« 「今夜も生でさだまさし」 浪花さだしぐれ・「てっぱん」 ヒロインも登場 | トップページ | 「割れたせんべい」 「ゲゲゲ」 コンビ、やっぱりいいですなあ »

2010年8月30日 (月)

「龍馬伝」 第35回 本気でぶつかることの重要性

 薩長同盟の最終的な仕上げとして用意された舞台は、西郷吉之助(高橋克実サン)と桂小五郎あらため木戸貫治(谷原章介サン)との会談。

 ここに至るまでの経過において、作り手は重要人物を極度に絞り込んでいます。 そして、ここにお登勢(草刈民代サン)、お龍(真木よう子サン)の一見重要ではないと思われる創作をインサートさせている。

 そこから浮き彫りにされていくのは、龍馬(福山雅治サン)がいかにして 「この男、危険につき」 の要注意人物に昇格していったか、という経過であり、それはさらに龍馬暗殺への本格的な胎動が始まった序曲でもある。 そこで龍馬はどのような思いを周囲から受けていったのか。 作り手の描きたいものはこれらに収束されている気がします。

 その結果、福山龍馬はますますヒーロー的な捉えられかたになり、それを快く思わないかたがたには、まことにもって消化不良が残される内容となった危惧は、…まあ毎度のことなので(笑)、毎回それを指摘しても仕方ないのですが。

 今回龍馬がなぜ薩長トップクラス会談で仲介人として求められたかというのは、木戸寛治の次のようなセリフによって説明されています。

 「これから我々が交わす約束は、外に対して宣言するもんじゃありません。
 薩摩と長州だけが知る、密約です。
 じゃからこそ、立会人は坂本龍馬でなくちゃならん!
 …なぜなら、ぼくは彼を信用しとるからです。
 西郷殿も、彼を信じたからこそ、ここにおられるんじゃないですか?」

 「一介の浪人が、どうしてこんな重要な取り決めの場にいなくちゃいかんのだ?」 という西郷の問いに答えた、木戸の言葉がこれです。
 この理屈にハテナ?となってしまうと、どうして西郷と木戸が龍馬の来るのを雁首そろえて待っているかが、飲み込めなくなる。
 互いに犬猿の仲だった両藩がどうしてこうして結びつくまでになったのか。
 それは利害関係の一致、という面もありながら、互いを信じようとしたことが最大の原動力になったのではないでしょうか。
 その、互いの信頼関係を、なんとか最後までつなぎとめようとしていたのが、龍馬だった。
 木戸が龍馬の同席にこだわったのは、「信じる」 ということの重要性を認識していたからに他ならない、そう私は考えるのです。 そしてそれが、作り手の訴えたいことだったのではないでしょうか。

 薩摩と長州の動きを察知し、そこに土佐の脱藩浪人が絡んでいる、という情報は、ずいぶん広範囲にわたって知れ渡っている気がします。
 まず、京都守護職の会津藩主、松平容保(長谷川朝晴サン)、「見廻組」、そして新選組の近藤勇(原田泰造サン)。
 それらの者たちが 「土佐の脱藩浪人」 を探しまくるわけですが、ここで新選組の見廻組との力関係などもさりげなく描写されていたのは、さすがだと感じましたね。 「人殺し」 とさげすまれ、抑圧されていた新選組の屈辱を、原田サンの表情は一瞬で表現していた気がします。

 ところでその新選組が捕まえた 「土佐の脱藩浪人」 らしき男が、岩崎弥太郎(香川照之サン)。
 べらべら本当のことばかり簡単にしゃべってしまうので、かえって近藤から信用されず、またひどく痛めつけられる、という、またしても喜劇を演じております(笑)。

 それにしても、ここで弥太郎が、新選組や見廻組の前で龍馬の名前を簡単(でもないか)に白状してしまうところは、どう解釈すればいいのでしょうか?

 ひどく拷問された、という理由だけでは、この弥太郎の 「友人を売る行為」 の説明はつかない。
 弥太郎には、龍馬に対してどこまでも、劣等感というものがついて回っている。
 だからこそ大切な友人でありながら、妬みやそねみが常に付きまとっているのです。
 ボコボコにされて放り出されたところに駆けつけた龍馬に対して、だからこそ弥太郎は気遣う態度を示すのですが、この相反する感情をうまく表現しているなあ、と感じました。

 そして今回もうひとつ作り手が描きたかったと思われるのが、龍馬に対するお登勢やお龍の感情。

 あまりに自分に対する包囲網が物騒になっていることに、一種の覚悟を決めた龍馬は、薩長会談に向かう前に、お登勢やお龍にもう会わないかのようなあいさつをする。
 それに対してお登勢は、最初龍馬と会った時のことを話し、自分の母親にそっくりと言われて、それ以来龍馬の母親のつもりでいたことを打ち明けるのです。 「母親に瓜二つ」 という設定は、ここで最大限に生きてきた気がします。 この作り話(笑)は、泣かせます。

 ここでの龍馬の反応は、注目に値します。

 「あれはほんとに申し訳なかった。 忘れてつかあさい。 ハハハハ…」

 つまり、「親子ごっこ」 をして楽しみたかった無邪気なあの頃の龍馬は、そこにはもういないのです。 脱皮した龍馬にとって、お登勢が母親に似ていることは、もはや重要事ではなくなっている。

 そんな龍馬に、お登勢は反駁します。

 「息子が命がけの大仕事に向かおうとしているときに、気にならんわけはないやろ…!
 世の中のどんな大変なことより、息子のことが、心配なんやさかい…!」

 龍馬は居ずまいを正し、ありがとう、けんどわしは決して死にはせんき…とお登勢に向かって宣言するのですが、いずれ暗殺されることが見ている側はじゅうぶん分かっているので、この龍馬のセリフ自体も、切なくて仕方ない。 泣けます。

 そしてお龍に対し、龍馬は自分のやろうとしていることを洗いざらいしゃべり、「もうここに戻んて来る気はないき、わしを心配してくれるがは、これで最後にしてくれや」 と、ほぼ別れのあいさつと取れる一言。 思いつめたようにお登勢を振り切り、駆け出して行ってしまうお龍。

 龍馬が寺田屋を出ようとした矢先、お龍は薩摩藩の人間を先導役として連れ込んでくる。

 「おまん、なんちゅう危ないことを…!」 と咎める龍馬に、お龍は握り飯を持たせ、毅然と言い放ちます。

 「うちは…うちは…ずっと坂本さんのお役に立ちたい…。
 これでおしまいやなんていやどす…!
 お役目が終わったら、ここに戻ってきておくれやす…!」

 「…分かった。 戻ってくるき…!」

 見つめあう龍馬とお龍。 このようなラヴシーンなど不要だと考える向きにはお気の毒ですが、龍馬がどのような悲壮な思いを抱えがら、敵がうようよする京の町を駆け抜けていったのか。 それを見ている側は、心で感じ取らなければならないシーンなのだと感じるのです。

 そしてもうひとり、龍馬に対して熱い思いをいたしていた男として、三吉慎蔵(筧利夫サン)が挙げられます。
 何しろここでの筧サン、これまで私が見た中ではいちばんカッコイイ。
 その三吉慎蔵ですが、やはりどうして土佐の名もない下士であった男が薩長を結び付けようなどという大それたことをやるのかが分からない。
 それを龍馬にずばり尋ねるのですが、龍馬はこう答える。

 「三吉さんの言う通り、わしは土佐の下士じゃった。
 けんど、その土佐も捨ててしもうたがじゃき…わしはもう今は、何ちゃあない。
 ただの日本人ぜよ。

 力のない者でも、本気で声をあげ、本気で動いたら、必ず、必ずこの国を変えることができるがじゃき…!」

 この龍馬の言葉に慎蔵は感動し、薩長同盟がなった暁に龍馬と互いに肩を抱き合って喜びを爆発させるのですが、こうして見ると、坂本龍馬がどうしてここまでのことを成し遂げたかが、このドラマではくどいくらいに説明している気さえしてきます。 近藤勇も松平容保に向かって、「底知れない図太さを持った男」 と龍馬を評させています。

 その理由すべてが、実は何の根拠も説得力も持たない、ただいたずらに龍馬を持ちあげている言葉のような気もします。
 けれども実際、龍馬にとっては、実はそれだけが薩長同盟に首を突っ込むことができた理由だったのではないでしょうか?

 彼には本当に、何もない。

 けれども、何もないからこそ、本気でぶつかっていかなければ、道は開けない。

 このドラマのいちばん深淵には、そんなテーマが隠されているような気がして、ならないのです。

|

« 「今夜も生でさだまさし」 浪花さだしぐれ・「てっぱん」 ヒロインも登場 | トップページ | 「割れたせんべい」 「ゲゲゲ」 コンビ、やっぱりいいですなあ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

 まずは、『真田十勇士』の三好青海入道が参上いたします。

 三吉慎蔵は、もしタイムマシンがあったら、龍馬さん込みであってみたいんですよね。本当に実直そうな人柄で、龍馬の傍にいると、さらにその人柄がひきたつ感じで魅力的です。逢って、話してみたいですが、無口そうなのでコメントしてくれるかな。

 以上、実は『梟の城』の葛籠重蔵のコメントでした。

 このコメントをしたいばかりに一週間待つのは疲れました。

 で、あらためまして、リーンです。ここに出没します。

 龍馬が、寺田屋を出るときに、羽織の紐を締めながら、武市や、以蔵、長次郎の名前を呟いていましたが、私も含めて、これから薩摩藩邸に一緒に向かう気分になった人、多かったのでは。お登勢に擬似親子の心情をかたらせ、おりょうが未来の夫の為に薩摩藩士の吉井幸輔を呼んでくるあたり、龍馬にかかわる女性は彼に何かをせずにはいられない、そのあたりがよく描けていると思います。そして、彼の将来の不安すらどこかで感じているような切迫感、先週も感じましたが、最後の瞬間への序章がここにもちりばめられているようです。
 ただ、ひねくれ者としては同盟締結時に、中岡さんがいて欲しかった。龍馬の存在を際立たせるためにはずしたかもしれず、史実としては、そこにいなかったのかもしれませんが……。

『ハゲタカ』チームは、集団の内部抗争を描かせるととても力を発揮するようです。見廻組と新撰組の軋轢、歴史を知らなくてもおかれている立場と鬱屈した心情がよく描けた場面だったのでは。旗本の子息は、農民は許せない。

 来週は寺田屋事件ですね。寺田屋はかなり昔に行ったのですが、あの時と違う建物とはいえ、龍馬が立ち回りしていたかのように感じました。伏見、あの日は寒かったでしょう。

投稿: リーン | 2010年8月31日 (火) 21時59分

リーン様
コメント、ありがとうございます。

三好清海入道のところでは、笑わせていただきましたhappy01

「真田十勇士」 といえば、私は 「新八犬伝」 に続いて放送されたNHKの人形劇、柴田錬三郎サン原作のものに夢中になったクチであります。

その後 「真田太平記」 という、確かNHKの水曜時代劇でまた見て、「猿飛佐助はどうした? 穴山小助はどこにいるのだ?」 と探し回り、この話がフィクションだったことにショックを受けたのでした(笑)。

それにしても、両方の話とも、大傑作でした。
特に 「真田太平記」 は、近頃のスイーツ大河などとは大違いで、これこそがNHKの底力だ、と思わせるに充分の大傑作だと思います。

「真田」 の話が長くなってしまいました(笑)。

中岡慎太郎が同盟締結の場にいなかったのは、やはり龍馬のヒーロー感を際立たせるための演出だったと思い、この記事本文にもそれとなく書いたのですが、こうなってくると、中岡が龍馬と一緒に暗殺されてしまう必然性を際立たせることができなくなるような気がいたしました。
まあ、作り手がどこを削除してくるかには、別の意味で注目しているのですが。

「龍馬伝」 HPによると、寺田屋の作りは当時のものを忠実に再現したのか、「龍馬がどうやって脱出できたのか理解できない」 と大友Pが語っております。

いずれにせよ、第三部のクライマックスでありましょう。 今から大期待、です。

投稿: リウ | 2010年9月 1日 (水) 05時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/49295688

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」 第35回 本気でぶつかることの重要性:

« 「今夜も生でさだまさし」 浪花さだしぐれ・「てっぱん」 ヒロインも登場 | トップページ | 「割れたせんべい」 「ゲゲゲ」 コンビ、やっぱりいいですなあ »