« 「鉄の骨」 第2回 結局下が一番損をする | トップページ | 「ゲゲゲの女房」 第15週 夢をあきらめないで… »

2010年7月10日 (土)

「うぬぼれ刑事」 第1回 初クドカン体験です…

 宮藤官九郎サンのドラマって、見たことなくて。

 なんか、ワザトラシイのがイヤなんですよ。

 で、今回も見る気はさらさらなかったんですが(大変失礼)、1回くらいちゃんと見てみようかな、と。

 実際に見てみると、うぬぼれ4の存在とか、やっぱりあからさまにワザトラシイ(笑)のですが、ちゃんと人の心をつかもうとする生真面目さには満ちているな、と感じました。
 全体的に感じるのは、なんだかミュージカルの出来損ない、という雰囲気です。 出来損ない、というのはネガティブな言葉ですが、実はここを狙ってやっているような感じ。 出演者全員がおちゃらけながら演技をしているように見えるのですが、そこにはかなりカリカチュアライズされた人間の悲しい性癖が誇張されつつ表現されている。
 その表現方法は、まさしくオンリーワン、という感じが強くするのです。

 主演の長瀬智也クンも、髪の毛を下してあまりこれまで見たことのないような雰囲気(個人的には佐藤浩市サンを連想させる髪型)で、人生自体を大カンチガイし続けている男を演じています。 この大カンチガイをまわりの人たちは 「うぬぼれ」 だととらえて、結局それが彼の役名になってしまっている。 父親役の西田敏行サンでさえ、自分の息子の本当の名前を忘れて、彼を 「うぬぼれ」 と呼ぶ始末。 主人公の名前がない、というのはなんかすごい(笑)。

 しかし私が見ていて彼は、別にうぬぼれているわけではない気がするんですけどね(笑)。
 坂東三津五郎サン演じる変な大学教授(変な…って、出演者みんな変なんですけど…笑)の恋愛レクチャービデオに完全に陶酔していて、女性を見る時も3秒かぞえているようなとても純真な男です。 その眉唾ものの講義を真に受けながら、「このコはオレに気がある」 という大きな勘違いをし続けているだけの話です。

 その男が、人生それ自体を勘違いしながら、結局自分の刑事という職務にとってのお手柄を立て続ける。 長瀬クンの思惑通りにけっしていってないのに、刑事としての結果を着実に積み重ねている、というのがなんとも、人生それ自体のパラドックスを象徴している気がするのです。
 みんな、「これが天職だ」 と思いながら仕事をしているわけでもないのに、そこに仮想的なやりがいを見いだし、つらいとか楽しいとか感じながら仕事をしている。 そんなちぐはぐなおかしみが、人生にはある。 長瀬刑事の仕事ぶりを見ていると、なんかそのことを端的に感じさせるのです。

 そのうぬぼれクンが捜査に加わった殺人事件。
 いちばん怪しいと思われる被害者のパートナー、加藤あいチャンに惚れてしまい、彼女に猛烈にアタックしていくことが、結果的に彼女の容疑を濃厚にしていく。 ここらへんの複雑な描写を笑わせながら見せる手腕は、やはりさすが評判のいいクドカン、というべきです。

 しかも加藤あいチャンの役名が恵理子で、サザンの 「いとしのエリー」 ラスト部分を流す、という周到なこともやっている。
 つまりこれは 「いとしのエリー」 が主題歌だった、このドラマと同時間帯であったTBSの金曜10時ドラマの名作、「ふぞろいの林檎たち」 に対する強烈なオマージュであると同時に、その第4シリーズに準レギュラーで出演した長瀬クンとのつながりを連想させるものでもある。 私に言わせれば、相当高度に計算されたトリビアチックな演出です。 個人的な話になりますが、長瀬智也という人を見たのは、「ふぞろいの林檎たちⅣ」 が最初でした。 確か相手役は、中谷美紀サンでしたね。

 そして加藤あいチャンは、何食わぬ顔をして相当高度に計算されたアリバイ偽装工作をしていたのですが、その罪をおっかぶされてしまっていたのが、確か 「3年B組金八先生」 で引きこもっていた巨漢の男の子? わっ、久しぶりに見ました(笑)。
 まあ、それは別に深い演出上の意味はないのですが(笑)。

 IDカードとスイカのトリック、掃除の女性がわざとらしく画面をうろちょろするなど、犯人推理は比較的簡単でしたが、最後の長瀬クンの加藤あいチャンへの求婚の仕方も、「ねるとん紅鯨団」 みたいでしたよね(笑)。

 なんか、見たいドラマがあまりにもない寂しさも手伝って(?)、来週以降も見てしまいそうなドラマになってしまいそうです。

当ブログ 「うぬぼれ刑事」 に関するほかの記事
第2回 蒼井優チャン、こんな演技も出来るんですねhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/2-2de6.html

|

« 「鉄の骨」 第2回 結局下が一番損をする | トップページ | 「ゲゲゲの女房」 第15週 夢をあきらめないで… »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

エリーにはやられちゃいました。
『麦茶』で3回も笑かされました。
あと、ニュートンにも。

小学3年生並みのコメントですみません。

投稿: 1964 | 2010年7月13日 (火) 19時38分

1964様
コメント、ありがとうございます。

いえいえ、どんなコメントでも大歓迎です!
このドラマは、結構頭空っぽにして見るタイプのドラマだと思いますので、私のように理論をこねくり回しながら見ると、かえって興醒めしてしまうかもしれません(笑)。

投稿: リウ | 2010年7月14日 (水) 05時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48838525

この記事へのトラックバック一覧です: 「うぬぼれ刑事」 第1回 初クドカン体験です…:

» 長瀬智也 髪型 ハーレー [うぬぼれ刑事 長瀬智也 最新情報]
気になる&見たいテレビ番組 2010/7/8(木): テレビメモ 長瀬智也・生田斗真が本気モテ服で殴りこみ▽千原ジュニア崩壊・結婚出来ない 私生活を後輩芸人が大暴露▽北川景子が嵐とデート理想の相手No1は? 出演 長瀬智也 生田斗真 要潤 矢作兼 坂東三津五郎 杉本彩 冨永愛 吉川ひなの 西山茉希 西川史子 千原 ...(続きを読む) 内博貴 | 最新!人気の芸能人ヘアスタイル画像 ... 山口達也/長瀬智也/国分太一/松岡昌宏/V6/坂本昌行/井ノ原快彦/森田剛/岡田准一/三宅健/長野博/嵐/大野... [続きを読む]

受信: 2010年7月12日 (月) 13時38分

« 「鉄の骨」 第2回 結局下が一番損をする | トップページ | 「ゲゲゲの女房」 第15週 夢をあきらめないで… »