« 「フリーター、家を買う。」 第1回 リアルすぎる… | トップページ | 「セカンドバージン」 第2回 冒険してもいい頃? »

2010年10月21日 (木)

「黄金の豚」 第1回 あり得なさを楽しみますか…

 今クールのドラマは、秀作ぞろいのような気がいたします。 おかげでドラマ感想文を主な業務としている(笑)当ブログの筆者も、ヘロヘロであります(笑)。

 前日 「フリーター、家を買う。」 という傑作新ドラマを見たせいか、ちょっとハードルが高くなってしまっているのは仕方ないのですが、それでもやはりこのドラマ 「黄金の豚」 の導入部分は、結構引きながら見ていました。 つまり話が、あり得なさすぎなのです。

 でもまあ、あり得なさを楽しむのも、ドラマの楽しみのひとつだと割り切れば、気楽に見ていられる気がするドラマであることは確かです。 気楽に見ていられるほどの神経を持ち合わせていれば、の話ですが(笑)。
 要するに、扱う題材が、会計検査院、というのが、かなりクセモノなんですよ。

 私も中学校程度の知識でこの会計検査院のやっていることをぼんやりと長年見てまいりまして、その仕事ぶりのヌルさには少なからず疑問を抱いていたので、その部分に大きなメスを入れるこの手のドラマは、結構興味のあることなのです。

 そのヌルさを指摘するのには、主演の篠原涼子サンが演じるアバズレ女(この表現、古い…笑)でなければ務まらんだろう、という気は強くするのですが、やはり現実離れしている感は、どうしても否めない。

 この篠原サンの存在をどう見ていくかで、このドラマを見るか見るまいかの判断は、大きく分かれるところだと感じます。 私は、あんまりこのキャラを深刻にとらえないほうがいいな、とは思ったんですが。

 つまりアバズレなうえに、この女は少々カッコつけが過ぎる。
 それが見ていて不快感を与えかねない原因にもなる、ということなのですが。

 会計検査院の業務には強制調査権が含まれない、というのは、不勉強でこのドラマで初めて知ったのですが、それって彼らの調査能力を根こそぎ奪うほどの重大事に思えます。 それじゃあ外野から見てヌルイと思われるような仕事しか、せんわなあ~(笑)。

 篠原サンはその恐るべき嗅覚によって(匂いをクンカクンカと嗅ぎながら…笑)社会福祉庁長官の不正疑惑にメスを入れていくのですが、長官がダメならその奥方を狙え、という方法をはじめ、その一連の捜査方法は、「これが仮釈放中の犯罪者なのか」 と思えるほどのキレよう。 まあ、詐欺師ですから、頭の切れるのはとーぜんか(笑)。 「なんもかんも分かりまっしぇ~ん」 というポーズをとりながら、相当理解能力が高いことも、見ようによっては不自然に思えるかも。

 それにしても、この会計監査院の部署のメンバー、亀山社中の生まれ変わりがふたりほど混じってます(笑)。

 ところがそのキャラが、亀山社中とは全く正反対なのが興味深い(笑)。 豪放磊落だった桐谷健太クンが超マジメ、つつましやかだった大泉洋サンが熱血。
 特に大泉サンは、この篠原サンの結婚詐欺に遭った被害者で(笑)、最初の 「あああ~~~~っ?!」 のセリフから、終始(でもないか)笑える。 かなり私にはツボです(笑)。

 それと、篠原サンの妹役(山口沙弥加サン)が勤めるバーの名前が 「年増園」。 爆笑しました。
 なんか、この一連の笑わせ方って、結構好きなんですよ、私。

 物語はしがらみにがんじがらめになっているこの部署の人間たちが、涼子チャンのアグレッシヴさにけん引されて、その社会福祉庁長官を辞任にまで追い込み、最後の最後にその長官の退職金で、不正に持ち出された金がチャラになってしまった、というオチまで付く。 ここらへん、予定調和を強く感じさせるのですが、でもそれもあまり深刻に考えずに見ていれば、面白いなーとは思うんですよ。

 ただやっぱり、先に述べたように、深刻に考えたくもなる。

 税金というのは、偏見誤解を覚悟で申し上げれば、実にオイシイ商売であります。

 国の基盤を作り上げ維持するために、働いている人から一定の額を完全に強制的に取り上げ、消費財から5%を強制的に取り上げ、車なんかを買えばムチャクチャ持って行かれ、たばこを吸う人はそのほとんどを持って行かれる。

 んで、使い道に関してはほぼノーチェックなんですからネ(この言い方、かなり皮肉を加えてますのでご了承ください)。

 そりゃこの国の使用料を払う、ということに異論はありませんよ。

 税金というのは、この国の使用料だと、思うんですよ。

 けれどもそのチェック機関を骨なしにしといて、法律の目をくぐり抜けながらそんな血税を既得権益みたいに無駄遣いしている奴らは、ほんっっっっとーに許せません。 税金を使っている連中の、意識自体がそもそも甘すぎる。 社会の底辺にいる人々の節約の方法に、完全に準拠すべきだと強く思うのです。

 そりゃ、外国とかに対して見栄を張る必要もあるでしょう。 けれども、税金を使うすべての人間は、どれほど自分たちが国民の善意によって成り立っているかを、胸に叩きこんでもらいたい。 そうすれば、無駄遣いをするなんてこと、恐れ多くてできなくなると思うんですよ。

 とまあ、ここらへんの問題意識に、このドラマはちょっとはぐらかしをしている気もする。 コメディっぽく見せるのも、あり得ない設定をするのも、いっぽうで容認しながら、いっぽうで許せない自分もいる。 このドラマを見ていて複雑な気分になるのは、そんなところに原因があるのです。

 とりあえずですねー、肩の凝らない番組として、来週以降も見ることにしますです。

 そうだ、蛇足ですが、「黄金の豚」 の意味が分かりません。 涼子チャンの部屋に黄金の豚の貯金箱があるんですが、それと税金と、どんなくくりがあるんでしょうか?

 「龍馬伝」 のレビュー、またまた遅れそうです(笑)。 てゆーか、まだ見てないんですけど(笑)。

« 「フリーター、家を買う。」 第1回 リアルすぎる… | トップページ | 「セカンドバージン」 第2回 冒険してもいい頃? »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

 今クールのドラマは見逃してはいけないかと考え、つい見てしまいました。これ、『ハケンの品格』の変形バージョンですか?私が避けてきたタイプのドラマです。時間があるときにチラ見になりそうです。

 〔ウン?今クールは何か臭う。〕

 篠原涼子さんに二宮和也さん主演のドラマ、“花男”チームの再来に『華麗なる一族』の脚本家、橋本裕志さんまでいる、今クールはなんか臭う。ムムム。

 2007年1月期のクールとそっくりですね。あのときは1クールで一番ドラマを見たクールでした。

 欠かさず録画したもの
 華麗なる一族(TBSやればできると見直した)
 拝啓、父上様(最終回はがっかり)
 ヒミツの花園(これ覚えている人いますかね)
 京都迷宮案内(橋爪功さん好きなので)

 あとは大河ドラマと、愛する『ハゲタカ』

 
 チラ見したもの
 花より男子リターンズ(「ありえねえっつうの!」、テレビ桟敷から突っ込みを入れた。井上真央はこのころはたいした子に思えなかったけど……)

 ごめんなさい。ほとんど見なかったもの
 ハケンの品格(『14歳の母』の次にこの内容ではつらいのでスルー)

 このときは自分がおかしいんじゃないかと思うほどドラマ漬けでしたが、今クールはその再来になりそうです。テレビ局総出で、私を陥れようとしているな(そんな馬鹿な)。気持ちよくはまってやろうじゃないの!?ああ、ああ、はまってる。ただ、今回は突っ込みが多くなりそうで、頭をひねってみることになりそうです。ほんとに

 ありえねえっつうの!!

 文句言いながら、そのくせ、私ならこう書くシリーズとかやってしまいそうです。病気、再発です。このコメントに題名をつけるほどじゃないのに。ま、笑って読んでくださいませ。

 でも、今クールのドラマにコメント多いですけど、皆様、何か匂うんですかね。

リーンさま
ヒミツの花園、見てました。

要潤サン(今クール出てますね)、こんな役いけるんや〜とか
池田鉄平サン(今クール出てますね)、悲惨すぎ、おもしろすぎ〜
あ、テニスの王子様(本郷奏多君)の、みょ〜にかわいいってやつですよね。
釈ちゃんもコメディ、いい感じで
「良かったドラマ」に入っています。

ズバっと勧善懲悪モノですよね。

私は火曜日がしんどいので
(深夜枠の『闇金ウシジマくん』も見てるんです〜。闇金の話だから荒んでますが、なぜかシミジミします)
水曜は気が向いたら、というくらいにしておきます。

金色のブタ貯金箱については
生瀬さんが説明していたんですけど…忘れました。

大変失礼ながら、まとめてコメント返信いたします。


リーン様


私はこのブログを始めるまで、ドラマはかなり厳選して見ていました。 それにテレビ局による食わず嫌いもあって、特に日テレとテレ朝のドラマは全くと言っていいほど見ておりませんでした。 テレ朝のドラマはいまだにですが…(なんか、サスペンスドラマだらけ、というイメージが完全にこびりついちゃってるんですよ。 そんなことないのに。 人殺しのドラマは、好きじゃないです。 あ、「仮面ライダー」 だけは見ています…笑)。

そのために、「ハケンの品格」 も、「ヒミツの花園」 も、未見であります

「華麗なる一族」「拝啓、父上様」 は、見ておりました。 いま思い返してみると、「華麗なる一族」 はショーグン様と木村クンのかぶっているヘルメットが気になっていたことくらいしか思い出せません。 余計なところに神経が行ってしまうドラマだった気がするんですよねー。 「拝啓、父上様」 は二宮クンがなぜ黒木メイサチャンにメロメロになるのかが不可解でした(笑)。 福田沙紀チャンのほうがワタシ的にはずっと好みだったですが…(笑)。 最終回、どーなったのか、覚えとりません


みり様


リーン様へのコメントみたいなので、またまたコメント返しをするのは場違いなような気がいたしますが、皆さん相当ドラマをご覧になっているようですねー。 私なんかは、まだまだヒヨっ子であります。


マイティ様


生瀬サンが話してましたか。 そーいえばこの人も、「龍馬伝」 では吉田松陰でした(笑)。 「ウシジマくん」 とか 「秘密」 とか、深夜枠でも注目したいドラマが結構あったのですが、体力とHDDの容量が、おっついていきません…(笑)。 いずれかのドラマを、切り捨てなければ…とまで、考えておる状況です(笑)。

たかがドラマ、されどドラマ。。

この秋何か熱いですね〜^^
ゲゲゲが終わった喪失感でドラマ熱に火がついたのかも?と勝手に思ってしまいます。

私、自分が実際に経験した辛いことに関するドラマは、見ないようにしてきました。
辛くて入り込みたくなくて。。例えば「いじめ」や「老人介護」。。そ して「うつ病」など。。「泣かないと決めた日」「任侠ヘルパー」はみてないし、だ
から「フリーター家を買う」は一回目の浅野温子さんをみてギブアップかと思いま した。(苦笑)

以前ハマっていた韓国ドラマは『ウソ〜(*o*)ありえない\(~o~)/』の連続でしたから。。このドラマのありえなさに鈍感なのかもしれません。

でも、ドラマってどこかしらありえないから安心してみられるのかもしれないと思ったりします。ワクワクして感動したり泣けたりするありえない系ドラマって好きです。(笑)

以前感動して「日本のドラマって凄い!!!」私を日本のドラマに引き戻した「JIN」も「トライアングル」や「曲げられない女」、そしてリウ様の書評と共に心を温めてくれた「天使の分けまえ」や「10年先も。。」なども、やはりありえないはずのドラマではなかったかと。。(比べる以前の問題かもしれないけれど)

「ハケンの品格」好きだったので期待したこのドラマ、ちょっこし羽目が外れたかなくらいでした。(何故か日テレには甘い私です)「パーフェクトリポート」より気楽に観れそうです。


もうひとつ、ありえない系の「Q10キュート」が私の今クール一番とっかかり安かったかもしれません!爽やかで台詞が心の琴線に触れるようで。。

あっ、リウ様の『龍馬伝』書評が遅れないように暫くコメント控えようと思っていたのに。。つい書いてしまいました。申し訳ありませんm(__)mm(__)mm(__)m

私への返信は気になさらずに『龍馬伝』御覧なられてお書きください!楽しみに待っています(*^o^*)

ペコ様
コメント、ありがとうございます。 さらにさらに、私へのお気遣い、痛み入ります。 「龍馬伝」 は、土曜日のうちに見るつもりであります。だってもう、明日は次の回ですからっ!(笑)

なんだか見るドラマも頂くコメントも多くて多くて、てんてこ舞いの毎日でありますが、うれしい悲鳴、とでも申しましょうか(笑)。 それでも、やはりこのような拙い記事にすぐさま反応が返ってくる、というのは、とてもうれしいものなのです。

いずれにせよ、とても励みになっておりますので、こちらも全力で返信させていただきたいと存じます。

自分の体験したことをドラマで見たくない、というのは、とても心情的に理解できます。 なにしろ、その当事者であればこそ、「その苦しみたるや、こんなもんじゃないんだ」「こんな都合よく解決するもんじゃないんだ」 という目で、どうしてもドラマを見てしまうのではないでしょうか。

ただやはり、自分と同じような目に遭っている人をドラマで見て、自らが慰められる、という側面は、あるような気がいたします。

そして、たとえイージーであっても、ドラマの主人公たちが乗り越えていったその解決方法には、ちょっとしたヒントがあったりする場合も、多いと思うのです。

私がいつも思うのは、やはり後ろ向きにトラブルと向き合っていては、心配事は決して解決していかない、ということです。

ドラマの主人公たちは、あくまで前を向いて、生き続けている。

そしてたとえ結果的に、主人公たちの努力が無駄だったとしても、そこにはきちんと、意義が残り続けるのです。

いくらあり得なくても、そんなドラマには、きちんとこちらを感動させるものがある、と私は考えております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「黄金の豚」 第1回 あり得なさを楽しみますか…:

« 「フリーター、家を買う。」 第1回 リアルすぎる… | トップページ | 「セカンドバージン」 第2回 冒険してもいい頃? »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ