« 「小島慶子 キラキラ」 6月1日 オジキ、大爆発!(笑) | トップページ | ちょっとお知らせ »

2010年6月 2日 (水)

「小島慶子 キラキラ」 6月2日 上ちん、継続、生理?怒涛の3連発!

 今日のTBSラジオ 「小島慶子 キラキラ」 のオープニングは、近年のラジオ放送史上まれに見る面白さだった気がします。

 いきなり火曜日のレギュラーゲスト、上杉隆サンがぎっくり腰を押して(笑)連日の登場。 どうやら昨日、「鳩山サンの退陣はない」 と断言していたそうで(笑)、その矢先に鳩山サンが退陣してしまったものだから、いきなり謝罪&鳩山関係の取材引退?宣言(笑)。 上杉サンに関しては官房機密費をもらっていなかった点でもあってか、いつも結構まともなことを言っている印象があります。 しかもこの物腰。 間違ったことを言えば素直に謝る、というのが好感が持てるんですよ。
 その上杉サン、週刊誌に同様のことを書いてしまったために、今後1週間は謝罪行脚しなくてはならない、みたいなことを言っていました(笑)。

 それにしても、あれだけ鳴り物入りで首相になったのに、1年もたないなんて、根性なさ過ぎ、というか…。 少なくとも政権交代した象徴でしょう。

 そして上杉サンが退場した後、今度は小島アナの去就についての話。
 6月いっぱいでTBSを退社する小島アナ、7月以降の 「キラキラ」 がどうなるか未定だったのですが、このたび番組の継続が決定いたしました、ということで。
 そりゃそうか。
 最新の聴取率調査でも同時間帯単独の1位になったそうで、それを終了させるのはいかにも…。
 ただ小島アナがフリーになることで、TBSサンの経費節減の思惑が外れる、という側面はあります。 これで聴取率がちょっとでも芳しくなくなれば、即打ち切り、という展開もあり得ますかね。

 で、今日私がこのオープニングを聴いた直接の理由、昨日の小島アナのアサヒ芸能記事に対する大激怒(その機嫌の悪さに、「生理か?」 と疑われたほど…笑)の詳しい説明。 今日するって言ってましたので。
 「こういうことを書かれると、局の人間がみんな信用する」 という、マスコミの人間の傾向を指摘したうえで(ホントに信じてる人がいるというのも意外ですが)、小島サンがいちばん歯ぎしりした、というのが、衆議院選に出馬か?とか書きたてといて、結局立ち消えになった、という、アサヒ芸能の完全なマッチポンプ式の記事の内容(笑)。 まあもともと、アサヒ芸能の記事に目くじら立てても、仕方ない気はするんですが…(笑)。

 この怒涛のような興味深い内容の連続に、番組HP内ツイッターは昨日以上の大混雑でした。 ラジオの持つ同時性、レスポンスの早さ、柔軟さが十二分に発揮されたオープニング30分だった気がします。 ラジオはすごい。

|

« 「小島慶子 キラキラ」 6月1日 オジキ、大爆発!(笑) | トップページ | ちょっとお知らせ »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48524360

この記事へのトラックバック一覧です: 「小島慶子 キラキラ」 6月2日 上ちん、継続、生理?怒涛の3連発!:

« 「小島慶子 キラキラ」 6月1日 オジキ、大爆発!(笑) | トップページ | ちょっとお知らせ »