« 「ダメージ3」 今度はトムですか… | トップページ | 「スタジオパークからこんにちは」 松下奈緒サン、ゲゲゲを振り返って »

2010年9月15日 (水)

「NHK歌謡コンサート」 いきものがかりと松下奈緒サンとの共演

 9月14日 「NHK歌謡コンサート」 は、「伝えたい あなたへの愛」 というテーマのもとに繰り広げられたのですが、そのなかでも大きな目玉だったのが、「ゲゲゲの女房」 の主題歌、「ありがとう」 を歌ういきものがかりが出演されたこと。

 しかしその前に目を引いたのは、その登場の前に歌われたいろんな歌の数々。 いきものがかりの話はのちほどいたしますが、ちょっとそちらのほうの話を先にさせていただきます。

 まずは岩崎宏美サンの 「すみれ色の涙」。

 岩崎サンのピークはなんと言っても 「聖母(マドンナ)たちのララバイ」 でしょう。 そのスケールから比較するとこの曲はかわいらしい小曲のような作品で、さらに確かグループサウンズのリメイク曲だということで話題性には乏しかったような気がします。 それでも当時は、かなりヒットした。
 今回この曲を聴いてそれにはやはり理由があることを痛感しました。
 この曲のいちばんの泣かせどころは 「淋しかったから あなたを愛して 淋しかったから あなたを憎んだ 淋しかったからあなたにさよならを」 の部分でしょう。 深いです。 ずいぶん久しぶりに聴いたせいもあるのかもしれませんが、なんか、ボロボロ泣けました。

 そして中尾ミエサンの 「片思い」。
 結構早く亡くなってしまった作詞家、安井かずみサンの傑作です。
 川口真サンも、いい曲が多いですが、そのなかでも最高ランクだと考えています。
 そして中尾ミエサンの歌の中では、私がいちばん好きな曲。
 この曲で最も印象的なのは、中尾サンが歌っている間ほぼ全編に流れ続けるバックコーラス。 このコーラスが聴く者の感情をいやがおうでも高ぶらせるのです。 「祈りをこめて伝えたい私の愛を」 って、まさしく今回のテーマですよね(笑)。 あー、大好きな曲を聴くことができて、この時点ですでに、かなり満足なのです。

 しかし番組はさらにたたみかける(笑)。

 今度は海援隊の 「母に捧げるバラード」 ですよ。 曲の前のトークでは武田サンのいつものネタトーク(曲がヒットする前と後では母親の態度が豹変した、というやつです…笑)もあったのですが、お母様の十三回忌が最近あったらしくて、集まった親族たちで笑い転げて、これも母親の遺してくれたものなんだろうなー、という武田サンの感慨が、やはり胸にぐっとくるのです。

 この曲がヒットしたのは1974年、私が小学校4年の時分なんですが、私が記憶している限り、なにか歌を聴いて泣けた、最初の曲であります(小学4年でこの曲に泣くとは、ずいぶんませていたものですが…笑)。 当時はヤケに自分の母親の有難味が身にしみて泣けたのです。 この曲はたまーに聴くと、やはり泣けますね。 今回も泣けました。

 この曲で小学4年の当時からハチャメチャだと思ったのは、「働いて働いて働きぬいて、遊びたいとか、休みたいとか、そんなこといっぺんでも思ってみろ。 そん時ゃ鉄矢、…死ね」 という理論でした(笑)。
 けれども社会に出てハチャメチャに忙しかった時、なぜかこのフレーズが頭をよぎり、「その通りだよなあ」 と実感したのです。
 人間は働き続けなければ、死んだも同然だ。
 働くということがすなわち、生きていく、ということなのだ。
 理屈で理解できるレベルではないのですが(笑)、「働くことの尊さ」 を理屈抜きで思い知らされる部分なのです。

 さらにすぎもとまさとサンの 「吾亦紅」。
 「母親に謝りたい」 という気持ちは、武田サンの伝えるメッセージよりも、年齢を重ねたものでないと分からないものがあります。 ただ、「自分を生きる」 という部分は、別に女房子供がいても貫くことはできるだろう、という気にはなるのですが(笑)。
 この曲で共感できるのは、墓参りに訪れたものが 「線香がつきにくい」 と感じながら、そこに故人の気持ちを感じてしまうくだりです。 墓参りに来るときくらい、先祖や親に威張ってみたい…そんな気持ちは、痛いほど分かる。 威張れる人生を歩んでいたいと思うものですが、なかなかそうは、ならないみたいです。

 ここまで名曲を立て続けに聴かされて、なんだかいきものがかりのハードルがいやがうえにも高くなっていくような気がするのですが(笑)。 私はこの時点ですでに、じゅうぶん満足しきってしまっているのです(笑)。

 数日前の当ブログの記事にも書いたのですが、「ありがとう」 という曲は、「ゲゲゲの女房」 でかかるものとは、結構違った構成で繰り広げられる。 朝ドラで聴き慣れてしまっている人がこの原曲を聴くと、かなり面食らう部分があるのです。 そんな不安をどうやって解消できるのか。 NHKはここで、布美枝役の松下奈緒サンをゲストに呼ぶことで、その違和感を解消しにかかるのです。

 さらに松下サンはゲストとしてだけでなく、「ありがとう」 のピアノ演奏でいきものがかりと共演までしてしまう。 思わぬところでの共演となり、「構成が違うことへの戸惑い」 をさらに解消にかかったNHKのこの判断には、拍手を送りたい気持であります。

 曲の前のトーク。

 聖恵チャン 「うちは祖母と母が朝ドラ昔から大好きなんで…私にとってもすこくなじみ深いドラマなので、自分たちの曲が流れたときにはすごくうれしかったです」

 松下サン 「初めて聴かせていただいたときにもう涙が感激してあふれ出てきて、でやっぱドラマの主人公を演じているとやっぱその言葉を代弁してくれているようなそういう気持ちを聴かせていただけたのでホントにうれしかったです、素晴らしい曲をありがとうございます。
 9ヶ月くらいずーっと役とともに歩いてきたので、ま長かったと言えば長いですけどホントに充実した9ヶ月間だったので、なんか自分もひと回り大きくなれたのかなーと思うと、ホントにいい経験をさせていただきまして…ありがとうございました」

 松下サン、相変わらず立て板に水でしゃべるしゃべる(笑)。
 と言うより、量をしゃべっている割には内容がフツーなので、こうして文字にして起こしてしまうとずいぶんしゃべってるなーという気はするんですが、実際にはさほどに感じない、と言うか(笑)。

 そしてイントロを松下サンが独奏で弾き始め、いきものかかりとの共演であります。 「紅白」 でも共演を実現してほしいと思うほどの出来でした。 おそらくいきものがかりは今年の紅白には断然当確でしょうから。 ホント、いい曲ですよね。 やっぱり、なんか、泣けましたよ。 どーも泣いてばっかりで安っぽい涙の押し売りですね、ワタシ(笑)。

 いずれにせよここまでのものを見させていただいて、NHKサンには感謝感謝なのであります。

« 「ダメージ3」 今度はトムですか… | トップページ | 「スタジオパークからこんにちは」 松下奈緒サン、ゲゲゲを振り返って »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

この番組、たまたま見ましたよw
このNHKにせよ、日テレにせよ
90年代までの懐メロ番組やっとけば確実なんでしょうねw

「ありがとう」のフルバージョンは初めて聞きました。ドラマのほうで使用されてるのは、随分編集(?)されてるんですね

松下さんはピアノが自在に弾けるのが強みですね。
ネットのニュースで福山龍馬と対談されてるのも見ました。引っ張りだこですねえ。

余談ですが、先日某DIYショップで中尾ミエさんをお見かけしたばかりでしたのでw
「あら、歌ってる」と見入ってしまいました。
森山良子さんとの番組が懐かしいなあ。

マイティ様
コメント、ありがとうございます。

やっぱり懐メロにしか心が動かされない、というのも困ったものです(笑)。 今年流行った曲ってなんなんだか、にわかに思い出せなくなってずいぶん経ちます(笑)。 今年はこの 「ありがとう」 と、んー、えーと…(笑)。 しかもこの 「ありがとう」 にしても、流行ったかどうかも分からない(笑)。 あっちゅーまにチャートなんか変わってしまいますからね。

布美枝と龍馬の対談(笑)は、NHKの情報誌ステラで発売中、みたいな宣伝は見ましたが、ネットでも見ることができるんですね。

「ミエと良子のおしゃべり泥棒」! 見てましたよ! なんか歯に衣着せぬトークが満載で、終わっちゃったのがとても残念だったことを覚えています。 内容について詳しく覚えていないのが難点ですが…(笑)。 でもこのおふたりのトークは、たまにでもいいですからスペシャル番組として、テレ東サンもやってほしいものです。

布美枝と龍馬の対談の内容まではネットで見られません。
見たのは対談したというニュースだけです。
ふたり並んだ写真を見ても、松下さん細長いなあ(笑)


「ミエと良子のおしゃべり泥棒」
あーあー、そういうタイトルでした。
ミエさんに感化されて良子さんがどんどん派手というか華やかになっていかれたのが印象に残っています。
まさにツッコミ&ボケなお二人。
ギリギリなトークでも、中尾さんなら確信的に斬り込むことができ、森山さんは天然なので無自覚にやれちゃうんでしょうね。

今はああいう番組ないですねえ
グータンじゃ微妙だし、少し前には中村うさぎさんと岩井志麻子さんあたりが夜中にお下品な番組(女神のリビドー)やってましたが。

マイティ様
コメント、ありがとうございます。

あ、そーでしたか、私の勝手な勘違いでした(笑)。 そりゃ雑誌で発売されているものをネットで読むことができたら、商売あがったりですもんねー(でもそういうのが結構できるから、紙媒体が衰退していくんでしょうね)。

「良子さんがどんどん派手に」…そうでしたそうでした!(笑) 思えば森山良子サンが一皮むけたのも、この番組がきっかけだった気がいたします。 それまではどうしても 「フォークシンガー」 でくくられてしまうようなキャラでしたからね。
中尾サンも、あれ以来露出が少ないのがとても残念です。 この人のコメントは、もっと見てみたい気がします。

岩井志麻子サンと中村うさぎサンですか、確かに過激そうですね(笑)。 ただ岩井サンって、出てきた当初よりずいぶんマトモになったような気がいたしますが…(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/49455749

この記事へのトラックバック一覧です: 「NHK歌謡コンサート」 いきものがかりと松下奈緒サンとの共演:

« 「ダメージ3」 今度はトムですか… | トップページ | 「スタジオパークからこんにちは」 松下奈緒サン、ゲゲゲを振り返って »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ