« 「黄金の豚」 第1回 あり得なさを楽しみますか… | トップページ | 「龍馬伝」 第42回 なにもないところから築き上げる、ということ »

2010年10月22日 (金)

「セカンドバージン」 第2回 冒険してもいい頃?

 怒涛の新作ドラマラッシュにもみ消され気味で見るのが遅れていた 「セカンドバージン」 第2回。 「龍馬伝」 は、大好物を最後まで残していく性癖がたたったのか(笑)いまだに先送りであります(笑)。

 いや、大好物は、やっぱり先に食べるタイプですか。 子供のときは 「あとで」 タイプでしたけど。

 大人になってアグレッシヴでいなければならない、という意識が成長したんですかネ。
 「セカンドバージン」 の鈴木京香サンは、そんな自分のなかのアグレッシヴな気持ちと、恋愛に対して臆病になっている部分とが、ドロドロにせめぎ合っている状態なのです。

 そして女性としての生理状態に、どうしても抗えない様子も、すごくよく伝わってくる。
 このところ民放ドラマの、感情出しまくりのドラマを見続けていた私には、そこらへんの 「潜伏する気持ち」 の表現の仕方が、とても奥ゆかしく、かえってそっちのほうがよほど官能的に思えてくるのです。

 最初の鈴木行(長谷川博己サン)とのキスの後、ふたりとも性的な感情が高まっていくのを、強く自覚している。
 朝の通勤時、それぞれ別の電車に乗っていくふたり、電車のつり革で互いの手を絡め合う妄想がインサートされる。 それはどちらの妄想なのか、判然としないのですが、混雑した電車の中でそんなエロティックな想像が頭をよぎる、ということ自体に、ものすごく見ている側もドキッとするのです。

 しかも、その官能表現には、いかにもバカっぽい深田恭子チャンの、ダンナへの 「逆立ち」 攻撃がベースに横たわっている。

 「逆立ち」、とはよーするに、××のことであります(笑)。

 深キョンはダンナの長谷川博己サンに対してこの 「逆立ち攻撃」 をしつこく繰り返すのですが、ダンナは超インテリ。 バカっぽい深キョンに食指が動くとは、ちょっと考えられない、とゆーか(笑)。
 そしてインテリは、インテリに魅入られやすいのであります。
 「会いたかった」 と仕事の打ち合わせで率直な気持ちをぶつけ、あとはメール攻撃。

 そのモーレツなアタックを拒絶し続けてきた京香サン、とうとう折れて夜遅くに長谷川サンを呼びだし、会うなりいきなり抱擁、「キスして」 とせがんでNHKにあるまじきディープキス(あ、舌は入れとりません…笑)(下品でドーモスミマセン)。

 見ているこっちはNHK頭になっとるせーか(笑)、「うわぁ…やっちゃったよ」 の連続で(笑)。

 けれども京香サンの出した結論は、「これが最後のキス」。

 「人生は多くを望んではならないの。

 いまあなたを手に入れたら、…私の仕事はうまくいかなくなる」

 女であることを捨てたからこそ、自分は仕事で成功した、という自負を持っているから、彼女は恋愛にビビっておるのです。
 長谷川サンの熱烈なアタックをはっきりと断ったあと、自宅のドレッサーの前で自らの、もう若くはない体をまじまじと見つめ、目を伏せる京香サン。 そこに彼女の諦念が強く表現されていたと感じるのですが、そこには 「本当に肉体関係にまで至る恋愛をするのは、この年代が最後なのではなかろうか」、という感情も、少しばかり描写されていたのではないか。 深読みすると、そんなことも感じられるのです。

 恋愛をあきらめたことで、いままで以上に仕事に対してアグレッシヴになっていく京香サン。
 その自分の態度が恋愛に対する臆病とますます齟齬を起こしていることを感じさせます。
 そんな矢先、社長の段田安則サンが盲腸で入院。
 社長直々にインタビューする予定だった中国人監督へのインタビューをシンガポールで行なうことになり、お見舞いとその打ち合わせも兼ねて病室へやってきた京香サンは、ふたりが行きつけのレストランのシェフをやっていた男(小木茂光サン)が、社長の髪をなぜているところを目撃します。
 はぁぁ~。 ゲイだったんですネ。 社長。
 奥さんの石井めぐみサン(うわぁぁ~、お久しぶりです)の健気さが、哀れであります。

 で、社長から言い渡されていた、その中国人監督にタブーとされていた質問を、シンガポールのホテルであえて直接ぶつける京香サン。 アグレッシヴ全開だ(笑)。 気分を害してそのインタビューを一方的に打ち切るその中国人監督を見送りながら、京香サン、 「これで終わりなら、彼の負けよ」 と、全面戦争も辞さない構えです。 アグレッシヴ、ここに極まれり、とゆーか(笑)。

 そんな京香サンが泊まるホテルに、花束のプレゼントが届く。
 鈴木行の、あまり上手とは言えない(笑)文字のカード。
 そして間髪いれず、ドアのチャイムを鳴らす、鈴木行。

 仕事でワイルドな気分が高まっているところに現れた、気になる男性。 どうなってしまうんでしょうか。 待て次回!(笑)

 それにしても、この場所を移した舞台が、ドラマ冒頭で鈴木行が撃たれてしまう、シンガポール。 どうもキナ臭いにおいまで、漂ってきました。

「セカンドバージン」 に関する当ブログほかの記事

第1回 セレブの恋愛に、興味なし…ですけど
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/10/1-5dd1.html

|

« 「黄金の豚」 第1回 あり得なさを楽しみますか… | トップページ | 「龍馬伝」 第42回 なにもないところから築き上げる、ということ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

どーして泊まってるホテルがわかっちゃったんでしょうね?
会社が教えたんでしょうが。

息子が職場に現れたときはドキドキしました。
あれはかなりのウィークポイントですな。
まんまと職場の部下たちのネタにされちゃってるし。

社長がシェフとデキてたのはウケました。
が、全10話も引っ張れるドラマなんでしょうか、これ?
深キョンの反撃などで稼げるか。
ネコが心配かも…。

投稿: マイティ | 2010年10月23日 (土) 01時35分

余談です。そしてここに書くことじゃないとは思いますが
先日の『医龍3』のゲスト患者が松下奈緒さんでした。
結婚式直前に心臓発作で入院。
フィアンセに向かって「おとうちゃん」と言い出しそうでワクワクしましたが
もちろん全然別のキャラでした。smile

投稿: マイティ | 2010年10月23日 (土) 01時41分

マイティ様
コメント、ありがとうございます。

確かに10回とゆーのは、少々キツイかも…(笑)。

私は、息子が職場に現れて狼狽する京香サンに 「誰にも言いません」 とか言ってた秘書がベラベラ喋りまくり(笑)、「言いふらすわよ」 とあっけらかんと言いきって、その実誰にもしゃべりそうもなかった草笛光子サンとの対比に、ちょっとシビレたりしました。

「医龍」、みてないんですよ。 ファースト・シーズンを見逃してそのままシリーズものとして続くドラマは、途中から縄跳びの輪の中に入れないがごとく、敷居が高くて…(笑)。 もうちょっと真面目にドラマをチェックしていかなければならないですねー。

松下奈緒サン、すでにかなり懐かしい、と言いますか…(笑)。 こないだ聖恵チャンのオールナイトニッポンで 「ありがとう」 をひっさしぶりに聴いて、またまた泣けてしまいました(笑)。 やはり心のどこかで、「ゲゲゲ」 をまだ、求めている…。

投稿: リウ | 2010年10月23日 (土) 06時39分

 今さらですが、3話の前に短いコメントを。

 私はカレーが好物です。一番好きなのはS&Bゴールデンカレーの辛口を使用した自作のカレーが好きです。小さい頃は、カレーの中に入ったお肉は一番最後に食べていました。やっぱり、おいしいものを後に残すのは、リーンもるいさんも同じですか!?彼女はキスをしたのに、これが最後といって別れようとする。もう惹かれているのですね。その、惹かれっぷりを楽しもうと思います。ストーリーは普通なので、突っつきすぎず見ようと思います。

投稿: リーン | 2010年10月26日 (火) 20時53分

リーン様
コメント、ありがとうございます。

私もカレーは大好物でありますhappy02。 S&Bゴールデンカレーと言うと、「ザ・ベストテン」 のコマーシャルで佐久間良子サンが作っていたのを思い出しますhappy01

私がこのドラマで楽しんでいるのは、ズバリ!エロいところでありますcoldsweats01。 NHKの冒険を、ドキドキしながら見守っておるのです。

なんかまあ、所詮金持ちのやることさ、ケッ!ケッ!というのは、どーしてもありますが…。

投稿: リウ | 2010年10月27日 (水) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/49813504

この記事へのトラックバック一覧です: 「セカンドバージン」 第2回 冒険してもいい頃?:

« 「黄金の豚」 第1回 あり得なさを楽しみますか… | トップページ | 「龍馬伝」 第42回 なにもないところから築き上げる、ということ »