« 「離婚同居」 第1回 意外と楽しめます、コレ | トップページ | 「チェイス~国税査察官~」 第6回(最終回) 別の人生への希望 »

2010年5月20日 (木)

「Mother」 第6回 行く先が、見えない

 先週当ブログ 「Mother」 の記事で、雑誌記者の山本耕史サンを 「尾野真千子サンに鈴原の電話番号を教えた可能性が非常に高い」 などと得意になって書いたのですが(笑)、今回番組開始早々から、尾野真千子サンが自分の子供と松雪泰子サンの関係を疑って鈴原の実家に電話したことが判明(笑)。 妙な勘繰りはやめたほうが、恥をかかなくて済みそうですね(笑)。

 ただ、「このドラマは登場人物たちのカンが非常にいい」 と以前に当ブログで書いたことは、当たってるようでして。
 尾野真千子サンが鈴原の実家に電話したのもそうですが、継美チャンがさらってきた子供だと鈴原家のみんなにバレてしまうところなんか、ちょっとしたサインを見落とさないところなど、みんな推理力高いなあ(笑)なんて思いながら、見ていたわけです。

 継美チャン(芦田愛菜チャン)が、鈴原家に自分はいないほうがいい、と判断してしまうところなんかもそうでした。
 直接鈴原家のいさかいの内容を見たわけでもないのに、よく自分のことでこの家がトラブっているのが分かるなあ、という感じ。 確かに継美チャンは、階下で大きな声のするのを聞いてはいたんですが、そこから自分のせいでケンカしていると考え、自分がこの家から出ていくのがいちばんいいんだ、と考えてそれを実行に移してしまう、というところまでは、ちょっと思いつかない気もするのですが。
 でもそんなことを敏感に感じ取ってしまう継美チャンのかわいそうな自己犠牲の性癖に、目を向けるべきなんでしょうね。

 継美チャンは結局、鈴原家を出て自分の本当の母親である、室蘭に住む尾野真千子サンのところへと向かうわけですが、松雪サンにもらった給食費程度ではとてもじゃないけど帰れるわけはないのであり、しかも驚異の記憶力(笑)で自分のたどってきた道を逆に行こうとするには、相当無理があるわけであり。

 ここで松雪サンと山本サンが 「28番のバスでは帰れない」 ということに気付き、松雪サンが継美チャンの居場所を特定するところも、名探偵コナンも真っ青な推理だと(笑)思ったのですが。

 それにしてもこの判断を7歳の子供がするのは、実に健気であることは、確かなことなのです。
 継美チャンから松雪サンへの手紙は、今回のいちばんの泣かせどころでした。
 ただし私は、継美チャンの演技がうますぎるせいなのか、ちょっと泣けませんでした。 きっと心が汚れているのでしょう。 かえって泣けたのは、継美チャンが鈴原家の窓越しに、松雪サンの最後の姿を目に焼き付けようとしていたところ。 健気すぎるんだよぉぉ~っ!(泣)

 松雪サンは残された継美チャンのノートを見て、「あの子が心配しているのは自分のことじゃなかった…私のことだったんだ」 と気付きます。
 「ウソしか言えないの! あの子はウソでしか、ホントのことが言えないの!」
 婦人警官に手を引かれている継美チャンを発見し、松雪サンは何の躊躇もなく、継美チャンの名前を呼ぶのです。
 警察がいようが関係ないくらい、松雪サンの母性が巨大になっている瞬間を見た気がしました。
 名前を呼ばれてもなかなか返事をしない継美チャン。 きっと本当は、「知らない人」 と答える選択肢も、あったはずです。 そうすれば、松雪サンは誘拐犯にならずに済む。
 しかし不審に思った婦人警官は、松雪サンのほうに向かって歩いていく。
 このとき継美チャンは、松雪サンが捕まってしまう、と本能的に思ったに違いないのです。 「おかあさぁん!」 と叫んで、尋問をされるより先に松雪サンの胸に飛び込む、継美チャン。 この継美チャンの微妙な心の移ろいは、とても見事でした。

 ただこれで、松雪サンが誘拐犯という肩書から逃れる機会は、失われてしまったわけですが。

 その後松雪サンは高畑淳子サンから、養子縁組を解消する書類を受け取り、それにサインをするのですが、このシーンも倉科カナチャンをはじめとした熱演が光るシーンでした。 一見冷たいようにも思える展開ですが、鈴原家みんなが断腸の思いでこの決断をするしかない、というところが描かれていて、よかったです。

 それにしても、どうも山本サンは尾野サンと接触するみたいだし、田中裕子サンは松雪サンたちをかくまうようだし、ホントにこのドラマ、先の展開が読めません。

当ブログ 「Mother」 に関するほかの記事
第1-2回 主人公が、暗いですね… http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/mother-1-2-447a.html
第3-4回 同じテーマのドラマ 「八日目の蝉」 との相違点http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/mother-3-4-34fe.html
第5回 母と娘の距離感http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/mother-5-bc26.html
第7回 うっかりさんの裏の顔http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/mother-7-344a.html
第8回 泣いてもいいんだよhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/mother-8-8615.html
第9回 母の手のぬくもりをhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/mother-9-d640.html
第10回 優しさがつき動かすものhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/mother-10-db64.html

|

« 「離婚同居」 第1回 意外と楽しめます、コレ | トップページ | 「チェイス~国税査察官~」 第6回(最終回) 別の人生への希望 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48405092

この記事へのトラックバック一覧です: 「Mother」 第6回 行く先が、見えない:

» ドラマMOTHER、Wikipediaの記事が著作権侵害? [ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道]
日本テレビ系列で4月から放送されているドラマ「MOTHER」(毎週水曜22:00〜)に関する記述をめぐって、インターネット百科事典「Wikipedia(ウィキペディア)」上で著作権侵害問題が取り沙汰されているようです。MOTHERとは、「母性は女性を狂わせる」をキャッチコピーに冠したドラマで、その名の通り、現代を生きる女性の「母性」をテーマにした、完全書き下ろしの社会派サスペンスドラマ。3年ぶりにドラマ�... [続きを読む]

受信: 2010年5月24日 (月) 18時59分

« 「離婚同居」 第1回 意外と楽しめます、コレ | トップページ | 「チェイス~国税査察官~」 第6回(最終回) 別の人生への希望 »