« 来週の 「坂崎幸之助・吉田拓郎のANNG」 に中島みゆきサンが出ます! | トップページ | 「てっぱん」 第3週 物語が、駆け出した »

2010年10月13日 (水)

「セカンドバージン」 第1回 セレブの恋愛に、興味なし…ですけど

 番組HPによると、メイン・ターゲットを40代女性に絞っているらしい今回のNHK火曜ドラマ10、「セカンドバージン」。

 脚本は大石静サン。 この人のドラマは東芝日曜劇場の 「オトナの男」 のあたりがいちばんエッジが効いていた気がするのですが、最近では 「ギネ」 を見て、失礼ながらだいぶ力量が落ちてきたなあ…と感じたものです。

 そんな大石サンがどんな物語を作ったのか、という興味で第1回目を見たのですが、正直言って前半部分はかなり上滑りな印象。 何度 「このドラマは見なくてい~や」 という気分にさせられたか。

 要するに、主演の鈴木京香サンのセレブぶりに、とてもじゃないが感情移入できないのです。
 いや、京香サンだけでなく、このドラマに出てくる人々は、基本的に全員がセレブ。
 ビンボー人の私には、縁もゆかりもない世界であります。
 そんな金持ちたちが、金があるだけでは埋められないむなしさとかに悩んでいるところを見たって、正直なところ、「やってろ!」 という感じでしかない(あーあ、ビンボー人のヒガミだ…)。 40代女性がターゲットらしいし、門外漢が何を感じても、別にどーだってい~か、という感じなのですけど。

 私がこの物語にちょっとした興味を持つきっかけとなったのが、こんな上っ面そうな 「ジュージツしたキャリアウーマン」 の40代バツイチ?子持ち独身女性の京香サンが、女房持ちの男(長谷川博己サン)にのめりこんでいく、その過程でした。

 なんとも、官能的なんですよ、NHKのドラマにしては。

 いや、直截な表現は、確かにありません。
 しかし、さほどタイトでもないスカートをはいて闊歩する後ろ姿とか、ベットで愛猫と肩もあらわな姿で寝ている姿とか、鈴木京香サン自体から発散されるセクシーさも大きな要因なのですが、相手役の長谷川博己サンの奥さん役の深田恭子チャンの 「××しよう」 攻撃(そのままズバリは、さすがに言っとりませんが…笑)やら、妊娠にいいヨガの連発やら、長谷川博己サンのさりげない花束攻撃からキス攻撃に至るまでの京香サンへの興味の高まりやら、物語全体から、「××したい」 感があふれとる…と言うか(下品な表現で誠に申し訳ない)。

 そしてすでに書いてしまったのですが、こんなセレブな京香サンに、ごくつぶしの一人息子(綾野剛サン)がいた、ということ。
 それまで非の打ちどころのない完璧な女性だとばかり思っていた京香サンに、こんな弱みがあろうとは。
 このタトゥー入れまくりのバカ息子を演じている綾野剛サン、…覚えてますかー、「Mother」 の、あの児童虐待サイテー男です!!(笑)
 …ロクな役やっとりませんなあ…。

 いずれにせよですよ、ドラマ自体からぷんぷんと発散される官能的な匂いのおかげで、第1回ラストでは京香サンと長谷川サンがトートツなキスをしてしまうのですが、これが全く不自然に感じない。 却って大人同士の危険すぎる恋が始まったことを予感させるのです。
 あーこんな経験のない私には、とてもじゃないがマネのできない、ハードルの高さだぁ~(笑)。
 ふたりともセレブであるがゆえに、こんな危険な恋に落ちてしまう度胸も覚悟も、座っとるんでしょうなあ。

 「オトナの男」 を見たときに感じたような、かなり深いところまで読むことのできる奥行きのありそうな話に思えて来ました。
 前半あまりにもかったるかった上っ面な描写が、実は意味があった、ということなのですから。

 エンディングテーマも倖田來未チャン、そしてバックには女性のハダカ(の一部)、なんともセクシーさを前面に打ち出しとるじゃないですか。 NHKにあるまじきエロさ全開だ(笑)。

 京香サンの相手役の長谷川博己サン、ほぼ知らなかったのですが、佐々木蔵之介サンと椎名桔平サンを足して2で割ったようないい男。 深キョンは相変わらず、頭の足りなそーな役をやらせるとピカイチであります(失礼)。

 最後まで見るかどうかは微妙ですが、前作 「10年先も君に恋して」 も最初はちょっと距離を置いて見ていたので、ちょっと付き合ってみようかな、という気にはなっております。
 何しろ大人の恋に目覚めた京香サンが、せくすぃ~専務の本領を次回以降存分に発揮してくれそうなので(笑)。

« 来週の 「坂崎幸之助・吉田拓郎のANNG」 に中島みゆきサンが出ます! | トップページ | 「てっぱん」 第3週 物語が、駆け出した »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

見ましたW
この出版不況にあんな豪邸に住んでるなんてっ!ケッ!と思いましたが(苦笑)
セリフの中に光るものをいくつかみつけました。

「冷蔵庫の前で立ったまま卵かけご飯をかきこんでるあなたが目に浮かぶ」という草笛光子さんのセリフに
そうそう!そのとおり!と大ハシャギ。
(卵はかけませんけどね)
それもセレブじゃなくて本気で貧しいんだから、全く救いがねえじゃねえかー!

いや、貧乏人がそれをやってもなんでもないが、何もかも手に入れられるはずの女性が卵かけご飯なのが際立って悲しいことなのかも。

全く異次元の話なのに
けっこうのめりこんで見てるのは…いつまでもバブル脳でいるようで、おかしいでしょうか…。


あの相手役の若い男性は「ギネ」で紀香の別れたダンナの医者をやっていた人らしいですね。

ミュージシャン崩れの息子が、Motherの児童虐待クンだったとは気づきませんでした。次は善人役がまわってきますように。

マイティ様
コメント、ありがとうございます。

そうそう、長谷川博己サン、「ギネ」 で紀香サンのダンナ役でもありましたね!
ウィキで綾野サンのキャリアを調べて 「Mother」 の虐待サイテー男だと気付いたのですが、その際に長谷川サンも 「ギネ」 に出演されていたことを知りました。 

段田サンも大石脚本の常連みたいだし、結構大石サンって、役者はこの人、という指定をしてくるかたなのかもしれませんネ。

まさしく町の本屋さんは今どきバタバタつぶれているというのに、京香サンの一軒家は一昔前のトレンディドラマでよく見かけた、「部屋の中に階段」(笑)。
「ケッ! ケッ!」 と、「魔女の宅急便」 のジジ君みたいに吐き捨てたくなりました(笑)。

私は卵かけごはんが、大好きなんですが…

アレは、卵とごはんのちょうどいい加減とゆーものがありまして(笑)、しかもしょうゆの分量にも、絶妙なバランスを要求される、極めて難しいメニューだと考えております(笑)。
どーせ京香サンは、ヨード卵 「光」 で作っているに違いない。 ケッ!ケッ!(笑)

 ドラマよりおふたりのコメントが楽しめました。私は、というと不感症?と思えるほど淡々と拝見しました。刺激的なシーンと官能的な言葉を除いてしまえば普通のドラマという評価です。大石静さんは『功名が辻』を書いていますが、あれは原作者にひかれてみていました。
 不倫相手側の夫婦が引越しの準備をはじめたら、次の場面で鈴木京香さんが物音で近所の引越しに気づく。広場をはさんで濃厚な愛が燃え上がることが暗示される。こうしたシナリオ上の場面転換にばかり気をとられてみました。
 わが身がスカスカな感じ。

 ドラマより苦手なのが倖田來未さんの“声”。90年代の小室サウンドからいまに連なるAVEX TRAXと80年代のおにゃんこから今のAKB48に至る秋元康の商法、これがどうにも食えません。小室哲哉氏が好きなハイトーンボイスは金切り声にしか聞こえません。師弟関係ではなくてもその臭いがする人はどうしても聞けなくなりました。最近聞いたのが『ありがとう』次に気に入るのは誰でしょう。

でもねー、K文社を早期退職した人たちは推定4000万以上もらって辞めてますからねえ。
このドラマの主人公がいる版元がどのくらいの規模かにもよりますが
ナンバー2のポジションにいるんだったら、あの家に住んでいてもおかしくないのです。
(ナマっぽい話ですみません)

私も雑誌の仕事をたまにしますが、やっっっすいですよ。
ヒエラルキー的に一番下層なんで。。。

一揆!
ええじゃないか!
下克上!

リーン様
コメント、ありがとうございます。

なんか、コメント漫才合戦みたいになってしまいました(笑)。

大石サンの 「功名が辻」 はそこそこ、まあ良くできていた部類に入る気もするのですが、昔の優れた脚本を知ってしまっている身からすると、ちょっと大河ということで委縮していたかな、という印象は、あります。

「セカンドバージン」、不倫相手が真向いに引っ越してくる、という展開は、なかなかシビレル設定であります(笑)。 「あるワキャねーよ!」 と思いつつ、ふた昔くらい前のドラマ、「誰にも言えない」 を連想します。

私は倖田來未サンは、テレビゲームの 「ファイナルファンタジー」 の主題歌を歌っていた関係上、そんなに拒絶反応はないのですが、いわゆる 「トランス系」 の音楽は、あまり積極的に聞きたいとは思わないです。

秋元康サンのやっていることは、「没個性の時代のアイドル」、という気がします。 ワタシ的には、「別に…」 程度ですけど。

小室サンには、音楽性は別としても、頑張ってほしいです。

私が最近いちばんぐっときたのは、「10年先も君恋」 のクリスタル・ケイサンだったです。 あのバラードには泣かされました。

マイティ様
再コメント、ありがとうございます。

底辺にいる人種がいちばん苦労していて、上におるヤツどもが不当に高給をもらっている、というのは、早速糾弾せねばなりません(笑)。 「立て! 万国の労働者諸君」 というのは古い概念ではありますが、その古臭さにばかり気を取られて、自分たちが安月給であることを、最初から 「世の中そんなもの」と諦めすぎる。

そんなこんなしているうちに、実は資本家層の搾取は昔以上にえげつなくなっている気がしてならんのです。

立ち上がれ日本!じゃなかった、燃え上がれガンダム!じゃなかった(笑)、労働者諸君、自分の給料が安すぎると思ったら、労働基準監督署に行こう!(自営業はどーする…笑)。

もう全然ドラマとかけ離れていってしまいますが、蟹工船な話をひとつ。

某巨大通信会社の月刊カタログを作るのにですね、
大手広告代理店に2000万払われたとして
その子会社に仕事が降りた時点で1000万になってます。
それが制作会社に落ちてきたときには500万に。
その500を、制作会社と我々フリーランス(多数)で奪い合う。
現場の人間は、社員もフリーも床に雑魚寝の合宿状態でヘロヘロなんですよ。
私たちはまだマトモな金額がもらえていたけど
制作会社の社員のコたちは、いくら泊まりがけで仕事しても
(事務所の台所シンクで洗髪してる女子も。わりとよく見かけるシーン。)
月給のみ。残業もつかず。

結局体力が続かないので、だいたいどこの会社も半年で降ります。
その仕事はあちこちへ「たらい回し」に。

ホント、
自営は…どうしたらいいんでしょうねえ、
同業者内での自営業ユニオン??
「我々はぁ、そんなギャラではぁ、仕事を請けないぞぉ!」「請けないぞぉ!」みたいな。
こっそり安く請け負うところに持っていかれて終了ですわ…

マイティ様
再コメント、ありがとうございます。

広告業界、というのは、ひところはトレンディドラマなどでもてはやされ、私もあこがれた花形業種でしたけど、これでは現代残酷物語そのものではないですか…。 富の順当な配分がされていなさすぎです(深刻な話になってきた…)。

残業がつかない、というのも、会社側からしてみれば 「残業をしてやっとまともな1日分の仕事じゃねーか」 と言われれば、大きく出ることもできません。 何しろ雇われているほうは、仕事がないからおいそれと経営者に逆らうわけにもいかない。

私は経営者側でもあるのですが、残業…いくらしても、その分上から余計にもらえません。 それでも従業員には、払わなければならない。 残業などしてもらいたくない、というのが本音だったりします。

本当にマイティサンのおっしゃる通り、仕事の金額は、ここ数年でダンピングされまくり、拒絶すれば安く請け負ってくれるところへと流れていくばかり。

なにしろ、上の人間が大きなツラして威張ってるのは、ロクな社会じゃありません。

はじめてコメントします。
ゲゲゲの女房で4月からリウ様のブログに辿り着き以来ファンになり深い洞察力に感銘し、ゲゲゲ、龍馬伝、10年先も。。などのドラマと共にこのブログを携帯で楽しませて頂いています。
実は私はこのドラマではなくフジテレビの管野美穂さん主演の『ギルティ悪魔と契約した女』を選んでしまったのでそちらのリウ様の書評がないのが残念です。初回観たかぎりなかなか面白そうでしたが。。ミステリーは、お好みではありませんか?
リウ様はこの秋は他にどんなドラマを御覧になる予定ですか?ちなみに私は今後10年先。。の上戸彩ちゃんのフジ月9『流れ星』、日テレ水曜『黄金の豚』、土曜は龍馬伝で名を上げた佐藤健の『キュート』を鑑賞予定です。

ペコ様
こちらこそはじめまして。 コメントくださり、ありがとうございます。

ペコ様のようなかたが、たとえコメントを頂かなくともいらっしゃるということは、私にとってこのブログを書き続ける大きなモチベーションとなっております。 重ねてお礼申し上げます。

「ギルティ」、面白かったんですかー。 そうですねー、ミステリーものにはあまり触手が伸びないかなあ。 でもペコ様のお勧めとあらば、ちょっとチェックしてみようかと思います。

自分の録画機に限界があり、なかなかすべてのドラマをチェックするのは、難しいですよね。 しかもあまり嗅覚がよろしいほうではないので(笑)、信頼性の置けるNHKを優先してしまうきらいはあります。 よろしかったらこんな私めに、お勧めのドラマをお教えいただけたら幸いであります。

ペコ様の挙げてくださった番組はとりあえずチェックすることにいたしまして(笑)、「獣医ドリトル」 は見ようかな、という感じですけど、フジテレビが松雪泰子サンのドラマをぶつけてくるんですよね。 とりあえず両方録画しますが、片方はアナログでの視聴ということになりそうです(W録画と言っても、限界があります…)。

つたないブログですが、よろしかったら、今後ともご贔屓のほど、お願いしますです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 来週の 「坂崎幸之助・吉田拓郎のANNG」 に中島みゆきサンが出ます! | トップページ | 「てっぱん」 第3週 物語が、駆け出した »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ