« 「龍馬伝」 第34回 志で飯は食えるか | トップページ | 「亀梨和也のKスバイKス」「KAT-TUNスタイル」 いまどきのアイドル »

2010年8月25日 (水)

「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」 面白いです

 ニッポン放送月曜午後10時から11時50分まで放送している 「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」。 ラジオ番組はどうしても聞く番組が固定化してしまって、チェックが大幅に遅れてしまいました。 だって拓郎サンがレギュラー番組を持っているなんて、夢にも思わなかったですからね。 体調を崩してから単独で 「オールナイトニッポンGOLD」 枠でしゃべったのが、確か加藤和彦サンが亡くなった時に一回きりだと、すっかりこっちは思いこんでおったのです。

 それがTHEALFEEの坂崎サンと一緒とは言え、2時間近い番組を、毎週やっとったんですからね。 まずそれでびっくりいたしまして、実際聞いてみたら、そのあまりのお元気さに、またまたびっくり。 自分が高校時代、売れる前のアルフィーが拓郎サンのオールナイトに出演していたころのノリと全く変わってなくて、それだけでも大大感激なのであります。

 で、それがもう今週で36回?だか続いていると聞いて、くそーっもっと早くチェックしときゃよかったと大後悔なのでありますが、もともと最初にニッポン放送から拓郎サンに打診された話では、「そんなに毎週無理して出なくてもいいです、ひと月に一回でも、坂崎をつけますので、あとは坂崎がやってくれます」 ということだったらしい(笑)。 おとといの放送で、拓郎サンご自身がそう語っておいででした。 だから番組名も、坂崎サンの名前が最初に来ているんだ、と。

 だから自分は本当はもっと休んでいいんだ、こんなに皆勤するとは考えてなかった、もう疲れたから休みたい、と例の調子でだだこねまくりの拓郎サン(笑)。 「坂崎オマエひとりでやってくれる?」 と訊くと、「やですよそんなの」 と坂崎サンのほうもにべもなく拒絶の方向。 坂崎サンもニッポン放送の社員のかたの最初の意向など聞かされていなかった様子なのですが、かつてはご自身でも単独でオールナイトをやっていたのに、坂崎サンのその拒絶する様を聞いていると、自分も拓郎サン相手だからこそ出たいのだ、という気持ちがとても伝わってくるのです。

 考えてみると、坂崎サンという存在は、日本のフォーク界になくてはならない生き字引の役割を急激に担わされるようになってしまった感があります。 それだけご本人がいろんな人のどっぷりフォロワーだったせいもあるのですが、これだけの知識を持っている人は、確かにたくさん世間にはいるのでしょうが、ここまでプロのテクニックを備えたミュージシャンであることも兼ね備えている、というのは、坂崎サンを除いては確かに皆無なような気がします。
 個人的な話で恐縮ですが、私が芸能界の人でいちばんお友達になりたいのは、坂崎サンですなあ(笑)。
 飲み屋なんかでギターを抱えて夜通し飲み明かしながらサイモン&ガーファンクルとかビートルズとか、ハモりたいもんです。 なかなかすべてのパートを歌える人って、自分の周りにおらんのですよ。 ここ数週結婚式で歌うとかで、拓郎サンと坂崎サンはビートルズの 「恋におちたら」 とか 「オール・マイ・ラヴィング」 とかを番組の中でハモっておりますが、羨ましくって仕方ない。
 「ギターを抱えたライナス」(ライナス…って、スヌーピーに出てくる、毛布をいつも持った子です)というあだ名を、私は坂崎サンに勝手につけておりますが(笑)、番組中でも四六時中、ギターを抱えているようですね。 ジョニー・ワイズミュラーのターザンだと思うんですが(古い…)、そのものまねをしたら拓郎サンにウケて、ここ数週は 「ターザン坂崎」 と名乗っておりますが(笑)。

 それにしても拓郎サンのトークは、相変わらずハチャメチャに面白い。
 全く枯れてません。
 私はつくづく思うのですが、70年代フォークの旗手たちがおしなべてトークも抜群に面白かった、というのは、特筆すべきことなんじゃないでしょうか。
 拓郎サンもそうですが、谷村新司サンや中島みゆきサン、さだまさしサンなどは、けっして自らの作る歌のように自閉的な暗い世界に閉じこもることなく、積極的にファンとの交流を大切にした。
 なかでも拓郎サンのトークの面白さは、群を抜いている気がします。

 拓郎サンのトークは、あくまで自分の欲望に忠実で、言いたい放題、バンカラの象徴みたいに 「オレについてこい!」 というタイプのトーク。 しかもそのムチャクチャさを、自虐的に分析しながらだから、話に嫌みがない。 そして話のキモを押さえてキャッチコピーみたいに象徴的な言葉に置き換えるのが、とてもうまいんですよ。 このテクニックがまるきり衰えていないことに、「拓郎サンの病気はもう大丈夫だ、全快だ」 との思い込みに安易に陥ってしまいそうな自分がいます。

 今週の民放ラジオは聴取率調査でスペシャル・ウィークとかやっておるのですが、私に言わせればそんなもの、いくらプレゼントで釣ったって聴く番組はいつも一緒だ、意味ないじゃん、といったところなんですが、拓郎サンが 「どうだっていいんだそんなもの」 と今週一刀両断に喝破されていたのには、笑いながらも心から同意。

 やはりこの人の持っているナイフのエッジは、ちっとも錆びておりません。

|

« 「龍馬伝」 第34回 志で飯は食えるか | トップページ | 「亀梨和也のKスバイKス」「KAT-TUNスタイル」 いまどきのアイドル »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

リウ様

こんばんは。
先週の思い出のメロディー以来、面白く拝見させていただいています。「竜馬伝」のやりとりなんて仕事そっちのけで没頭して読んでしまい、TV観てなくても観ているような感覚に陥りました。

ところでラヂオなんてたま~にFMを流すぐらいで中高時代のように夢中になって聴くことがなかったのですがオールナイトニッポンってまだ続いていたんですね。それも拓郎サンの番組があるなんてご教授感謝感謝です。拓郎サンの体調がよさそうなので安心しました。今聴けないところにいるのが残念ですが11月海外出張から戻るまで番組が続いていることを祈りつつ・・・
聖恵ちゃんの番組も楽しみだなあ。

投稿: すーさん | 2010年8月27日 (金) 23時07分

すーさん様
コメント、ありがとうございます。

どうやらすーさん様のほうが私よりちょっと年上のかただとお見受けするのですが(ピンキラの 「恋の季節」 が流行ったころは、私は幼稚園でしたので…)、拓郎サンのオールナイトのリスナーでもいらしたんですね。 「オールナイトニッポンゴールド」 はここ最近聴き始めたのですが、拓郎サンはラジオで聴く限り、昔とちっともテンションが変わらなくて、それだけでもうれしくなってきます。 午後10時から2時間近く、という、深夜まで起きていられない、というかたにもお勧めの時間帯です。

「吉岡聖恵のオールナイト」 はその点深夜なのでちょっとキツイ時間帯ですが、記事中にも書いた 「ホトケのキヨエ」 チャンに最近はますますハマっております(笑)。 2時間まるまる 「ホトケのキヨエ」 で通してくれないかなあ、と思うくらい(笑)。

投稿: リウ | 2010年8月28日 (土) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/49247090

この記事へのトラックバック一覧です: 「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」 面白いです:

« 「龍馬伝」 第34回 志で飯は食えるか | トップページ | 「亀梨和也のKスバイKス」「KAT-TUNスタイル」 いまどきのアイドル »