« 「Mother」 第8回 泣いてもいいんだよ | トップページ | 「龍馬伝」 第23回 後戻り?…それは誰が決めるのだろう »

2010年6月 6日 (日)

「ゲゲゲの女房」 第10週 ビンボー神の出るタイミング

 これまでも豊かとはけっして言えない生活をしてきた村井家でしたが、そんななかで布美枝(松下奈緒サン)が妊娠。
 今週の 「ゲゲゲの女房」 は、極貧のさなかに布美枝と茂(向井理サン)がどのように赤ちゃんを迎えるにいたったのかを描写していました。
 私の興味は、こんな究極の貧乏のなかで、茂がよく子供を持つ気になったものだ、ということ。

 産科院で 「子供が生まれると物入りだ」 という会話が脳裏をよぎるなか、布美枝が家に帰ってくると、2階を借りていた中森(中村靖日サン)が茂としんみりしています。
 聞けば中森サン、とうとうマンガ家をやめることを決意し、くにに帰ることにしたと言う。
 荷物をたたんだ部屋に戻った中森サン、商売道具のGペン(マンガ家がよく使うペンの一種です)を、いとおしそうに眺め、絵を描くしぐさをする。
 なんだか、じわっと泣けました。 なんてことないシーンなのですが、40を超えて、結局それまでやってきたことをやめ、下請けの下請け、などとという新たな仕事に就かなければならない悲哀に、同じ40代のオッサンは、ミョーに共感するのです(笑)。
 中村靖日サン、ホントにいるかいないか分からないような影の薄い下宿人(笑)でしたが、源兵衛サンにドロボーと間違えられたり、水道橋から調布まで息も絶え絶えに歩いてきたり、要所要所で笑わせていただきました。

 ところが中森サンからたまった家賃の半分をもらっても、村井家の財政には焼け石に水。 家賃収入のあてもなくなり、そのうえセールスレディの仕事も断られ、どんどん手詰まりの様相に。
 話ははしょりますが、最後の頼みの富田書房の社長(うじきつよしサン)から受け取った約束手形も、やはりどうも、ダメらしくて。

 どうしようかと暗い顔で思案にくれる茂の後姿を、じっと見つめているものがいる。

 ビンボー神(片桐仁サン)です(笑)。

 家の月賦の支払先である不動産屋も、この手形を換金しに行ったが出来なかったとカンカンで、つまり不渡りを起こしてしまっていることが判明します。
 この不動産屋、田中要次サン(笑)。 いかにもって感じで笑えます。

 不渡り手形を手に、茂が富田を一発ぶん殴ってやろうと乗り込むと、すでに数人の債権者にボコボコにされている富田社長。 登場の仕方が、倒れ込んだところをずるずる引き戻されるような感じで、ホラー映画っぽいのが笑えるのですが、それはともかく不渡りが数件もある、ということは、即会社の倒産を意味しています。
 債権者会議が開かれた時にも、しかめっ面をした人たち(このしかめっ面ぶりも、いかにも水木サンが描くマンガに出てきそうな顔ばかりで笑えるのですが)のあいだに、ビンボー神がにやついている。 それを見て、茂はぎょっとするのです。

 それまでの 「ゲゲゲ」 におけるビンボーの描写は、貧しくても笑っていればなんとかなる、という程度のものでした。
 それが、笑いが消えた途端に、金がないということがかなり深刻なダメージとなって、人を襲うのです。
 ビンボー神の描写は滑稽でしたが、登場のタイミングはなんだか真理をついているような気がして、とても不気味に思えました。

 そしてついに、布美枝は花嫁道具の着物を質に入れることを決意します。
 提案された茂は、さすがにプライドもあってかそれを拒絶するのですが、布美枝は笑って、こう話すのです。

 「あなた、前に 『質屋さんに預けたものは、必ず受け出す。いっぺんも流したことない』 って言ってましたよね。 そんなら、これも切り抜けができるまで、預けといてください。 しばらくの間だけ」

 茂が確認すると、中に 「立ち別れ 因幡の山の峰に生ふる 待つとし聞かば 今帰り来む」 と書いた紙片が挟まっている。 質草が帰ってくるおまじないだ、と布美枝は言うのですが、「それは迷い猫の戻ってくるおまじないではないか」 と茂に返されて、お互いに笑いあう。
 笑うところには、ビンボー神は寄ってきません。

 それを質屋に預ける茂は、そのおまじないの紙を挟んでおくよう主人(徳井優サン)に頼み、「決して流してはいかんという、自分にかけるまじないです」 と、その決意をにじませる。 布美枝にはおばば(野際陽子サン)からもらったかんざしもあったのですが、「これはおなかの中の赤ちゃんが女の子だったら、お嫁に行く時に持たせよう」 とまたしまっておく。 このエピソードの連続は、見ていてさすがだと感じます。 このおなかの中の赤ちゃん、時々布美枝を励ますかのように、布美枝のおなかを蹴っぽる。

 その矢先、税務署が来て 「こんな低所得なのはおかしい」 と指摘された、という、実際にあった出来事を描いていましたが、確かに一軒家を持っていて極度な低所得であれば、疑われるのもむべなるかな、という感じ(笑)。 「我々の生活が貴様らに分かるか!」 と怒鳴りつけ、大量の質札を税務署員に叩きつける茂。 女房の大事な品を質草にやったばかりのタイミングでのこの展開は、やはりさすがというしかない。

 そして妊娠中毒症で心細くなっている布美枝のもとに、「ロザンヌ化粧品でございまーす」 と、まるでサザエさんみたいな口調で現れる(笑)、靖代(東てる美サン)。 布美枝の不安が瞬く間に伝わって、美智子(松坂慶子サン)らが布美枝を励ましにやってくる図は、とても見ているほうの心もじんわり温かくなるシーンでした。 やはり、笑いのある場所には、ビンボー神も寄ってこないのです。

 そしてクリスマスイヴの日、実にあっけなく、布美枝に女の子が誕生。
 出産シーンもなく、とてもさらっとした描写なのが、かえって新鮮に見えました。 「息んでー!」「フーッ!」 とか(笑)、一切なし。

 「お父さん似ですよ」 といわれて、ほっぺたを膨らませる茂。 実際の水木サンもそうやったのではないかというような仕草に見えました。
 ナレーションで祝福をする、今は亡きおばば。

 「おめでとう、布美枝。 ようがんばったなあ」

 週の最後に、ちょっこし、泣きました。

 来週予告を見ると、子供ができたことで、なんか力強さが出てきたような布美枝の姿。 またじっくりと、見守っていきたいと思います。

当ブログ 「ゲゲゲの女房」 に関するほかの記事
第01回 NHKのやる気を感じさせます
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/1-nhk-c7ac.html
第02週まで見てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/2-5cbd.html
第04週まで見てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/4-a685.html
第05週 ほんとうのスタートは、ここからhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/5-9d37.html
第06週 人事を尽くして天命を待つhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/6-3192.html
第07週 時代に流されていく人たちhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/7-6a9d.html
第08週 笑って生きよう、たとえ貧しくともhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/8-82ce.html
第09週 「生きるため」 と 「プライド」 の狭間http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/9-476d.html
第11週 まあ…なんとかなーわね!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/11-e5c0.html

|

« 「Mother」 第8回 泣いてもいいんだよ | トップページ | 「龍馬伝」 第23回 後戻り?…それは誰が決めるのだろう »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ゲゲゲ、面白いですね。
私は(ここまでなら言っても構わないと思うので言いますが)調布に住んでます。なので、より一層楽しいです。市では鬼太郎のナンバープレートも出たようですね。

ドラマの方はいよいよ、子どもも生まれて、経済的に大変ですね。どうなることやら…。

これまでで一番印象深かったのが「神がついた」という発言でした。あれは本当に心に残りますね。

ゲゲゲの鬼太郎のテレビアニメしか知らない世代で、他の作品は全く知らず、このドラマの影響を受けて水木さんの本をいくつか借りて読んでます。ではでは~

投稿: らいおん | 2010年6月 7日 (月) 21時14分

ごめんなさい。神がさした…でした。

投稿: らいおん | 2010年6月 7日 (月) 21時20分

らいおん様
コメント、ありがとうございます。
や、そうでしたか、調布のほうにお住まいで。
鬼太郎のナンバープレート、見てみたいものです。

私の場合、やはり水木体験はファースト・シーズン(笑)、野沢雅子サンの白黒の鬼太郎でした(古…)。 それと、「悪魔くん」。 実写版でしたが、ホントに怖かったなあ。 白黒というのがまた、恐怖をあおるんですよ。

あとは、私生活や交友関係を描いたマンガは、もう笑えて笑えて。 単行本になっているのかなあ? このところマンガ自体から遠ざかっているので、この私生活マンガを88歳?になられた現在でも水木サンが描いているのかは分かりませんが、そこにはやはり、おかあちゃん(布枝サン)がたびたび登場していました。 松下奈緒サンとは、似ても似つかない…のは仕方ないか(笑)。

投稿: リウ | 2010年6月 8日 (火) 05時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48552074

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲゲゲの女房」 第10週 ビンボー神の出るタイミング:

« 「Mother」 第8回 泣いてもいいんだよ | トップページ | 「龍馬伝」 第23回 後戻り?…それは誰が決めるのだろう »