« 「天使のわけまえ」 第2回 さりげなさに包まれたドラマ | トップページ | 「うぬぼれ刑事」 第2回 蒼井優チャン、こんな演技も出来るんですね »

2010年7月17日 (土)

「ゲゲゲの女房」 第16週 性急に見える成功、ですが…

 「ゲゲゲの女房」 今週はついに茂(向井理クン)が成功するに至るのですが、これまでのあまりにも執拗なビンボー描写を見せつけられていた身としては、もうちょっとゆっくりゆっくり、成功に至るまでの段階を見てみたかった気もします。

 けれども考えてみれば、この物語も残すところあと2ヶ月半…げっ!げっ!2ヶ月半しかないのです。 ゲゲゲのゲー(笑)。 ウソーっ。 さびしいです(先回りしすぎ?…笑)。
 まあ、子供たちが夏休みに入る直前に茂を成功させておいたほうが、次世代に水木マンガの舞台裏を啓蒙させるいい機会にはなるのでしょう。 …どうも余計なことを考え過ぎですね(笑)。

 週刊少年ランド(言うまでもなく、少年マガジンのことですネ)の豊川(眞島秀和サン)、いったん茂に断られた雑誌掲載の依頼を再びするために、蒸し暑い日に村井家へとやってくるのですが、そのとき布美枝(松下奈緒サン)から水道の水を頂いて、「すいません駅から遠くて」 と言われ、「そうですね!」 と実に正直に話す(笑)。

 のっけから重箱の隅をつつくみたいでナンですが、このなにげないシーンが今週のこのドラマに、さまざまな枝葉をつけて引き継がれている。

 浦木(杉浦太陽クン)がやはり布美枝から水をもらって、「サイダーとかないのか」 みたいに憎々しげに話したり、依然として冷蔵庫も置いていない村井家のビンボー状態を再確認させる話に発展していましたし、「駅から遠い」 という話は、村井家に電話が引かれる話(ラーメン屋と間違えて次々電話がかかってくるエピソードは結構ベタでしたが、かなり笑えました)の実にさりげない伏線となっている。

 もうこんな細かいことはどうでもいいくらいに、このドラマにはちゃんとした前準備というものがそこらじゅうにちりばめられているので、今更褒める筋合いのものでもないのでしょうが、やはり作りが丁寧なことには変わりがありません。 脱帽したまんま(笑)、です。

 そして今回もうひとつ、どうでもいいことなのですが、個人的にツボだったのが、「カネコ」 のホームクレンザー(笑)。 布美枝が使う台所に、ひっそりと置いてありました。 「カネヨ」、ですよね(笑)。 そういえば私が子供の頃、ありましたよ。 今もありますけどね。 ドラマに出ていたものは黄色っぽいパックでしたけど、実際は確か青だったような…。 でも、奥さんが洗いものをしているパッケージの絵はだいぶ似ちょりました。 懐かしかったです。

 話は戻って、豊川サン、茂に 「題材はなんでもいいから、テレビより面白いものを描いてもらいたい」、というかなり大雑把に思える提案をするのです。
 この提案の意味は戌井(梶原善サン)が丁寧に解説。

 「向こうも、勝負を挑んできたわけだ。
 縛りがない、自由に考えていいっていうのは、楽なようでいて、実は、いちばん厳しい注文なんですよ。
 ホントの力が試される。
 言い訳は、一切通らない」

 この注文は、これまで貸本マンガや深沢(村上弘明サン)の出してきた注文とは、内容的にかなり趣を異にしています。
 貸本マンガの注文のカギは、とにかく読者受けするようなもの。 「ゼタ」 の注文は、ともかく深沢の理念に沿った志を重視するもの。 戌井の場合は、茂に惚れ込んでいるだけあって、茂のいちばんの傑作を出したい、という理想によって注文が決められていたような気がします。

 それに対して豊川の注文は、新しいマンガの潮流、原石を模索するかのごとき注文です。
 でも実は、そこには大手出版社の傲慢さも、同時に見え隠れしているような気がする。
 自分たち一流の会社の言うことを一介の貸本マンガ家に断られたために、「だったらこれでやってみろや!」 みたいな挑戦状です。 そんな側面も戌井は指摘している気がします。
 この傲慢さ(ちょっと厳しい言いかたですが)は、最初に 「宇宙ものを描いてくれ」 と茂に依頼してきた態度にも、ちょっと感じられる。

 茂は依頼に対して 「テレビより面白いものを描くには、テレビとはどんなものかを知っておく必要がある」 と、有り金はたいてテレビの質流れ品を買ってくるのです。 そしてそのテレビを一日中見ていることになる。 「敵を知らずして、敵に勝つことはできない」、なるほど、もっともらしい理屈なのですが(笑)、あと先のことをまるで考えていない(笑)。 ここらへん、浦木に的確に突っ込まれてましたよね。 さすが水木サンだ、と思われるエピソードなのですが。

 余談ですが、「アンテナどーすんだ?」 などと思いながら見ていたら、室内アンテナがついてたんですね、取り越し苦労(笑)。 しかしそれだと、画像はかなり汚かったでしょうね(笑)。

 なにしろそのテレビに初めて映ったのが 「ブーフーウー」。 見てましたよ、幼児のころ(笑)。 夜に茂が見ていたのが、「夢であいましょう」。
 さてこのふたつの番組の共通項。
 黒柳徹子サンですよ。 両方の番組に出てました。 改めてすごいかただと感嘆します。
 さすがにNHKの番組ばかり出てきましたが(笑)、これだと話が進まない(笑)。 民放のラーメンのCMを見ることで、茂は 「テレビくん」 の発想を得るのです。 暗がりでテレビをぼーっと見続ける茂、映画 「ポルターガイスト」 を思い出しました(飛躍しすぎ…)。

 藍子チャンがテレビに触ろうとして、「真空管が爆発するぞ!」 とたしなめていた茂には笑いましたが、実はこれも、「テレビくん」 発想のもとになっている。 テレビの中のものに触れたがる子供の気持ちですね。 布美枝の感想も、しっかり一助となっています。

 今週の 「ゲゲゲ」 を見ていて印象的だったのは、なんとか茂の力になってあげたい布美枝の戸惑い、そして一見無駄かもしれない努力の数々でした。
 夫が低迷しているときは、同じ地平に立って一緒に頑張ることだけは妻にはできる。
 けれどいったん夫が羽ばたきをはじめ、大手の会社の無理難題をクリアしようと離陸を始めた時、妻はただ陰で支えるしかできなくなってくる。 そこらへんの孤独感と、自分にできることだけをやっていこう、という布美枝の気持ちは、かなり丁寧に描かれていた気がします。
 その努力が実を結んだのが、布美枝が古本をかき集めて 「テレビ」 に関する資料を切り抜いて茂に見せた時でしたね。 でもやはり、それまでの二人三脚と同じ、というわけには、今後いかなくなってくるような気がするのです。

 そしてもうひとつ印象的だったのが、マンガに賭ける当時の人々の熱い思いでした。

 テレビくんのキャラが怖すぎる、と何枚も何枚も試行錯誤を続ける茂。

 「鬼太郎」 の読者投票最下位が続いても、「安パイだけ切ってたら、ここから先にはいけないぞ。 いいか、少年マンガはこうでなきゃならんというつまらん常識はもう捨てろ! 常識を破って進め! 俺たちは、常識はずれの数字を打ち立てるんだ!」 と檄を飛ばす、豊川。 「オレが鬼太郎を信じなくてどうする…」 と自分を信じて描き進める、茂。

 秘書の加納郁子(桜田聖子サン)から 「社長の育ててきたマンガ家が、大手に横取りされるみたいで」 と言われ、「たくさんの人に読んでもらえるなら、いいじゃないか。 優先すべきは、いいマンガを世に出すことだ」 と言い切る深沢。

 そして、茂の漫画賞受賞を、まるでわがことのように喜ぶ、戌井。

 そう、茂はついに、講談社…じゃなかった、雄玄社漫画賞を受賞することになったのです。

 その話と前後して、茂は質屋に預けていた質草をすべて回収するに至ります。
 大量に質札の束を、まるでトランプカードのように広げる茂。
 勉強しまっせ引っ越しのサカイサン…じゃなかった(笑)質屋の主人(徳井優サン)も、「んなにぃぃ~~~っ!?」(笑)。

 そして質草のなかから、布美枝の嫁入り道具だった着物が出て来た時は、知らずに涙が出てきました。 長い、長い、トンネルでしたね。 それにしても冒頭でもちょっこし触れましたが、展開が急すぎる…。

 それから茂の漫画賞が決まり、故郷の大杉漣サンや古手川祐子サン、竹下景子サンや風間杜夫サンが大喜びするシーンも、そんなに大げさなお涙頂戴シーンではなかったのに、やはり知らず知らずのうちに、泣けました。

 やはり、茂のマンガの良さを、まわりのみんなが信じていたからこそ、ここまで待つことができたのです。

 そしてほかの誰よりも、茂のマンガの良さを信じて疑わなかったのが、布美枝でした。
 「うちの人は、本物のマンガ家ですけん!」、と源兵衛に言い切ったシーン。
 「マンガ家、やめるか…」 と茂がつぶやいたシーン。
 そのプレイバックは、こちらを泣かせるにじゅうぶんな、的確なシーンでした。

 そのプレイバックに流された、「まっ暗い迷路の中を走っとるようだった…」 というシーン。

 夢を追いかけている人々は、みんながみんな、こんなまっ暗い迷路をさまよっている。

 自分もその中のひとりかな。

 現実に水木サンは成功したわけだけれども、自分はいったいいつなのかな…などという感慨も持ってしまった、今週の 「ゲゲゲ」 なのであります。

 蛇足になりますが、今週目を引いたもうひとつの側面。
 やたらと東映アニメーションが、仕事しておりましたね(笑)。 テレビくんが布美枝の目の前で、実際にテレビに入ってしまったり、いったんもめんの新バージョンもありました(笑)。
 と同時に、遂に退散を余儀なくされたビンボー神(片桐仁サン)が茂と布美枝の両方に見える、というところ。
 とてもリアリティに満ちたこのドラマが時折見せる、非現実的なスパイスのような気がするのです。

当ブログ 「ゲゲゲの女房」 に関するほかの記事
第1回 NHKのやる気を感じさせます
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/1-nhk-c7ac.html
第2週まで見てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/2-5cbd.html
第4週まで見てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/4-a685.html
第5週 ほんとうのスタートは、ここからhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/5-9d37.html
第6週 人事を尽くして天命を待つhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/6-3192.html
第7週 時代に流されていく人たちhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/7-6a9d.html
第8週 笑って生きよう、たとえ貧しくともhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/8-82ce.html
第9週 「生きるため」 と 「プライド」 の狭間http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/9-476d.html
第10週 ビンボー神の出るタイミングhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/10-8426.html
第11週 まあ…なんとかなーわね!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/11-e5c0.html
第12週 冷たい風に吹かれてhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/12-2a16.html
第13週 自分のいるべき場所http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/13-f9bf.html
第14週 自分の名前と自分の存在http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/14-30e2.html
第15週 夢をあきらめないで… http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/15-19ee.html

« 「天使のわけまえ」 第2回 さりげなさに包まれたドラマ | トップページ | 「うぬぼれ刑事」 第2回 蒼井優チャン、こんな演技も出来るんですね »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48898282

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲゲゲの女房」 第16週 性急に見える成功、ですが…:

» 王子様を求めて(*鐓� ▽鐓�*) その1 [藤丸のブログ]
藤丸です。昨日「王子様」について書きましたが、今日は本物の「王子様」について書きたいと思います。まずは「超絶イケメン、超高学歴(カナダ トロント大学、日本で言えば東大卒)、スポーツ万能、王子(推定公位継承権第2位)、大女優グレース・ケリーの血を引く、弟も超絶イケメン、妹も美女!」で知られるこの方!(*鐓�▽鐓�*)そう!モナコのアンドレア王子様です。しかし何というハイスペック!w(鐓�o鐓�)w 鐔居週鐔�!w... [続きを読む]

» てれびくん 画像 [知らないと恥ずかしい。話題になっているニュースはこれ。]
天才テレビくんについてです。 最近また歌が聴きたくなりふいに動画で好きな歌を探... 天才テレビくんについてです。 最近また歌が聴きたくなりふいに動画で好きな歌を探していたのですが一つみつかりません。 題名がわかりません。 時間の交差点、というワードしか思い出せない… 後、今更ながら思うのですが何故テレビ戦士はあんなに歌が上手いんですか?特にジャスミンさん?は格別に上手いと思うのですが…モンキークイーンなんてすごいクオリティー高いし。(続きを読む) 水木しげるさん テレビくんの本について 水木... [続きを読む]

« 「天使のわけまえ」 第2回 さりげなさに包まれたドラマ | トップページ | 「うぬぼれ刑事」 第2回 蒼井優チャン、こんな演技も出来るんですね »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ