« 「龍馬伝」 第21回 こう生きていくしかない人… | トップページ | 「離婚同居」 第2回 アレレ…? »

2010年5月25日 (火)

「めざせ!ロックギタリスト」 第9回 Charサンからのメッセージ

 ここ数回番組レビューをさぼっていた(笑)「めざせ!ロックギタリスト」 ですが、見ていなかったわけではありません。 ちょっと書くまでのテンションに至らなかっただけで…(笑)。

 と言うのも、うまくいくときとうまくいかないときのますだクンのテンションが、あまりにも違い過ぎるのが、見ててイタい(笑)、と言いますか。 や、それで毎回笑っているんですけどね、こっちは。
 でもまあ、振幅が激しい、というのは、嫌になるとすぐに投げ出してしまう姿勢に通じるわけです。 それでも初心者なりに練習を続けているますだクン、実に立派なのですが、これは番組用にお膳立てされたバンドがいるからこそできる環境に、あるわけでして。

 つまり、普通バンドを組んでしまうと、テクニックのないメンバーというのは、どうしても浮いてくるわけです。 それでもお互いに補い合っていくのが即ちバンドの結束力ということなのですが、それがないと結構キツイものがある。 でも向上心さえあれば、「あいつも頑張ってんだからみんなでサポートしてやろうよ」 ということになりますよね。

 ますだクンの場合、うまくできないとどうも必要以上に落ち込み過ぎる面があります。 しかも、それがどことなく、ムクレ気味の落ち込みかたになる、というのが気になる。 逆に、うまくいくときの天狗になり具合もまた、激しいものがある。
 これってますだクンが、わざとネタ気味に自分を演出しているんだと思うんですけど、こんなヤツがバンドにいたら、私だったらヤなんだよな~(笑)。
 ますだクン歌はうまいから、「お前ヴォーカルね、ヴォーカルだけやっててね」 って言いたくなりそうですけど(笑)。

 それでも、Charサンの 「SMOKY」 をここ数回プレイしているますだクンは、ペダル操作とか、トレモロアームを使ったアーミング?とか、ギタリストとして外せないテクニックを学んでいる気がします。 ここにフィードバック奏法も加えたら、もう完璧なんじゃないのかなぁ?
 アーミングはでも、あまりやるとチューニングがおかしくなるとか聞いた気がするのですが。 やりまくってますよね、野村義男クンも(笑)。 あんなにやりまくってもいいんだーと、ヘンなところで感心してます(笑)。

 そして今回私が久々に番組レビューを書こうと思ったきっかけが、この練習風景VTRを見ていたCharサンが、番組に対してメッセージをくれたこと(前置き長ゲェ…笑)。

 「や、これは第1回から見さしていただいてるんでー、どのように答えようと心配してたんですけどもー…思ったより、いい感じで。 お世辞ですけどねー(笑)。
 『SMOKY』 って曲はやっぱり、リズムが難しい曲なんですよね。 でー、たぶんその、ここまでは、エイトビートしかやってきてないものを、いきなりその倍の16ビートのものをやってるんですけども、の割にはー、その感じがカッティングで、出てるなーと、思ってー。
 これはあの、プロでも大変ですよ(笑)、ホントは。 他んところは、まあ何とかごまかしはあるんですけども、あのウラで 『ンパッパッパ、ンパッパッパ』 っての、揃えるというのは、…揃ってないですからあのプロの人たち、こっち側のなんか髪の長いギターの人も(笑)リード間違ってますしね」

 笑いました、ダメ出しされたヨッちゃん。

 「あのー、16ビートとは言え、やっぱり2拍4拍少ない拍8拍、そういうビートが倍になってるだけなんでー、必ずこう常にノっているとー、『ンパッパッパ、ンパッパッパッ』 ってこういうのがとれるんですよ、それをいま手先でー、『チャーチャー』 ってやってるんで、それを 『パッパッパッ』 って説明しても分かんないって思うんですよ。 ウラ(拍)で 『パッパッパッ』 なんでー(笑)。 実はー(笑)。
 これ某有名な屈指のドラマーの人でも、『スリーフォーパッパッパ、パッパッパ』 って3・3・7拍子になっちゃってる人もいるんでー、これの8つのウラの16で 『パッパッパッ、パッパッパッ』 ってのはねー、ちょっとやそっとじゃ出てこない気がするけれどもたぶん、テンポのある漫才だったら、(ツッコミでどつくマネをしながら)『何言ってんねん何言ってんねん』 って、そっから練習したほうがよろしいんじゃないですかね(笑)」

 なるほどでした~(笑)。 特に 「パッパッパ」 が、ウラ拍だったとは(笑)。 ヨッちゃんもアップストロークで 「こっちなんだー」 とか、鼻の下に汗かきながら、焦ってました(笑)。

 武道館でやるとかますだクンは言ってましたが、次回最終回予告を見るとどっかのライブハウスみたいですね。 どうもますだクン、『パッパッパ』 のウラ拍ができていないようでしたが…(笑)。

当ブログ 「めざせ!ロックギタリスト」 に関するほかの記事
第1回 待ってました!
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/post-a305.html
第3回 チューニングが狂うワケが分かった!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/3-78fd.html
第4回 バレーってやっぱ、鬼門なのネhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/4-8fc5.html
第5回 メロメロになってきたますだクンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/5-1d98.html

|

« 「龍馬伝」 第21回 こう生きていくしかない人… | トップページ | 「離婚同居」 第2回 アレレ…? »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

Keep posting stuff like this i really like it

投稿: educational grants | 2010年6月16日 (水) 14時58分

Dear "educational grants"
Thank for your comment. So glad you like it!

投稿: リウ | 2010年6月16日 (水) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48451818

この記事へのトラックバック一覧です: 「めざせ!ロックギタリスト」 第9回 Charサンからのメッセージ:

« 「龍馬伝」 第21回 こう生きていくしかない人… | トップページ | 「離婚同居」 第2回 アレレ…? »