« 「恋のから騒ぎ」 マツコ・デラックスサン登場でメンバーに変化はあるか? | トップページ | 「龍馬伝」 第29回 無謀に開始される、龍馬の闘い »

2010年7月18日 (日)

「鉄の骨」 第3回 仲間意識に麻痺していく小池徹平クン

 怪文書騒動に引き続いて、ダークホースの台頭による逆転の憂き目に遭い、2回連続で建設工事受注の落札を逃した、小池徹平クンの勤める一谷組。 どうやらそこには、一谷組と真屋建設の合併を画策し、ゼネコンの数を減らして外部の批判を免れようとする、建設業界ナンバーワン企業、山関組の顧問中村敦夫サンと政界の北村総一朗サンの思惑が働いているらしい。
 けれどもこのこと自体に、当の真屋建設営業部長である長岡(志賀廣太郎サン)は、あまり乗り気ではない様子です。 ひとり釣堀でたそがれております(笑)。

 一谷組の、小池徹平クン直属の上司である常務の陣内孝則サンは、窮余の策として、次回の工事落札において、談合組織を抜けることを山関組の営業部長で談合組織のボス、金田明夫サンに通達。 これまでふてぶてしく動き回っていた金田サン、慌てふためいております(笑)。

 ここらへんの構図を見ていて面白いのは、力関係によって貶められたり、威張っていられたりするのも、すべて談合、という閉鎖的な枠組みの中にいるから出来ることである、ということ。 いったんこの枠を外れてしまえば、純然たる競争相手となってしまうことは自明の理なのです。

 そっちのほうがよほど健全に思えたりするのですが、小池徹平クンにはその部分が、次第に見えなくなってきている。
 それは、前回のように、下請け企業が家族同然なのだ、という価値観を実感していくことから始まって、真野建設の長岡の真摯な姿勢を見たりしていくことによって、談合は善か悪かで判断できるものではない、という考えが固まってきているからです。

 一谷組の談合組織離脱通達を受けて急遽招集された、談合組織の会合。

 その席で長岡は、自分のモヤモヤした気持ちを、こうぶちまけます。

 「私は、おかしくなった今の形を、元に戻したいだけです。
 それに、過去2回の調整失敗の責任は、私にもあるわけです。
 だから、次から、きちんとやりたいと思ってるんです。
 私は、公共事業が減っているこういう時だからこそ、我々が今まで以上に強く団結しなければ、と考えています。
 結束して、手を携えて、すべての会社が共存していけるよう、仕事を回していかなければならないと、強く思う」

 そう言って、長岡は金田サンに変わって談合組織のボスに就任することを名乗り出る。
 実情を知らされていなかった談合グループのほかの会社は、長岡を新たなボスにすることに同意、場面変わって次の工事の受注についての激しい議論へと発展する。

 それは確かに、これまでたらいまわしのお約束のもとに隠蔽されてきた、各社それぞれの思惑が対立した、「健全な議論」 なのに違いないのですが、そこにはひとつの落とし穴がある。

 それは談合組織の仲間内だけの利益にしかならない、という点です。

 小池クンは、仲間意識の観点で目が曇らされ、自分たちの会社以外にも入札に参加し競合したい会社がたくさんあることを、忘れているのです。

 母親の松田美由紀サンから、現場で死んだ自分の父親と中村敦夫サンとの浅からぬ因縁と、長年にわたる送金を知った小池クンは、今回の陰謀に深く関わっていることに薄々気づきながらも、中村サンに会いに行き、深々と頭を下げる。
 そこに現れた陣内サンと中村サンとの会話を盗み聞きして事情をすべて悟った小池クンは、この先自分はどうすればいいのか、中村邸を出てきた陣内サンに尋ねるのですが、「自分で決めろ」 と言われ、陣内サンにこう激白します。

 「ぼくはこのまま営業で、地下鉄の落札まで見届けたいです!
 一筋縄でいかない仕事には、一筋縄でいかないやりかたが必要だと思いました!」

 どこまでもまっすぐな気持ちが、かえって清々しくさえもある。
 NHKがどうしてアイドル的な人気のある小池クンをこの役に据えたのか、なんだか分かる気がしてきました。
 けがれのない、まっすぐなイメージの人でしか、このドラマの主人公は演じることができないんですよ。
 だからこそ、そのまっすぐな気持ちが見渡すことのできない、もっと大きな視点が存在していることを、見ている側は徐々に気付かされる構造になっているのかも知れません。

 事態はけれども、談合組織を構成している、営業部長クラスの人々のはるか上、政界と会社トップレベルで、頭越しに話が決まっていく。
 北村総一朗サンのツルの一声で、一谷組社長の笹野高史サンも合併話に屈服、真屋建設の長岡は、やおら持ち上がった支店の談合疑惑強制調査によって、事実上更迭状態。 「ほうぼうに飛び火しなけりゃいいが…」 と、強制捜査のニュースを見る秋野太作サンはつぶやくのです。 窓際族のような感じなのですが、ナニモンなんだ、この人?(笑)

 それにしても秋野太作サン、すっかり白髪になってしまったんですねえ。 「男はつらいよ」 のセミレギュラーっぽい役がメジャー的には最初のようですが、私にとっては 「俺たちの旅」 のグズ六。
 当時の芸名は津坂まさあきサンとおっしゃいました。 最近見てないけれど 「踊るさんま御殿」 で特異なキャラを全開にしていましたよね。 なんか、息の長い役者サンにおなりになった気がします。

 次回は談合調査が進んで、守秘義務ということに光が当てられそうです。 小池クンも、どんどん汚れていきますよねぇ~。 …どうにもイジワルな興味だ(笑)。

当ブログ 「鉄の骨」 に関するほかの記事

第1回 建設業界って、こんな魑魅魍魎?
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/1-a472.html
第2回 結局下が一番損をするhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/2-d7b7.html

|

« 「恋のから騒ぎ」 マツコ・デラックスサン登場でメンバーに変化はあるか? | トップページ | 「龍馬伝」 第29回 無謀に開始される、龍馬の闘い »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48904658

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄の骨」 第3回 仲間意識に麻痺していく小池徹平クン:

« 「恋のから騒ぎ」 マツコ・デラックスサン登場でメンバーに変化はあるか? | トップページ | 「龍馬伝」 第29回 無謀に開始される、龍馬の闘い »