« ちょっとお知らせ | トップページ | 「Mother」 第8回 泣いてもいいんだよ »

2010年6月 2日 (水)

「めざせ!ロックギタリスト」 第10回(最終回)怒涛の?ますだクンライヴ!

 「チャレンジホビー めざせ!ロックギタリスト」 も、とうとう今回が最終回。
 渋谷の某ライヴハウスでますだクンの卒業ライヴまでこぎつけました。

 今ネットで調べたのですが、LIVE STAGE GUILTYという場所で、5月7日に行われたらしいですね。 料金はタダだったということも、どこかのブログに載っていました。 そのせいか?150人のお客サンが来たそうです。
 番組で映された客層を見ると、ますだおかだのファンかな?みたいな女性と、野村義男クン目当てみたいなちょっと年齢のいった女性、男性も遠慮がちに後ろのほうにちらほらいましたね。 7対3か6対4くらいの割合で。

 番組を最後まで見た感想を述べさせていただくと、最終的に、結構感激のライヴとなった気がします。 ますだクンのようなシロートが2カ月でここまでやった、というのと、あとはCharサンのホンマモンのプレイを見ることができたことと。

 けれど、初ステージだというのに、直前のますだクンのテンションは全く上がっていない様子。 あまりにも出来なさ過ぎて却って緊張しない、とか。 バンドのドラムス、元ジュディマリの五十嵐公太サンから 「ウソー!ダメじゃん」 と言われる始末(笑)。

 まずますだクン抜きで、五十嵐サン、ベースの渡辺英樹サン(元C-C-B)、キーボード力石理江サンでビートルズの 「ヘルター・スケルター」、ジェフ・ベックの曲など3曲を披露。

 そしていよいよますだクンの登場。 「どうもありがとう!」 って、いきなり締めのあいさつみたいな(笑)。 ヨッちゃんは先生として、ギターを肩から外して見守る側に。 そしてまず番組で習った 「アメリカン・バンド」 をスッゲエ短いバージョンで(笑)。
 「だってここまでしか教えてもらってないですもん! 先生ここだけ教えて 『あとは考えて~』 みたいな感じで、『ぼくお菓子食べてくるから!』 お菓子バクバクバクバク食べるから、そのおなか見てみい!」 と、ますだクン、半ばギター付きお笑いライヴみたいになってます(笑)。

 「スモーク・オン・ザ・ウォーター」 では、リフ以外のバッキングもちゃんとやって、野村先生から 「2ヶ月でここまでできたというのはすごい」 とお褒めのお言葉。 私もそう思います。 たった2カ月ですよ? しかもお仕事も忙しくいらっしゃるでしょうに。

 そしていよいよ、最終目標であった 「SMOKY」。

 アンサンブルはやはりちょっとバラツキ気味ではありましたが、ますだクン、前にも書きましたけど結構歌がうまいんですよ。 これを裏で見ていたCharサンも、のちの登場時に 「弾きながら歌うことが出来ていた」 と褒めてましたけど、「ヘルター・スケルター」 を歌っていた渡辺サンよりうまかったよなあ、歌だけは(笑)。 リード・ギターでサポートするヨッちゃんも、余裕のあるプレイで盛りたてます。

 「卒業!」 とヨッちゃんに太鼓判を押され、「よく頑張った!」 とCharサンからも握手され、何ともうらやましい限りのますだクン。 アンコールでは、Charサンじきじきの演奏による 「SMOKY」。 ますだクンもプラグを抜いて参戦(笑)。

 本家本元の 「SMOKY」、ヨッちゃんがやっていた余裕のプレイよりも数倍、熱のこもった 「どうだ!」 と言わんばかりの演奏。 また、声がよく伸びてて。 ノック・アウトされました。 願わくば、全曲聴いていたかったです。

 ここでヨッちゃんのコメント。 自分も始めたころは何回もやめてるのに、ますだクンは相当頑張ったと思う、と。
 ますだクンは、たぶんカメラが回ってなかったらやめてたと思う、と正直なところを語っていました。
 「オレもやろうってなるよね」 と言うCharサンにますだクン、「ぜひテキストを買って、チャレンジしてください。 今テキストがCharサンの顔の部分に出てますけども」 と言った途端、ホントにテキストのサムネイルがかぶって、最後まで笑わせていただきました。

 まあ、エレキギターというのは、バンドあってこそ引き立つ楽器ですので、コミュニケーションの道具にもなりうる面をもっています。 楽器によって広がる底辺というものがあるはずなので、この番組はそのきっかけのひとつになりそうな予感も、いたしました。

|

« ちょっとお知らせ | トップページ | 「Mother」 第8回 泣いてもいいんだよ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウさんのおかげでこの番組の存在を知り、すごく楽しむ事ができました。
そしてなんということでしょうか、来週からは『讃岐うどん』。
リウさんのブログに出会ってなかったら、大好物をテーマにした番組を二つも見落とすトコでした。
本当にありがとうございます。

投稿: 1964 | 2010年6月 2日 (水) 16時32分

1964様
コメント、ありがとうございます。
あっ、讃岐うどんのファンでもいらっしゃるんですか! 私も讃岐うどんの本場にまで行ったのですが、どうもハズレばかりだったような…。 しかも、空港で売っている讃岐うどんのお土産も、あまりたいしたことがなかったという思い出があります。
こうなったら来週からのうどんのうちかたを覚えて、自分で作るしかない!(笑)

投稿: リウ | 2010年6月 3日 (木) 05時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48515109

この記事へのトラックバック一覧です: 「めざせ!ロックギタリスト」 第10回(最終回)怒涛の?ますだクンライヴ!:

» ストラトキャスタータイプの音 [ストラトキャスタータイプのギター]
【ストラトキャスタータイプのギター】ではストラトキャスターモデルのギター情報をお伝えします。 [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 20時07分

« ちょっとお知らせ | トップページ | 「Mother」 第8回 泣いてもいいんだよ »