« 「鬼太郎 幸せ探しの旅~100年後の遠野物語」 目玉おやじの声優サンの話 | トップページ | 「タモリ倶楽部」 のオープニングが…これは事件ですよ(笑) »

2010年7月 5日 (月)

「龍馬伝」 第27回 今回の展開ばかりは私もちょっと…

 どうにも参ったものです。 今回の 「龍馬伝」。
 私も今まで、このドラマを擁護してまいりましたが、今回は 「龍馬伝」 批判者の格好の餌食になるような典型、とも呼べる話だったと感じざるを得ません。 ダメなときはダメ、というのも愛情です。

 なにしろ、話が、荒唐無稽すぎましたね。

 史実とは違う、というNHK大河ドラマ批判者の常套句は私にとってはどうでもいいことです。
 ただし、ドラマを構築するうえで、いくら史実とかけ離れているにせよ、リアリティはそこに持たせてもらいたいのです。

 今回の龍馬の行動における下地となる部分は、海軍操練所廃止によって、龍馬が精神的に完全な閉塞状態になっていたことが挙げられる。

 自分に何ができるのか。
 30を超えて何事も成し遂げていないことへの焦り。

 そんな行き詰まり状態にいたからこそ、龍馬はそのはけ口を求めるために、そして幼なじみを救おうという衝動のために、かなりの無茶をしながら今回の行動を完遂してしまった、と考えることはできるのです。 できるのですが。

 話の発端として、そんな行き場を失った龍馬のもとに、岩崎弥太郎から手紙が舞い込みます。
 まずこのリアリティが希薄。
 あてどもなくふらついている男のもとに、どうやって手紙を届けることができるのか。
 いくら弥太郎が以蔵の刑罰を見るに堪えなかったからとはいえ、どうしてわざわざ龍馬にそのことを訴える必要があるのか、という理由付けもない。
 溝渕がこのあり得なさを解消するファクターとして再登場させているみたいなのですが、そのことがかえって、リアリティのなさを助長してしまっている気がするのです。

 そして武市と以蔵の悲惨極まる状況を知り、大絶叫する龍馬。

 福山龍馬の演技力について批判的である人であればあるほど、この大絶叫には辟易したはずです。
 私はこの場面、ここまで絶叫することの不自然さのほうに、目が行きました。
 この絶叫には、龍馬が武市や以蔵に思い切り感情移入しているがゆえの要因もあるのですが、それ以上に、「自分に何ができるのか!」 という悔しさや、「どうして日本人というのは、いつもこうなんだ!」 という怒りまでもが加わっている、そう私は思うのです。
 ただ、その奥深い龍馬の心理が、話の展開上、全く伝わってこない構造になってしまっている。 ただ、武市や以蔵を助けてやりたくて絶叫しているようにしか、感じられない話の展開になっているのです。
 その結果、福山龍馬の絶叫演技が、とても白々しいものに見えてくる。

 そして脱藩者である龍馬が、溝渕の手を借りて土佐に舞い戻り、坂本家から絶縁してもらい、後藤象二郎の前に現れて、「吉田東洋を殺ったのは、このわしじゃ!」 と大芝居を打つ。 象二郎は大激怒。 のたうちまわって悔しがります。
 溝渕は 「なんちゅうヤツじゃ!」 と感嘆していましたが、私に言わせれば、「なんちゅうありえない話じゃ!」。 同じフィクションでも、ちょっとこの想像力には、ついていけないのです。

 じっさい龍馬と象二郎はこのあと、ちょっとした関係を築くのですが、その前フリ、きっかけを作りたかった、と脚本家が考えているフシもある。 けれども来週予告では武市も以蔵も死罪になるみたいだし、いったいこの龍馬の大芝居が、なんの役に立ったのか、という虚しさも、ついて回るのです。 予告の話の切り出しかたも含めて、ドラマの組み立て方としては、なんだかなーと感じます。

 そして、この回の内容が批判されるであろう最大の原因は、「いつまで武市と以蔵の話にかまけているのだ」、という点にあるような気がします。

 なにしろ、操練所廃止後の龍馬は、いろんな行動を取り始める。
 それをもっと見せてほしい、という向きには、武市らの話は食傷段階に入っているように思えるのです。

 これまでの 「龍馬伝」 には、いくらフィクションであっても、見る側を感動させる説得力に満ちあふれていたと思います。
 それが今回は残念ながら、完全に空回りしている印象だけが残りました。

 まあ、1年の長丁場のなかには、こんな回もあってもいいのかもしれないです。

当ブログ 「龍馬伝」 に関する記事
♯01論点が、はっきりしちゅうhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/1-e718.html
♯02えらい天気雨じゃったのう(笑)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/2-a44b.html
♯03食われっぱなしぜよ、福山サンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/3-8e96.html
♯04佐那チャン、ツンデレ、してません?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/4-5776.html
♯05アイデンティティの崩壊http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/5-d115.html
♯06本分をわきまえる、ということhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/6-766e.html
♯07父のこころ、子のこころhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/7-e1b3.html
♯08汚さに磨きがかかる(なんだソレ?)弥太郎殿http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/8-8680.html
♯09思想か、命かhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/9-febd.html
♯10もっとなんとかできたはずhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/10-b847.html
♯11龍馬が担ぎ出される、その理由http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/11-ac67.html
♯12武市の心理、執拗にやってますねhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/12-2a95.html
♯13大友サン演出は、一味違うhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/13-e7ca.html
♯14進む龍馬の空洞化http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/14-ef4d.html
♯15龍馬の人物像が、ちっくと見えてきたhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/15-b072.html
♯16日本人じゃあぁーっ!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/16-5e1f.html
♯17試合という名のラブシーンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/17-6ae8.html
♯18武市の転落ぶり、凍りつきましたhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/18-77bb.html
♯19 5月10日って…明日?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/19-510-e7ac.html
♯20 ものの見方で軽くなる命http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/20-280b.html
♯21こう生きていくしかない人… http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/21-47f8.html
♯22龍馬の情けなさこそが、作り手の表現したいことだhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/22-f109.html
♯23後戻り?…それは誰が決めるのだろうhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/23-0fc8.html
♯24蛍の儚い光、死んだ者の魂http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/24-3fb3.html
♯25史上最大のツンデレ…?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/25-9092.html
♯26なんでもできる!って、なにができる?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/26-e782.html

|

« 「鬼太郎 幸せ探しの旅~100年後の遠野物語」 目玉おやじの声優サンの話 | トップページ | 「タモリ倶楽部」 のオープニングが…これは事件ですよ(笑) »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48801870

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」 第27回 今回の展開ばかりは私もちょっと…:

« 「鬼太郎 幸せ探しの旅~100年後の遠野物語」 目玉おやじの声優サンの話 | トップページ | 「タモリ倶楽部」 のオープニングが…これは事件ですよ(笑) »