« 「てっぱん」 第2週 相変わらず、ゴーインな脚本ですが | トップページ | 来週の 「坂崎幸之助・吉田拓郎のANNG」 に中島みゆきサンが出ます! »

2010年10月11日 (月)

「龍馬伝」 第41回 この世で果たすべき役割

 ちょっとお断り。 後半部分、少し書き足しいたしました。

 「龍馬伝」 第41回は、高杉晋作(伊勢谷友介サン)の死を中心とした話。 その切り口は、意外にもお涙頂戴という意図をあまり感じさせないものになっていた気がします。

 確かに高杉は今回登場開始から多量の喀血をし、最後には病死寸前だというのに波打ち際で嗚咽と呵々大笑を繰り返す、これ以上ないという壮絶さを見せつけていたのですが、伊勢谷サンの演技からは、「さあ泣け!」 というものよりも、「もう長くはない」 と諦めながらも、「最後の最後まで命を使いきってやる」、という高杉の執念をより強く感じました。

 却って泣かされたのは、高杉を慕う元奇兵隊の人々の思い。
 この人々、そんなに重要なセリフを吐くわけでもなく、一般ピープルという感じで名の知らぬ役者さんたちの演技によるものなのですが、なんかとても重要な役どころのような気がする。 龍馬の大政奉還論を拒絶する木戸(谷原章介サン)は高杉から命がけの説得を受けても動じないのですが、元奇兵隊の強引な面会希望の波に遭って、差し入れの卵籠を持ちながら、初めて慟哭するのです。

 そして今回後半、桜の季節まで生き延びることのできた高杉を、元奇兵隊の者たちは花見に誘う。
 ここは重病人を花見に誘うなんてなんと常識はずれな、と眉をひそめるより、本人たちの気持ちを重要視すべきでしょう。
 当時の結核は、ほぼ間違いなく不治の病。 一日でも長く生きられるように願うよりも、残された命を鮮やかに、華やかに使いきることのほうを、高杉も高杉を慕う人々も選んだのです。
 私はこの宴の間、高杉が三味線を持ったままこと切れるのではないかとひやひやしたのですが、作り手はもっと劇的に、高杉のラストシーンを用意しておったのです。

 それは冒頭にも述べた、波打ち際での泣き笑いの場面なのですが、これが、単に嗚咽をするだけでなく、笑いながら嗚咽をする、ということが、とても重要に私には思える。

 笑う、ということは、「自分の人生を使いきった」、という満足の感情です。 そして自分の志を継ぐ龍馬(福山雅治サン)という存在に対する安心感からくるものでもある。
 けれども、やはりそれでも、無念の感情を抑えることはできない。
 よだれを垂らしてみっともなく見えようとも、死の淵においては、なりふりなど構っていられません。 見てくれやカッコよさを逸脱したところに、真の感情というものは顕在化するものです。 そりゃ、みんなに 「ありがとう」 と感謝して死ぬのは、理想ではありますが(それって誤解を恐れずに言わせていただければ、かなり、生きていたときの自分の過ちを死ぬ間際で許してもらおうとする 「ずるい」 行為である気もいたします…笑)。

 そして今回私が重要だと思ったシーンは、死に瀕している高杉を、龍馬とお龍(真木よう子サン)が語り合う場面でした。 話が前後して申し訳ないですが。

 「お龍。 …人はどういて死んでしまうがじゃろうか…。

 天が、『もうおまんの役目は終わった』 と思われちゅうきじゃろうか…」

 「そうかもしれませんね。
 そやかて…人の死というものは、終わりだけではないと思います。

 その人の役目を…志を受け継ぐ者にとっては、始まりどすさかい」

 お龍の言葉を聞いた龍馬は、しばらく考え込み、深く頷きます。

 「…そうじゃのう。 その通りじゃ…。

 どんな時も、前に向かわんと、いかんがじゃき」

 この会話の間、龍馬がこのあと死んでしまわねばならなくなることの意義がどこにあるのかにも、思いを致さないわけにはいきませんでした。
 確かに龍馬のこの世での役割は、そこで終わったのかもしれないけれども、龍馬が殺されたその瞬間、龍馬の志は多くの人々に受け継がれたのではなかろうか、と。
 龍馬の死は、多くの人々にとって、「始まり」 だったのではなかろうか、と。
 「どんな時も、前に向かわなければいかん」 と、いみじくもこのとき龍馬はつぶやいています。 つらさを乗り越えて目の前のことに集中し、前進していく以外に、人が生きる道はないのだ、という龍馬の思想の一端が、ここにさりげなくも凝縮されていたような気がする。

 けれどもやはり、志半ばで倒れてしまうのには、無念がつきものなのです。

 今回最後のシーン。 高杉の波打ち際での泣き笑いシーンは、先に述べたように、無念あふれるシーンとなったのですが、「この世での役割を終えた」 と天から思われても、やはり心残りはある、この先のこの国の行く末を見ることができないつらい思いというものは、やはりあるんだと強く感じるのです。

 いろは丸を操船し、奇兵隊の旗をその高杉から受け継いだ龍馬は、静かにその 「受け継がれた精神」 を噛みしめながら、出航します。 その静かなる闘志を示す、青い画面。 そして海岸で慟哭する高杉を包む、落日のような、高杉の吐いた血の色のような、激烈な赤い画面。 この対比は、特に印象的でした。

 そのいろは丸、次回では沈没してしまうのですが、それをめぐる龍馬の駆け引きは、今から期待度大、です。

追記 書かなくてはならないと思っていたことを、思い出しました!

 弥太郎が今回ブチ上げた 「心配ご無用!」。

 そのジェスチャー、数年前の大河 「秀吉」 で、豊臣秀吉役だった竹中直人サンがよくやっていたものですよね!

 どうして香川照之サンがこの 「心配ご無用!」 をやったのかと思ったら、香川サンも確かその数年後に、大河(「利家とまつ」)で豊臣秀吉役をやっていた。 おそらくそのつながりで香川サンはこの身ぶりをやったのだと思うんですよ。

 どうも私がネットで検索をした限り、このことに言及しているブログ等がないようなので、あえて書かせていただきました。

« 「てっぱん」 第2週 相変わらず、ゴーインな脚本ですが | トップページ | 来週の 「坂崎幸之助・吉田拓郎のANNG」 に中島みゆきサンが出ます! »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

「高杉が安心して死んで行けるのは龍馬が志を引き継いだから」的な説明ナレーションが被さっていたのは余計だったような気も…。
わかりやすいですが。
それに加えて「龍馬が暗殺されるまであと7ヶ月」と毎回残り時間を言われちゃうのも心に刺さりますね。

奇兵隊の皆さんの想いはグッと来ましたねえ。
そこまで慕われる高杉の人柄も際立ちます。

手塚マンガ『陽だまりの樹』では
主人公が徳川側の鉄砲隊を、やはり農民などを集めて作ってるんですけど
そこでの親分(隊長)の慕われ方も泣けます。

今、そういう忠義みたいのって…
自らを振り返ってもなかなかありませんね。

余談ですが伊勢谷クンは
映画あしたのジョーで力石を演じるべく、体脂肪を驚異的に絞ったんですが
高杉の撮影と被ってますかねw

マイティ様
コメント、ありがとうございます。

私はそういう 「知ったよーな」 説明がつくと、却ってその奥にあるものを探してしまうのです(笑)。 それで 「泣き笑い」 に焦点を絞ったこのような記事になってしまいました(笑)。

「あと○○ヶ月」 とゆーのは、前回の記事中でも指摘しましたが、モロ 「宇宙戦艦ヤマト」 ですよね(笑)。 その期限が迫っていくに従って、龍馬が暗殺されるに足る要注意人物にますます成長し続けている、というのが感じられます。

「陽だまりの樹」、連載中は読んでましたよー。 単行本で何度も読み返したレベルではないので、ちょっとうろ覚えですが、マイティサンご指摘のそんな場面が、確かあったような気がします。 このマンガで私がいちばん記憶に残っているのは、手塚良庵のオヤジサン、手塚良仙が脳梗塞で倒れた後のセリフの数々。 手塚治虫氏の作り出すリアリティのすごさに、舌を巻いたものです。

ゲゲッ、伊勢谷サン、力石役ですか…。

「あしたのジョー」 をバイブルのように100回以上は読んだ私にとっては(スミマセン、いろんなものに若いころはハマってまして…笑)、このマンガの実写映画化には内心忸怩たるものがあるのですが、うーん、この回のやつれた伊勢谷サンを見ていると、「伊勢谷サンが力石とは、結構はまり役だな…」 と考えてしまいます。

http://news109.com/archives/3495449.html

伊勢谷・力石と、丹下のオヤッサン役の香川さん(爆!激しすぎW)が見られます。


「陽だまりの樹」は全巻持ってますんで
脳梗塞のところをもう一度読んでみますね。
手塚さん自身も医師ですもんね。
ひい爺さんが福沢諭吉と共に緒方洪庵の元で学んでいたとは…すごい家系ですね。

マイティ様
再コメント、ありがとうございます。

見ました(笑)。 いきなりネーチャンのハダカが出てきたのにはびっくりいたしましたが(笑)。

いや、これはすごいです。

私も 「ジョー」 にトチ狂っていたころだったら 「冒涜しやがって許せねえ」 という気分になったでしょうが、「これもアリかな」 なんて思えるのは、大人になった証拠ですかねえ…。 いや、それ以上に、この画像からは、「半端なものは作らない」 という気概が感じられるのです(主演の山下クンはどうなのかな?)。

ま、数年後にテレビでやったら見るかな、程度の興味でしかないですけど(笑)。

「陽だまりの樹」 に関しては、結構脚色もされているんでしょうけどね。
脳梗塞の場面は、確か物語後半です。 死の床で 「芸者を呼べ」 と良庵を促し、「あの芸者はいい妓じゃった…」 と漏らしてこと切れる。 なんか泣けたのを覚えています。

リウ様

高杉の最後。想像以上に壮絶でした。「龍馬伝」の高杉は、これでもかというほど恰好良く描かれていました。龍馬とのカリスマ性の違いを鮮明にする為だと思っていましたが、ー高杉は優秀な生徒会長。龍馬は熱血運動部長ーそれだけではなかったようです。いつも冷静な高杉が初めて感情を爆発させた海のシーン。自分の死を頭では理解しても、感情では受け入れられない。目指す未来の扉がやっと開き始めたその時に歩みを止めなければならない悔しさが、恰好悪ければ悪いほど伝わってきました。
志を継いだ龍馬の表情も厳しいものになってきました。武市さんとの別れの時とは大違いでした。ー武市さんは自ら死を受け入れてしまっていたので泣くしかなかったのかなー高杉の魂までも受け継いだ龍馬は、泣く事も許さなかったのかもしれません。

今回「海」が希望の象徴とともに、生と死が交差する場所に思いました。龍馬の魂も海に帰っていくのでしょうか。

may様
コメント、ありがとうございます。

このドラマで語られる高杉は、おそらく高杉を慕う多くの人々によって作り上げられた、偶像のような気がしてならないのです。

古くはブッダやキリストから、人々は自分たちの慕うカリスマに対して、かなり大げさな脚色を纏わせてしまう。 戦場で三味線ひとつで砲弾の飛び交う中を歩き続けた高杉は、結構笑えるものがあるにせよ、そんなメサイアチックな視点が感じられる。

そんな高杉が死ぬ直前の映像は、may様もご指摘の通り、それまでカッコよすぎた彼が、メチャクチャ無様です。
私はここらへんに、「龍馬伝」 独特の精神世界を感じます。

「龍馬伝」 とは、登場人物たちをそのまま描いたものではなく、まわりのファナティックな視点から築きあげられた登場人物たちを描いたもの、という趣を有しているように思えてならないのです。

リウ様

追伸。お龍達は、「いつ命を絶たれても惜しうない覚悟をされています」と言いましたが、命の価値が今よりもずっと軽い時代に、生きて志を成し遂げる事に執着していた二人だったと思います。現代は、言葉では「命よりも大切なものはない」と言いながら、簡単に人を殺める、自らの命を絶つ人が絶えない。皮肉ですね。

「龍馬伝」は幕末に生きた人を素材に、斬新な味付けをしたドラマだと思います。制作者は「命の重み、家族や友との絆」など、私達に欠けてしまったもの、大切に守らなければいけないものは何かを問うているのかもしれません。

may様
再コメント、ありがとうございます。

「人のいのち」 に対する認識は、150年前と現在では、大きな隔たりがあって当然だと思います。 150年前のほうが、身の回りには 「死」 の匂いが充満しているのは明白ですが、それゆえに、その頃のほうが、 「生」 に対する執着も現在に比べればとても大きいのではないでしょうか。

現在は 「死」 を隠蔽する傾向に走りすぎて、却って 「死」 の恐怖を、見くびりすぎている。 自分が死にそうな目に遭わなければ、死の怖さを実感できないのです。

だから簡単に、自殺する。

だから簡単に、「ぶっ殺してやる」 と思う。

死が身近だったからこそ、当時の人々は、現代よりもずっと生に執着している気がします。

「人のいのち」 に対する認識で、昔も今も決して変わらないと思うのは、「人がひとり死ねば悲しむ人がいる」 という点ではないでしょうか。

それは家族であり、友であり、パートナーであったりする。 「龍馬伝」 の方法論の根底には、may様ご指摘のそんな部分も、見えるように思うのです。

りうさんはじめまして。 私はずっと香川照之さんの「心配ご無用」がどこのものだったか気になってサーフィンしてここにたどり着き今はれもちが取れた気分です。ありがとうございます。現在大好きな龍馬伝の貯めておいたDVDを毎日見直しているところです。四六時中かけているので考え事をしていると土佐弁で考えている自分に気がつき恥ずかしくなります。ちなみにわたしのHNの「りょう」は「両方」のりょうなので坂本さんとは関係ありません。

りょう様
こちらこそはじめまして! コメント下さり、ありがとうございます。

「心配ご無用? なんのこと?」 と思って自分のレビューを再び読んでしまいました(笑)。 そう言えば香川照之サン、やってましたね、そのジェスチャー(笑)。

私もドラマのなかの方言に影響されることってすっごくあります(笑)。 ブログの文章自体がそうなっちゃって、「龍馬伝」 のときは土佐のかたから、「カーネーション」 のときは大阪出身のかたから 「使いこなせてる」 と感想をいただきました(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」 第41回 この世で果たすべき役割:

« 「てっぱん」 第2週 相変わらず、ゴーインな脚本ですが | トップページ | 来週の 「坂崎幸之助・吉田拓郎のANNG」 に中島みゆきサンが出ます! »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ