« 「龍馬伝」 第43回 暗殺される者の価値 | トップページ | 「獣医ドリトル」 第3回 単なる動物病院の話からの脱却 »

2010年10月31日 (日)

「てっぱん」 第5週 居心地が、作られつつある

 「ゲゲゲの女房」 の余波にさらされ続けているようなこのドラマですが、結構 「居心地の良さ」 が、形成されつつあるように思われます。

 今週の 「てっぱん」 を見ていて、今後の興味を引っ張ってくれそうに思えるのは、初音(富司純子サン)がいつ、伝さん(竜雷太サン)に 「操を立てた」 と言わしめるほどのお好み焼きをふたたび作ってくれるのか、という点に尽きる。

 その期待は早くも今週後半、あかり(瀧本美織チャン)が働くかつおぶし屋のトラブル解決のために開いた川中美幸サンの 「仮」 送別会の場で実現するか、に見えたのですが、トロンボーンに夢中な 「ボン」 社長(趙珉和サン)の 「焼いてる途中でかつおぶし大量投入」 攻撃の憂き目に遭い(笑)、見るも無残なお好み焼きとなり果てたのでした(笑)。

 ただしそのお好み焼き。

 川中美幸サンがこのかつおぶし屋 「浜勝」 に来るきっかけとなった、ボンの作った昔そのままの味だったのです。
 見る間に目に涙がたまっていく川中サン。
 そしてその場にいた初音の下宿人たちに非難されながら焼き上がっていくお好み焼きが巻き起こす笑い。
 この 「泣き笑い」 を強要してくる展開には、うなるものがあります。
 この秋の新ドラマをいろいろ見ている者にとってみれば、このドラマの物語構築の仕方は、決して劣っていないし、逆に上位にランクするくらいのものを持ち合わせている、そう感じるのです。

 結局その無残なお好み焼きが取り持って、社長も川中サンも会社を辞めずに済んだのです。

 あかりは初月給で初音に 「笑い袋」 をプレゼントするのですが、これが今週のキーアイテム。
 「笑ってほしい」 というあかりの願望が、そのまま今週のドラマを貫くテーマとなっている。
 結局、社長も川中サンに笑ってほしかったのですし、初音は笑わないけれども、伝さんに 「表情が柔和になった」 と指摘される。

 かつおぶし見学の小学生たちのためにあかりが作った 「だし巻き玉子」 をめぐる話も、なかなかよかったです。

 あかりは初音にその作り方を伝授してもらおうとするのですが、初音はうるさがって取り合おうとしない。
 その代わり初音は、暇を見てそのレシピをせっせと書き、それをあかりに渡そうとするのですが、その時すでにあかりは母親(安田成美サン)にその作り方を教えてもらっている。
 自分が書いたレシピを隠しながら、それを折り紙にして物入れにしてしまう初音。

 そしてあかりが作った 「母親の」 だし巻き卵を試食してみて 「これを子供らに出すんかいな?」 と訊く初音。
 案の定そのだし巻き卵、社会科見学に来た子供には不評だったのですが、冷めたらちょっとしょっぱく感じるだろうと思った、と話す初音に、「どうして教えてくれなかったの?」 と詰め寄るあかり。

 初音はこう答えるのです。

 「尾道のお母さんの味なんやろ?

 あんたが子供の時からの、大好きな味や。

 そういうもんに、誰が文句言えますのん?

 あの時、『もうちょっと薄味にしたほうがええんちゃうか』 言うたとしてもあんた聞いたか?

 『うちのお母さんの味に文句言うな』 って怒ったん違うか?

 …それでええ。

 意地でも変えられん。
 それが味やし…想い出や」

 ここらへん、食べ物屋を出していた初音の一家言が隠されている。 自分が曲げることのできない味がある…それは自分の生きてきた記憶、人生そのものなのだ、という視点です。

 そしてこのドラマでは、「トランペット」 と 「お好み焼き」 というふたつの要素が、あかりの実の母親、千春の思いと密接に結びついているように感じるのです。

 あかりは今週前半に作った広島風のお好み焼きを、自分の記憶のなかに存在している、自分の人生の味としているわけですよね。

 でもそれは、千春が生まれ育った大阪のお好み焼きの味ではない。

 千春は天国でそんなあかりの姿を見ながら、母親の記憶も娘に分けてあげたくて、初音とあかりを引き合わせているのかもしれない。
 エライ深読みでスミマセンが、どうも私には 「天国の千春の思い」 まで先回りして涙してしまうような早とちりな部分もあるようです(笑)。

「てっぱん」 に関する当ブログのほかの記事
第1回 名作の後番組は、ハードルきついですよね
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/09/1-8eb5.html
第1週 どこまで、ついていけますかね?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/10/1-c996.html
第2週 相変わらず、ゴーインな脚本ですがhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/10/2-69b4.html
第3週 物語が、駆け出したhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/10/3-ed2e.html
第4週 ちょっとキツイかもhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/10/4-0d8a.html

|

« 「龍馬伝」 第43回 暗殺される者の価値 | トップページ | 「獣医ドリトル」 第3回 単なる動物病院の話からの脱却 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/49896225

この記事へのトラックバック一覧です: 「てっぱん」 第5週 居心地が、作られつつある:

« 「龍馬伝」 第43回 暗殺される者の価値 | トップページ | 「獣医ドリトル」 第3回 単なる動物病院の話からの脱却 »