« 「うぬぼれ刑事」 第2回 蒼井優チャン、こんな演技も出来るんですね | トップページ | 「鉄の骨」 第3回 仲間意識に麻痺していく小池徹平クン »

2010年7月17日 (土)

「恋のから騒ぎ」 マツコ・デラックスサン登場でメンバーに変化はあるか?

 「恋から」 7月16日ゲストは、マツコ・デラックスサン。
 噂には聞いていましたが、じっくり見るのは初めてでした。

 や、スッゴイ迫力ですね、この人(笑)。
 から騒ぎのメンバーも圧倒されていたみたいですが、確かに圧倒されるわ、この巨漢体形だと。 半径1メートル範囲内に、強烈なオーラ(湿気?)を発散させている感じがいたします。 一度生で見てみたいものですね。 って見世物じゃないか(笑)。 でも番組のなかで、「駒沢公園の近くの神戸屋」 とか話していたので、世田谷区が行動半径内に入っているようではありますネ。 もしかしたら出会うかもしれません。

 それに、やはり話題になるだけあって、話がとても面白い。
 今期の 「から騒ぎ」 で、私初めて爆笑いたしました。 メンバーもそれにつられていい味出してきたようにも感じました。 やっぱり、面白い面を引き出されるきっかけ、というものはあるんだな、という感じがします。

 マツコサン、だいたい、登場の仕方からして異例。
 「昔階段ですっ転んでから階段を降りられない」 という理由で、スタジオ後方の黒幕から黒い服装で登場。
 「黒幕の前をこの服で歩かないほうがいい…顔だけが出てきたと思うから」 とさんまサン、的確なツッコミです(笑)。

 「女は太っていたほうがいい」 とか言って実際は違う、という話になり、「オレも太ったほうがいいよって言ってんねけどなぁ…えー…」 とさんまサン、マツコサンのほうを向いて、しばし無言(笑)。 にらむマツコサン(笑)。 「松竹新喜劇か! テレビでどんだけ無言で間ぁとんねん!」 のさんまサンのツッコミ、大爆笑しました。

 そんななか、今回入ってきた新人の山本裕貴チャン(24歳大学3年生…別にこーゆー情報はいいか…)が、カワイイ顔をしてるのに不倫をしていて奥さんと修羅場になった、という話で盛り上がり、マツコサンから 「アンタよっぽど気合い入れ直さないとダメ、そういうのが好きなタイプよ。 30までに足を洗わないと。 30超える時に不倫している女は一生不倫するよ」 と、ちょっとこちらがギクッとするようなことをおっしゃる。 なんか、説得力あるなあ。

 山本サン、今の彼氏も不倫なのかと訊かれ、「秘密…」 と言いながら、どうやら図星の様子。 「アドバイスしたれ」 と言われた女の子が、結構真顔で山本サンに 「本気なの?」(笑)。 「お前は誰や!」 とさんまサンも突っ込む突っ込む。 山本サン、結局初登場で説教部屋へ。

 このコ、上目遣いが印象的で、結構男を見つめて虜にしてるな、というタイプに見受けられます。 「全部年上しかアカンの?」「年上大好き…」「いくつまで行けんのそしたら?」「エヘッ…ごじゅう…五くらいまでは」「ギリギリや!」(笑)。

 「さんまサンいくつですか?」「オレ55や」「そうなんですか知らなかったですぅ」「ウソ言うなアホッ!」

 どうですかね、このやり取り。 どう思います?
 やっぱりさんまサンの言う通り、「オレの歳を知らなかったなんてウソや!」 という感じに、どうしても見えますよね(笑)。 こんなカワイイ顔して、ずいぶん計算してるよーな感じが…(笑)。

 それにしてもですよ。

 今期に入ってから、ヤケに盛り上がらない 「から騒ぎ」 なのですが、だいぶこなれてきた感じはしてまいりましたね。 個人的には、前列のデカイ女とか、村長サンに注目しています。 それでも、やはりインパクトはイマイチ。
 再三指摘しているのですが、つまらない最大の原因は、メンバーに番組を盛り上げようという積極性が、あまり見られないこと。 自分を捨ててない。
 それに、なんか今期のメンバーって、ケバすぎじゃないですかね? 以前にも増して、キャバクラに行っているような錯覚を覚えます。 それも感情移入しにくい原因です、個人的には。

 厳しい言いかたで申し訳ありませんが、メンバーには 「から騒ぎ」 に出て全国に恥をさらすという覚悟というものを、もっと見せてほしいものなのであります。

|

« 「うぬぼれ刑事」 第2回 蒼井優チャン、こんな演技も出来るんですね | トップページ | 「鉄の骨」 第3回 仲間意識に麻痺していく小池徹平クン »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

初登場で不倫をネタにして説教部屋行きになったメンバーといえば、前期生MVPのハッハハーがいますが、ハッハハーの場合、ニックネームにもなったくらい豪快に笑い飛ばしてしまう、後ろめたさの無い明けっぴろげな空気がありました。
ところが、今回の彼女の場合は「実家まで調べられた」だの、かなりドロドロした展開(内容)であり「自分を捨て去る」喚起をメンバーにうながすべく、一つの賭けとして起用(採用)された印象があり、その賭けは説教部屋行きという形で一見成功したかに見えます。
しかし、あこまでドロドロな経緯さらに現在も別のそれが現在進行形である事を明らかにしちゃった分、彼女の今後が少し気かがりであり、現在学生の身分にある事(ハッハハーはフリーターでした)も考えれば、あるいは今回の特大一発だけに終わってしまうような気がしてなりません。
ゲストのマツコさんについては、今期では一番面白かったと同時に、要所要所で的確・適切なコメントを発しており、まさに「から騒ぎ」らしい展開を生んでいたと思います。

投稿: ぽん | 2010年7月18日 (日) 00時52分

ぽん様
コメント、ありがとうございます。

毎度のことでありますけれど、ぽん様のご指摘は、実に的確です。 私も山本サンに関しては、これ一発で終わりそうな予感がしております。

なにしろ、持久力と耐久力、というものが、主要メンバーになるためには必要な気がするのです。 さんまサンのツッコミに対する耐久力、という点では、今期のメンバーのなかでは初めて見るほどのポテンシャルの高さなのですが、いかんせん今後どうつながっていくか、という展望が見えない。 持久力には問題ありかな、という感じなのです。

ただ、今期メンバーのなかで初めて私がこのブログの記事にしたいなーと思った女の子であることも事実なんですねー。 それほど、ちょっと心に引っかかる、外見とキャラの落差を持った女の子、というか。 独特の人なつっこさがある気がするんですよ。

それにしても、今期のメンバーは、村娘チャンとか男チャンとか5番柳田チャンとか、一歩引いた客観的なものの見方をする女の子ばかりが目立って、それがかえって番組のテンションを低くしているような気がしてなりません。 こういう子は、ひとりくらいでいい気がするんですよ。

投稿: リウ | 2010年7月18日 (日) 03時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/48899915

この記事へのトラックバック一覧です: 「恋のから騒ぎ」 マツコ・デラックスサン登場でメンバーに変化はあるか?:

« 「うぬぼれ刑事」 第2回 蒼井優チャン、こんな演技も出来るんですね | トップページ | 「鉄の骨」 第3回 仲間意識に麻痺していく小池徹平クン »