« 「ゲゲゲの女房」 第15週 夢をあきらめないで… | トップページ | 「龍馬伝」 第28回 龍馬に直接託さなければならなかった、武市の思い »

2010年7月11日 (日)

「蒼窮の昴」 最終回まで見て

 日中共同制作ドラマ、「蒼窮の昴」 の全25回放送が終わりました。

 全体的にかなりよくできたドラマではあったのですが、春児が西太后のお気に入りになるまでのストーリーが特に面白かったので、同様の面白さを求めてしまうとちょっとほかの話は見劣りしてしまうかな、という感じでした。
 なにしろ、2話ほど予約の不調とかで見ることのできなかった回があったのに、別にそれが気にならない。
 つまりまあ、ある程度の予測がついてしまう話だった気がするのです。

 大まかな流れで言うと、西太后と光緒帝の確執のなかで、義兄弟である春児と梁文秀がそれぞれの側近に付き、梁文秀が西太后を暗殺しようとするに至り、その後どうなるのか、というまでの話に絞っている。
 この流れを押さえておけば、ちょっと見逃しても平気なのです。 登場人物たちの心理状態に、あまりぶれが見られない。 「アレ?こうじゃなかったっけ?」 というのが、ないんですよ。

 そんな意外性のない話ながら、なにがこのドラマを支える魅力になっていたか、と言うと、これまで残虐な人物としか描かれてこなかった西太后に、人間的な解釈を与えている点が、まず挙げられると思います。

 この西太后を演じた田中裕子サンは、圧倒的な演技力でした。 中国人ばかりの演技陣の中にいても、その存在感がすごい。
 ただ吹き替えだったのだけは、ちょっと残念でしたけどね。 この吹き替えやってる人が、田中サンが結構抑えた演技をしているのに、感情が入り過ぎているんですよ。 どういう事情で吹き替えになったのかは知りませんが、やはり発音的にまずかったのかなあ。 田中サンだけは日本語で演技していた、などという話もネットのどこかで読んだんですが、口の動きを見ている限り、そんなふうには見えない。 ちゃんと中国語をしゃべっているように見えるんです。

 そして次に、春児と梁文秀のキャラの魅力。
 春児はあくまで澄み切った水のような、人の良心を疑わない心優しい人物で、しかも非常な努力家。 梁文秀は科挙でトップの成績を収めたほどの秀才で、自分の信念に対してまっすぐに突き進んでいく男。
 一昔前ならば、このような 「出来すぎた人間」 は魅力も何も感じなかったのですが、今はあまりにも屈折した役柄の人ばかりがドラマを占有している時代。 かえって新鮮に見えるのです。

 それにしてもなんですが。

 物語は最終回に向けて、梁文秀が西太后暗殺に失敗し、ミセス・チャンや春児がなんとか西太后に許しを乞うまでを熱すぎるほどのタッチで描いていたのですが、その過程で、なんだか現在の中国の政治的な指導部に対する批判みたいなものが、巧妙に織り込まれているような気がしたんですよ。

 つまり、国家は民衆によって成り立っている。

 だから清朝が滅亡しようが下の者には関係がない。

 これって、国家の威信そのものを否定している表現ですよね?
 このドラマにおいては西太后の専制政治に対する批判という意味でこういう表現が用いられたのだと思うのですが、これはすなわち現在の中国共産党に対する皮肉の部分も含まれている。 言論や思想をいくら統制しようと思っても、国の主役は、民衆そのものなのだ。 その機運だけは堰き止めることはできない。 そんなことまで感じてしまうのは、飛躍のしすぎでしょうかね?

 逆に言えば、こんな国家否定のドラマ制作を許可している現在の中国指導部の頭は、こちらが想像しているより柔らかいのではないか、という見方も出来るんですけどね。

 自分を裏切った人間を決して許さない西太后が、梁文秀のかくまわれている日本領事館に対する包囲の網を緩める。
 そして物語にとって最も重要なキーアイテムと思われた龍玉を持参した、降格された身である春児を赦し、褒美として春児を自由の身にすることを思いつく。

 ドラマにおけるこれらの西太後の行動は、よく考えてみれば西太后の現実に行った残虐性とは裏腹な行為であるように見えます。 いたずらに西太后を擁護している気もする。

 ただしその結果、西太后の周囲には、誰も彼女を心から愛し心配する人間がいなくなってしまう。

 ドラマのラストに配されたのは、その巨大な孤独と虚しさに打ちのめされた西太后が、富と幸福の象徴である昴を見上げるシーンでした。 このドラマの作り手が最も表現したかったのが、このラストシーンにおける専制君主の孤独だったのではないか、私はそう感じるのです。

当ブログ 「蒼窮の昴」 に関する記事
いつの間に始まってたの!見逃した!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/post-079d.html
アフレコ気にならなければ、結構面白いですhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/post-4cef.html
第4-5回 王道ストーリー、だけど面白い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/4-5-5869.html

|

« 「ゲゲゲの女房」 第15週 夢をあきらめないで… | トップページ | 「龍馬伝」 第28回 龍馬に直接託さなければならなかった、武市の思い »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48850453

この記事へのトラックバック一覧です: 「蒼窮の昴」 最終回まで見て:

« 「ゲゲゲの女房」 第15週 夢をあきらめないで… | トップページ | 「龍馬伝」 第28回 龍馬に直接託さなければならなかった、武市の思い »