« CCCDって、やっぱりとてつもない不良品…? | トップページ | 「チェイス~国税査察官~」 第4回 ふたつの復讐 »

2010年5月 6日 (木)

佐藤慶サン、死去

 俳優の佐藤慶サンが、亡くなったそうです。 享年81歳。

 私がドラマをちゃんと見るようになって、この人の演技は上手い!と思ったのは、先日当ブログで書かせていただいた中村嘉葎雄サンもそうですが、佐藤慶サンもその中のおひとりでした。

 個人的に、特に印象深かったのが、確か1980年前後かな?TBSで放送された、「冬の花火~私の太宰治」 での、太宰治(石坂浩二サン)の兄上の役。
 佐藤サン本人は福島の会津若松ご出身らしいのですが(そう言えば、福島県には佐藤姓のかたが、多いです)、津軽弁が、やたらうまくって。 こんなにうまい津軽弁の人をテレビドラマで見たのは、初めてでした(と言っても、当時私は中学3年くらいのガキでしたが)。

 それから佐藤サンは、私のお気に入りの役者サンのひとりになったのですが、なにしろこの人、NHKの大河ドラマには、ほとんど準レギュラー、みたいな感じで(笑)。 よくお見かけしましたー。

 なかでも圧巻だったのは、1993年の 「炎立つ」。
 源頼義ですよ。
 以前にも当ブログで書かせていただきましたが、もう一度書かせていただきます。
 私がNHK大河ドラマを30年以上見続けてきたなかで(途中いくつかつまらないと感じて見なかったものもあるのですが)、その最高傑作と考えているのが、この 「炎立つ」 の第1部なのです(このドラマ、3部構成だったのですが、2部、3部は、そんなに面白くなかったです…笑)。

 この第1部のラストシーン。
 東北の豪族、安倍貞任(村田雄浩サン)に同調して反乱を起こし、そして破れた奥州藤原三代の祖、藤原経清(渡辺謙サン)を、佐藤慶サン演じる源頼義が、詰問していくのですが。

 ここで渡辺謙サンは、懐柔的な言葉でなだめようとする佐藤慶サンに向かって、こう言い放つのです。

 「豚め…! 豚の家来にはならぬ!」

 いや、その迫力たるや。
 「独眼竜正宗」 で、その激昂する演技が頂点を極めていた渡辺謙サンの、面目躍如というべき、烈々たる迫力のシーンでした。

 それに対して佐藤慶サンは、完全に頭に血がのぼった格好。

 自分の持っていた刀を、そこらへんにあった岩に、ガンガン叩きつけはじめる。

 なにをやるのかと思ったら、打ちつけてボロボロになったその刀を家来に向かって放り投げ、「その刀で、この男の首を、のこぎり引きにしてはねよ!」 と命じるんですよ。

 ひええー、やめてくれええー、とテレビの前で叫びましたよ(歴史好きには、有名な話らしいのですが)。

 そのなまくら刀で首をギコギコされながら、渡辺謙サンは、絶叫しながら死んでいくのです。 戦慄しまくりました。

 今なら完全に、放送コードに引っかかるに違いないです。

 おっと、渡辺謙サンの話になってしまったきらいがありますが、ここで佐藤慶サンが演じた源頼義は、頼義の側にもそうせざるを得ない苦悩がうかがわれていて、敵方ながら、感情移入の出来る役を、完璧にこなしていました。 凄かったです。

 近年ではかつてのような迫力がなく、抑えた演技をしているような印象もあったのですが、それはご高齢ということも加味しなければならないし、それでもこの役者サンの存在感は、年老いても厳然として、漂っていた気がします。

 謹んで、ご冥福を、お祈りいたします。

|

« CCCDって、やっぱりとてつもない不良品…? | トップページ | 「チェイス~国税査察官~」 第4回 ふたつの復讐 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

リウさん、こんばんは。
どの役というのは覚えていませんが、好きな俳優でした。存在感ありましたよね。確かに大河ドラマによく出演されていた記憶はあります。

佐藤慶さん、緒形拳さん、藤田まことさんなど、私が小さい頃から当然のようにいらしていた俳優の方々が亡くなっていくのは、悲しいものがあります。

投稿: 弥太郎 | 2010年5月 6日 (木) 22時43分

弥太郎様
コメント、ありがとうございます。

佐藤サンが出てくると、なんかドラマ全体の質まで上がったような、安心感が生まれたものです。

近頃この、安定感のある年配の役者サンが、お亡くなりになっていくこともそうですが、だんだん減ってきていますよね。 高齢化社会なのだから、増えていってもいいような気は、するんですが(笑)。

吉田東洋をやった田中泯サンなどは、年配になって頭角を現してきた感じですけど、こういうケースって、ほんとに稀なような気がします。

ただ、年配の役者サンを見る機会が、ないだけなのかな?

投稿: リウ | 2010年5月 7日 (金) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48288468

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤慶サン、死去:

« CCCDって、やっぱりとてつもない不良品…? | トップページ | 「チェイス~国税査察官~」 第4回 ふたつの復讐 »