぜよ。
 みんな…わしを信じてついてきてくれたがじゃき…。
 今わしが、泣き言を言うたら…『わしらは何のために生きてきたがじゃ』 ち、みんなは思うぜよ…。
 わしは! おのれの生き方を貫くことしかできん…! 龍馬や弥太郎のようには、…生きられんがぜよ…!」

 「それでえいがです…それが私のだんな様ですき…!」

 武市は、子供もないのに、いつもひとりばかりにさせて済まなかったと冨に詫びるのですが、冨は、子供も出来ない自分を置いてくれたことを武市に感謝する。

 「私はおまさんの妻です。 おまさんを支えるがが役目です。 外で泣き言が言えんやったら、どうぞ私に言うてつかあさい…! 私には、本当のおまさんを見せてつかあさい…!」

 武市は笑いながら深くうなづき、「これからは一緒に過ごそう」 と、いろんなところにふたりで行こう、という提案を始めるのですが。

 その幸せをまるでぶち壊すかのように、ぶしつけに力まかせに木戸を叩く音。

 ついに容堂公からの呼び出しがかかるのです。

 けれども、まるで何もないかのように、旅行の話をつづける武市。 いくら忠誠を誓った大殿様であろうと、妻との最後の語らいのほうが優先するのだ、という武市の、精一杯の抵抗であり、同時にそれは、妻への愛情のしるしなのです。
 涙を流しながら、それを聞き続ける、冨。 今生の別れをはっきり予感しているだけに、夫の行動を、とがめることなどないのです。

 「どこにも行かんと、ここでふたりで過ごしたいがです…」

 「そうか…ほんなら、そうしよう」

 ふたりの気持ちがあふれかえってしまって、ただ泣けました。

 とうとうドカドカと上がりこんでくる大殿の使者たち。
 武市が連行されたあと、残された朝餉の膳の前に座り込み、涙を流し続ける冨。
 今までまさに夫がいたそのあかしである、夫の食べ残した膳を見ながら、冨の心にぽっかりと空いた巨大な空洞を見るような気がする、秀逸な演出だと感じました。

 そして以蔵(佐藤健クン)にも、新選組の手が伸びる。 近藤勇役の原田泰造サン、「篤姫」 の大久保どん以来の大河登場。 宮迫サンとバッティングしませんでしたね(笑)。

 弥太郎殿は、ついに材木を完売。 歓喜する岩崎家は、武市とのコントラストを、くっきりと浮かび上がらせるのです。 どうにも、重苦しい話が、続きます。

当ブログ 「龍馬伝」 に関する記事
♯01論点が、はっきりしちゅうhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/1-e718.html
♯02えらい天気雨じゃったのう(笑)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/2-a44b.html
♯03食われっぱなしぜよ、福山サンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/3-8e96.html
♯04佐那チャン、ツンデレ、してません?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/4-5776.html
♯05アイデンティティの崩壊http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/5-d115.html
♯06本分をわきまえる、ということhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/6-766e.html
♯07父のこころ、子のこころhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/7-e1b3.html
♯08汚さに磨きがかかる(なんだソレ?)弥太郎殿http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/8-8680.html
♯09思想か、命かhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/9-febd.html
♯10もっとなんとかできたはずhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/10-b847.html
♯11龍馬が担ぎ出される、その理由http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/11-ac67.html
♯12武市の心理、執拗にやってますねhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/12-2a95.html
♯13大友サン演出は、一味違うhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/13-e7ca.html
♯14進む龍馬の空洞化http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/14-ef4d.html
♯15龍馬の人物像が、ちっくと見えてきたhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/15-b072.html
♯16日本人じゃあぁーっ!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/16-5e1f.html
♯17試合という名のラブシーンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/17-6ae8.html
♯18武市の転落ぶり、凍りつきましたhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/18-77bb.html
♯19 5月10日って…明日?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/19-510-e7ac.html
♯20 ものの見方で軽くなる命http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/20-280b.html

|

« 「ゲゲゲの女房」 第8週 笑って生きよう、たとえ貧しくとも | トップページ | 「めざせ!ロックギタリスト」 第9回 Charサンからのメッセージ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48439912

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」 第21回 こう生きていくしかない人…:

» ゲーテ ゲゲゲ [ホームレス大学生]
毎日、さまざまな出来事がおきてますね私の本日は、平凡だった(笑)それもまた、「よし♪」それにしても、この話は~~・・・・・・・・・ (キューピー)ラナ☆ハッピーコラボ★キュージョン根付ストラップ(ゲゲゲの鬼太郎/目玉の親..... (キューピー)ラナ☆ハッピーコラボ★キュージョン根付ストラップ(ゲゲゲの鬼太郎/鬼太郎)[..... 「龍馬伝」 第21回 こう生きていくしかない人…: 橋本リウ詩集 (2010.05.23); 「ゲゲゲの女房」 第8週 笑って生きよう、たとえ貧しくとも(2010.05... [続きを読む]

受信: 2010年5月23日 (日) 23時37分

« 「ゲゲゲの女房」 第8週 笑って生きよう、たとえ貧しくとも | トップページ | 「めざせ!ロックギタリスト」 第9回 Charサンからのメッセージ »