« 「うぬぼれ刑事」 第3回 思考することを拒絶するドラマ? | トップページ | 桑っちょのshock dough gun »

2010年7月28日 (水)

「天使のわけまえ」 第4回 逃げる人たち

 このドラマの感想で前回も書いたのですが、このドラマ、見終わる頃にはなんだか悲しくもないのに自然と涙が出てくるのです。 私にとっては初めての体験ですね。

 河口恭吾サンの主題歌がメチャクチャいいのも一因ですが、BGMもまたことのほかいい。 そして、じわじわと人の優しさが感じられるような作りになっているところが、最大の原因かな、という気はするのです。

 このドラマの中心には、主演のくるみを演じる観月ありさサンの料理があることは論を待たないのですが、だからと言って観月サンの演技が、押しつけがましいというわけでは、けっしてない。
 彼女は何かトラブルがあればオロオロしてメソメソするし、悩んでいる相手に、特別目からウロコ、の的確なアドバイスをしているわけでもない。

 彼女の作る料理にだって、グルメ漫画のように、食べた瞬間富士山が噴火したり(笑)まわりのものが光輝いたり(笑)するわけでもない。 ただ、あるがままに、人を感動させるだけなのです。

 でも実は、こんなありきたりな素朴な料理が当たり前のようにあることの幸せ、というあまりにも平凡すぎる事実に気付かせてくれる、そんな柔らかな力をこのドラマから感じるのが大きいんですよ。

 今回くるみたちは建設現場のキンパツ君の持ってきた話で、結婚式のケータリング(仕出し)をすることになり、自分流のレストランを開業しようという夢を持っている八百屋のオニーサン(佐藤祐基サン)に相談するのですが、彼はあからさまに不安を口にする。 ともさかりえサンや西原亜紀サンが食ってかかるのも当然、というような冷たいお言葉の数々。

 私も観月サンの料理の腕を見続けているので特に気にするほどのこともなく、そーだそーだと彼女たちに同調していたのですが、じゅうぶんすぎるほど用意周到に見えたこのケータリングのお仕事、当日になってスタッフのひとり西尾まりサンが子供の病気で途中離脱。
 ここから彼女たちの焦りが加速し、戦力的にウィークポイントと呼べるともさかサンのやらかす失敗によって、完全に50人分の料理は行き詰ってしまう。
 料理の目玉とも思えるローストビーフは真っ黒焦げ、それに気を取られて別の揚げ物まで真っ黒に。

 ここでともさかサンはひたすら謝り続け、西原亜紀サンは怒りをともさかサンにぶつけ、「もうできない」 と勝手にキレてあきらめモード。

 ここで主役たる観月サンがなにかいいアイディアでもひらめいて万事解決か、と思ったんですよ、見ていて。

 ところが、彼女もボー然自失で、なにをしたらいいのか真っ白状態。

 この展開にはシビレましたね。

 普通のドラマでは、主役の人が得意なことを生かして難局を乗り越える、というパターンじゃないですか。
 ところが、観月サンはこのドラマにおいて、スーパーウーマンではないんですよ。
 結局野菜を新たに調達するために現れた佐藤祐基サンによってこの難局は乗り越えられるのですが、「だから安易に引き受けるなって言ったんだよ! オレはこういうのがいちばん腹立つんだよ!」 と激昂する佐藤サン、シェフの夢を追い続けている男の仕事に対する毅然とした責任感を強くにじませる演技で、まったく嫌味を感じさせない。

 佐藤サンはくるみたちの頼みを聞いてほうぼうに連絡、ローストビーフの簡単な作り方についても知識をいかんなく発揮して、あまりにも頼りになりまくりの存在感を見せつけたあげくに終わったらさっさと退場。 まるで日活アクション映画の主人公のような活躍でした(笑)。

 佐藤サンはこの絶望的状況の中で 「逃げない、あきらめない」 という姿勢をくるみたちに見せつけまくったわけですが、くるみもいったんあきらめかけたのと同様に、今回のドラマのなかでは、困難から逃げてしまういろんな人の姿を描いていたような気がします。

 この当の結婚式を挙げるふたりも、ミュージシャンを目指していたからこそ付き合っていたというカノジョのほうが、カレシが音楽をやめて働く、と言い出したことから、結婚式もやめる、と言い出す。
 カノジョはそれをのちに悔やんで観月サンに打ち明けます。

 「なんで私、あんなこと言っちゃったんだろう…。
 『音楽続ける自信がない』 なんて、彼がいまいちばん苦しんでいることを、分かってたはずなのに…。
 あの人、たぶん逃げてるんです、自分の夢から…。
 もしも私が、そういう思いをさせてしまったとしたら、私のせいだとしたら…」

 そんな彼女に、観月サンはメレンゲで作ったマシュマロ菓子を彼女に差し出し、こう話しかけます。

 「パーティに来た人に、お土産に渡したらどうかと思ってね、作ってみたの。
 私の夢だったの。
 自分の結婚パーティに来てくれた人に、こんなマシュマロを渡したいなあって。
 ま、叶わなかったんだけどネ。
 …食べてみて」

 そのマシュマロを食べながら、涙をこぼすカノジョなのです。
 ここらへんのくだり、なんだか全く何の変哲もない、気の利いたセリフもない場面なのですが、なんか、泣けてくる。 先週に引き続いて私、ドラマの魔法にでもかかってしまったようです。

 「どんな生き方を選んだとしても、きっと幸せになれるわよ…だって、こぉーんなに好きなんだもん、カレのこと」

 こうでなくちゃならない生き方なんて、ホントはないんじゃないか。
 カレがミュージシャンの夢をあきらめて仕事を探してきた、というもの、カレにとってみれば必死の行動だったに違いないのです。 自分の信じてきた道以外の仕事が、どんなに場違いに思えることか。
 必死になって生きていこう、とすれば、どんな生き方だって、間違いじゃない。
 くるみの何気ないセリフには、そんな重大な意味が隠されているような気がするのです。

 ケータリングの混乱の中でくるみたちの料理運びに協力し、このふたりの結婚式を見ることになった、イッセー尾形サン。
 大滝秀治サンから招待状が送られてきた、自分の捨てた娘の結婚式のことに思いを致したせいか、かなり複雑な表情。
 というのも、捨てた女房のところへ勇気を振りしぼって電話をしたのはいいのですが、そこに割って入った娘の 「家にはお父さんなんていないわよ!」 という言葉が胸を貫いているからで、結局その電話でも、自分は一言も発することができなかった。
 逃げ続けている自分と対峙する瞬間が、刻一刻と迫っているようです…って来週最終回なんだから、そーなんですけど(笑)。

 そして今回ラストに現れた、細川茂樹サン。
 いったん野村周平クンの前に姿を見せた時は一目散に逃げて行ったのですが、ラストの細川サンはヤケに自信満々そう。 宝くじでも当たったんでしょーか?(笑)

 ああもう来週最終回なんて、短すぎっス。 今クール最高作品です、このドラマ。

当ブログ 「天使のわけまえ」 に関するほかの記事

第1回 手作りの料理が幸せを運ぶ
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/1-32da.html
第2回 さりげなさに包まれたドラマhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/2-061f.html
第3回 気まずい食卓http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/3-d0ef.html

|

« 「うぬぼれ刑事」 第3回 思考することを拒絶するドラマ? | トップページ | 桑っちょのshock dough gun »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48996272

この記事へのトラックバック一覧です: 「天使のわけまえ」 第4回 逃げる人たち:

« 「うぬぼれ刑事」 第3回 思考することを拒絶するドラマ? | トップページ | 桑っちょのshock dough gun »