« 「新・三銃士」 第40回(最終回) 語り継がれるべき番組 | トップページ | 「龍馬伝」 第22回 龍馬の情けなさこそが、作り手の表現したいことだ »

2010年5月29日 (土)

「ゲゲゲの女房」 第9週 「生きるため」 と 「プライド」 の狭間

 「何もかも順調とはいかんだろうが、笑って暮らしてんのだけん、だいじょぶだ」 と父源兵衛(大杉漣サン)を安心させた布美枝(松下奈緒サン)でしたが、「親をあてにしてはいけんぞ、自分たちで何とかやっていけ」 とくぎを刺されたそのそばから、村井家には今週、最大の危機がやってくるのです。 最大の危機にもかかわらず、布美枝が実家を頼らなかったのは、源兵衛サンにくぎを刺されたのが伏線だったのかな。 なにしろ、「ゲゲゲの女房」 を見始めて、いちばん重苦しい週だった気がします。

 その最大の危機というのは、茂(向井理クン)のよき理解者だった出版社社長、深沢(村上弘明サン)が喀血して倒れ、収入の道が閉ざされてしまうこと。
 そこで茂は出版社まわりを再び始めるのですが、その時直面したのは、前回の出版社まわりの時よりもなお厳しさを増していた貸本業界の不況。
 今週の舞台である昭和37年は、少年サンデーが中心となってマンガ週刊誌に人気が完全にシフトしつつあった時代でした。

 茂が飛び込んだのは、春田(木下ほうかサン)という男が経営する零細出版社。
 この木下ほうかサン、浦木(杉浦太陽クン)や富田社長(うじきつよしサン)みたいなネガティブキャラクターが相当かわいく見えてしまうほどの、悪役。 私もとりあえず、経営者のほんのはしくれといたしましては(笑)、木下サンにはえらいリアリティを感じました。 でもたいていは、皆さん愛想よく笑いながら、木下サンみたいなマネをするわけですが(笑)。

 ここで木下サン演じる春田が行なうのは、あくまでもマンガ家としてのプライドを根底から傷つける方法。

 いきなり原稿にお茶をこぼしてしまうなど、仮にもマンガを取り扱う商売をしている人なら、あってはならない暴挙です。 マンガのインクって、プリンタのインクと同じく、濡れればにじむんですからね。 茂がどけだけ原稿に向かって一生懸命描いてきたかをつぶさに見ているこちら側としては、それだけでもう、ふざけんなと蹴っ飛ばしたくなる展開。

 しかも春田のやり口は、徹底的に原稿料をダンピングしたうえに、茂が描いたこともないような少女漫画を強要し、作者の名前まで変えさせ、「こんなもの、誰が読むって言うの?」 と原稿をつっ返しながら、実はそうやって、自分の思うとおりに取引を進めよう、というあざといもの。 本当に必要ないんなら、「帰って帰って」 で終わりなんですからね。
 ともあれ、相手のプライドなんて、まるでお構いなしなのです。

 先にも書きましたが、これは下請けばかりの零細企業にとっても、同様な話でありまして。

 リーマンショック以降、弱者にとってもはや、仕事やもらえる額について云々している場合ではない、そんな風潮が近年特に幅を利かせ始めているような気がするんですよ。
 そんな状況下では、まず生き残らなければならないわけで、プライドなんかドブに捨てられている感覚さえする。 選り好みなどしていたら、生きて行かれんのです。

 そんななかで茂が布美枝に仕事の内容を隠しながら悪戦苦闘している姿を見るのは、ちょっときつかったなあ。 身につまされる、と言いますか。

 自分はこう生きたいんだ、とか、そんな辱めを受けながら仕事なんかするか、とか、お金があるうちなら、そういうことも言っていられるでしょうが。

 生きていくためには、なかなかそういうカッコいいことも、言っておられんのですわ(なんかさっきから、茂の口調がうつっとりますが)。

 茂が実情を話さないために、布美枝はただ夫が自分をなんか避けてるとか、若い女の子(南明奈チャン)の手を握った(3回くらい繰り返し再生してましたね…笑)だとか、そんなことで傷ついている。
 けれども無理をしたあげくに熱を出してしまった茂の代わりに、その原稿料をもらうため春田の出版社まで行った布美枝は、茂がどれほどの屈辱に耐えながら仕事をしていたかを身にしみて思い知らされ、その帰り道、みぞれの降る神社の椅子にぽつりと座りながら、さめざめと泣くのです。

 「あの人、こんな思いで、仕事しとったんだ…こんなつらい思いして…仕事しとったんだ…」

 つまり布美枝は、夫の仕事ぶりに心から尊敬の念を抱いているから、自分の中に茂以上に、仕事に対するプライドが育ってしまっている側面がある。 そんな布美枝にとって、夫が少女漫画を別の名前で描いているというのは、屈辱以外の何物でもないのです。 しかももらったお金はおそらく契約書もない口約束で、結局半分。 文句のいいようがない怒りというものも、あったはずです。

 ところが…(と書くと、野際陽子サンの口調が思い出される今日この頃)。

 当の茂にとっては、「食っていくためなら少女漫画を描くのも、自分の名前を変えるのも、作戦のひとつであって、そんなに気に病むことではない」 という考えなんですよ。 はっとしました。

 「柄にもない少女漫画描いて、名前も女の名前で、今度ばかりはちっと具合悪かったけ、言いそびれた…(略)…あげなことは構わんのだ。 名前が変えたほうが売れるなら変えたほうがええ。 それも作戦のうちだ。 食っていくための作戦だ。 ほら、プロレスにおるだろう、覆面かぶって試合しとるレスラー。 覆面さえ変えれば、何度でも何度でも戦える。 それと一緒だ。 名前を変えても、絵を描いて生きていくんは変わらんのだけ。 それでええんだ…あ、いっそのこと、もっとしゃれたペンネームでも考えておくか」

 くよくよ考えとっても、始まらんのですわ。 茂のためにぜいたく品のコーヒーを買ってくる布美枝、妻のためにそれを入れてくれる茂。 お互いへの思いやりがじわじわと伝わる、いいシーンでした。 その貴重品のコーヒーを、水道橋から息も絶え絶えに調布まで歩いてきた中森(中村靖日サン)にふるまう、という展開もよろしい。

 出版社まわりに奔走する茂は、くたびれ果てた富田社長と偶然再会するのですが、「あんたと私は、共存共栄の固い絆でつながっている!」 などと言われ、「腐れ縁の間違いだろう」 と突っ込みたくなったのですが(笑)、「原稿が欲しい」 と言うだけ、ほかの出版社よりはまし、と言いますか…(笑)。
 結局富田社長から頂いたのは、支払期日3か月後の約束手形(10万円)。 こんなもの、何のアテにもならない気もするのですが、会社にとって約手というのは、払えなければ(確か2回かな?)即倒産。 つまり会社サイドからすれば、退路を断っているわけです。 でも富田書房の事務所には、クモの巣にとらえられた蛾が…(笑)。

 布美枝は考えた末に、靖代(東てる美サン)の紹介で化粧品のセールスレディになるのですが、東てる美サンの変わりぶりは面白かったですね。 風呂屋の番頭で、スッゴイヘンなパーマしてたのに(笑)、すっかり垢ぬけちゃって。 「ロザンヌレディ」 とか言っておりましたが、それってメナードレディのことかな? メナードと言えば、松坂慶子サンですよねえ(笑)。
 靖代について営業に出始めた矢先、布美枝につわりの症状が…。 喜ばしいことではあるんですが、なんとも間が悪い、と言いますか。

 今週は茂の少女漫画を手伝う漫画家志望の女の子、河合はるこ役でアッキーナこと南明奈チャンが登場。 私この人の芝居を見たのは初めてでしたが、予想外にうまかったですね。 いかにもこんな漫画家志望の女の子、いそうな感じでした。 演技の幅が求められるような役柄ではありませんでしたが、芝居カンがあるような気がしました。

当ブログ 「ゲゲゲの女房」 に関するほかの記事
第1回 NHKのやる気を感じさせます
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/1-nhk-c7ac.html
第2週まで見てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/2-5cbd.html
第4週まで見てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/4-a685.html
第5週 ほんとうのスタートは、ここからhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/5-9d37.html
第6週 人事を尽くして天命を待つhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/6-3192.html
第7週 時代に流されていく人たちhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/7-6a9d.html
第8週 笑って生きよう、たとえ貧しくともhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/8-82ce.html
第10週 ビンボー神の出るタイミングhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/10-8426.html
第11週 まあ…なんとかなーわね!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/11-e5c0.html

|

« 「新・三銃士」 第40回(最終回) 語り継がれるべき番組 | トップページ | 「龍馬伝」 第22回 龍馬の情けなさこそが、作り手の表現したいことだ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48478338

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲゲゲの女房」 第9週 「生きるため」 と 「プライド」 の狭間:

» 杉浦太陽 [ネットでお買い物大好き主婦が気になる最近の話題]
<お買い得情報> 一度食べたら病み付きです!超うまいっ!フロム蔵王楽天市場店へGO! 今なら楽天カード作成で、実質無料~2000円引きで、上記商品が購入できちゃいます! 超お得!楽天で2000円分のお買い物ができる楽天カードの申込は下記をクリック!! 楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント中! -------------------------------------------------------------------- [2004年三浦和義事件製作委員会]三浦和義事件 ロス疑惑... [続きを読む]

受信: 2010年5月29日 (土) 13時08分

« 「新・三銃士」 第40回(最終回) 語り継がれるべき番組 | トップページ | 「龍馬伝」 第22回 龍馬の情けなさこそが、作り手の表現したいことだ »