« 「仮面ライダー000(オーズ)」 第一印象です | トップページ | 「龍馬伝」 第36回 龍馬への思い、龍馬の思い »

2010年9月 5日 (日)

「うぬぼれ刑事」 第9回 なんか、目が離せなくなってきた(笑)

 前回は三田佳子サンまで長瀬智也クンの恋愛対象になり、親父の西田敏行サンと取り合う始末にまで発展(笑)。 ますます節操のなくなっていくこのドラマなのですが、今回はさらに、光浦靖子サンが恋愛対象。

 …(笑)。

 いくらなんでもそれはないだろう、という感じですが、設定をしながら作者のクドカンサンがゲラゲラ笑っている図が浮かんで仕方がない。 こうなりゃ 「Mother」 に出てきた子役の継美チャンも恋愛対象にしたら面白いのではなかろーか?などと暴走をしてしまいそうなノリを感じるのです。

 しかも光浦サンに、長瀬クンをフラせるし(笑)。

 さらにここで、福島から長瀬クンの母親役で、イカル、じゃなかった(笑)竹下景子サンも参戦。 いや、キャラ的には、イカル(「ゲゲゲの女房」)なんですけど(笑)。 美人のイカル(笑)。 親父の西田敏行サンとの大ゲンカで、まあウッチャシイこと(「うるさい」 という意味です…先週長瀬クンが 「ウッチャシイ!」 と怒鳴ったのには、笑いつつも懐かしさを感じてしまいました)。
 でもまあ、竹下サンの出番は今回だけだろうなあ。 惜しいです。

 それにしても前回、西田サンが長瀬クンの同僚である冴木優(荒川良々サン)に、彼の妻である中島美嘉サンの元カレが自分の息子だということをばらしてしまったんですが。
 この冴木優(それにしてもカッコイイ名前だなあ…見てくれとは大違いで)、極度の下戸であるため、酔っ払っているときに聞いたその話を、てっきり次の日には忘れてしまっているもんだと思ってたんですよ。

 ところが、冴木はその話をしっかり覚えている。

 これってなんか、コメディドラマにはありえない、意外な展開だと思いまして。

 そのことで冴木は長瀬クンに必要以上に明るくふるまったり、いきなり屋上にホワイトボードを出現させて、またグチャグチャの字で自分の妻の浮気疑惑を解説を始めたりして、情緒不安定全開なのですが(笑)、そのことがドラマを意外なところで引き締めている。
 そして、中島美嘉サンは、ある日冴木のもとを、突然去ってしまうのです。
 なんか、目が離せない展開になってきたなあ(笑)。

 マンネリ部分に関してはワルノリの度を増しながらディティール崩壊させ、そのことでちょっと中ダレした時期もあったのですが、こうした別の部分の話の展開で、ドラマにまた面白さが戻ってきた気がするのです。

 このドラマの危なさは、毎回最後に繰り広げられる、長瀬クンの恋愛対象への二者択一なのですが、これってよーするに、犯罪のすすめですよね?(笑)
 その非現実さを受け入れることによって、このドラマ全体を支配しているシュールさに入っていけるかどうかが決定する。 何とも視聴者をゴーインに選んでいる、不遜なドラマであります(笑)。

|

« 「仮面ライダー000(オーズ)」 第一印象です | トップページ | 「龍馬伝」 第36回 龍馬への思い、龍馬の思い »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

たしかに先週から面白くなってまいりました。
うぬぼれが見合いすると言い出し
「幻想(理想でしたっけ?)を捨てて無難な結婚しちゃえば、それが一番、罰になると思って」とサラッと言ったのが
ものすご〜〜〜〜くツボってしまいまして。
罰って!WWW
親子で踊ったりするのも良かったです。

今回、うぬぼれは見合い相手の智世さんにもホレれてしまいましたが
やはり栗橋先生(三津五郎)は、容姿がイマイチな教え子のことなど覚えてもいなかった。
うぬぼれの恋愛体質が浮き彫りになりました。(笑)

クドカン作品では、モラル崩壊(ありえねー!という展開)とコネタを楽しむことにしてるんで
今回のサダメ君と穴井の、メガネを使った「おばあちゃんコント」など、コマゴマ楽しませていただきました。
見合いの席に葉造がサダメの服で登場したのにも笑いました。

金曜日は「うぬぼれ」のあと、深夜にテレ東で『モテキ』ってドラマをやってまして
これが今クール、ゲゲゲに次ぐ大当たり作品なのです。
主人公の屈折のしかたがたまりません!

投稿: マイティ | 2010年9月 6日 (月) 13時34分

マイティ様
コメント連投、ありがとうございます。

ゲゲッ、そういう面白いドラマがあるなんて、早く教えて下さいよっ(笑)。 私はドラマに対する嗅覚がことのほか悪いので…(笑)。

長瀬クン、「罰になる」 なんて、言ってましたっけ?(笑) なにしろこのドラマ、結構い~かげんに見ているものですから…(笑)。

坂東三津五郎サン、しんから楽しんでこの役をやっているのがよく分かるんですよ。 個人的には数年前の大河で明智光秀を演じておられたのがダントツだったのですが、この教授役はそれを上回るインパクトであります。

おばあちゃんコントは、笑いました~。 でもうぬぼれ4の話は、聞き耳を立ててしっかりついていこうという意志がないと、すべての笑いどころについていけない部分がありますよネ(笑)。

長瀬クンのダンスは、わざとダサくしているのがとてもよく分かるのです。 これってダンスのかなり上手な人でないとできない芸当のような気がします。 股間を押さえるのはマイケルの真似なのでしょーが(笑)、ちょっとヤバすぎます。

投稿: リウ | 2010年9月 7日 (火) 05時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/49357211

この記事へのトラックバック一覧です: 「うぬぼれ刑事」 第9回 なんか、目が離せなくなってきた(笑):

« 「仮面ライダー000(オーズ)」 第一印象です | トップページ | 「龍馬伝」 第36回 龍馬への思い、龍馬の思い »