« 「SONGS」 山口百恵 ちょっと小出し気味 | トップページ | 「コーラスジャパン」 の正体 »

2010年10月 4日 (月)

「龍馬伝」 第40回 龍馬VS象二郎、虚々実々の会談

 視聴率が低下するごとに、ますます面白くなってくる 「龍馬伝」(笑)。
 今回の見せ場はなんといっても、龍馬(福山雅治サン)と後藤象二郎(青木崇高サン通称ムネムネ)の会談。

 ここでこの両者が対談する、ということ自体の 「あり得なさぶり」 は、これまでの 「龍馬伝」 の話の推移によって最大限にその度合いが高まっていました。 龍馬が死罪寸前の武市を守るために土佐入りしてムネムネを挑発シマクラチヨコしたのも(ユーミンがよく使うギャグですが…)、こんなあり得ん話を挿入してまで今回の話を盛り上げようとした作り手の意図が、ようやく分かった気さえするのです。

 大殿(近藤正臣サン)から 「薩長と密かに接近せよ」 という命を受けたムネムネは、薩長と関係を持つためには、龍馬の力を借りなければどうしようもないことを悟り、我を忘れて長崎の商人たちの前でブチ切れ大会(笑)。
 それでも弥太郎(香川照之サン)に、「龍馬を探せ」 と命ずるのですが、その理屈は、こうです。

 「もう、野放しにはできんじゃろう。
 わしは大殿さまから藩の政を任されちゅう。
 やつが使える男ながか、ただ目障りな奴がかか、それを確かめるだけぜよ」

 実に簡潔なセリフですが、ここに象二郎の思惑が、分かりやすく説明されています。
 象二郎は要するに、まだ龍馬を殺す気満々(笑)。
 彼が龍馬に期待するハードルは、とても高い。
 ちょっとやそっとのことぐらいじゃ納得せん、という意志が、そのギラギラした目からいまだに窺えるのです。

 いっぽう龍馬が象二郎と会おうとする理屈は、亀山社中のメンバーに語った次のセリフに凝縮されています。

 「後藤はのう、薩長と近づきたがっちゅう。
 これはわしが、望んじょったことながじゃ。
 わしはの、土佐を使こうて、大政奉還を成功させるがじゃ。

 後藤象二郎が、昔のことを根に持つような男か、
 それとも日本の将来を考えることが出来る男か、
 わしがこの目で見定めてくるき」

 このふたりの思惑が、対をなすかの如く似通っているのは注目です。 つまり両者とも、ウラに一物を隠しながら相手の了見を探ろうとしている。 この構図、引き込まれますなあ。

 それにしても龍馬を探してことごとくしらを切られる弥太郎が、お元(蒼井優チャン)と話している場に龍馬がひょっこり出てくる場面も、清風亭会談のプレステージとも呼べる見事な場面でした。
 お元はいつになくベロンベロンでご機嫌(笑)。
 なんでそんなに気分がいいのか、というと、徳川が長州に負けたから(笑)。 そーとー屈折しております(笑)。
 でもその屈折がもたらす笑いは、こんな世の中なんかひっくり返ってしまえばいい、というお元の 「日本という国に対する憎悪」 が呪いのように現れた、嘲りの笑いなのです。 この演技がまた、蒼井優チャン、凄い。
 そんなお元が、龍馬だけは 「この国をいい国にしてくれる」 と信じている。
 「龍馬に何ができるがじゃ…。
 みんなはのう、あいつを買いかぶっちゅうだけじゃ!
 龍馬ち言いなや、もう!」
 「弥太郎」
 「おう!……?……あああ~~っ!?」
 「お元とふたりきりとは…羨ましい奴やのうおまんは」

 この龍馬登場のタイミングは、なんとも絶妙(笑)。
 こういうのが、ドラマを見る面白さなんですよね。

 そして清風亭での龍馬と象二郎の対談。

 この場にお元が同席するのも、ドラマの効果を最大限に高める要因であります。
 龍馬はまず、象二郎に先の第一次長州征伐の模様を、克明に語ります。
 これは当時の情報網から考えると、参戦当事者からの情報というものは、特に精度が高いもののように思えます。 後藤にとってみれば、幕府薩長のどちらに付くのが利があるのかを知る上で、のどから手が出るほど欲しい情報に違いない。 まあ、数の上で圧倒的有利だった幕府が負けたのですから、たいがいの人は分かるでしょうが、幕府がこのままで済むとは思われない、というのもだいたいの人が考えるところではないでしょうか。

 龍馬は、その点を確実に突いてくる。

 龍馬はここで、ふすまを開けて隠れていた土佐の刺客たちをその場にさらす。 「こんなことはお見通し、自分は命を捨ててここまで来ている」 という覚悟を示しているのです。
 と同時に、亀山社中の連中もこの場に来ていることを示し、この対談がどれだけ危険な駆け引きのうえに成立しているかを、白日のもとにするのです。
 このたたみかけるような演出。
 シビレます。

 龍馬は大政奉還の考えをここで明らかにし、土佐がここに加われば、一気に流れは変わる、と象二郎を挑発気味にけしかける。
 もともと徳川方の土佐がそんなことできるはずがない、大殿と徳川慶喜は仲がいいのだと反駁する象二郎に、龍馬はこう言い放つ。

 「そうじゃあ! それこそが都合のえいところぜよ。
 もし、もし土佐が寝返ったとなったら、大政奉還を迫る、この上ない機会ながじゃ」

 「黙れ!
 徳川が幕府に戦を仕掛けるら、天地がひっくり返ってもないろう!」

 「それでのうてはいかんがじゃ!
 土佐は幕府に刃は向けん。
 その考えこそが、薩長を抑える力になるがじゃ。

 よう考えてつかあさい。
 いま言うたわしの考えは、土佐が新しい日本を作る要になる、ゆうことぜよ。
 それこそが、まさにそれこそが、大殿様がお望みになっておられることではないですろうか。

 これほどまで言うたち、気に入らんと言われるなら…
 土佐藩も後藤様も、とんでもない大馬鹿者じゃ」

 この最後の暴言に、その場は紛糾(とーぜんか…笑)。

 それにしてもこの龍馬の逆転の発想は、ハッとさせられる。
 土佐と幕府との関ヶ原以来のしがらみを物語ではそれまで折に触れ滔々と語っておいて、土佐藩が幕府を裏切ることはない、という理屈を見る側に刷り込みながら、「暴走しがちな薩長の抑止力」 として土佐藩が薩長同盟に絡むきっかけを作っている。 土佐藩の上士たちの刃が一斉に龍馬に向けられるこの演出も、かなりシビレまくりです。

 弥太郎は必死になってその場を鎮めようとするのですが、弥太郎が今回たびたび見せていたのは、「龍馬を殺したくない」 という一念です。
 この男、龍馬を殺したいほど嫉妬しているくせに(笑)、なぜかあくまで龍馬を生かそうとする。 この相反する矛盾に満ちた部分こそ、人間の持っている真実なのではないでしょうか。 弥太郎は龍馬をかばいながら、その駆け引きの見事さ、その考えのスケールの大きさに、またしても憎悪の表情を募らせる。 お元も龍馬のそんな部分に、息をのんで成り行きを見守っている。 このふたりの表情の見事さが、この紛糾の場面を最高に盛り上げているのです。 いやー、ドラマって、ホントにいいもんですね!(笑)

 後藤は亀山社中を土佐の配下に置こうと画策するのですが、龍馬はあくまで対等な立場を貫こうとする。 龍馬と手を組むことに同意する、象二郎。 その場にいた者全員をシェイクハンドさせる、龍馬なのです。

 この場面が見ごたえがあるのは、やはり両者の表面上の仲直りと、その底に流れる思惑とは違う、という二重構造が見えている点です。 象二郎の表情には、龍馬を徹底して利用してやろう、という狡猾さが見てとれる。

 この出来事によって、龍馬はますます危険な存在になっていくのですが、お龍(真木よう子サン)に 「名前を変えてもえいがか」 と訊くあたりで、のほほんとしていながらもなんとなくそのことを肌で感じつつある龍馬を表現していることで、この劇的な会談の余韻を形成していました。 出色の回だった気がします。

 そして第四部に入ってから、毎回弥太郎の 「暗殺まで、あと○○」 と、まるで 「宇宙戦艦ヤマト」 みたいな(笑)ナレーションが、ラストに入るようになりました。 ますます盛り上がってまいりますネ。

|

« 「SONGS」 山口百恵 ちょっと小出し気味 | トップページ | 「コーラスジャパン」 の正体 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

 リーンです。やっと出没します。

 前回の私の投稿がされたあと、興味深い文章が載っていました。may様、リウ様、やっと読ませていただきました。

 今、坂本龍馬を見るのはどういうことか、いつも自分はそこをつい問いかけます。

『竜馬がゆく』を見向きもしなくなり、龍馬より年を重ねた男が『龍馬伝』を見ることに、何の意味があるのか?

 上戸さんのドラマみたいに気楽に楽しみたいのですが、どうにもチクチク胸を突くものがあります。

 龍馬は全然完成された人間ではない。将来の可能性はふんだんにあった。そんな男がブレていないわけが
ない。いつも、人間にとって成長とはなにか、アイデンティティとはなにか、それを考える材料が龍馬さんです。

 経営者や、勝海舟を演じた人など、龍馬をお好きな人はあまた多くいます。でも、34歳以降を生きていない人間の一生が経営や生き方の参考にすることの危険をわかっているのか、と思います。じつは日本には壮年以降の行き方の指針がないと思います。故に今の日本は一億総お子様化している。お子様が青春を評価できるのか?

 生乾きの文章でした。龍馬は、もっとチャンバラの要素と武器商人としての姿を書いて欲しい気がします。

 

投稿: リーン | 2010年10月 8日 (金) 21時41分

リウ様

「清風亭の対決」最高でした。見どころは全てリウ様が話して下さいましたが、ドラマを見て感動したのは久々でした。
今回は「龍馬伝」の撮影方法が最も効果的に活かされた気がします。ノーカットで撮る為、役者さんの感情が途切れる事なく積み重なり、龍馬や象二郎が言葉を発する度に緊張が高まり、人々の表情が変わるのが手に取るようにわかりました。演技を超えた、その場に立ち会った者にしか解からない思いがビシバシ伝わってきて。龍馬の涙を見た瞬間、私も涙が止まらなくなりました。これまでの龍馬の苦悩や、日本の未来をかけて、命懸けでこの会談に臨んだ熱い思いが一気に流れてきた気がしました。弥太郎の愛憎ごちゃ混ぜになった顔も、お元の心配そうな顔も良かった。龍馬を認めた象二郎のどこかすっきりした顔も印象的でした。初めて東洋様を理解できた瞬間かもしれません。
「龍馬伝」は史実との相違、脚本の粗さなど問題が無いわけではありません。でも、こんなシーンを見せつけられると細かいことはどうでもよくなってしまいます。すっかり大友ワールドにはまってしまいました。次回は高杉の最後。未練たっぷりー伊勢谷談ーの姿をしっかり見届けたいです。

投稿: may | 2010年10月 8日 (金) 23時00分

良く分かります。
ありがとうございます。

投稿: 太郎 | 2010年10月 9日 (土) 12時40分

リーン様
コメント、ありがとうございます。

龍馬が34歳以降、どのような人生を送ったかは未知数です。 ひょっとしたら軍神にでもなるようなアブナイ?存在になったかもしれない。
このドラマで表現されている龍馬は、「日本を列強から守るため」 というモチベーションによって行動しています。 そして 「自衛のため」 に武器を調達し、戦争に協力する。 結果的に弥太郎に指摘されたように、「平和平和」 と言いながら、やっていることは逆。

この龍馬の矛盾を描くことによって、「絶対無抵抗主義」「非暴力主義」 の難しさが浮き彫りにされているような気がしてなりません。

現実的な問題として、「敵が攻めてきても黙って殺される」 などという覚悟は、常識外れとみなされることが多い。

なぜなら、人間にとっては 「大事なもの、大切なものを守ろう」 という意識が優先される傾向にあるからです。

このドラマが非暴力主義のためにどうすればいいのか、という提案や思索をしていないのは明白ですが、「大切なもののために敵と戦う」 時点で人間は、殺人をしなければならないのです。 そのへんの逡巡は、きちんと描かれている気がする。

話があらぬ方向に行ってしまいましたが(笑)、このドラマにおいて、そんな矛盾というものを龍馬は抱えたまま生きている。 結局前のめりに生きたまま、龍馬は燃え尽きてしまうのですが、矛盾というものを積極的に、前向きに受け止め、わき目もふらずに邁進していくその生き方に、多くの人たちが共感するのではないでしょうか。 裏を返せば玉砕思考、というか(笑)。

投稿: リウ | 2010年10月 9日 (土) 13時07分

may様
コメント、ありがとうございます。

この清風亭での会談がここまで劇的に行なわれたかどうかは、もはや問題ではない、と思うのです(笑)。 may様が心を大きく動かされたように、このドラマの話の盛り上げ方は独特で、ドラマという方法論の良さが最大限に引き出されていることに注目すべきだ、と思うんですよ。

シビレたのはやはり、龍馬がふすまをバッ!とことごとく開きまくった場面。 「なにも隠し事などない! 腹を割って話そうじゃないか」 というテンション上がりまくりの決意がこの 「作り話」?で強烈に顕在化している。

そしてもうひとつの作り話(笑)が、「土佐も後藤も大バカ者」 と龍馬が言った瞬間、土佐藩上士たちのすべての刃が龍馬に向けられた場面でした。

「命を捨てるのはハナから覚悟」 という龍馬、そんな状況にも身じろぎしない。 こういうシチュエーションにこそ、見る側の心は有無を言わさず感動するのです。

この過剰なフィクションこそが、「龍馬伝」 の方法論、なのです。

その過剰なフィクションで、戦場の三味線弾きと化した(笑)高杉晋作でしたが、次回の高杉には、私も注目です!

投稿: リウ | 2010年10月 9日 (土) 13時35分

太郎様
コメント、ありがとうございます。

ご賛同いただけたご様子、こちらこそ痛み入ります。

投稿: リウ | 2010年10月 9日 (土) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/49647522

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」 第40回 龍馬VS象二郎、虚々実々の会談:

« 「SONGS」 山口百恵 ちょっと小出し気味 | トップページ | 「コーラスジャパン」 の正体 »