« コール・ミー・タクシー! | トップページ | 「龍馬伝」 第21回 こう生きていくしかない人… »

2010年5月23日 (日)

「ゲゲゲの女房」 第8週 笑って生きよう、たとえ貧しくとも

 「ゲゲゲの女房」 第8週は、布美枝(松下奈緒サン)の父、源兵衛(大杉漣サン)の上京を中心とした話が展開しました。

 今週の話の広げ方はフィクション色が強く、作り手の腕の見せ所だったのですが、源兵衛の話を導入する前に、軽いプロローグをもぐりこませる手法は、また見事でした。

 というのも、このドラマにおいて、源兵衛というのは見方によっては結構な理不尽キャラであるからなのです。
 いつもわけも聞かないうちに頭ごなしに怒り、周りに誰がいようともどんな状況であろうとも、大声で怒鳴りつける。 KYの権化みたいな存在(笑)。
 こんなカミナリ親父は、その昔はちっとも珍しくなかったものですが、現代の若い人にしてみれば、その理不尽さが見ていてストレスになる場合もある。
 その源兵衛が、久々に登場するのです。
 調布編になってからこのかた、このような激昂するキャラクターがいなかったために、ここ数週穏やかな雰囲気で進行していたこのドラマに、「台風が再上陸」(笑)という感は、否めない。

 そこで作り手は、こみち書房に出入りしていた若い工員、太一(鈴木祐樹クン)をまず激昂させます。
 失恋したことを慰める美智子(松坂慶子サン)に、「簡単に言わないでくれよっ!」 と怒鳴る太一クンは、なんでこれほどまでに怒る必要があるのか?とその時はいぶかしく思えるばかりだったのですが、それは太一クンの抱える闇の深さを表していたと同時に、これからもっと怒鳴りキャラの源兵衛が登場する、助走となった気が、結果的にするのです。

 そしてもうひとつのプロローグが、幼なじみのチヨ子(平岩紙サン)の上京。
 チヨ子に対して見栄を張ってしまう布美枝が、今週のこのドラマを象徴するようですらある。
 布美枝はチヨ子に見栄を張ってしまうことで、東京に来てからすっかり自分的には普通になってしまっていた日常を、初めて客観的に振り返ることになるのです。 このもっていきかたも見事。

 「私、ハズレくじ引いたと思っとるんじゃろうか?…そげなつもりないんだけどなあ…」

 夫の仕事ぶりに誇りを持ち、貧乏ながらも生活を切りつめて頑張ってきたことへの自負もあるのに、心の底では自分は不幸だと考えているのではないか、とわが身を振り返っている。
 そんな布美枝を見ていたこみち書房のおばあちゃん(佐々木すみ江サン)が、一生懸命頑張って貧乏ならば、それは社会が悪いのだ!と考えな、と言うのには、笑いました。

 上京した源兵衛は、村井の家に来た早々、下宿人の中村靖日サンを空き巣だと思って格闘(笑)、いつも通り風呂を借りにきた大倉孝二サン一家に、あきれ果てる。 中村靖日サンは、その昔東京ぼん太サンがしていた(笑)唐草模様の風呂敷に家財道具をみんなまとめて後ろ手に背負って、質屋に行こうとしていたところ。 これがまた、笑いました。 その質草のひしゃくを手に布美枝たちをイカリまくる源兵衛サンも、可笑しかったなあ。

 美智子サンは太一クンをなんとか励まそうと、茂(向井理クン)に頼んで、こみち書房の店先でサイン会(読者の集い、とか言ってましたが)をやろうということなるのですが、その時 「こんな感じ?」 みたいに出てくる想像シーンで、マンガ家の人がサイン会をしていましたよね。
 あれ、イメージ的には手塚治虫サンのような感じなのですが、そこに出ていたマンガ家の名前、「えびおそうじ」 先生、個人的なのですが、ツボでした(笑)。
 というのも、昔 「うしおそうじ」 というお名前のマンガ家サンが、いらしたんですよ。 「怪傑ライオン丸」 とかのマンガを描いていて。 冒険王に、よく描いていらしたと記憶しています。 その人の名前は 「うしお・そうじ」 だったんだろうと思うのですが、私はいつも 「牛お掃除」 みたいに思っていて(笑)。 そんなことを懐かしく、思い出しました。

 そのサイン会を見せることで源兵衛にも茂の人気ぶりをアピールしようと、少年戦記の会の時のガリ版刷りを駆使して宣伝ビラを大量印刷。
 このガリ版印刷にも、個人的にはとても懐かしいものがあるのです。 古い人間ですからねー。
 確かロウを塗った紙に、ガリ版用のペンで、ガリガリ書き込むんですよ。
 その部分だけが、インクを通すのですが、そのインクも、ねっとりとした、版画用みたいなインクで。
 学級新聞とか、進級時の文集とかを、刷ったような記憶があります。 よくかすれたり、ダマが出たりして(笑)。
 印刷用紙はたいてい、わら半紙だったのですが、今回のドラマでは、結構上質紙を使っていたようですね。

 で、そのサイン会にはサービス券やサクラまで動員するのですが、それが却って裏目に出て、源兵衛は大激怒。

 「一生懸命働いてそれでも貧乏なら、堂々と貧乏しとったらええんだ!…(略)…茂さん、あんたはもっと堂々とした男だと思っとった。 娘が何を頼んだか知らんが、こげな小細工に手を貸すとは。 ええ男に嫁がせたと思っとったが、わしの間違いだったかのう!」

 この言葉に、布美枝はこのドラマ史上(笑)初めて、父親にたてつくのです。

 「…そげなこと言わんで。 お父さんは、なんも知らんけんそげなふうに思うんだわ。 この人は、小細工なんかせんですよ。 何言われても、いつも堂々と自分の好きなマンガに打ち込んでいる。 …私は、よう知っとります…! 夫婦ですけん! この人が、精魂込めて描いとるとこ、いちばん近くで見とるんですけん…
 この人は、本物のマンガ家ですけん!」

 ここで太一クンが現れ、またひとしきり、やさぐれたところを披露するのですが、これまでの太一クンの様子からすれば、なんでこんなに急にひねくれてしまったのだろう、という感じでは、ありました。 佐々木すみ江サンも、道を踏み外してしまわなければいいが…みたいに思ってしまうくらいですから。 でも、今はあんまり、みっともないところを人に見せるような風潮ではないのでこんな人はいないような気はしますが、昔は人づきあいが不器用な人って、結構いたような気が、するんですよね。
 ひねくれまくる太一クンに、美智子サンは我慢の糸が切れたように、「心配させてよ!心配したいのよ!」 と絞り出すように言うのです。

 「だって、太一クンは生きてるでしょ? つらいことがあっても、嫌なことあっても、生きてるから…生きててくれれば心配できるから…」

 美智子サンの子供サンが戦後間もなく腸チフスにかかって死んでいたことが、ここで明かされます。 生きていれば、太一クンと同じくらいの歳だったと。 太一クンは、なんとか心を入れ替えてくれるのです。

 ここで場の空気を、いっぺんに軽いものにしてくれたのが、茂でした。
 今週の 「ゲゲゲ」 で効果的だったのは、要所々々での、茂の 「物事を深刻に考えない」 という生き方でした。 :源兵衛サンがある意味メインなこの週に、出番が比較的少ないながらも、存在感をさりげなく残していくその見せかたには、相変わらず脱帽です。

 村上弘明サンの出版社社長から、前金で万札を(このドラマで、旧一万円札、初めて見ました…笑)3枚ももらい、その勢いでぜいたく品を買いこんでくる、という鷹揚さもそうです。 いくら大金が入ってもいまだに家計が苦しい布美枝はそれに文句を言うのですが、それに対する茂の答えが、またよかった。

 「だらい言うな。 金の入ったくらいは贅沢せんといけんのだ。 たまには気分を豊かにせんと人間が貧しくなる。 生活が貧乏なのは仕方ないが、人間まで貧乏臭くなってはいけん」

 至極名言(笑)。 笑いながらも、ホントそうだよなあ、と思わせるのがすごい。

 美智子サンと太一クンの一件を心配する布美枝に、「知らんふりしとればええ、あんたが気に病んでもどうにもならんよ」 とあっさり言い切ってしまうのも、冷たそうには思えるのですが、言われてみれば、ちゃんと心配してくれる美智子サンのような人がいれば、あとはなんとかなるものだ、という気にもなってくる。
 改心して感極まる太一クンに、適度なガス抜きをするセリフも、よかったです。

 「お互い苦戦が続きますな。 マンガも厳しいですけん。 なかなか売れんので。 けど、そうくよくよしとらんで、ほがらかーにやっとればええんです」

 そして。
 誤解が解け、布美枝の成長も見届けた源兵衛は、商店街での見送りの時、布美枝にこう言うのです。

 「がんばれよ。 親を、あてにしたらいけんぞ。 自分たちで何とかやっていけ。 40年50年と連れ添ううちには、ええ時も悪い時もある。 ええ時は誰でもうまくやれる。 悪い時こそ、人間の値打ちが出るだけんな」

 そしてそっと、紙に包まれたお金を、布美枝に手渡します。

 「化粧品でも買えやい。 お母さんには黙っとけよ。 手紙に書いたりするなよ」

 布美枝は、「だんだん」 とお礼を言い、源兵衛に 「お金はないけど、私毎日笑って暮らしとるよ」 と話すのです。 その時の源兵衛の、満足そうな顔。 じわじわ泣けますね、これは。 いくら理不尽な怒りかたをする人でも、そこにはちゃんと子供への思いが詰まっている。 それまで29年でしたか、ずっと毎日顔を合わせていた娘に、約1年ぶりにあったせいもあるのでしょうが、久々の源兵衛サンは、布美枝に対する愛情が、またあふれんばかりになっていたなあ、と感じました。

 安来に帰ってミヤコ(古手川祐子サン)にせっつかれ、布美枝の様子を報告する源兵衛サンも、余計な心配をかけさせまいとする話し方ながら、言葉の端々に布美枝の貧乏の様子がにじみ出ており、それでも大丈夫だ、という説得力に満ちていました。

 「あいつ、笑って暮らしとったぞ。 何もかも順調とはいかんだろうが、笑って暮らしてんのだけん、…だいじょぶだ」

 笑って暮らしていた、それだけで、ミヤコの心配は、氷解するのです。
 貧乏でも、笑って生きることができれば、その人の心はお金持ちと一緒なのだ。 笑えることって、ホントに大事だよなあ、そう思えて仕方がないです。

 今週は、印象に残るセリフの多い、言葉の力を感じさせる場面が、多かったように感じました。

 それにしても、週1ペースで書いてきましたが、ちょっと内容がありすぎて、書くのがしんどくなってきた(笑)。 どうするかなあ。

当ブログ 「ゲゲゲの女房」 に関するほかの記事
第1回 NHKのやる気を感じさせます
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/1-nhk-c7ac.html
第2週まで見てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/2-5cbd.html
第4週まで見てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/4-a685.html
第5週 ほんとうのスタートは、ここからhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/5-9d37.html
第6週 人事を尽くして天命を待つhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/6-3192.html
第7週 時代に流されていく人たちhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/7-6a9d.html
第09週 「生きるため」 と 「プライド」 の狭間http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/9-476d.html
第10週 ビンボー神の出るタイミングhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/10-8426.html
第11週 まあ…なんとかなーわね!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/11-e5c0.html

« コール・ミー・タクシー! | トップページ | 「龍馬伝」 第21回 こう生きていくしかない人… »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲゲゲの女房」 第8週 笑って生きよう、たとえ貧しくとも:

« コール・ミー・タクシー! | トップページ | 「龍馬伝」 第21回 こう生きていくしかない人… »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ