« 「ゲゲゲの女房」 第20週 見えないもの、見えなくなるもの | トップページ | 「チューボーですよ!」 枡田絵理奈アナ、それを言っちゃあ…(笑) »

2010年8月15日 (日)

「歸國」 過去からの怒りに満ちた告発

 倉本聰サンの脚本によるスペシャルドラマ、「歸國」。
 もともと富良野塾の舞台の演目として、個人的にはずいぶん前から知っていたような気がするのですが、どうもウィキにその記述がないですね。
 その、自分が知っていたこの劇の内容は、先の大戦で死んだ日本兵たちが現代の日本に帰って来て、その様子にすっかり落胆してもといた場所に帰っていく、というもの。 現代社会に対する強烈な皮肉を含んだ劇、という印象でした。

 もともと舞台用だったと思われるこの作品、TBSの誇る巨匠、鴨下信一サンの演出で今回ドラマ化されたわけですが、やはり舞台演劇っぽい部分がそこかしこに見受けられました。 それでも、その特殊空間的な演出は、鴨下サンの得意とするところ。 さすがと思わせる作品に仕上がっていたと思います。

 ただ文明批判を含んだこの作品、やはり説教臭くなるのは否めない。
 要するに、倉本というオジーサンが 「最近の若者は、最近の日本は」 と愚痴をこぼしているかのような受け取られかたをされる恐れも、多分に含んでいるのです。
 説教臭くなれば途端に、リアリティは喪失されていく。
 もともとこのドラマはリアリティから逸脱した設定ではあるのですが、ほんとうにリアリティを奪ってしまうのは、ほかならぬこの 「説教臭さ」 なのです。

 例えば、チェロとピアノの演奏パートナーだった小栗旬クンと堀北真希チャン。
 小栗旬クンは、65年ぶりに日本に戻ってきた英霊です。
 堀北真希チャンは現代では年老いて、八千草薫サンが同一人物を演じています。
 恋人同士でもあったこのふたりを結び付けていたのは、小栗クンが戦地から送った宮沢賢治の童話集。
 本当に伝えたい言葉をその本の活字の横に丸印をつけてひそかに託し、検閲を通過させ、愛の告白をした小栗クン。 スパイ映画によくある方法ですね。
 この隠されたメッセージを若き日の堀北真希チャンは読み解き、八千草薫サンになってしまうまで(ヘンな説明だなァ…)結婚もせず、音楽教師として一生を貫いてきたのです。

 彼女は目を悪くしており、小栗クンが帰ってきたことを鋭くなった勘によって察知する。
 そして、自分ももう先が長くないから、いっしょに連れてって、と懇願するのです。
 このシチュエイションには、結構泣けるものがあります。
 しかし彼女に、今時の子供たちは歌を歌わなくなった、自分が教えていてもみんなケータイのメールに夢中で誰も授業についてこない、という話をさせた途端、みんながみんなそうじゃないだろう、ためにする話をしているな、と、見ている側が急速に醒めてしまう。

 ここらへんのリアリティの保ち方は実に微妙な匙加減でどうにでもなるレベルであり、こんな説教臭さにところどころ陥りそうになりながらも、きちんとドラマを見せ続けることには、確かに成功していた気はします。 倉本サンも、そのコントロールは大変だったろうなーと感じます。

 このドラマの主役は特になく、群像劇、といった趣なのですが、強いて挙げれば主役的扱いは、ビートたけしサン。

 私はこの人、演技力よりも存在感で見せる役者だと感じているのですが、相変わらずその重厚な存在感はすごい。 並みいる演技派の俳優たちのなかで、ひとり異色を放っていました。
 たけしサンは自分の妹で浅草六区のダンサーであった小池栄子サンのなれの果ての姿と対面する。
 彼女はストリッパーまで落ちぶれながら、女手ひとつで息子を育て上げたのですが、現在は見向きもされず、病院のベッドで植物状態のまま、現代の医療技術で生かされ続けている。 ベッドに横たわっているのは、ピチピチだったダンサーの片鱗もない、しわくちゃのおばあさん。

 この延命装置を外してしまうのが、唯一彼女の声が聴け、そして自らももうすぐ死んでしまう少女。 そして母親の死の一報を聞いて何事もなかったかのようにふるまおうとする息子石坂浩二サンを、たけしサンは殺してしまう。

 この展開はいかにも舞台的で、舞台を見ていたならばその語り口に引き込まれながら見てしまうところなのでしょうが、テレビドラマになるとこの展開は、視聴者によって冷静に見られてしまうきらいが、どうしても出てくる。 そして冷静に見てしまうと、どうしても賛否両論になるであろうシーンなのです。 でも、見る側はそこから、倉本サンの安楽死に対する見解を見てとるべきだし、個々人が安楽死について考える機会を持つことこそが、意義のあることだろうと考えるのです。
 ただこのドラマではこんな、舞台的な大げさな話が見る者への感動の伝わりかたを鈍くさせてしまう、そんな場面も散見しました。
 それにしてもたけしサンと石坂サンか…。 その昔、「世界まるごとHOWマッチ」 のレギュラー回答者でしたね。

 そしてこのドラマの凄いところは、凄い役者が数多く出ている、というのに、顔もススだらけ、始終夜中の設定なので、誰が誰だかよく分からない、という点。 要するに、役者の力量が最大限に試されるわけです。

 その中での例外がたけしサンだったわけですが、この没個性の設定のなかでもっとも印象的だったのは、話が結構中心的に回っていた小栗旬クンでした。
 ただ彼の話に時間が割かれていたことがその理由でもあるので、彼を抜きにして考えると、検閲官で首をくくって死んだARATAサンの演技が、やはり凄味がありました。 「チェイス」 でもそうでしたが、この人は今後、大注目の役者ですね。

 ARATAサンは英霊にはなりきれず、靖国神社(靖国神社全面協力、というのもすごかったなあ…まあ倉本サンの思想的信条と合致したからこその協力だったのでしょうが)で永遠にウロウロしていたわけですが、もうひとりここ日本で永遠にさまよい続け、帰ってきた英霊たちのナビゲーターをしている男がいます。 生瀬勝久サンです。
 彼が誘導したためにたけしサンが石坂サンを突き殺してしまったみたいな面はあるのですが、これが原因となってたけしサンは英霊の仲間から逸脱してしまう。 それを狙っていた恨みの強さみたいなものも、どこかで感じる奥の深い演技でした。

 そして部隊長を演じた、長渕剛サン。
 久々のテレビドラマだったわけですが、やはりたけしサンと同じように、存在感で見せてきますネ。
 私はこの人を見ていると、いつも三島由紀夫を連想するのです。
 もともと軟弱者の代表みたいなフォークシンガーだったのに、劣等感を武器に変えて肉体改造に取り掛かり、驚天動地のメタモルフォーゼを敢行した。 その長渕サンが 「YAMATO」 とか今回のドラマとかにかかわってくると、どうしても三島由紀夫の影がちらついて仕方なくなる。 まあ、思い違いでしょうが。

 それにしても、です。

 このドラマの主題が現代社会に対する強烈な批判である、という側面は、実は一握りのロクでもない人たちに向けて発信されているメッセージなのだということを表しています。
 それ以外の大多数の人々は、日々を一生懸命生きているし、常識だってある。
 それに、昔が一方的によかったか、というと、そうでもないのでは?とも思われてくる面もあります。 それは心がすさんでいるかいないか、その比較においてなんですけど。

 それでも、そもそも国を憂う、とは一体どういうことなのか、このドラマはその根本的な意味を考えさせてくれます。

 国を憂う、というのは、なにも英霊たちだけが感じることではない気がする。
 坂本龍馬だって、今の日本を見れば、「わしが作りたかったのは、こんな国ではないぜよ!」 と言うかもしれないし、日本の風景を愛でてそれを短歌や俳句なんかに残してきた平安貴族、松尾芭蕉などの歌人俳人だって、「こんな日本に誰がした?」 と思うような気がするんですよ。

 それは、自分が生きてきたその地に対する、強い愛着の気持ちから発生する気がします。
 すなわち、「ふるさとへの強い思い」 です。

 私たちにとって重要なのは、自分たちがこの時代に限定されて生きているわけではないことを自覚することではないでしょうか。 先達たちの足跡の上に、自分たちは生きている。 お盆と終戦の日が重なるこの時期は、そのことを自覚する最高の機会のような気がして、ならないのです。

« 「ゲゲゲの女房」 第20週 見えないもの、見えなくなるもの | トップページ | 「チューボーですよ!」 枡田絵理奈アナ、それを言っちゃあ…(笑) »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

舞台劇だったんですか〜。どうりで臭いセリフに説明のような無駄なセリフ。テレビドラマだからかなりシラケた。倉本さんのドラマって当りハズレがあるかなって思ってます。

アールグレイ様
コメント、ありがとうございます。

ディスコでラッパーががなっていたラップの内容には引きましたが…(笑)。 あれも言いたいことをオブラートに包まない舞台的な内容でしたかね。 「カンケーねえ」 とか、小島よしおかよ!みたいな(笑)。

元が舞台だったんですね
そういえばCMで見たかな…と思ったら劇団四季の『異国の丘』だった…(汗)

あーそうか、やっぱり取ってつけたようなセリフがシラケさせたんですね。

たしかに、今までの「日本的なるもの」が希薄になってきてるとは思うんですよ。
タガが外れてしまったというか。
じゃあ、父親を頂点とした家族という単位が大切か、年功序列の会社がベストか、というと難しい。

>靖国神社全面協力
驚きました。あそこでARATAくんがまさに演劇的な長セリフを語っていたのがシュールでした。
ARATAくんはいろんな映画にも出てますが
『ワンダフルライフ』や『ピンポン』が青年期の代表作というか、ナイーブでいいかんじです。

私は4年くらい前から、8月に千鳥が淵にお参りするようにしております。とても神妙な気持ちになります。
自分の爺さん婆さんの墓参りは10年くらいサボってるのにw

マイティ様
コメント、ありがとうございます。

確か、たけしサンが石坂サンに 「恥を知れ」 と言っていた気がしますが、このドラマの根幹は、まさしくこのセリフでしょうね。

倉本サンが見つめているのは、恥知らずなことをやってもいっこうに平気な人々なのだと思うのです。 電車の中で平気で化粧をする、ゴミ捨てのルールさえわきまえない、事業仕訳に真っ先に自分たち政治家を俎上に載せない(笑)、そんな人たちに対して、国のために死んでいったものたちが昔いたんだぞ、ということを声を大にして言いたい、そんな倉本サンの心情は、痛いほど理解できるのです。 私がこのドラマをあからさまにけなすことのできない理由は、そこにあります。 小島よしおかよ!みたいなツッコミは入れたくなるのですが(笑)。

でもまあ、「カンケーねえ」 と言うこと自体が他人への無関心を助長している象徴なんですよね。

倉本サンのドラマは、倉本サン自身の主張がそのままむき出しになっている作品も多いです。
でも、「カンケーねえ」 と傍観者を気取るよりも、ウザいと思われようが自分の言いたいことはきっちりと言うのだ、という倉本サンの心意気は、しっかりと受け止めたいですよね。 自分もそんな 「ウゼエ」 じーさんになってみたいものです(笑)。

なんか話がヘンな方向に行っちゃってスミマセンでした。 ご先祖のお墓参りは、なさったほうがいいと思いますです(笑)。

ワタシもすでに「関係ないけど一言言わせてもらうよ!」というオバチャンになりつつあります…

マイティ様
再コメント、ありがとうございます。

若いモンにガツンと言って態度をただせるのならいいのですが、逆にやられちゃいますからね…。 物騒な世の中ですので、じゅうぶんお気を付けください…

うっ、絵文字を入れてしまった…(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「歸國」 過去からの怒りに満ちた告発:

« 「ゲゲゲの女房」 第20週 見えないもの、見えなくなるもの | トップページ | 「チューボーですよ!」 枡田絵理奈アナ、それを言っちゃあ…(笑) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ