« 新しいクロレッツ、味が30分続く衝撃 | トップページ | 「ジブリ 創作のヒミツ 宮崎駿と新人監督 葛藤の400日」 見ました »

2010年8月12日 (木)

「いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン」 ブッ飛んでます

 ニッポン放送水曜深夜25時(木曜午前1時)から放送されている、「いきものがかり吉岡聖恵(きよえ)のオールナイトニッポン」。 近ごろ夜勤をやっている関係上よく聞くのですが、これがなかなかのブッ飛び加減でとても面白い。
 ただしここで 「聴く」 ではなく 「聞く」 と書いたように、実際あまり真面目に聴いているわけではありません。
 それでも、いきものがかりのヴォーカルである吉岡聖恵チャンがここまでのハチャメチャキャラだったというのはとても意外で、その意外性というのが、かつての中島みゆき嬢の 「オールナイト」 を連想させるのです。 この意外性という点に、私はとても魅力を感じる。

 それにしても 「オールナイトニッポン」、もうン十年も御無沙汰だったせいか、そのラインナップには、ちょっとめまいを覚えるほど。 月曜日、かつてのみゆき嬢の枠が城田優クン、「天地人」 で真田幸村をやってた人ですね、火曜日がはんにゃ、水曜が聖恵チャンで木曜日がナイナイ(今は岡村クンが休養のため矢部クンが単独でやっております)、金曜日がAKB48で土曜日がオードリー。 私の世代でも時の流れを感じるのですが、かつての 「オールナイト」 のリスナーで現在聴いていない人は全員、そんな思いをするのではないでしょうか。

 その中で私が積極的に聴きたいな、と思うのは、聖恵チャンのオールナイトなのです。
 ま、「ゲゲゲの女房」 の主題歌を歌ってるとか、小田和正サンの 「クリスマスの約束」 で 「帰りたくなったよ」 を聴いていいなーと思ったとか、その程度の興味だったのですが、この番組で見せる聖恵チャンのキャラは百花繚乱、多重人格のごとき(笑)豹変ぶりで、もう若くない私には、ちょっとついていけないところがある(笑)。

 特に午前2時ごろから始まる 「ホトケのきよえ」 のコーナー。
 いきなり聖恵チャンが 「ホトケのきよえ」 になり(笑)、裏声のまんまでしゃべりだすんですよ。
 コンセプト的には、「ゲゲゲの鬼太郎」 の目玉おやじ、という感じかな~。 目玉おやじよりはカワイイ感じですけど。 私のイメージとしては、「電脳コイル」 の 「オヤジ」 がしゃべっている、みたいな感じ(笑)。
 この 「ホトケ」 さまがリスナーのざんげ話を聞いてそれを浄化させていく、という、発想的には昔からあるパターンのもの(笑)。

 ところがこの目玉おやじ、いきなりブチ切れるんですよ(笑)。

 その人格交代キャラは聖恵チャンの関係者らしくて(笑)、聖恵チャンの昔話をブチ切れながらまくし立てる(笑)。
 なんか、最初聴いた時は、とても異様な世界に入ってしまった感覚に襲われました(笑)が、今では 「ホトケのきよえ」 チャンの可愛いキャラとブチ切れキャラの落差が快感になってきました(笑)。

 フリートークの部分も結構面白くて、昨日(今日か)は友人の結婚式に行って隣席の男性から横柄な態度をとられたが、聖恵チャンがいきものがかりのメンバーだと知った途端態度がコロッと変わったとか、「キミがいる」 のシングルが売られているかどうかの確認に行ってたとか、まあちゃんと聞いているわけではないので内容は不正確ですが、その話の組み立て方がうまいんですよ。 学生時代に放送部だったらしいのですが、その経験が生きているような印象を受けます。

 そしてエンディングは毎回(ほぼ)、私のお気に入りの 「帰りたくなったよ」。 聖恵チャンにとっても特別な歌のようですね。

 それにしても彼女が、ここまでのブッ飛びキャラだったとは…。
 意外な一面に、毎回驚かされ続けております。

|

« 新しいクロレッツ、味が30分続く衝撃 | トップページ | 「ジブリ 創作のヒミツ 宮崎駿と新人監督 葛藤の400日」 見ました »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/49127333

この記事へのトラックバック一覧です: 「いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン」 ブッ飛んでます:

« 新しいクロレッツ、味が30分続く衝撃 | トップページ | 「ジブリ 創作のヒミツ 宮崎駿と新人監督 葛藤の400日」 見ました »