« 「ゲゲゲの女房」 第14週 自分の名前と自分の存在 | トップページ | 「龍馬伝」 第27回 今回の展開ばかりは私もちょっと… »

2010年7月 4日 (日)

「鬼太郎 幸せ探しの旅~100年後の遠野物語」 目玉おやじの声優サンの話

 教育テレビで 「鬼太郎 幸せ探しの旅」 と称して、鬼太郎、目玉おやじ、ねずみ男が遠野の信仰の世界を旅する、という番組をやっていました。
 マンガ家の水木しげる氏も 「遠野物語」 に大いに影響を受けたとあって、鬼太郎たちと一緒に遠野を旅しています。

 番組の内容のほうはこちらに置いといて(失礼)、私が興味を持ったのは、CGで描かれた鬼太郎たちの声優サンについて。

 鬼太郎アニメの初代の声優サンである野沢雅子サン(鬼太郎)、大塚周夫サン(ねずみ男)を起用しているのは数年前のフジテレビ 「ノイタミナ」 で放送された 「墓場鬼太郎」 以来なのですが、問題は去年亡くなられた、目玉おやじ役の田の中勇サンの声。

 田の中サンは亡くなるまで、一貫して目玉おやじを演じ続け、何度かの声優陣交代の際にも、目玉おやじ役はこの人しかできない、という理由で交代することがなかった。

 そのために田の中サン以外の声優サンが目玉おやじを演じるのを、この番組で生まれて初めて見たのですが(オオゲサですが)。
 青野武サンが演じておりました。

 青野サンは 「宇宙戦艦ヤマト」 の真田、「ドラゴンボール」 のピッコロ大魔王、「ちびまる子ちゃん」 の友蔵の声などが有名なところですが、声優サンのなかでは大御所のひとり。
 確か最近脳梗塞で長期療養に入り、友蔵の声も交代したとか。 ということは、療養前に収録されたようですね、この番組も。

 野沢サン大塚サンのコンビも結構珍しいことなので、この組み合わせ自体がこの番組だけで終わってしまう可能性もなきにしもあらずですが、「ゲゲゲの女房」 の派生的な特番がNHKで量産されているだけに、もっとこの組み合わせが見たいものです。

 青野サンによる目玉おやじの声なのですが、青野サンの声にしては甲高く、精一杯高い声を出そうとしているのが分かります。
 ただやはり、田の中サンの頭のてっぺんから出したような高音は出るはずもない。
 それでも、これはこれでありかな、という気がしないでもない。
 現在考えられる、ベストな配役と言えるかも知れません。

 それにしても、水木サン、88歳ですか? お元気すぎますね。
 一反もめんが出てくると反射的に布美枝(松下奈緒サン)を思い出してしまう、今日この頃なのです(笑)。

|

« 「ゲゲゲの女房」 第14週 自分の名前と自分の存在 | トップページ | 「龍馬伝」 第27回 今回の展開ばかりは私もちょっと… »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

残念ながら番組を見逃してしまったので、何となく様子が解りました。
確かに、田の中さん以外に目玉おやじ役が思いつかない(『天才バカボン』の本官さんも忘れちゃいけないimpact)だけに、青野さんのプレッシャーは想像以上のものだったと思います(まさか、それが入院の原因じゃないでしょうけどcoldsweats02)。

ところで、一反もめんと聞くと、美人過ぎる歯科医の中田彩先生を思い出しちゃうのは「から騒ぎ」中毒の私だけでしょうか(爆)

投稿: ぽん | 2010年7月 5日 (月) 13時25分

ぽん様
コメント、ありがとうございます。 返信ちょっと遅れてしまいました。

田の中サンと言えば、テレビのバラエティでタレントが 「オイ!鬼太郎!」 とマネするのに結構キツイダメ出しをしていたのを思い出します(笑)。 目玉おやじはオレしかいない!という
プライドを感じました。

青野サンの復帰は難しいというのは、本当に残念です。 でも我々の世代がお世話になった声優サンたちも、もうかなりのご高齢の方たちばかり。 年はとりたくないものです(笑)。

中田彩先生、と聞いてピンときませんで(笑)、ネットで画像を拝見しましたが、やーいましたね、そういえば!(笑) 私って結構さんまサンのつけたあだ名でメンバーを覚えているのですが、ぽん様の記憶力と言いますか、から騒ぎメンバーへの愛の深さにはつくづく感服いたします。

投稿: リウ | 2010年7月 6日 (火) 05時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48795258

この記事へのトラックバック一覧です: 「鬼太郎 幸せ探しの旅~100年後の遠野物語」 目玉おやじの声優サンの話:

« 「ゲゲゲの女房」 第14週 自分の名前と自分の存在 | トップページ | 「龍馬伝」 第27回 今回の展開ばかりは私もちょっと… »