« 桑っちょのshock dough gun | トップページ | 「うぬぼれ刑事」 第4回 無理しすぎると笑えない、という好例、かな? »

2010年7月30日 (金)

「千秋太后」 第7話まで見て

 うーん、面白いです、「千秋太后」(BS朝日、月-金正午)。

 このところ見るのを怠っている 「善徳女王」 とかより面白い。

 ただ 「善徳女王」 も、子役の女の子が出ていたころのほうが正直面白かったので、いま星野真理チャンみたいな風貌の子役(子役と言っても少女時代、と言ったほうが適当か)が主役を張っている時期だから面白いのかもしれんです。

 それでこの星野真理チャン…じゃなかった、ファンボ・ス(キム・ソウンチャン)が嫁ぐペイハー(陛下)景宗が、「テジョヨン」 で恐ろしくカッコよかった、コルサビウ(チェ・チョロサン)なんですよ。

 それがですね(笑)。

 このペイハー、これ以上ないというほどのバカ殿で(笑)。
 コルサビウとのあまりの落差に、最初のころはこっちも頭がクラクラ…(笑)。
 けれども星野真理チャンが(違うって)懐妊をした途端態度が豹変。
 自分の妃と息子を守るため、罠にはまりながらも全力を尽くすのです(この罠を仕掛けたチェ・ジモン、最初はいったいどちらをハメようとしているのか分からなくて、見ごたえありました~。 チェ・ジモン、仲代達矢サンみたいな顔で、うまい役者サンだな、という感じ)。
 しかしこの王様は長年の不摂生がたたって喀血、やがて死んでしまいます。
 あんなにロクでもない王様だったのに、その亡くなるシーンでは不覚にも、泣けました。
 コルサビウ、やはりタダモノではなかった。

 ファンボ・スの兄であり、この景宗の後釜を狙っていたワン・チですが、どこかで見た顔だなーと思っていたら、「秋の童話」 でソン・スンホンサンの少年時代をやっていた男の子だった。
 このワン・チ、育ての親代わりだったオバアチャン、黄州明福宮の新羅派への復讐心に盾突いて新羅派と結託、景宗のあとを継ぐのですが、その動機というものが血塗られた派閥抗争をやめさせ、道理の通った国にする、という、至極まっとうなもので。 しかも景宗が前述の通りチョーバカ殿であったためなおさらその理由に説得力がある。

 しかしながら、ワン・チの行なった文民政治のおかげで軍事力が低下し、契丹から侵略を受ける、というはめになっていくのを、このドラマ第1回で我々はすでに見ているのです。

 そしてワン・チとファンボ・スが第1回目でいがみ合っていた原因、というものを、この第7回までの話でつぶさに説明している。 なかなか練られた脚本だと感じます。

 それにしても。

 個人的な意見を述べさせていただきますが。
 このドラマも 「善徳女王」 もそうなのですが、朝鮮半島の歴史というものは、常に分断と侵略、支配による統合にさらされている。 その中で多くの朝鮮人のかたがたは外からの力ではない真からの祖国の統合を願っているような気がするのですが、新羅系、高麗系、渤海系など、このドラマのなかでも細かな民族間どうしの怨嗟が途切れないような気がする。 この手の韓ドラ時代劇に共通しているのは、常に相手を陥れようとしている者同士の陰謀や武力による衝突。 それがドラマの中での話とは言え、こうまで足の引っ張り合いをしていては…という気にも、なるのです。
 その点では、ワン・チの行なおうとしていることは、分かる気がする。

 大いに脚色がされた韓ドラ時代劇しか見ていない者がいちいち知ったかぶりでこのような意見を述べるのは大変僭越なような気がいたします。 単に 「面白い」、で見ていられたら、いいんですけどね。

|

« 桑っちょのshock dough gun | トップページ | 「うぬぼれ刑事」 第4回 無理しすぎると笑えない、という好例、かな? »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
少女時代おもしろかったですね~
予想を裏切る怒涛の展開でした(笑)
せっかくいい人になった王様がだまされる場面は悔しかったです。(私もだまされました!)
そしてお兄様あんまりです。
スの絶叫には泣いてしまいました。
こんなふうに派手に感情をぶつけ合うドラマってあまり見てなかったのですが一緒に泣いたり出来て楽しいものですね。
大人になってしまうのが残念ですが
解説編(?)を見たらこの先は馬に乗り剣を持ち
かなり激しい戦闘があるみたいでまた楽しみです。
この時代日本は平安時代で「チュモン」のころは
弥生時代って言ってたのが衝撃でした。
朝鮮半島の歴史って民族が入り乱れて激しかったんですね。そして宮廷はまさに足の引っ張り合い。
あんなんで国は大丈夫なのかなってドラマながら心配になりますね(笑)

投稿: mime | 2010年7月31日 (土) 15時39分

mime様
コメント、ありがとうございます。

私の見てきた韓ドラ時代劇は、たいてい血管ブチ切れ演技の応酬です(笑)。 国民性の違いなんでしょうね。 激情したがる、というか(笑)。

そして韓ドラ時代劇にまさに共通しているのが、「強烈な敵キャラ」 を作り出そうとするためか、同じ国のなかでの対立構図が極端にひどい(笑)。 こんなんでよく国が分裂崩壊しないな、と思われるほどなのです。

ただ、「強烈な敵キャラ」 を作るのでも、一方的にその敵を悪者にしたりしない。 その敵にはその敵なりの信条や事情というものがある、というものをきちんと描いているところが、好感が持てる部分なのです。

それにしても、週5回というのはキツイです(笑)。

投稿: リウ | 2010年7月31日 (土) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/49012067

この記事へのトラックバック一覧です: 「千秋太后」 第7話まで見て:

« 桑っちょのshock dough gun | トップページ | 「うぬぼれ刑事」 第4回 無理しすぎると笑えない、という好例、かな? »