« 「ゲゲゲの女房」 第10週 ビンボー神の出るタイミング | トップページ | 「祝!」 でしょう! 「JIN-仁-」 の続編決定! »

2010年6月 7日 (月)

「龍馬伝」 第23回 後戻り?…それは誰が決めるのだろう

 「龍馬伝」 第23回は、長次郎(大泉洋サン)と徳(酒井若菜サン)の婚礼の席で、海軍操練所が神戸に完成した、という知らせが勝(武田鉄矢サン)からもたらされ、めでたいこと続きの明るい雰囲気で始まりました。
 しかし見終わってみれば、重たいものが心の奥にいつまでも残り続けるような、やりきれない思いに。

 今回の物語をつかさどる鍵の人物は、土佐勤王党から勝塾に送り込まれていた望月亀弥太(音尾琢真サン)。 武市(大森南朋サン)や以蔵(佐藤健クン)が投獄され、かつての自らの志と、否応なく再び向き合っているのです。

 操練所の新入り、陸奥陽之助(平岡祐太サン)のナマイキぶりに食ってかかり、自らのイライラを爆発させる亀弥太に、龍馬(福山雅治サン)は 「もはや攘夷だ開国だと言っている時代ではない、後戻りしてはいかん」 と亀弥太をなだめる。

 けれども、「後戻り」 ということは、いったい誰が決めることなんでしょう。

 亀弥太にとっては、武市が掲げていた尊王攘夷こそが、自らの理想にいちばん感応したからこそ、土佐勤王党に入ったのです。 そこにはやはり、虫けら同然だった下士時代の屈辱が、亀弥太には厳然としてある。
 龍馬に 「日本を守るためには、内輪もめよりも国力をあげるべきなのは、おまんじゃちよう分かっちゅうはずぜよ」 と説得されても、頭では分かっていても、自らこうと決めた生き方とは違う。
 龍馬に説得され、泣き崩れる亀弥太。
 亀弥太のどうしようもない心のあがきは、こちらの心を揺さぶるものがありました。

 結局亀弥太は長州藩士の攘夷の動きを察知して、操練所を出奔、京の池田屋に向かいます。 龍馬はそれを聞いて、亀弥太を連れ戻しに行こうとするのですが。

 「志の違うものは放っておけばいい」 という陸奥や長次郎。
 特に長次郎は、先のいざこざの時に、亀弥太から身分の違いでなじられている経緯がある。
 下士としての屈辱を背負っていた亀弥太にしても、饅頭屋のせがれに同じことをしている、という構図がさりげなく描かれているところは、秀逸です。

 ところがこれに、龍馬は激しく反発する。
 今回、作り手がいちばん訴えたかったことがここにあるような気がしました。

 「…それは違うぜよぉっ…!」

 動きが止まる操練所の男たち。

 「わしらは、…わしらはたった200人しかおらんがじゃ!
 たったの200人でこの日本の海軍を作ろうとしゆうがじゃ、わしらは!
 アメリカフランスエゲレスオロシア…異国は日本がばらばらになるのを待ちゆう! いつでも日本を乗っ取る準備ができゆう!
 けんど! そうはさせんと、そうはさせんと心に決めたもんらが、この海軍操練所に集まっちゅうがやろうが!
 …おらんでえいゆう仲間ら、…ここにはひとりもおらん!
 蒸気船は、ひとりで動かすことはできんがじゃ!
  帆を張るもん、索を引くもん、かまを焚くもん、風を見るもん、海図を読むもん、見張りをするもん、旗を立てるもん、飯を炊くもん、壊れたところを直すもん!
 誰ひとり、誰ひとり欠けたち、船を動かすことは出来んがぜよ!
 わしらはの、わしらは日本の海軍ゆう、大きい、大きい船を動かそうとしゆうがじゃ!
 …亀弥太はの…まっすぐな、えい奴ぜよ…。
 あいつを死なせるわけにはいかんき…。
 あいつを連れ戻してくるき…」

 生意気な口を聞いていた陸奥も、なんだか感激したような感じ(笑)。
 大義のためには多少の犠牲は仕方がない、という考えは、武士が刀を所持しているのがふつうの時代だった当時には、あまりにも当たり前のことだったに違いないのです。
 龍馬はこのとき、そんな 「犠牲」 という概念に、異議を申し立てた気がします。
 「三銃士」 ではないですが、「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」。
 ひとりの人間を大事にしなくて、なにが大義だ! 首を切って会社が安泰ならそれでいいのか!…あ、ちょっと本題から話がそれました(笑)。 …でもそれと一緒ですよね。

 亀弥太も含む池田屋に集まった攘夷派の志士たちは、京の町を焼き払ってその機に乗じ、帝を連れ出すという、言いかたは悪いですが大勢の人を困らせる計画。
 そこにドカドカと足音がし、画面はブラックアウト。
 新選組です。
 一介の暗殺者集団だった新選組は、この池田組事件で一気にその名を高めていくことになるのですが、ここでの斬り合いの描写は、一切なし。
 そして無言のまま、意気揚々と引き揚げていく、新選組の姿のみ。

 この新選組の池田屋襲撃の描写は、新選組ファンの人にとっては、誠に物足りないものであったかと思います。
 でもこれって結構、いろんなとこで見聞きしているし、数年前にも同じ大河でやってましたからね。

 それ以上に、もの言わず相手を斬り殺していく彼らの不気味さが、「見せない」「しゃべらせない」 ことによって一層引き立っているような気が、私にはするのです。 こういう新選組の描きかたも、私は好きだなあ。

 そしてその犠牲になった、亀弥太。
 龍馬が駆けつけた時は、すでに虫の息。 自ら小刀を、腹に突き刺しています。

 「わしは、侍やき…あんな奴らに…とどめを刺されるがは、まっぴらぜよ…!」

 最後まで武士の誇りを捨てなかった亀弥太には、泣けました。

 「龍馬…おまんの…言う通りにしちょったら、よかったかのう…後戻りは、いかんかったかのう…」

 絶命する亀弥太。 慟哭する、龍馬。 重苦しいBGMが流れる中、スローモーションで池田屋にたどり着く龍馬。 そして大惨殺の現場を目の当たりにした龍馬は、それが新選組の仕業だと知り、ただならぬ表情でその場から立ち去っていくのです。 新選組に殴り込みに行くのか、龍馬?

 後戻りかどうかは、やはり本人が決めることではないかと、見終わってから考えました。
 自分の志を全うしようとした人間は、それだけで生き抜く価値があったのだ、そう考えました。
 自分に恥じない生き方をすることこそが、いちばん大事なのではないか、と。

 久々に、「弥太郎伝」、やりますかね。

 岩崎家にも運が向いてきて、喜勢(マイコサン)に赤ん坊が生まれるのですが、弥太郎(香川照之サン)弥次郎(蟹江敬三サン)親子は相変わらずで、大声あげたりコワイ顔をして赤ん坊を泣かしています(笑)。

 その弥太郎、相変わらず憎まれ口を叩きながら、武市の家を訪れ、「あまりに幸せだとあとでしわ寄せが来るから、ここであえて損をしてやる」 と、美輪明宏サンの 「正負の法則」 かよ(笑)みたいなことを言いながら、家の修理を冨(奥貫薫サン)に買って出る。
 そこに届いた、武市からの手紙。
 「大丈夫そうじゃないかえ、武市さんは。 気にかけることらないがぜよ、な」
 と、優しいところを見せるのです。
 いいとこ、あるじゃないですか。

当ブログ 「龍馬伝」 に関する記事
♯01論点が、はっきりしちゅうhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/1-e718.html
♯02えらい天気雨じゃったのう(笑)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/2-a44b.html
♯03食われっぱなしぜよ、福山サンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/3-8e96.html
♯04佐那チャン、ツンデレ、してません?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/4-5776.html
♯05アイデンティティの崩壊http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/5-d115.html
♯06本分をわきまえる、ということhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/6-766e.html
♯07父のこころ、子のこころhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/7-e1b3.html
♯08汚さに磨きがかかる(なんだソレ?)弥太郎殿http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/8-8680.html
♯09思想か、命かhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/9-febd.html
♯10もっとなんとかできたはずhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/10-b847.html
♯11龍馬が担ぎ出される、その理由http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/11-ac67.html
♯12武市の心理、執拗にやってますねhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/12-2a95.html
♯13大友サン演出は、一味違うhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/13-e7ca.html
♯14進む龍馬の空洞化http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/14-ef4d.html
♯15龍馬の人物像が、ちっくと見えてきたhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/15-b072.html
♯16日本人じゃあぁーっ!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/16-5e1f.html
♯17試合という名のラブシーンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/17-6ae8.html
♯18武市の転落ぶり、凍りつきましたhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/18-77bb.html
♯19 5月10日って…明日?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/19-510-e7ac.html
♯20 ものの見方で軽くなる命http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/20-280b.html
♯21こう生きていくしかない人… http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/21-47f8.html
♯22龍馬の情けなさこそが、作り手の表現したいことだhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/22-f109.html

|

« 「ゲゲゲの女房」 第10週 ビンボー神の出るタイミング | トップページ | 「祝!」 でしょう! 「JIN-仁-」 の続編決定! »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48566905

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」 第23回 後戻り?…それは誰が決めるのだろう:

« 「ゲゲゲの女房」 第10週 ビンボー神の出るタイミング | トップページ | 「祝!」 でしょう! 「JIN-仁-」 の続編決定! »