« 「スタジオパークからこんにちは」 松下奈緒サン、ゲゲゲを振り返って | トップページ | 「ゲゲゲの女房」 第25週 好きなことをやり続ける、ということ »

2010年9月17日 (金)

「10年先も君に恋して」 第3回 自分が変わってしまうことへの恐怖

 どうして10年後の丸山博(内野聖陽サン)はここまで変わってしまったのか――私のこのドラマへの興味はそこにあるのですが、どうやら里花(上戸彩チャン)の10年後の変節ぶりに原因がありそうな展開になってきました。 第3回目では10年後の話がインサートされる割合が少しずつ高くなっているのが分かります。 まるで 「ダメージ」 みたいになってきた(笑)。

 その10年後の上戸彩チャンもといリカの変節、というのは、リカが別の男性と付き合っているのではないか?ということ。 今のところはっきりしてはおりませんが、その相手はリカに思いを寄せていた、作家の日高光治(劇団ひとりクン)。
 ただしその浮気というのも、次回の予告編を見る限りではヒロシの行動に端を発している感じ。 「あなたの成功のせいで、私の夢は犠牲になったのよ!」 と怒鳴る10年後リカなのですが、果たしてそれは一体どういうことなのか? まあ、両方ともそれぞれ原因があるのでしょうが。
 次回が楽しみです。

 私の興味についての推移はそんなところなんですが、このドラマ、リカが担当する大作家先生、渡辺えりサンに 「スケールが小さすぎる!」 と自虐的に批評させといて(笑)、スケールが小さいなりに、ドラマにしかできない深いことをやろうとしている気がします。

 それは、「自分が変わってしまうことへの恐れ」。

 三田村教授(藤竜也サン)が10年後ヒロシに 「自分は10年後には死んでいるんだろう?」 と問いただす場面。
 10年後ヒロシのその複雑な表情が、すべてを物語っています。
 それを察した三田村教授は、こう言うのです。

 「まあいいか。
 未来なんて知らなくても、いつかは誰もが、死ぬ。
 …フフッ。
 …今日も頑張るぞっ!」

 三田村教授のように前向きに生きていこう、という意志がまだある人はいいのですが、人は誰しも、未来の自分がどうなってしまうのかには、目をつぶりたがる。 とんでもない病気になってしまうのかとか、ちゃんと生活していけるのかとか。

 それでもいちばん知りたくないのは、自分が精神的に、人生に疲れたネガティヴな人間に変わってしまうことなのではないでしょうか。

 リカは10年後のヒロシに、「今はきみのことをすっかり嫌いだ」 と言われ、激しく傷つくのですが、その原因が自分にもあるのではないか、ということが、怖くて10年後ヒロシに訊き出せないでいる。
 自分が好きになった相手が、10年後には自分のことを大嫌いだと思っているなんて、考えただけで嫌になってしまいます。 リカの悲しみはとても分かる。 と同時に、ヒロシをそんなふうにした10年後の自分っていったいどんな嫌な女になっているんだろう…それを知るのは勇気のいる行為です。

 だからリカは、10年後に嫌な女と思われないように、本当の自分というものを現在のヒロシに正直に打ち明けます。 これは10年後の自分を10年後ヒロシに訊き出すことから逃げている回避行為のような気もしますが、10年後の嫌な女になっている自分への挑戦状でもある。

 「私、実は割と気が強いの。 生意気なとこあるし、頑固だし。 しゃべり出すと止まらないし、片付けだって下手だし…。
 今はいいとこばっかり見てくれてるけど、そのうちフラレるんじゃないかって…」

 それに対して現在のヒロシは 「自分も友達にはちょっとせっかちって言われるし、研究馬鹿ともいわれるし、気が弱いから八方美人なところもある」 と自分の欠点もさらけ出すのですが、こう続けるのです。

 「いつか、お互いにそういう面は見えてくるよ。
 でもぼくは、それでリカのことを嫌いになったりしない」

 ここで流れてくるクリスタル・ケイサンの挿入曲。 なんか、泣けます~。 詞がいいんですよ、ドラマにぴったりで。

 「愛さえもぶつけてばかり 君の心が止まったこともなぜ気づかずに 好きなのに 好きだったのに
 もう一度 やり直せるならば 思い出が消えてもいい」

 この曲、紅白で歌ってほしいなあー。 エンディングタイトル曲より好きです。

 それにしてもこのドラマで唯一可笑しいのは、リカの弟ユウタ(染谷将太クン)。 なんかTOKIOの国分太一クンに風貌が似ていてアレッ?と思うこともあるのですが、10年後ヒロシを未来警察と完全に思い込んでいて 「任務開始のポーズ」「任務完了のポーズ」 を勝手に考えるほどハマっている模様(笑)。 それにウンザリしながらも、「任務開始のポーズ」 を人ごみの中でとってしまう内野サン、大爆笑でした。

 その未来警察への伝言板を見つけた渡辺えりサン、夫役の渡辺いっけいサン(あ、同じ渡辺だ…)と駅の改札近くで 「このスケールがほしかったのよ!」 と大騒ぎ(笑)。 どうもエキストラとかあまり使っていないように見えたんですけど、まあ設定的に大作家、という役だからべつだんまわりの通行人たちがもの珍しそうに見ているのは不自然ではありません(確信犯的…笑)。

 いやーだけどこの、野外撮影を通行人がもの珍しそうに見ている、という図、昔はよくありましたよねえ(笑)。 フィルム撮影なので撮り直しが利かない事情があったんだと思うのですが、「太陽にほえろ!」 とかで犯人を刑事が追っかけているシーンを後ろで笑って見物している人とか(笑)。
 いましたねええ~(感慨、相当深し…笑)。

 話は戻りますが、この渡辺いっけいサン、とても地味な役なのですが、ドラマにとって結構スパイスの効いた役どころで、「怒るってことは、好きってことなんだ」 と、とても重要なセリフを言ってました。 まさにこんな感じで、このドラマは進行しておりますよね。

 ともあれ、次回がますます楽しみなこのドラマであります。

当ブログ 「10年先も君に恋して」 に関する他の記事
第1回 んー、どうでしょう
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/09/10-1-276e.html
第2回 大切なのは、今の気持ちなんだhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/09/10-2-58e5.html
第3回 自分が変わってしまうことへの恐怖http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/09/10-3-3dc3.html
第4回 失いたくない、あの時の気持ちをhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/09/10-4-b283.html
第5回 いまだけが、未来を変えられるhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/09/10-5-3f42.html
第6回 10年後の自分へhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/10/10-6-10-0df7.html

« 「スタジオパークからこんにちは」 松下奈緒サン、ゲゲゲを振り返って | トップページ | 「ゲゲゲの女房」 第25週 好きなことをやり続ける、ということ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、検索サイトからお邪魔しました。
「10年先も君に恋して」私も見てます。記事見て、話の良さとか、挿入歌の良さとか納得です。

見る前は、10年後と10年前の2役は違和感あるかなーとか思ってましたが、案外とお二人ともいけますね。

2人の関係や、作家先生のキャラも面白いですが、結構好きなのが弟のユウタです。ここまで単純なキャラ、そうはいませんからw

染谷将太くんは、別のNHKドラマにも出るみたいですね。
http://www.nhk.or.jp/nagoya-ds-blog/010/60266.html

残り数回で終わってしまうのが淋しいです。NHKのドラマは話数が少ないのですね。


なぎ様
はじめまして。 コメント、ありがとうございます。

私も最初は、 「内野サン、作りすぎてる(笑)」 という冷めた感じで見てたのですが、これってわざとかもしれない、と思い始めたら、いつの間にかドラマにハマっていました。

染谷将太クンのドラマ、NHKドラマスペシャル 「心の糸」 ですか。 リンク先を拝見させていただきました。 なんと、松雪泰子サンの主演! 「Mother」 以降初めてかな? こりゃ大注目です。 お教えくださり、感謝いたします。

ホント、このNHK火曜ドラマは前作の 「天使のわけまえ」 にしてもそうでしたが、もっとじっくり見ていたいドラマが多いです。 民放のほうが、かえってつまらないドラマを引っ張って引っ張っている気がします(笑)。

 リーンです。ここに出没します。

 上戸彩さんのドラマ、お察しのとうりこのドラマでございます。

 ところで、勘助殿は正妻で飽き足らず湖衣姫様に手を出してしまったのでしょうか。ご養生なされませ。ってことは置いといて、です。

 このドラマ、あっさりするほど内容をすんなり受け入れてみています。未来から来た内野さんを侵略者のように忌避しない、あたかも生活の一部として楽しんでいる。10年前ならこんなドラマは造れなかったように思うのですが、私に不案内な海外ドラマの影響でしょうか。

 上戸さんが今の自分を見つめなおしたら、未来の内野さんとの夫婦生活が変わっていく展開になるのでしょうか。とすれば、内野さんのコートがさらによれよれになったり、幽霊のように現世の人から見えにくくなったり、これは当たっていなくていいのですが、未来像が歪むことになるのかしら。とにかく未来の夫婦像の積極的な変化をじっくり見たいと思っています。

 松雪さんのドラマ、名古屋放送局の製作ですね。『中学生日記』を作ってきた底力が出ますかね。シンドロームからまだ覚めないこちらとしてはまったく違う演技がみたいです。ところでフジテレビが次のクールで日曜9時に新しいドラマ枠を設定するとか。その主演が松雪さんを起用し日曜劇場に宣戦布告するとか。これ本当に困ります。どちらか面白くなかったらザッピングしながら見てしまいそうで健康に悪いです。花王名人劇場の枠はバラエティにして欲しいです。

リーン様
コメント、ありがとうございます。

内野聖陽サンを見たのは、お恥ずかしながら 「風林火山」 が最初でした。 大河をン十年も見続けていて、主演に抜擢された人を全く知らなかった、というのは初めての経験で(笑)。 それ以来、内野サンの重厚な役どころばかり見てきた気がするので、この 「30歳ヴァージョンヒロシ」 には面食らっております(このドラマに関するほかの記事で以前にも書いたのですが)。

このドラマ、タイムスリップもののルールを結構無視してかかっているようなところが見受けられます。 変わった状況によって未来人の様子が変わってしまうとか、リーン様のご指摘になったようなところですね。

これって 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 で確立してしまったタイムパラドックス、という気もするのですが、このドラマでことさら強調されているのは、「10年後のヒロシが10年前の自分自身と邂逅すると激しい頭痛や吐き気に見舞われる」、というルールくらいで。

でもこのルールのために10年後のヒロシは10年前のヒロシに事情を説明できない、という、ドラマ上では重要な設定なような気がします。 ま、人伝てに10年前の自分に伝える、という手はいくらでもある気はするのですが(笑)。

いずれにせよ、あまり細かいタイムパラドックスにはとらわれずに見ていきたいな、とは思っています。

名古屋放送局、と言いますと、最近では 「鉄の骨」 が印象的でした。 どんなドラマになるのかなー。
日曜9時にフジテレビがドラマ参戦、とはいただけないですねー(笑)。 まあ、「JIN-仁-」 だけは、どんなドラマをぶつけても敵わんです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「スタジオパークからこんにちは」 松下奈緒サン、ゲゲゲを振り返って | トップページ | 「ゲゲゲの女房」 第25週 好きなことをやり続ける、ということ »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ