« 「ぼくはロックで大人になった~忌野清志郎が描いた500枚の絵画」 を見て | トップページ | 「鉄の骨」 第4回 談合の先にあるもの »

2010年7月25日 (日)

「ゲゲゲの女房」 第17週 村井家ビフォー・アフター?

 今週からタイトルバックが一部リニューアル。

 自転車に乗っている布美枝(松下奈緒サン)の身振りや、茂(向井理クン)と布美枝が自転車を並走する調布市の町が、以前の片田舎的な風景から、数件の家が見える仕様へと様変わりしました。

 同様に、漫画賞を受賞してからを描いた今週の 「ゲゲゲの女房」 は、先週の福の神の助走から一気に別なドラマに変貌したかのような雰囲気。 布美枝でなくとも、ちょっと戸惑いを覚えるほどです。

 ただ話としては相変わらず揺るぎのない面白さで、環境の激変で移ろいゆく人々の感情が、そのままドラマ自体の大きなうねりとなっているところが、脱帽…した帽子をかぶり直す暇がないくらいであります(笑)。

 そのなかでも私が最も注目しているのが、菅井伸(柄本佑サン)という、どっかで聞いたような名前の(笑)、マンガの画才が全くない(でも彼の絵って、後世 「ヘタウマ」 と称されるようになる、味のあるまずさのような気がするんですけどね…笑)アシスタント。
 彼は茂がアシスタントを募集したところ集まった、「ワケの分からん人々」 の中のひとり、みたいな感じで最初は登場したのですが、なんだかんだと結局居着いてしまったような感じで(笑)。

 この 「アシスタントにヘンな人間ばかりやってくる」 という構図、ちばてつや氏のマンガ 「練馬のイタチ」 でも以前同じようなことが描かれていて、よくあるんだなぁこんなこと、という感じで見てました。

 しかしこちらの菅井きんサン、じゃなかった(笑)菅井伸クンは、絵がまずいだけならまだしも(それじゃダメじゃん…笑)、鉛筆の下書きを消しゴムで消そうとして紙をぐしゃぐしゃにしてしまうわ、原稿にコーヒーをこぼしてしまうわ、それ以上に何を頼まれてもマヌケなことばかりやっている様子。

 こういう、なにをやらせても不器用な人間って、個人的にはとても感情移入してしまうんですよ、自分が同じような要領の悪い人間ですので。
 つまり、こういう人というのは、世の中に対して、耐性がない。

 世渡りがうまい人は、自分がもし初めての場所で働くことになっても、だいたいこんなふうに仕事が流れていくのだろうということを、かなり上手に把握できる。
 ですが 「要領の悪い人間」、というのは、応用力が効かない。 だから仕事場の把握が簡単に出来んのです。
 しかも、仕事においてここがキモだ、というところが分からないため、無駄な動作が多過ぎる。 無駄で済めばいいけど、それが周囲に迷惑を及ぼすことが、また多いんだこれが(笑)。

 このスガチャン(藍子チャン命名…笑)、茂から 「カンピョウのような男」 と評され、実際栃木の実家がカンピョウ農家だったというオチには笑いましたが、そのあまりの使えなさに 「やめさせよう」 という話が出たとき、布美枝も茂も両方とも、あまり乗り気ではない。 これは、ちょっと注目に値します。

 これは、村井夫妻が自分たちの仕事をドライなビジネスとして考えていないことを意味している気がします。 スガチャンを恵まれない人として夫妻が認識するがゆえに、彼の弱点に目をつぶろうとしている。

 しかも、マンガ家にとっては命よりも大切な原稿用紙に対するスガチャンの扱いを怒っていた茂だったのに、「仕事でも、ええとこはある。 『点を打て』 と言えば一日中点を打っとるし、『渦巻きを描け』 と言うと、一日こう、グルグルグルグル描いとる。 根気のよさなら、人には負けん」 と、おおらかなところを見せるのは、いかにも水木サンなら、って感じです。

 まあけれども、茂がスガチャンを残しておきたいホントの理由は、「見とったら面白いことだ」 ったらしい(笑)。 このウザったさを受け入れる器量、というものは、人間いつでも持っていたいものです。

 さて、殺到した仕事を茂は次から次から請け負っていく。
 今回アシスタントを導入しようということになったのも、茂が全く仕事の依頼を断らないがために招いた事態なのです。
 仕事を断らない茂を見ていて、私は何より、茂のその自信がどこから来るのか、ちょっと驚きながら見ていました。
 なぜなら、マンガというものは一朝一夕でできるような代物ではない。
 話がつまらなければすぐに打ち切られてしまうし、簡単に話が思い浮かぶようなものでもないからです。

 しかし、私の心配を見透かしたように、茂は、こう語るのです。

 「少しくらい売れたからと言って、この先も同じように仕事が来るとは限らんぞ。
 マンガも、紙芝居や貸本のようにいつダメになる日が来るかもしれん。
 また貧乏神に付け込まれてはたまらん。
 忙しくても今が踏ん張り時だ。
 せっかく来たいい流れを、逃すわけにはいかんのだ」

 少年ランドからの連載依頼を最初断ったときもそうだったのですが、茂は相変わらず、勝負に出ています。
 時を逃さない、というこの茂の態度には、大いに学ぶべき点がある気がする。
 マンガが 「紙芝居や貸本のように」 ダメになってしまうのは、結果的には茂の杞憂にすぎませんでしたが、現代のメディアの多様化から言って、マンガがこの先も安泰であるということは、一概には言えないのです。
 風間トオルサンから 「鬼太郎」 の映像化の話が来た時も、一本の映画よりも、毎週続けて見ることのできるテレビのほうを茂は選ぶ。 先見性にも長けていた、茂の戦略です。

 それに対して異論を唱えたのが、浦木(杉浦太陽クン)。
 この浦木、茂がビンボーのどん底にいた時には結構的確なことを話しておったのですが、今回 「映画のほうをとれ」 と茂に進言する。

 浦木のその選択は、金儲けが念頭にあるために、目先の利益にばかりにとらわれている。  つまり、茂のように、長期的な展望に立っていない。
 時代の潮流を読み切れない男の限界を、ここで作り手は鮮やかに描いているのです。

 そして今週もうひとり、時代の潮流に乗れなかった男として、茂の長年のパートナーだった戌井(梶原善サン)を配置している。
 水木プロダクション設立パーティに遅れてやって来た戌井、大量のバナナを持ってくるのですが。
 この小道具が 「場違いなものをお土産にしてしまった」 と言う戌井の自虐を描きながら、「このバナナのお土産こそが何よりも貧乏時代の苦しみを知っている者同士の共通のアイテムだ」 という布美枝の感情を導き出す。

 結局、水木しげるの才能をじゅうぶん認識していながら、世の中に正しく送り出すことができなかった戌井の思いとは、どんなものだったでしょうか。 それを考えるととても切ないものがある。
 戌井はパーティの輪の中に入れず、村井家の家の外で昔話を布美枝とするのですが、この疎外感には正直、悲しいリアリティを感じました。 自分も、パーティって、あんまり得意じゃないんですよ。 「水木しげるはもっともっと大きくなる」 と語る戌井。 成功したことで蟻のようにまわりに人がたかってくる、茂。

 ここでアシスタントたちについてですが。

 ペンキ屋をやっていたという倉田(窪田正孝サン)、おそらく 「男組」「クライング・フリーマン」 を後年描くことになる池上遼一サンでしょう。
 もうひとり、茂が深大寺でスカウトした小峰(斎藤工サン)は、つげ義春サンでしょうか? 「ねじ式」「ゲンセンカン主人」 など、水木マンガのタッチそのままの画風で不条理な世界を描き出し続けた 「ある意味」 巨匠なのですが。 私も高校時代、ハマりました~。 マンガ好きな人なら読んでおくべき重要な作品が、いくつもあるマンガ家サンです。

 つげサンのほうは不確かですが、いずれにせよ水木サンとこのアシスタントには、すごい人物が大勢絡んでいるのです。

 そこに兄嫁である愛華みれサンが経理で加わって、手狭な村井家の一軒家は完全に飽和状態(笑)。 茂はブチ切れした勢いで、村井家の増改築を強行(笑)。

 手広くなった台所で角砂糖を探すうちに、この場所に来た当時なにもなかった台所を思い出し、感慨にふける布美枝。
 戌井にもこの環境のあまりの激変ぶりを 「怖い」 と告白していた布美枝でしたが、源兵衛(大杉漣サン)がよこした布美枝の2度目の出産助っ人いずみ(朝倉えりかチャン)には、身内だからという安心感も手伝ってか、このように話すのです。

 「これから何が起きるのか、どげなふうに変わっていくのか…。
 心配なような、楽しみなような…。
 いろんなことが、急に起こったけん、気持ちが追い付いとらんのかもしれん。
 …けど、なにがあってもついて行かんとね。
 お父ちゃんががんばっとるんだけん、私もいっしょに、やっていかんとね」

 そしていずみと一緒に、おばば(野際陽子サン)の寝物語を思い出す布美枝。

 「怖いけど…面白い。
 お父ちゃんのマンガと一緒だ…」

 戌井の持ってきたバナナもそうでしたが、今週の 「ゲゲゲ」 では、ビンボー時代にいろいろキーワードになった食材がほかにも出てきましたよね。

 貸本会社の社長の冷たい言葉に打ちのめされた布美枝が気を取り直して買ってきた、コーヒー。 ふたりで分け合って飲みましたよね。

 肉がないのでキャベツを大量に切ってパンパンにつめたギョーザ。

 そのひとつひとつが、いくら状況が変わっても変わることのない夫妻の気持ちを象徴しているようで、環境が激変したにもかかわらず、安心してドラマを見ることができた安心感につながっていた気がするのです。

当ブログ 「ゲゲゲの女房」 に関するほかの記事
第1回 NHKのやる気を感じさせます
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/1-nhk-c7ac.html
第2週まで見てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/2-5cbd.html
第4週まで見てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/4-a685.html
第5週 ほんとうのスタートは、ここからhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/5-9d37.html
第6週 人事を尽くして天命を待つhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/6-3192.html
第7週 時代に流されていく人たちhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/7-6a9d.html
第8週 笑って生きよう、たとえ貧しくともhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/8-82ce.html
第9週 「生きるため」 と 「プライド」 の狭間http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/9-476d.html
第10週 ビンボー神の出るタイミングhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/10-8426.html
第11週 まあ…なんとかなーわね!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/11-e5c0.html
第12週 冷たい風に吹かれてhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/12-2a16.html
第13週 自分のいるべき場所http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/13-f9bf.html
第14週 自分の名前と自分の存在http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/14-30e2.html
第15週 夢をあきらめないで… http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/15-19ee.html
第16週 性急に見える成功、ですが… http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/16-7865.html

« 「ぼくはロックで大人になった~忌野清志郎が描いた500枚の絵画」 を見て | トップページ | 「鉄の骨」 第4回 談合の先にあるもの »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲゲゲの女房」 第17週 村井家ビフォー・アフター?:

« 「ぼくはロックで大人になった~忌野清志郎が描いた500枚の絵画」 を見て | トップページ | 「鉄の骨」 第4回 談合の先にあるもの »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ