« 「龍馬伝」 第37回 龍馬がお龍を選んだ理由 | トップページ | 「ダメージ3」 今度はトムですか… »

2010年9月14日 (火)

「坂崎幸之助・吉田拓郎のオールナイトニッポンゴールド」 準ちゃん完結編

 9月13日のニッポン放送 「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンゴールド」 では、拓郎サンが作ったというラジオドラマ 「準ちゃん完結編」 が放送されていました。

 仕事の合間に途切れ途切れで聴いているために正確な内容の記事にならないことは残念ですが、どうやらこのラジオドラマは第2弾らしくて、ここ最近、数ヶ月前からこれを聞き始めた私はその第1弾を聞きそびれてしまったわけです。 したがってこのラジオドラマが放送されると聞いて、果たしていったいどんなものなのだろうと、興味津々だったのですが。

 「準ちゃん」 というのは吉田拓郎ファンにとってはとても有名な人なのですが、要するに拓郎サンが高校時代から大学時代に付き合ったあまたの女性(笑)のなかのひとりであります。 そのなかでも拓郎サンにとってもファンにとっても特別な人で。

 この人について書かれた拓郎サンの曲は、私の知る限りでは2曲あります。 昨日放送された 「準ちゃん完結編」 でもこの2曲が最初と最後にかかっていました。 この2曲はとても悲しい思い出の経過を隔てて書かれている。 だからこそ拓郎サンにもファンにとっても準ちゃんは、特別な存在なのです。

 まず最初の 「準ちゃん」 という曲は、私の記憶が確かならば拓郎サンが生涯で初めて作った曲だったと思います(間違ってたらゴメンナサイ)。 三田明サンや舟木一夫サンの歌うような、モロに青春歌謡、という曲で(笑)。 純粋に好きな女の子を称えている、とても牧歌的な若い恋人たちの歌、という感じの曲です。

 それが数年を経て作られた2曲目、「準ちゃんが今日(こんにち)の吉田拓郎に与えた多大なる影響」(題名はたぶん正確ではありません)という曲になると、その後にふたりの間に起こった起きたとても気まずい出来事が痛々しいまでに切々と語られている。
 若いときの過ちを描き出して秀逸のこの名曲、ボブ・ディランの原曲に独自の歌詞をつけたためか、正規盤が流通していません。 というより、この曲が収められたライヴ・アルバム自体が拓郎サンの了解を得ていない。 それでも拓郎サン本人がこの曲を 「オールナイト」 とかでかけていた記憶が、なんかあるんですけどね。 今回のラジオドラマでもかかってましたし、この曲を知られたくない、とかいう気持ちは、少なくとも拓郎サンの中にはない気がする。

 その 「準ちゃんが今日の吉田拓郎に与えた多大なる影響」 という曲では、準ちゃんは自分の彼氏がいたのに吉田拓郎を誘って朝まで過ごした、ひどい人だみたいなことが恨みがましく(笑)語られていたのですが、今回のラジオドラマではその時の真相が明らかにされるのです。

 前置きがエライ長くなってしまいましたが(笑)、ここからが本題です(笑)。

 今回のラジオドラマで若き日の拓郎サンを演じるのは、第1弾に引き続いて坂崎サン(笑)。 拓郎サンから 「今回は55点の出来(それでも前回よりは良くなった)」 などと揶揄されるくらい、セリフ棒読みなのですが(笑)、演技どシロウトの人が精一杯演技している一生懸命さは伝わってくる(笑)。 そのほかにもホテルの隣室?でチチクリ合う(表現が下品でスミマセン)カップルにニッポン放送のブチョーサンと女性アナウンサーが起用されて、「部長がこんなことしていて大丈夫なのかよ」 と拓郎サンに心配されるほど下品なネタを展開しておりました(作った本人が言ってどーする…笑)。
 ナレーションもニッポン放送のアナウンサー。 広島弁でしゃべり続けます。

 物語は拓郎サンが20歳の日に、ライヴ会場に花束を持ってきてくれた準ちゃんと、一夜を共にするまでが語られるのですが、実はなんにもなくって、強いカクテルで酔っぱらってしまった拓郎サンが一方的に裸になってしまい、「オレも裸になっちゃったんだから準ちゃんも裸になりなよ~」 と言いながらひたすら準ちゃんを困らせていた、というのが真相だった、というだけの話で(笑)。
 このときに拓郎サンを酔っぱらわせたバーテンダーがこのラジオドラマではヤケに面白いキャラクターで、これって拓郎サンが演じてたのかな?(笑) しゃべりながらやたらと 「へへへへへ」 と笑う人物で(笑)、まるで坂上二郎サン(笑)。 酔っぱらってしまった坂崎サンの演技はそれまでと比べるととてもうまかったです(笑)。

 それにしてもですよ。

 もう40年以上も前のカノジョの話をここまで引きずっている、というのも、なんだか男の女々しさみたいなものをとても感じるんですよ。 いや、拓郎サンに限った話ではないんですけどね。

 男にとって女性との過去の思い出は、結構宝石のようにキラキラしているものなんです。
 とても大切に思える。
 だからこそその過去の思い出をいつまでも引っ張って、女々しく思い返したりしている。
 女性は男と別れると、スパッと頭の中から分離させますけどね。

 それで谷村新司サンが、こないだ同じニッポン放送の番組 「まあるい日曜日」 で興味深いことをおっしゃっておりました。
 いわく、「男は女みたいだから 『男らしくしろ』、女は男みたいだから 『女らしくしろ』 と教育される」。 なるほどなあ、という感じです。 ホント、逆ですよね、男と女って。

 そんな女々しさの延長上みたいなこのラジオドラマ、先に述べたように 「準ちゃんが今日の吉田拓郎に与えた多大なる影響」 で締めくくられるわけです。 今回のラジオドラマは長いあいだ我々拓郎ファンが準ちゃんに抱いていたイメージを覆す(笑)「実はこうでした」 ドラマでしたが(笑)、いや、これはただ面白おかしく過去の出来事を揶揄しようとした拓郎サンの 「照れ」 なのかもしれないし。 「完結編」 と銘打つことも、拓郎サンの中で準ちゃんとの思い出にけりをつけたかった気持ちが見え隠れする気がする。

 だいたい森下愛子サンという女房が拓郎サンにはいるんですからね。 女房がいるのに過去の女性とチチクリ合った(たびたび下品で申し訳ない…)などと話せるわけが、ないでしょー(笑)。

 拓郎サンに言わせれば、「オマエみたいな年下に知ったかぶりで解説されたくない」(笑)ということなのでしょうが、ご批判覚悟で書かせていただきました(笑)。

|

« 「龍馬伝」 第37回 龍馬がお龍を選んだ理由 | トップページ | 「ダメージ3」 今度はトムですか… »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/49444870

この記事へのトラックバック一覧です: 「坂崎幸之助・吉田拓郎のオールナイトニッポンゴールド」 準ちゃん完結編:

« 「龍馬伝」 第37回 龍馬がお龍を選んだ理由 | トップページ | 「ダメージ3」 今度はトムですか… »