« 「チェイス~国税査察官~」 第3回 裏切りに揺れる心 | トップページ | 「龍馬伝」 第18回 武市の転落ぶり、凍りつきました »

2010年5月 1日 (土)

「ゲゲゲの女房」 第5週 ほんとうのスタートは、ここから

 安来編が終わって、東京で茂(向井理サン)との新婚生活を始めた布美枝(松下奈緒サン)。 物語的にも、このふたりの夫婦生活が大部分なわけですから、本当のスタートが、この週から始まったと言えます。

 郊外とは言え、東京の商店街での買い物する奥サンたちのスピードになかなかついていけない布美枝ですが、いきなりひったくりにあってしまう。 それを捕まえた貸本屋の奥サン、田中美智子(松坂慶子サン)とは、のちのち何かと絡んでいくことになるのですが、ちょっとその話は置いといて。

 この、調布のボロ家を訪ねてきた、東京の赤羽にいる、布美枝の姉暁子(飯沼智恵子サン)の目を通して、このスピード結婚の非常識ぶりを、見ている側に改めて感じさせる作りが、またいいのです。
 先週まで、両家の親たちの愛情をひしひしと感じさせる内容だっただけに、この暁子の視点は、重要です。

 知り合ってから一週間足らずで結婚、というのは、やはりはた目から見ると 「さっさと片付けちまえ」 みたいな感じに見えるし、しかも実際の生活は、聞くと見るとは大違い。
 布美枝の父親源次郎(大杉漣サン)は、もっときちんと事実を確認してから、布美枝の結婚を決めてもよかったのではないか、とも思えてくるからです。

 ところがこのドラマ、現代の過保護社会の常識では計り知れない、当時の社会の暗黙の了解が、布美枝の覚悟から、見えてくる。 「所帯を持てば自らの責任で生きよ」 という、ある意味では、現代よりずっと大人としての自覚が確立した、覚悟です。

 「私、長いこと家にいて、ずっとみんなに心配かけとったんだけん。 これからは、自分で何とかやってみる。 もう、引き返すことは出来んのじゃけん」

 ここではまた、貧乏所帯でもなんとかなる、という、ある種のおおらかさが布美枝に備わっているようにも思えます。
 そのおおらかさ、源次郎にも、茂にも、茂の父親(風間杜夫サン)にも共通なところがある。
 土地柄ですかね。
 「なんとかなるじゃろ」 という楽観的なものの考え方は、あれやこれやと心配だらけの生き方をしていると、ハッとさせられる部分があります。

 そしてある日、姉からの話に聞いていた貸本屋を見つけ、夫のマンガを探して見ていた布美枝は、ひったくり犯原田(中本賢サン)を連れて店内に入ってきた、田中美智子とばったり出会う。

 ここは 「なんでひったくり犯とつるんどるのだ?」 みたいな展開なのですが、美智子から事情を聞くと、これがまた、昭和中期の時代を感じさせる、いーい人情話で(笑)。
 原田が腹を空かせて犯行に及んだこと、それをかわいそうに思って、自分の貸本屋で働いてもらうことにした、どうかこの人を許してやってほしい、と布美枝に頭を下げる美智子。
 人々が互いに貧乏であったからこそ、困った人は助けてやろうとする、世の中だったんですねー。 今じゃ考えられんですが、当時にしても、ちょっと美智子サンは、お人好しの側面が、あったかもしれない。

 でも、いいじゃないですか、それで。

 やがてこの貸本屋も、時代の流れとともに、消えていく運命なのです。
 この貸本屋以前にもいろいろ職業替えをしていた、という美智子サンですから、時代が変わればその流れに乗るのでしょうけどね。 それでも私には、この貸本屋、というスペースが、人情の通い合う、その時代にしかない、貴重な空間だった気がして、ならないのです。

 その貸本屋、店番のおばあちゃんが佐々木すみ江サン。
 これがまた、佐々木サンにしかできないような役で(笑)。
 「ふぞろいの林檎たち」 を、またまた思い出したりしますが、佐々木サンと松坂サンって、…よく考えてみると、「篤姫」 の教育係ではないですか(笑)。
 まあ 「篤姫」 で、おふたりが共演、という場面はなかったですが、狙ってんのかなー(笑)。 佐々木サン、ホントに、こういうとっつきにくそうなおばあちゃん役が、似合ってますよねー。

 松坂サンはまたひとまわり、一ノ瀬のおばさん化が進んだ感じ(「めぞん一刻」…分かる人には分かるでしょうが…笑)でしたが、人の良さそうな人を演じると、この人の右に出るものはいない感じになってきた(笑)。
 バニー姿で 「愛の水中花」 を歌っていたころの松坂サンにクラクラしていた身としては、松下奈緒サンとのあまりの身長差に、卒倒してしまいそうになりますが(笑)。 大好きでした~、あのころの松坂サン。

 そして、イタチ(杉浦太陽クン)が連れてきた、マンガ家の中森(中村靖日サン)。 顔が青白くて(笑)、いかにもマンガばっかり描いていそうな雰囲気なのですが、彼を家の二階部分に住まわせてしまうことを決めてしまう、茂。
 この出来事で、さまざまなことがうかがわれてくる。
 まず、家賃収入でもなければやっていけない茂の経済状況。
 そしてイタチが、こんな恩着せがましいことをしたまま終わらないであろう、ということ。
 そして、布美枝の新婚生活が、さらに居心地の悪いものになるであろうということ、です。

 茂は、仕事中全く部屋に閉じこもりっきりの上、見知らぬ他人を家に住まわせることで、布美枝の気持ちはたぶんいっぱいいっぱい。 そこに、仕事部屋を片付けたことで茂に激しく叱られたせいで、布美枝は自分の気持ちを、茂にぶつけてしまうのです。 初夫婦ゲンカ。

 「私、ほんに、分からんのです。 気の利かん人間ですけん、ちゃんと話してもらえんと、何が大事なことで何が余計なことなのか、なんも分からんのです。 村井サンのお仕事のことも分からんし、マンガのこともよく分かりません。 でも、いっしょに、暮らしていくですけん、村井サンの考えていること少しでも話してもらわんと、私、どげんしたらええのか…いっしょに、ここで、暮らしていくんですけん…」

 茂はまた、仕事部屋に引っ込んでしまうのですが、布美枝が買い物に出て行ったあと、一階の部屋の片付いた様子を見て、もうひとりの住人が、この家におることを実感する。 牛乳ビンにさりげなく飾られたナズナが、あまりにも地味で健気な花なのが、またいいんですよ。 まるで布美枝のようではないですか。

 そして茂は、もらった原稿料から、布美枝用の自転車を買う。
 それを見た布美枝が、うれしくて泣いてしまうところは、それまでずっと、布美枝の東京での不安な生活を見せられてきた私も、もらい泣きです。 我慢していたものがはちきれてしまう涙、というものが、あるんですよね。 すごくよく分かるのです。

 その自転車で、ふたりは深大寺までサイクリングに出かけるのですが、そこであらためて、お互いがどうしてこの結婚を決めたのかを、語り合う。
 お互いの気持ちを分かり合いたい、と話した布美枝の気持ちが、ここで結実しているんですよね。

 登場人物が言ったことに対して、ちゃんとその答えを提示してくれる、けじめをちゃんととってくれるのが、このドラマの凄いところです。
 決して言いっ放しに、なっていない。

 そしてそのけじめは、茂がそのあと原稿料を布美枝に渡し、「自転車を買ってしまってこれだけしか残らんかったけれど、これでなんとかやりくりしてください」 と話すことで、「自転車なんて買ってしまって、また生活がキツくなるのではないか?」 と考える視聴者たちに、ちゃんと説明をしてくれることにも表れています。
 何度も書いてますけど、実に丁寧だ。

 安来編があまりにもよかったので、東京編にはちょっと不安もあったのですが、なんか杞憂でした(笑)。 来週も、楽しみです。

当ブログ 「ゲゲゲの女房」 に関するほかの記事
第01回 NHKのやる気を感じさせますhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/1-nhk-c7ac.html
第02週まで見てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/2-5cbd.html
第04週まで見てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/4-a685.html
第06週 人事を尽くして天命を待つhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/6-3192.html
第07週 時代に流されていく人たちhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/7-6a9d.html
第08週 笑って生きよう、たとえ貧しくともhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/8-82ce.html
第09週 「生きるため」 と 「プライド」 の狭間http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/9-476d.html
第10週 ビンボー神の出るタイミングhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/10-8426.html
第11週 まあ…なんとかなーわね!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/11-e5c0.html

|

« 「チェイス~国税査察官~」 第3回 裏切りに揺れる心 | トップページ | 「龍馬伝」 第18回 武市の転落ぶり、凍りつきました »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48231956

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲゲゲの女房」 第5週 ほんとうのスタートは、ここから:

« 「チェイス~国税査察官~」 第3回 裏切りに揺れる心 | トップページ | 「龍馬伝」 第18回 武市の転落ぶり、凍りつきました »