« 土曜ドラマ 「チャンス」 第3回 夢の実現へと向かわせる 「欲」 の力 | トップページ | 「龍馬伝」 第37回 龍馬がお龍を選んだ理由 »

2010年9月13日 (月)

谷啓サン死去に寄せて

 甚だ簡単ではありますが、このほど亡くなった谷啓サンのことをいくつか。

 私は完全なるドリフ世代でありますので、クレージーキャッツに対しては一昔前のコメディアンたち、という認識を小学生低学年のころは持っておりました。 「シャボン玉ホリデー」 もかろうじて見ていた記憶はあるのですが、面白いと感じつつも、ドリフの過激でスピード感のあるギャグとは違う古臭さを感じたものです。

 ただしやはり、そのドリフのメンバーたちが目標にしていたのはクレイジー。 ドリフのメンバーによるクレイジーを称える話というのは自然と耳に入ってくるもので(今で言うリスペクト、というやつですな)、そのうちクレイジーにも注目するようになりました。

 なんと言ってもハチャメチャだったのが、植木等サンの歌う一連の歌。 「スーダラ節」 はかなり幼少のころから知っていましたが、そのほかの楽曲の、そのシュールさと言ったら。 青島幸男サンと荻原哲晶サンは天才だ、と考えていた時期もあります。

 そんななかで谷啓サンというのは、私の中ではかなり生真面目な印象が最後まで付きまといました。 と言うより、クレイジーのかたがたは皆さん素はとても真面目。 それでも、数々のギャグをヒットさせた谷サンでしたけど、なんかきらびやかさは無縁、という感じで。

 そんな谷サンが生真面目に 「ガチョーン」 の誕生秘話やその正式なやり方(笑)についてレクチャーしているバラエティ番組は、たまたまかもしれませんけど、なんかず~いぶん見た気がするんですよね~(笑)。

 谷サンいわく、「ガチョーン」 はすぼめた手のまわりの空気を一瞬真空にさせる要領、とか(笑)、すぼめた手を手前に引き寄せるのは一回だけなのだ、何回もやっているように見えたのは、テレビカメラが前後に何度もパンしていたからなのだ(笑)とか。
 その谷サンのくどいくらいの啓蒙活動のおかげで(笑)、近年では 「ガチョーン」 を正式にできる人が増えたような気がいたします(笑)。

 近年の谷サンの活動で印象的だったのは、やはりなんと言っても 「美の壺」。 テーマ曲の 「モーニン」 は、谷サンのご趣味に合っている気がしたものです。 なんで草刈正雄サンと交代したのかなー。 いや、草刈サンがダメだと言ってるわけじゃなくて、この番組の雰囲気には谷サンのほうがずっと合っている気がするんですよ。
 聞くところによれば、谷サンが急に老けこんだのは、「美の壺」 を降板してからだそうじゃないですか。 やはり人間、仕事をしていること、生涯現役であることがいちばんの長生きの秘訣なような気がしてなりません。 NHKの責任者、出てこ~い!

 失礼いたしました(笑)。

 今頃はハナ肇サンや植木サンと 「やーやー久しぶり」 と再会を喜んでいらっしゃることと存じます。 青島サンと 「谷ダァ~」「青島ダァ~」 とやっているかもしれません(笑)。 クソッ、同席したいぞ(笑)。

 …ともあれ改めて、ご冥福をお祈りいたします。

|

« 土曜ドラマ 「チャンス」 第3回 夢の実現へと向かわせる 「欲」 の力 | トップページ | 「龍馬伝」 第37回 龍馬がお龍を選んだ理由 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/49434716

この記事へのトラックバック一覧です: 谷啓サン死去に寄せて:

« 土曜ドラマ 「チャンス」 第3回 夢の実現へと向かわせる 「欲」 の力 | トップページ | 「龍馬伝」 第37回 龍馬がお龍を選んだ理由 »