« 「てっぱん」 第3週 物語が、駆け出した | トップページ | 「パーフェクト・リポート」 第1回 題材に、難アリ »

2010年10月18日 (月)

「獣医ドリトル」 第1回 ペットの命、どこまで深く踏み込めるのか

 小学館 「ビッグコミック」 連載のマンガをドラマ化した、「獣医ドリトル」。
 構図的には同じくマンガのドラマ化 「JIN-仁-」 、または 「GM~踊れドクター」 に引き続いて医療ドラマづいている日曜劇場、という感覚ですが。

 「ビッグコミック」 も、ここ数年読んでないので最近の詳しいことは分からないのですが、「獣医ドリトル」 というマンガはたまーにしかやらない連載もので、ひどい時は半年以上も音沙汰なし、みたいなケースもあったかなあ。 もう自然消滅したのか?と思うと忘れたころに、まるでほかの連載ものが休載になった時の穴埋めみたいな感覚で掲載されていました。

 そんなデスパレートな(がけっぷちの)マンガまでドラマ化とは、よほどテレビ局もネタに困っとるのか…というのが、この話を最初に知ったときの感想でした。

 確かにストーリー自体は、「ビッグコミック」 という超一流どころのマンガ家サンを集めたマンガ誌に載るだけあって、どうでもいいような作品ではありません。
 しかし、いかんせん話に奥行きがないんですよ。

 つまりこのマンガは、口は悪いし高額な報酬を要求する、しかし腕は超一流、といういわば手塚治虫氏の 「ブラック・ジャック」 の獣医版というテンプレートを介して、「ペットと飼い主」 の問題をえぐり出そうという意図のもとに作られているのですが、何しろ話がそれ以上の深遠な部分を描き出せない。

 ペットのことを論じる際にいちばん問題にされるのは、 「身勝手な飼い主」 たちの存在です。 「獣医ドリトル」 のマンガでは、いろんなケースを例に出して、飼い主だけでなく人間全体の身勝手を痛烈に批判している。 けれども話が、そこどまりにならざるを得ないのです。 ドラマでこのマンガをやるのもいいのですが、たとえば10回程度の番組でこのことを手を変え品を変えやっていても、すぐにワンパターンに陥ってしまうのではないか?という危惧が、どうしてもついて回ってしまう。

 第1回目を見ていて気付いたのは、ドリトル(小栗旬クン)の恩師である石坂浩二サンと、全国展開で大きな動物病院の院長をしている國村準サンを、かつての教授仲間として対立構図を鮮明な設定にしているところ。 ここらへんから原作にはない深遠な話に踏み込めるのかもしれない、そんな予感がします。

 まあ私の危惧なんか大した話ではないのですが、第1回目を見る限りでは、この物語のいちばんの柱である 「飼い主としての覚悟があるのか」 という話をメインに、引きこもりの小学生(「JIN-仁-」 で 「おっかさんが死んじまう!」 ってやってた子ですよね)、そしてその子の父親で頭の固い会社社長の西村雅彦サン、そしてその父親の継母である紺野まひるサン、そしてその父親から依頼を受けドリトルに訴訟を吹っかけてくる弁護士の若村麻由美サンが複雑な人間模様を描きながらドラマをより高いエンターテイメントに昇華させていました。 この分なら安心して見ていられるかな。

 そしてドリトルの助手としてこの医院で働くことになる、井上真央チャン。 このコの演技力は、さすがに安定感があります。 来年のNHK朝ドラも、いまから期待度大、です。
 原作では結構キャピキャピしたキャラなのですが、彼女が演じるとちっともマンガの登場人物に見えない。 きちんと血の通った生身の女の子、という感じなのです。

 成宮寛貴クン演じるタレント獣医花菱も、原作ではそーとー頼りない人気だけの男なのですが、いまのところボロは見せていないようです(笑)。 國村準サンの息子役が、こないだまで 「仮面ライダーW」 でフィリップをやってた子ですよね。 私はフィリップ君より翔太郎をやってた男の子のほうが演技力があると思っていたので、フィリップ君の抜擢には少々驚いております。

 そして、主役のドリトルを演じる、小栗旬クン。

 ワタシ的には、ほぼ原作のイメージ通り、という感じです。 ただ原作よりも、かなり輪をかけて辛辣になっている。 見た目も態度も悪人の匂いをプンプンさせておりますが(笑)、本当に動物のことを考えている点において、ちっとも悪人ではないことは見ている側にとってかなり明白なのです、最初っから。 だからこれくらい辛辣にしたほうがバランスが取れていいのかもしれません。 彼の演技も、安定感がありますよね。

 「JIN-仁-」 ほどのインパクトには欠ける気もしますが、ペットの心の叫びを聞きながら、身勝手でファッキューな人間どもの心の闇を、一刀両断にしていってほしいものであります。

« 「てっぱん」 第3週 物語が、駆け出した | トップページ | 「パーフェクト・リポート」 第1回 題材に、難アリ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

以前通りがかりで、ちょこっしコメントさせていただきました。みりと申します。以後よろしくです。
パーフェクトVSドリトルで
始まる前はパーフェクト期待大でしたが、
この季節代わりの番線やらナンやらで我が家もW録画の上、先に見たのはドリトル。パーフェクト未視聴の状態です。
フジの報道系ドラマは内輪話で終わりそうな気がして。。。だんだん尻すぼみ状態です。

ドリトルは見る前からちょっと逃げていたのです。
動物嫌い(世間では人非人と言われてしまう思想)なもんで。。。
役者で持ってる感は否めませんね。
脚本はつっこみが足りない。
ドリトルも動物好きで結局はいい人みたいですし。(リウさんの言葉で言うなら本当の動物の味方)
やっぱりみんな「人非人」にはなりたくないもんな。

みり様
コメント、ありがとうございます。 こちらこそ、つまらないブログですが、よろしくお願いいたします。

動物嫌いのかたにとっては、「ペットが死んでしまう!」 という飼い主たちに、感情移入しにくいことでしょうネ

以前仕事先の宿舎にいたとき、捨て犬捨て猫の託児所みたいになっておりまして(笑)、そのあまりの多さに辟易しながらも、保健所に委託して連れて行ってもらうこともいくたびか。

その都度胸が引き裂かれる思いがしたものです。 特に人間に慣れている犬や猫がトラックで連れて行かれる時の悲しい表情は、いまだに思い出すだけでも、涙が出てくる。

だからこそペットを捨ててしまう飼い主たちには、事情があろうがなんだろうが許せない気持ちがかなり強い私です。 生態系を破壊するようなペットならなおさらです。

みり様も、そんな義憤からこのドラマをご覧になったらよろしいのではないかと、誠に僭越ながらご提案させていただきます

 井上真央さんは両性具有な存在に見えます。

 学ランを着て、学帽をかぶる。

 似合うと思うのですが。どこか少年の香りがする顔に見えます。目は口ほどにものを言うとかいいますが、手術服を身につけ口元が隠れた姿でも、目の前の出来事を驚きと緊張を眼差しだけで表現できる。知性も感じられ、言葉の表現も実在感がある。

「あっ、いえ、私はここで馬を治療してもらっている者です」

 何気ない、あっ、をつける言い回し、織田裕二さんを想起します。もし、夜の世界にいたら、ムフフ、なんて不謹慎なことをふと思ってしまいました。どんなことを話すのでしょうね。

 そんな井上演じる多島あすかが何気なく話す呼び名、どこか棘がささった気分になるのです。上手なだけに気になる。


 〔日曜劇場、第2話以降視聴率ダウンをしないために!?〕


 このドラマの録画を見たのは、月曜の21時前後でした。その日の昼に農作業をしながらの合間に携帯をみると、初回の視聴率が16.0%だったことを知りました。

 原作のイメージに左右されない、獣医医療の問題を提起したまずまずの出来といえる。俳優陣はいい演技をしている。

 ドラマを見る前から、こんな書き出しでコメントしようか、と考えていました。
 私も、数回、原作を読んだことがあります。マーモセットの治療で、ドリトルが細いメスを見せて手術の難しさを語るくだりは記憶にあります。もしかしたら、第1話だけで、原作のエピソードをいくつか組み合わせたのでしょうか。ストーリーの運びに無理を感じられないつくりではないでしょうか。リウ様が指摘された石坂浩二さんと國村隼さんの大学病院人事から発展した複雑な人間模様、そこに國村さんの息子が影を落としそうな展開を予想させるシーンの落としこみ、人間関係の複雑さがドラマを深くしてくれそうです。

 でも、視聴していくうちに膨らむある思考を覚えました。

 よくわからない違和感。

ストーリーの運びがいいといっておきながら、実はそれが違うと感じる天邪鬼さ加減、なぜだろう。さっきの文章ではコメントを書けない気がする。
 で、視聴した後リウ様のコメントを拝見しますと、こんな一文がありました。

 10回程度の番組でこのことを手を変え品を変えやっても、すぐにワンパターンに陥ってしまうのではないか?

 これが違和感の正体かな、と正解を見つけた気分になりました。
 今回のドラマは『花より男子』の製作チームに『華麗なる一族』の脚本家、橋本裕志氏が加わったもので、おそらく東京放送では最強の製作陣かもしれない。でも、失礼を承知でいえば、前に作ったドラマの二番煎じ、同じ方法論でつくった安心感はあるが、それ以上の何かを生み出せていない気がする。
 最後に矢が刺さったカモをドリトルが抱き上げるシーン、池に浮かぶカモを見ながら『華麗なる一族』の“ショーグン”を思い出しました。あれはぎこちなかった。その、橋本さんがあの大作の脚本に起用されたのは、漫画でつちかった長大な原作の重要シーンを無理なくまとめる構成力にある、と何かで(日経エンタテイメントかも)読んだ記憶があります。花男チームも、漫画の原作からエッセンスを引き出してドラマをヒットさせ
た。
 でも、そこから、俳優陣の肉付け以外に原作を超えるものを付け加えた、と思えるものは見つけられなかった。リウ様がいう、

 「ペットと飼い主」の問題をえぐりだす、という意図のもとに作られているのですが、何しろ話がそれ以上の深遠な部分を描き出せない

 これが当たっているのではないか。原作の力に頼っているあまりそれ以上のドラマとしての深みがない。  

 あすかは物語の最後まで

 アスカミライ、がんばって
 アスカミライ、ごめんね。

 ずっと、フルネームで家族の思いをかけた愛馬を呼び続けました。アスカ、アスカちゃん、ミライ、アーちゃん、アスミ、とか、気持ちをこめた存在には親しげな略した呼び方で愛情表現しないのかな。井上さんが達者なだけにどうしてもここだけ、非人間らしさがでた台詞のようで気になって仕方がないです。
 このサラブレッドの話は原作を読んだ記憶がありません。そこでは、どう呼んでいたのでしょうか。だれか教えてくれませんか。でも、アスカミライ、とそのままのようなきがするのです。重箱の隅をつついているのは、承知しているのですが、どこか人間味を加える部分で小さじいっぱい調味料が足りない、そんな気がします。

 人間味はもちろん、製作者の独自解釈が、原作とは違う価値観をちりばめることがどれだけ出来るのか。それがないと、結局ワンパターンで原作の使いまわしで終わってしまう。いまのところ、俳優の演技力で持っている気がしますが、視聴率が上がるような(数字を気にする私もよくない)作り手の気概と独自解釈がないようです。『新参者』も中だるみ傾向でした。このドラマもその危険がありそうな気が。東京放送は、安全な方法でドラマをつくっているとしたらかえって身を滅ぼす気がします。

 まだ、書きたいことがありますが、だらだら書いてしまったのでここまでにします。

 

 

 
 

リーンさま

自分も「アスカミライ」気になりました。
競馬馬の名前って芸名みたいなものなのでは?
本来の名前があるような・・・・それとも競馬馬になってから買ったのかな?

ドリトルさんが勝手に馬を移して結果オーライみたいな結末でしたが、あんなに簡単に右から左でいいのかな。
なんてね。

でも、鳥取動物病院の造りいいですね。木造校舎みたいで。

リーン様、みり様
コメント、ありがとうございます。 ワンセットなコメントのように思えましたので、失礼ながらおふたかた同時にコメント返信させていただきます。

リーン様がお感じになった違和感というのは、私が推測するのも僭越ですが、ドラマ全体に予定調和の傾向が強いのも一因ではないでしょうか。

つまり、引きこもりの小学生とその父親、そしてその継母、彼らの描写が結構お約束じみていて、先が読めてしまうことによるもの。

これは 「新参者」 を見ていても感じたのですが、なんか最初から、「そうなることは分かり切っていた」 みたいに、話が展開していくんですよ。 つまり、猫の意識がなかなか戻らなくても、ダイジョーブ!(笑)、絶対意識戻るから!(笑)、みたいなところがどうしても見え透いてしまう(ドラマ好きの弊害のひとつだ…笑)。

「アスカミライ」 に関しては、自分の名前も 「あすか」 ですから、なかなか省略して呼ぶのも難しいかと…(笑)。 私もいちいちフルネーム呼びするのは、引っかかりましたけど(笑)。

自分の父親がたぶん娘の名前を冠にしてつけたのでしょうから、設定上重要な名前だったとは感じるのですが、井上真央チャンの演技達者な流暢さで言われるから、余計に気になるのかもしれません。
自分の名前がついた馬が、もしいたとして、その馬のことを、たとえば 「リウセイゴウ」 応答せよ…じゃなかった(笑)「リウセイゴウ頑張れ」 などというのは、実に照れくささが混じると思うんですが、真央チャンの演技はそつがなさ過ぎて、却ってそのテレが感じられなかったりする(笑)。

「華麗なる一族」 のショーグン様には私も失笑してしまったクチですが(笑)、今回の矢ガモは違和感なかったですね。 橋本裕志氏は、同じ名字なので応援しています(笑)。 ただ、結構話を詰め込むタイプの人だなあと感じているので、どこまでとっ散らからないか、注目してはおります。

リーン様もビッグコミックの読者であられたんですねー。 私は大学時代あたりからずーっと読んでいたのですが、ここ数年はなんか一冊読むのにやたら眠くなることが多くて(単に自分の仕事が忙しくなったというだけなのかもしれないですが…笑)全部読み切らないうちに次号が発売されることが多くなり、結局20年以上の読者をやめてしまいました。 読者投稿欄にも、載ったことがあるんですよ! あれは 「カムイ伝」 と 「土佐の一本釣り」 だったかなあ…懐かしい! ただし 「土佐の一本釣り」 はちょっと批判的な内容だったので、作者の青柳氏が亡くなってしまった時には、「悪かったことをしたなあ…」 という気持ちが、いまだに残っておるのです。

みり様、確かに病院の作りはいいですネ! どことなく懐かしい、現実離れした空間を演出していますよね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 佐藤健ファンの部屋 [佐藤健ファンの部屋]
こちらは佐藤健に関する情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

« 「てっぱん」 第3週 物語が、駆け出した | トップページ | 「パーフェクト・リポート」 第1回 題材に、難アリ »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ