« 「チューボーですよ!」 内田裕也サン、ロケンロールしてます | トップページ | 「うぬぼれ刑事」 第5回 ディティール崩壊していくドラマ? »

2010年8月 7日 (土)

「ゲゲゲの女房」 第19週 漠然とした願いと覚悟との狭間

 「ゲゲゲの鬼太郎」 という題名の誕生秘話を織り込み、「鬼太郎ブームがやって来た」 などという副題がついていながら、「ゲゲゲの女房」 第19週の話のメインは、布美枝(松下奈緒サン)の妹で上京中のいずみ(朝倉えりかチャン)と、茂(向井理クン)のアシスタント倉田(窪田正孝サン)とのラヴ・ストーリー。 現代よりもだいぶ奥手の、まさしく 「前世紀の遺物」 的な(笑)秘められたスローモーションの恋愛が展開していくのです。 この奥ゆかしさが、なんと言っても心地よい。 そしてそこから見えるものは。

 いずみチャンは、当時の女性としては相当進んだ感覚。
 厳格な父親(大杉漣サン)と真っ向から対立していたのも記憶に新しいですが、布美枝の出産に伴う手伝いが大きなチャンスとばかり調布に居ついたままなのです。

 彼女は、自分が東京で、何かできるかもしれない、という、漠然とした夢を描いている。
 だからおつかいで出向いた少年ランドの編集部の様子に目を輝かせ、加納(桜田聖子サン)のビジネスレディぶりにも大いに触発される。

 そんないずみチャンに実家からお見合いの話が舞い込むのですが、布美枝は厳格な父親にあまり逆らうことなく育ってきたからなのでしょう、いずみチャンがどんな思いで東京に出てきているか、そして彼女が誰を好きになっているかにあまり頓着せず、見合いの話をいずみチャンに勧めるのです。
 そんな布美枝に、いずみチャンは激しく反発します。

 「女の人だって今は、布美姉ちゃんみたいに旦那さまあてにして生きていく人ばかりじゃないけんね!」

 ここでのいずみチャンのキツーイ一発は、小太りの編集者北村(加治將樹サン)とかサエないスガチャン(柄本佑サン)とか(笑)名前をあげて、いずみチャンの本命を言い当てられずにいる布美枝へのいらだちも混じったんだと思うんですよ(笑)。 言ったそばから 「あっ…」 と気付いて、言ってはならないひとことを言ってしまったことを後悔するいずみチャン。
 布美枝も 「痛いところを突かれた」 という感じで、なんとも言えない複雑な表情をするのです。
 松下サンの顔の演技って、この前も指摘した気がするのですが、ちょっとハッとさせられる時があります。

 布美枝はいずみチャンに改めて、こっちで何がしたいのか話してほしい、と尋ねるのですが、いずみチャンにも、自分がいったい何がしたいのか分からない。
 というより、倉田クンが自分のことをどう考えてるのかが分からない(笑)。 「仕事探そうかな」 などと言っておいて、結局それかい!(笑)と言いたくなりますが、漠然としたビジネスレディの願望よりも、恋愛問題のほうがよりリアルだった時代なのですから、仕方ありません(笑)。

 いずみチャンの 「後悔の一言」 は、懐かしい中森(中村靖日サン)が村井宅を訪ねて来た時に打ち明けた話で、その氷解のきっかけをつかむのですが。

 その昔、夜中にトイレを借りようと降りていくと、夫婦揃ってカリカリとマンガを描いているのを見た、「あの頃の、先の見えない泥沼のような苦しさ、あれを乗り切ったのは、奥さんが一緒にいたからこそですよ」 と語る中森の言葉に、中途半端ではない苦労が成功に至るまではあったのだ、という認識を強くするいずみチャンなのでした。

 あの一言を謝るいずみチャンに、けれども布美枝はこう答えるのです。

 「ここでやっていくしか、なかったんだもん。
 それに、悪いことばかりじゃなかったけん。
 いつもとなりで、茂さんが仕事しとった。
 ペンの音が聞こえてきて、マンガ描いとる背中が見えて。
 あのころは、いっしょにがんばっとるような気がしたなぁ…。
 けど…。
 今は時々、お父ちゃんの背中が見えんくなるときがある」

 貧しかった昔を懐かしがる布美枝の現在の疎外感。
 貧しかったときのほうが、肩を寄せ合って生きていた、という、そのときなりの喜びがあった。
 貧乏時代を2カ月にもわたって見せられていた側としては、この布美枝の孤独感が、強く身に迫ってくるのです。 ちょっと鼻に、ツンと来ます。

 いっぽう倉田クンのほうは、スガチャンからいずみチャンへの恋心を打ち明けられて、はじめて自分がいずみチャンを好きだということに気付く極度の恋愛鈍感症(笑)。
 ここらへんの描写、倉田クンがあまりにもマンガ家として独り立ちすることにばかり目を向けているような感じで、見ている側にも倉田クンのいずみチャンへの恋心にちょっと気付きにくい、というほどの演出方法。 これがいいんです。

 マンガの新人賞へ応募する原稿をいずみチャンに大急ぎで郵送してもらったお礼に、「何かお金では買えない物」 をいずみチャンから要求される倉田クンなのでしたが、それを自分がマンガ新人賞の大賞に選ばれることと決めた倉田クンは、思った通りの作品ができないと、焦って茂に相談します。

 「一生懸命なのはええが、焦ったらいかんなあ。
 じっくりやんなさい。
 促成栽培では、すぐに枯れてしまうぞ。
 本を読んだり資料を調べたり、もっと勉強せんとな。
 早こと世に出ても、すぐに消えてしまっては、なんにもならんぞ。
 どんなに好きでも、マンガを描き続けるというのは苦しいもんだ。
 脳みそが空っぽになるまで考えて、スカスカになってもまだひねり出さねばならん。
 今のうちに勉強しとかんと、すぐに脳みその貯金がなくなるぞ。
 近道を探したらいけん。
 近道行ったら、その先は、…行き止まりだ」

 まあ実際の話、倉田サンのモデルである池上遼一サンは、どちらかというとオリジナルストーリーを得意とするマンガ家ではなく、原作者とタッグを組んで最高の価値を生み出すマンガ家として、その後に君臨していくわけですが。
 それに、現在は池上サンはチョーうまいマンガ家であるのですが、やはりデビュー当時は、比べ物にならないくらい、絵が稚拙だった気がします。 出世作 「男組」 の最初の方などは、同じ人が描いたとは思えない感じがするのです。
 やはり、この人は、努力の人です。
 努力して努力していった結果、あそこまでの絵師に上りつめた。

 話戻ってその矢先、ゼタの合併話破綻の夢破れた深沢(村上弘明サン)が、よろよろと口から血を流しながら村井家を訪ねてくる。
 結局相手の会社が欲しかったのは、ゼタの抱える有名マンガ家だけ。
 利益至上主義の編集方針と、深沢の人材発掘養成の方針とはそりが合わず合併は決裂、加納も深沢のもとを去っていくのです。

 深沢を見捨てたかのような加納の行動に、いずみチャンは 「冷たい人なんだね」 とごくフツーの反応をするのですが、布美枝の見立ては、ちょっと違う。

 「仕事をして生きていく人だけん、きっと、大事なものを捨ててでも、やりたいことがあったんだわ」

 「私には分からんわ」

 「私にも、よう分からん。
 けど、それだけの覚悟をして、仕事をしておられたんじゃないのかな。
 郁子さんも、深沢さんのこと、お好きだったんじゃないだろうか。
 おふたりとも、つらい思いされただろうな」

 そんな深沢や加納の覚悟や、倉田の覚悟、茂の変わらぬ努力をほめたたえる布美枝を見ながら、いずみチャンも自分の漠然とした夢に、覚悟というものがなかったことを、実感していく。
 今週の 「ゲゲゲ」 の底流には、この 「覚悟」 というキーワードがあった気がします。
 そしてこの覚悟を学んだいずみチャンは、安来に帰る決心をするのです。

 倉田クンのいずみチャンへの 「お金では買えない」 お返しは、いずみチャンが安来へ帰るその日、手渡されます。
 それは倉田クンが描いた、いずみチャンのポートレイト。
 おそらく倉田クンはいずみチャンの写真など持っていなかったでしょうから、想像で描いたんだと思うんですよ。
 それが、満面の笑顔の、いずみチャンの顔。

 「いつまでも、こないして、笑うてくれたらええな」

 涙をためながら、あふれる思いを胸にしまい込んだまま、精一杯笑顔になろうとするいずみチャン。

 「だんだん…」

 あまりにも、プラトニック。
 こういう純愛のストーリーは、私久々に見ました。
 別に 「愛」 っていうのは、世界の中心で叫ばなくてもね(笑)。

 その倉田クンもマンガ新人賞の大賞を射止め、小峰クンもまた旅に出るという。 残るはいちばん頼りないスガチャン(笑)、そこにやってくるのがイトツ(風間杜夫サン)とイカル(竹下景子サン)。 時の移り変わりを予感させながら、来週は藍子チャンが布美枝の少女時代を演じた菊池和澄チャンになるようです。
 とここでちょっと解せなかったのは、藍子チャン役の女の子、今週だけだったんですか?ということ。 一週だけで交代なら、先週までの篠川桃音チャンでよかったのに、という感じですけど。

 いずれにせよ親をわが家に招き寄せることができるというのは、子どもにとって結構勲章のような気がするものです。 イトツもイカルも、ビンボー時代は放っといたくせに今頃なんだ、と思われる向きもございましょうが。
 ただこの夫婦、そーとーキョーレツな個性の持ち主(笑)。
 村井三兄弟はそろって戦々恐々としておりましたが、それにしてもオニーサン(大倉孝二サン)、まだ風呂ないんですかぁ?(笑)

当ブログ 「ゲゲゲの女房」 に関するほかの記事
第1回 NHKのやる気を感じさせます
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/1-nhk-c7ac.html
第2週まで見てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/2-5cbd.html
第4週まで見てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/4-a685.html
第5週 ほんとうのスタートは、ここからhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/5-9d37.html
第6週 人事を尽くして天命を待つhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/6-3192.html
第7週 時代に流されていく人たちhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/7-6a9d.html
第8週 笑って生きよう、たとえ貧しくともhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/8-82ce.html
第9週 「生きるため」 と 「プライド」 の狭間http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/9-476d.html
第10週 ビンボー神の出るタイミングhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/10-8426.html
第11週 まあ…なんとかなーわね!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/11-e5c0.html
第12週 冷たい風に吹かれてhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/12-2a16.html
第13週 自分のいるべき場所http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/06/13-f9bf.html
第14週 自分の名前と自分の存在http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/14-30e2.html
第15週 夢をあきらめないで… http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/15-19ee.html
第16週 性急に見える成功、ですが… http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/16-7865.html
第17週 村井家ビフォー・アフター?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/17-d98c.html
第18週 「悪魔くん」 成功の裏で描かれるものhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/18-6ede.html

« 「チューボーですよ!」 内田裕也サン、ロケンロールしてます | トップページ | 「うぬぼれ刑事」 第5回 ディティール崩壊していくドラマ? »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲゲゲの女房」 第19週 漠然とした願いと覚悟との狭間:

« 「チューボーですよ!」 内田裕也サン、ロケンロールしてます | トップページ | 「うぬぼれ刑事」 第5回 ディティール崩壊していくドラマ? »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ